2019/09/19

びのびの!Tokyoいたりあん(263)

320x320_square_95530330

イルカルディナーレ

中央区銀座6-10-1 ginza six 6F
03-3573-3088

懐かしいソニービル時代のサバティーニフィレンツエ。そちらの姉妹店としてginza sixに入っておりますこちら、、言ってしまえばカジュアル版だけれど、店内もロケーションもあまりサバってないのです。とにかくイタリア各州の料理をなんでも大盛りで提供!らしく、どのお皿もボリューミー。逆に本場っぽいけど、メニューが多くて数人でシェアしないといろいろ味わえないのが辛いところ。ワインも独自路線的なミドル~ハイなものがあり、少し選びずらいような。その分サービスはしっかり安心できるので、サバティーニファンのかたはいいかも!です。

G.Franciacorta Opera Rose Brut
B.Rosso  Chanti Classico 2016

前菜盛り合わせ(生ハム、いちじく、いわしマリネ、きのこのブルスケッタ、ローストビーフ)
トリッパ2種煮込み トマトソース
アーティーチョークの手打ちパスタ
チーズケーキ
ハーブティー

よければポチしてね↓
Banner_02_4

 

| | コメント (0)

びあっじょ日記~kyoto~

Yjimage_20190917200601

久しぶりの京都です。

数年ぶりの京都は外国人客ばかりで街が埋め尽くされていました!・・いやいや、人のいかない場所があるはず、と今回も静かなエリアをひたすら探します。洋食おがたは完全予約制、さすがのデミグラスソース、甘すぎずさっぱりしたお味。夜は一度訪問してみたかったすっぽん料理の大市。ううーん、気持ち的に元気になったけれど、そんなにリピートするお料理ではないよね・・。翌日はメインな美山荘ランチ。おもてなしと美意識、願わくば季節を変えて再訪したい空間。最後は丸太町十二段屋で出し巻&漬物定食。いつも変わらぬほっとした味。普段食べない私でも白米お替りでいただけてしまうあっさりさ。京都の食は奥深いですが、てっさい堂での骨董染付をコツコツ集めるため、また行かないと~!

 

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0)

2019/09/18

ばんばん!ふれんち(其の四百七十六)

150x150_square_114026327

ランタンポレル

港区南青山4-9-3
03-5413-5750

オープンして2年たたないうちにシェフが変わったばかり。ベテランソムリエさんとともに九州出身で、こじんまりとちょうどいいスペース、空間のお店です。お料理は和テイストも入ったモダンフレンチながらも温かみのあるお店。鯖のスープは臭みがまったくなく、上品なコンソメ風。お魚料理もがっつり系ではなくやさしい味わい。ワインは数種、セレクションが楽しく迷ってしまう。勉強のためにブジョネワインを味合わせてくれてありがたい。。

G.Champagne Damien Hugot Rose
G.白 Sancerre 2018, Franck and Aurelien Baily
G.白 La Lune Amphores 
G.白 Morey St. Denis Larrets 2016, Frederic Magnien
G.赤1 Savigny les Beaune 1er Cru Les Peuillets 2015, Antoine Olivier
G赤2 Chateauneuf du Pape 2012, Domaine Sasint Gayan
G甘 Tawny Vintage Port Dow’s 1977 Oporto

プチトマト冷製 塩グラニテ
タコキュウリ ウニジュレ
カリフラワーコロッケ 玉ねぎソース 
鯖のコンソメスープ
鯛ロースト 赤ワインソース
豪州産ランプ牛ロースト ナス ひすい豆
チーズ盛り合わせ(ミモレット、マンステール、ロックフォール)
ブラマンジェ
ハーブティー(ベルベーヌ)
ゼリーショコラ

よければポチしてね↓
Banner_02_4

 

| | コメント (0)

2019/09/17

ばんばん!ふれんち(其の四百七十五)

200x200_square_96118277


セラフェ
目黒区下目黒1-3-4
03-6420-0270


西麻布には姉妹店があり、本店はこちら。フレンチの名店、マキシムのマネージャーをしてらした田中さんがオーナーの肉ビストロです。権之助坂を下がった途中の半地下、静かな小道沿いのロケーションがフランス風。既に男女ともほどいいお客様で満席状態です。入口右手にはワインセラーがあり、入って選ぶシステム。シェフの斎田さんおすすめのスペインの一本が、エレガントでメンシアっぽく(実際ブレンドされていました)当たりでした。料理も肉だけ、だと飽きてしまうのでこちらはサラダや前菜系も充実です。がっつりオトナ肉したいときはカジュアルでいいですね♪
G.Champagne Richard Cheurlin Carte d’or NV (PN70, CH30)
B赤 Dominio del Urogallo La Zorrina 2013 (Mencia, Albarin Tinto, Garnacha,..)
G.甘 Olho no Pe Douro Colheita Tardia 2012 (Gouveio)


メイシャントンのシーザーサラダ
前菜盛り合わせ(サラミ、パテカンパーニュ、チーズ)
あか牛 サーロイン・仏産ヒレ ステーキ盛り
チーズ盛り合わせ(ハード、ブルー、いちじく、くるみ)


よければポチしてね↓

Banner_02_4

| | コメント (0)

2019/09/04

2次会的に

珍しくちょいのみ遅い時間スタート系もあったりするのが夏ですよね。

渋谷 日和
ご近所にあるアウレリオ(イタリアンバル)が姉妹店ですが、こちらはおでん系。夏のおでんもいいかも?!ワインはナチュール、お出汁も薄めでよい感じ。
G.Frizzante Tamario
おでん5種盛り、クレソンサラダ、モツ煮

外苑前Bee's bar
意外とワインリストが少ないことが判明。やはりカクテルバーでしたか、、、
G.Champagne Vilmart
G.Red Lucente 2016
生牡蠣、エビフライ

奥沢dal Barone
週末限定のアペリティーボアワー。通常カウンターをスタンディング形式にセットしているから、テーブルの高さがいまいちかも。すっきりした店内は気軽に食べのみが合っております。G.Rotaliと生ハムで。

 

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0)

2019/09/02

夏のロゼシャン

Th_d552ca8f516ea5216831ef47ff1544f5_2019

シャンパンバー ANAインターコンチネンタルホテル

2019年、シャンパーニュイベントを検索していると、今年は何やらペルノーリカーグループ(マム、ペリエジュエ)の乱発ぶりが目立つ。とにかく宣伝費があるのかしら、ホテルや各ジャンルレストランのコラボが目白押しでちょっと食傷気味。
とはいえ今夏も数回シャンフリーしたけれど、いわゆる大手メゾンはなかったなあ・・・と、王道なシャンパンバー@ANAインターコンチネンタルにて マムフリー!最近ややスタイルが変化している気がする、、以前の堂々とした風格あるつくりから、軽やかに。特にロゼは自分の好みのスタイルではないことがわかりました。ロゼは本当に難しいです。酸味、赤ワインのニュアンス、ミネラルのバランス、、、、飽きずに美味しくいただけるのはごくわずかですね。ドサージュに頼らないためにはやはりシャルドネが肝かと!マムはRSRVがやっぱりいいかな。

 

Mumm Grand Cordon PN45/CH30/PM25 20か月熟成 dosage 8g
Mumm Grand Cordon Rose PN60/CH22/PM18 20か月熟成 dosage 6g
赤ワイン14%

サーモンタパス
スモークサーモン、サーモンエクレア いくらのせ、サーモンのファルス キャビア添え、サーモンのトルティーヤ、サーモンとスモークチーズ、サーモン、ブロコッリー、ポテトサラダ、サーモンセビーチェ、サーモンのパイ包み、サーモンサンドイッチ

 

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0)

2019/09/01

鮨シャン、アゲイン

初代 渡邊淳一 目黒区祐天寺2-3-15
03-5708-5550

夏の鮨シャンもラストスパート!夏の和はやっぱりいいなあ~と思わせる。庶民的なエリアもある祐天寺、気のよい大将とマダムの江戸前寿司。銀座のきどった洗練系、下町の粋なスタイルとも異なる、、、やっぱりお上品系?赤酢でばつんとしたパンチが物足りないのだけど、そこは、山の手ってことで?勝手ながら持ち込みさせていただきました。希少なネタとともに味わう泡は夏にしか味わえないうまさもありますね♬

Ayala Blanc de Blancs 2012
Louis Roderer Brut Nature 2006
Delamotte Blanc de Blancs 2012
Louis Roderer Rose 2012
Jean Vessel Oeuils de Perdori
Tettanger Noctane

 

つまみ:クエ、石垣貝、つぶ貝、アマダイ煮、アナゴ天、かいわれひたし、のどぐろ焼
にぎり:小肌、鯵、白エビ、白いか、赤身、トロ、いくら、うなぎ、巻物、ウニ、お椀

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0)

ばんばん!ふれんち(其の四百七十四)

ビストロヌガ

中央区銀座6-12-2
03-6254-5105

創業21年を迎えるシノワはやっぱり安心感あるお店。ワインも、料理も、サービスも銀座的!少しカジュアルなこちら、ヌガもやっぱりいいなあ~。グラスは白赤各種5-6種類、普通と異なる個性的セレクションがありがたい。料理もがつんとビストロ的、それでいて日本らしい細やかな表現もあり。ブイヤーベースなんてほんと、キレイ。1階のカウンターもよいけれど2階テーブルで落ち着いていただくのも女子会にもぴったり♪黒板メニューが充実していて、レギュラーメニューにいきつかないのが辛いね。。。

G.Champagne Frederic Maletrez Brut Tradition NV(PN, CH, M)dosage 6g
G.白 Macon Aux Bois d’Aller 2016 (D. Cordier)
G.白 Auxey Duresses 2016 (D. Benjamin Leroux)
B.赤 Sotanum 2005 Syrah 100%)
G.甘 Banyuls Bila Haut(D.Chapoutier)Grenache 100%

メリメロサラダ
桃とオマール海老
ブイヤーベース
ホロホロ鶏のバロティーヌ
チーズ盛合せ (コンテ12か月、フロムダンベール、マンステール、シェーブル、フィグ)

 

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0)

2019/08/28

晩夏の風物詩

 

Labelcloseup

銀座vionysにて、Bollinger La Grande anee 2008フリーフローを8月末まで開催中!・・・ってことで、晩夏記念に?訪問しました~。今年6月に発売になったアイテム。2000ヴィンテージを飲んだきり・・だったので、なんか固いんじゃないかな~と思いながら、びっくり。もう今で十分旨味凝縮で味わい深い!ミネラルがしっかり酸に乗ってる感じ、、、ヴォリュームも抜栓後は広がりをみせて。
PN71CH29なのですが、繊細さと複雑さを併せ持つアイテムに仕上がっております。フリーフローでも一本は飲めたのかな、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0)

2019/08/26

びのびの!Tokyoいたりあん(262)

Psvur3pxwzaj57npkyqnit2i7w0uvbcqsyuoc7kv

リストランテヤギ

渋谷区鉢山町15-2 B1
03-6809-0434

旧山手通りは蔦屋書店ができてから変わったか?と思えば、、、伊太利亜前までで賑わいは終わり、公園をすぎるとそれはひっそりいたします。モンスーンカフェをここに作った長谷川実業=グローバルダイニングのセンスはすごいなあと感じつつ、そのカフェ隣の地下にあるイタリアン。個室もあり、地下であっても天井も高く、テーブル配置もゆったりと広がりを感じます。料理もキレイにつくられた、それでいてイノベーティブでない、しっかりとした味わい。やはりイタリア北部の繊細なワインのペアリングがふさわしい。ソムリエのサービスはちょっと固いかも?最後にお顔を合わせたシェフ、お人柄が料理にでているような、自信と安定感を感じるお料理でした。

G.Champagne Chapuy Tradition
G.白 Langhe Chardonney 2017 (Mery Vigin)
G.赤 Falkenstein Blauburgunder 2015 (Sudtiral vinschcau vol Venesta)

一口:フレッシュチーズ+サーモン+キャビア
マグロ+茄子カポナータ+ストラッキーノ
宇和海産白甘鯛 万願寺とうがらし ムール貝
たこ、アシアカ海老のトマトソースパスタ
パンチェッタとインゲン、ピスタチオソースのショートパスタ
フランス産仔羊ロースト サマートリュフ
巨峰のブラマンジェ
espresso

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0)

«ばんばん!ふれんち(其の四百七十三)