« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004/11/30

ばんばん!ふれんち(其の四)

88072230.jpe
ビストロ・イデアル 
新宿区神楽坂

神楽坂のワインバーとして名高いイデアルがビストロを出して1年。こっじんまーりした店内は2組のカップルが。それにしても空調悪いってことで入口のドアを開けているのは冬場はたまらん。足元からじわーっと冷えるではないですか。1994年が初リリースの「Cheateau La Tour Figeac」を。Ch.Figeacにあったのですってね、ジビエのエゾ鹿赤ワイン煮とグラスの中での変化がマッチング。。サンテミリオン、やっぱりやわらかいよね~!!ちょい練りこんだ感のあるタンニンもエレガント。ワインリストが寂しいので、改善されてはー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/24

びあっじょ日記③(水上)

別邸仙寿庵
senjyuan.jpe

関越自動車道って、どうしてこんなに寂しげなのかしら。この道が花道になるのは12月下旬以降・・・スキー以外ではなかなか利用しませんしね。中越地震もおさまり、温泉の季節にずばぴた行ったのですが、予想外のぽかぽか陽気。コートなしでもOKでした。水上も全くひっそりとした温泉地ですが、この宿もかなりの敷地。やはり露天風呂付部屋で、お食事は別棟で。とにかく18室にしてはサービス係が大勢です!その割りに落ち度もありますが。エステは伊勢丹「デクレオール」のもの、まだまだレベル低しですね。料理は吟味された素材を生かした関西風で、ひきつけるものがあります。温泉のミストサウナが格別、選べるお布団&枕で安眠できた、リラックスのんびりツアーでございましたよー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoイタリアン(3)

Vino della Pace
港区西麻布4-2-6
03-3797-4448

イタリアンワインバーですが、しっかり食事もいただけます。なんといってもキモは内藤ソムリエでしょう!コワモテのおじさまらしからぬスマートでソフトなサービスに安心感あり。この日は大グループが狭い店内を占領していたので料理が出てくるのが遅かったのですが、パスタなどにこだわりがあり。私はラグーのピッチを♪ワインリストが無いのが残念でなりません。一覧できると楽しみも増えるのにい・・・結局、ヴェネトのメルローをいただきました。どちらかというと、ワイン好き同士、軽く一杯という使い方のほうがよいかも!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/19

葡萄の新酒祭♪

leroybeaujolaisnouvau.gif

2004年のボジョレーヌーボ、飲まれましたか?
人間もワインも成熟性にしか興味のないわたくし、今年は珍しく解禁日に飲むことに。
いただいたルロアの新酒はガメイのイメージよりも・・・理知的で哲学ががったマダムなニュアンス。
落ち着いているのがいいですね♪

なぜか解禁日に便乗して、キスラー2002, Dutton Runchなるものもテイスティング。
ムルソーに匹敵するといわれるソノマのこのワイン、最近ではめっきり品薄でみかけなく
なりましたね。深みもボリュームも、フランスといわれれも納得の出来栄えでした。
これから寒い冬、こっくりとした白ワインもまた・・・いいものですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/12

チネマな世界・・・

2046.bmp

ウォン・カーウァイ監督「2046」を六本木にて観ました。
「花様年華」を期待していくと・・・はじかれます(笑)。キムタクはいなくてよろしい。トニー・レオンはずっとあのままで行ってほしいです。チャン・ツィイー、綺麗すぎますが、オトナのオンナはやはりマギー・チャン!!悲哀を秘めたわずかなカットが効いてました。・・・にしても、監督の美意識爆裂の映像でしたね。2時間超は長すぎるけど・・・とにかく、これは映像を楽しむ映画でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/11/08

びのびの!Tokyoイタリアン(2)

