2017/08/15

残暑シャン

Chz1gyzxwzbahto2fu2e4ctlzq9x0qbgjnp
ザ・シャンパン・バー
ANA インターコンチホテル

夏はどどっっと増えるシャンフリープラン。シャンフリーの先駆け、ともいえるこちらの「ザ・シャンパンバー」。店名からしても、すでに10年ほど前に?本当に画期的でございました。ホテル内に堂々とシャンパンをウリにしたバーができるなんて、、、もちろん通常はフォーカスしたブランドがありますが今回は愛するルイロデレールなので♪ホールスタッフも増員のせいかお替りサービスも不足はないですが、あいかわらずのアミューズ的前菜のみ。これで主菜プレートがついたりしたら完璧なんだけどなあ。。。

(3種の前菜からひとつチョイス)
・The Champagne Class
フォアグラのテリーヌと鴨のリエット 蜂蜜風味のブリオッシュ/フォアグラのソテー トリュフリゾット添え/鴨腿肉のコンフィのカスレ

・The Champagne Trendy
シャンパン・バー特製シャルキトリープレート/アルザス風シュークルート パセリ風味のマスタード添え/ダークチョコレートケーキ エキゾチックソースと共に

・The Champagne Elegance
ズワイ蟹とブロッコリーのシャルロット 小海老のカクテル オーロラソース/オマール海老のブイヤベース 柚子胡椒風味のルイユ添え/フレッシュチーズとベリーのコンフィチュール

【飲み放題メニュー】
シャンパン「ルイ ロデレール」
ワイン 赤・白
ビール
カクテル数種

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/13

びのびの!Tokyoいたりあん(229)

200x200_square_21421393
ソットラルコ
中央区銀座8-10-4 B1
03-6228-5453

場所的に最近ぽちぽちお店があつまるこのエリア、鮨かねさかさんの隣地下。店内は割とこじんまり、コの字カウンターオープンキッチンには明らかに同伴なカップルがいたり、新橋オヤジがいたりいかにも銀座8丁目な客層ですが、あまりゴージャスな雰囲気とはいえないかな?銀座でイタリアンというと店舗数少ないですが、イタリアンというよりお箸もありの創作懐石イタリアンって感じで、ある意味ちょっと予想と違った。。なによりCPで評価されているようですが、ちまちま10品でてくる料理でインパクトは薄まるし、味わいも銀座的にわかりやすく単調でした。ん~わたしもキビシイ w バーニャカウダなんて野菜小さすぎでしょ、、くず野菜みたいで w 最初のカルパッチョが一番よかったかも!?ワインのペアリングは面白い提案あり、ですがソムリエがもう少しやわらかいサービスだと心地良いのですが。。と、いろいろ注文ありの、イタリアンでした!

泡:Richard Churulin NV
白: Riesling moniggle Alto adige - St.Michael Eppan (Alto Adige)
白:Valterina 2013 Costa Bassa (Lombardia)
白:Salva Piemonte 2014
赤:Vino Nobile Montepluciano 2013 - Aviognage

しまあじカルパチョ
アナゴフリット
焼きコーンスープ冷製
バーニャカウダ
千葉産ハマグリのスープ仕立て+鯛ロースト
合鴨ソテー
ホタテトコブシ、ツブ貝のスパゲティ
青のりと柚子胡椒のクリームソースフィットチーネ
リゾット
すもものグラニテ
クレーマカタラーナ

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/08

ニッポンの夏

320x320_square_8060426
燈々庵
あきる野市


毎年の家族会で利用するこちら。年一回ですがもう何年続いて訪問しているかしら?蝉しぐれなエントランスを通って今年は珍しく1階奥の離れ席利用。すだれ等で仕切られた半個室ですが、お庭も見えていい感じ。板長さんが変わってから3年目?すこし料理が守りに入っているような?気もいたしますが、蓮の実ご飯が○でした♪夏の日本料理、涼を感じさせるあしらい、、、、美しいですね。

(月懐石)
先付・・・冬瓜冷やし餡かけ 夏鴨 絹サヤ
前菜・・・観月涼の名残り旬菜各種盛り込み
お椀・・・清汁仕立て 鱧湯引き おかひじき 梅肉
造り・・・旬魚三種盛り あしらい(すみいか、しまあじ、たい)
焼物・・・鮎塩焼き
炊合せ・・翡翠茄子玉蜀黍餡掛け 海老葛煮
進肴・・・国産黒毛和牛フィレ石焼き
止肴・・・夏野菜の南蛮漬け(レンコン、茄子、おくら、白瓜、南瓜、パプリカ)穴子
止椀・・・田舎味噌仕立て
飯・・・・蓮の実と茗荷の炊き込みご飯
香の物・・糠漬け 
水物 白桃プリン 桃 ブルーベリー マンゴー
     ゼリー寄せ トマト マスカット
お抹茶、福豆

Piper Heidsich NV half
Chablis 2014 half
〆j張鶴 純米大吟醸
エビスビール


よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/07

ばんばん!ふれんち(其の四百十)

200x200_square_48056100
ラペ
中央区日本橋1-9-4 B1
03-6262-3959

偶然にもまたもや、元オーグードジュール系出身シェフのお店(そういえばサービス担当の有名人:岡部さんや中村さんは今いったい何をしてるのでしょうか?)。たしかに、グループ内でもおしゃれな丸ビル店よりは、手狭なメルヴィユ日本橋店の味のほうが印象に残っていた。その後独立しこちらを出店した松本シェフ、マダム層などにも高評価らしいですね。夏は桃コースが人気らしいですが、初訪問なので通常メニューにしてみました!

期待したキレイ系とは異なり、地下店内はなんともcozyでカジュアルな造り(というか、少しちゃちい?内装)。季節が夏祭りのせいか、店内スタッフはみなさん酒屋さん風前掛け+Tシャツでサービス。下町らしさを狙ったのかな?料理はコンテンポラリーまではいかない、クラシックベースにある創作フレンチという趣き。ペアリングもあり、スタイリッシュというよりマリアージュに素直に焦点をしぼった感がある。しっかり味にたっぷりワイン、いいですね♪ アヴァンデゼールの韃靼そば茶パンナコッタ+げランド塩がスペシャリテらしく、これも美味でした。ちょっとイメージした路線と違ったけれど、言われてみればたしかに、メルヴィユ系なお皿っぽかったかも!銀座とはことなるこのエリア、なかなかカジュアルにいただけるフレンチがないですもの、たしかに万人向けかも~。、

トマトジュレのカカオボール、パテカンサンド
マンゴーのブータンノワール包み 
アジのタルタル コンソメジュレ
鮑・ジロール茸 キュウリのスープ
鮎甘露煮 クレープ包み
鮃ロースト
夏鹿ロースト
韃靼そば茶パンナコッタ げランド塩

エスプレッソ

ペアリング6種
Moet & Chandon Gold
Perrier Jouet BB
Sancerre l Henri Bourgeois
Banyls blanc
Mersault Bouzeron 2015
Volnay 2015 (D. L. Boillet)

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/05

ばんばん!ふれんち(其の四〇九)

150x150_square_18349065
欧風小皿料理 沢村
新丸ビル5階

ちょっとゴチャゴチャ感ある新丸5階、多様なレストランはあれど閉店しているところもありで、今は商業施設の立地とはいえ経営にご苦労が多そうです。女子のハートをとらえてはなさないパン!の魅力で持っている?サワムラのレストラン。広尾や新宿にもパン販売+カフェ店がありますが、混んでいるわりにはフードのレベルは特筆する点もなく、サービスもたどたどしい。なのに入りやすいからなんでしょうか、カウンター席が人気ですよねえ。ワインの品ぞろえは充実ですがレンジも狭い。私だったら、店内から離れたフリースペースエリアの席がイチオシかな w

G.シャンパン
G.白 (イタリアもの?)
B.赤(Haut Cote de Beaune) - Jean Marc Millot 2014


よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/04

真夏の浴衣シャンパーニュ会2017

Img_1671
2010より毎年続けて今年で8回目?な浴衣シャンパーニュ会。自分が参加したいからシャンパン持ち込みでドレスコードは浴衣で、という企画で開催を続けております。
今年はワインサロンの憧れ赤坂「ル・ヴェール」で6名♪またまた個性あふれるいろんなタイプの泡が揃いました!料理も繊細で美味、嬉しい~。

Andre Clouet Dream Vintage 2004 BB
Paul Herard Blanc de Noirs NV (PN+PM)
Aubry e Fils Ivoire Ebene Brut 2008 (CH, PN,, PM,)
Ouis Nicaise Millesime 2008 (CH, PN, PM)
Jean Yves de Carlini Extr Brut 1er Cru (CH25, PN75)
Billcart Salmon Cuvee Elizabeth Salmon Brut rose 2006 (CH40, PN60)

天使のエビカダイフ パプリカソース
銚子沖天然鯛のタルタル パリソワール
オーストラリア産黒トリュフ ジロール茸のコンソメスープ
淡路島産鱧 茄子、しいたけのパイ包み ベルモットソース
オーストラリア産牛ヒレグリエ 赤ワインソース
白桃コンポート ヨーグルトソルベ フランボワーズソース


よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/03

ばんばん!ふれんち(其の四〇八)

150x150_square_51594368
ル・スプートニク
港区六本木7-9-9
03-6434-7080

2020年の東京オリンピックに向け、急速に国際化を迫られている日本。前述レストランのKeisuke Matsushimaの松嶋シェフは、「東京レストランこそが国際レベルのサービスにまったく到達していない」と危惧していました。そういった意味ではこの店は最先端をいくインターナショナル具合なのか?中国人客が2組もいましたし、ソムリエもサービスも英語で料理を説明、、、生き残る店になりそうです。

六本木の、ちょい危険エリアなところにお店をかまえておりますね~。オープンしてすでに2年、やっとランチに訪問できました。思ったよりテーブルも小さく手狭な印象。コースは1本。ワインペアリングコースは外れが最近多いのでグラスを選択。。。チャキチャキしているのはマダムでしょうか、ホールスタッフは新人女性が1名。
泡はCazalsというあまり見慣れないもの、ちょっとボトル最後の一杯だったので泡抜け気味かも。パンはメゾンカイザーバケット(たまに食べると美味しさ発見 w)バター皿がかっこいいのだけどちょっと使いずらい。

シェフはフランス・ルドワイヤンや日本のオーグードジュール系店舗などで修業をされ独立。フレンチベースがきちんとあるせいか、味わいの深さはありながらも、あっさりと、前衛にも取り込む姿勢が料理に見えてチャレンジング。この日の一番はハタのローストの上にかけたブラックオリーブソース。前菜のイワシ、私はフレンチの素材としては向かないと改めて感じました、、、。フォアグラとコーヒーのジュレはなかなかばっちりのマリアージュ。キノコの一皿も秋を先取り?と思いきや、日本のキノコは夏が旬だそうです、、、、。料理の割にデゼールがいまひとつ↓。まずはまたディナーでも行ってみたいです!

G.Champagne: Cazals Calude Carte Dor
G.白 Jean Fournier S...!?! 014
G.赤 Cote de Nuit 2013 (D.Lechenaut)

甘鯛のくんせい+りんご、セロリ
いわし+ホワイトアスパラソース
フォアグラ+コーヒージュレ+オレンジ+ェぴス
きのこのクレープ、アスパラ、きのこ、キノコのソルベ
ハタのロースト+キャベツ、いか、ブラックオリーブソース
北海道鹿(しんたま)ロースト+シヴェソース
桃コンポート+ソルベ
プチシュー、ほうじ茶パンナコッタ
cafe

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/02

真夏のテラス

70531037
メゾンドキオイ
千代田区紀尾井町 赤坂プリンスクラシックハウス
03-6261-1153

再開発オープンから1年たった紀尾井町エリア。昔と変わらず、やはりいまいち寂しげ?な雰囲気ですが、この建物は昔から残されているのですよね。赤プリの迎賓館的な「メゾンドキオイ」。コロニアルなテラスで夏のfree flow(シャンは含まれてないですが、、、)スパ^-クリングはカサノヴァとかいうイタリア・プロセッコでまあまあ飲めます。なぜか巨大カキピーやら、トリュフかけポテトフライなどはお代わり自由。ワインやカクテルもいろいろありますが、所謂ホテルレベルなので、味わいが物足らず。もすこしグレードあげてほしいですね。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/24

チーズくらぶ①

Article_art000388_2
シャレースイスミニ
荒川区西日暮里3-3-12
03-3822-6033

お墓に囲まれたスイスシャレー!ってあんまないでしょ、、、。季節はお盆、お墓詣りの帰りに、常々気になっていたこちら。突如出現するスイス風山小屋にて、オーナーがゆるゆるに経営しているようです(笑)。
中途半端な時間だったのでカフェでなく、ワインセット。シャスラ白ワイングラスと、チーズ2点(カマンベール、テットドモワンヌ)セット。スイスのチーズの奥深さを学ぶにつけ、山のチーズはスバラシイと思うのですが、せっかくならカマンベールでなくヴァシュランモンドールかなんかをいただきたかった。。。。2名様からフォンヂュやラクレットも注文できるようです。普段は手編み教室等カルチャースペースとしても使われているようで、なごみの空間。あくまでも下町なノリなので、オシャレなチーズカフェの雰囲気ではないです w

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/20

びのびの!Tokyoいたりあん(228)

Image1
Lupi32
杉並区阿佐ヶ谷南3-32-1
03-6886-2200

すっかり浸透した感のあるナポリピッツア。一街一釜のように?どこでも見かけるようになったけれどクオリティは各店異なるもの。真のナポリピッツア協会所属でなくとも、独自路線でのpizza造りを目指すかたもいますね。阿佐ヶ谷にはなかったこじゃれた店内のこちら、1階長いカウンターの前はオープンキッチン。元希須林(中華料理店でした)だった跡地に、スタイリッシュなpizza釜にてピッツアイオーロの志賀さんが焼いています。その他前菜などのフード類も充実、ソムリエバッチ着用のソムリエが選ぶワインはイタリアでもかなりいろいろで、ワイン好きは楽しくなりそう。ホールスタッフ数も多いので、2階の静かなテーブル席まで結構目を配らせています。生しらすマリネ、ゼッポリーニ、トリッパ煮込み等はよしとして、肝心のpizza!マルゲリータは生地薄め、トマトソースは水分多めで塩が強め。せっかく頼んだ水牛モツアレラチーズとの相性はちょっと好みでなかったかな。。。また季節や天候の異なる日に試してみたい。


よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ばんばん!ふれんち(其の四〇七)