リストランテ・ヒロ チェントロ 丸の内店
千代田区丸の内2-4-1 丸ビル35F
03-5221-8331

すっかり定着&落ち着いちゃった丸ビル。振興大型ビルに押されてか、金曜日ってのにガラガラのフロア。大丈夫かしらんとの心配は杞憂でございました。なぜかヒロだけは満席状態。さてさて、この日は8千円コースを注文。フォアグラのムースはよくありながらも和式プレゼン。真鯛のジャガイモ包みはインパクトなくも、パスタは各種からキッタラのラグーが力強くもあり。メインの鴨はこじんまりまとまってしまった感あり。ヒロは昔からドルチェが有名ですね。やはり、普通のフロマージュブランですがやさしく包み込むかんじ。グラスワインは白赤とも3-4種類個性的なものも選べて豊富です。店内はオープンキッチンながらもワインセラーを見せつつ大広間。いまだコレだけ入れば立派ですよね。小田原の店はどうなったのかしら、さらに今後も出店ラッシュが続くらしい山田シェフ。ヴィザヴィ、バスタパスタ、ヴィノッキオ・・・不死鳥のごとく蘇り、ヒロ大グループはどこへいくのでしょうかー!?ザッツ日本のイタリアン、ですもの、息長く続くのでしょうね・・隣にご家族で誕生祝いをしていたのが印象的でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/05

ばんばん!ふれんち(其の三)

クーリ・ルージュ
杉並区西荻北4-26-10
03-3395-8289

オープンして1年ちょっとの再訪です。以前はシェフ一人でホールもきりもりしていたのですが、さすがにアルバイトの男子がおりました(ちょい元気ないけど)。前菜とメインを選べる4700円コースにて、前菜「カキとカリフラワーのミルク仕立て」を1皿追加。選んだ前菜のブータンノワールは通常とことなる形状で、濃厚さもなく肩透かし。メインの子羊は軽く燻製してあり、野菜もたっぷり。連れ合いの福島産豚のグリエのほうが肉本来の味が楽しめたかな?デゼールはいろいろあって迷うところですが、紅あずまのモンブラン。独創性ありますね、うん。
こじんまりとした店ですが、シェフが独りの世界でいいかんじです。サービスは遅いけどね。

ワインはグラスシャンパン、グラス白(ボジョレーヴィラージュでしたが、香りもあって楽しめたわ♪)赤はボトルでAC Bourgogne 2003(D. Marquis D'Angerville)を。Volnayの造り手でも軽めのスタイル?多少変化はありましたがやはり物足りないか・・・リストは面白いものを揃えていますが改編の余地ありかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/02

びあっじょ日記②(ワイナリーとバンブー)

IMG_0568

温泉ついでに、近くにある「シャトーTS」なるシダックス社長の趣味でつくられた
ワイナリーを訪問。なんてことはない、TSは志太さんの頭文字。
ありきたり日本葡萄でつくられたワインと、自慢のコレクションの数々。
ここで結婚式ってキモイ。

でもって、ランチは箱根にとんで「アルベルゴバンブー」。
もうすぐ8年ですかー、バブってますね。
場所柄リゾートですもの、みなさまラフな装い。しっかりと
暖炉はかしこまっておりました。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びあっじょ日記①(修善寺)

IMG_0504.jpg

イタリア好きでも、温泉につかっていると「あ~、日本人でヨカッタ・・♥」と自覚する私。
二期倶楽部、淡島ホテル、あさば、蓬莱、強羅花壇、お宿龍石、龍宮殿、
オーミラドー・・・数々のオーベルジュや旅館を渡りあるきましたが
最近の流れはやはり、「ややお安め、露天風呂付き客室のある宿!」

話題の修善寺「あせび野」にたまたま予約が取れて宿泊。
露天風呂付きベット客室はやはり部屋から直行のお風呂がなにより!。
眺めはいまいちなので、地下の男女別露天大浴場もオススメ!
マイスリッパにマジックでマークをつけるへんなシステムはやめにしてほしいところ。
客層は30前後がターゲット?価格の割りに内容十分、料理もヴォリュームたっぷり。
個室の別室にていただけるのおはいいのですが、
高級感はなくとも親しみが持てます。バブルを知らない世代には満足なのかしらね。。
サービススタッフに年配者が多いのも好感触でした。
さすが「嵯峨沢館」経営、オンナ心をつかむのもうまいですね。もうちょいぱっとしたところが
あればなおさらよいのですが・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »