« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/31

ばんばん!ふれんち(其の十四)

115-1600_IMG
ビストロ・レサンス
渋谷区恵比寿西2-17-5
03-5489-5738

ここって元オコションローズというフレンチ・・アラカルトでリニューアルしたというので訪れた雨の月曜日なのに、店は満席近し。代官山、恵比寿ってある程度きちんとしたビストロって意外とないから穴場なのかな。インテリアもモダン、シックで落ち着いていてこれならオトナも充分楽しめそう!
お料理は1皿が結構ボリュームあってリーズナブル♪まずはビルカールサンモンのシャンパーニュ、その後はラフォンロシェのセカンド。これってエチケットや名前がいろいろ変わっている2ndなんだけどどれが正しいのかなあ?サンテステフらしく鉄っぽーいどっしり感が、雨の日にマッチしてました。お料理はビストロ風もあれど独創的なものも。アサリのラビオリなんておもしろいのではないでしょうか。若いマダムは「もうすぐ店名変わるんです」との説明。確かによく聞く店名ですもんね、登録商標はしっかりしないといけませんね・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoイタリアン(14)

g807400v
リヴァデリエトゥルスキ
南青山3-15-13
03-3470-7472

もう10年くらいたってますよね?この一軒家イタリアン、青山でもかなーり強気な経営。1階はコースのリストランテ、2階はカジュアルでアラカルト注文が可能でも予約は不可、だったはず。いつのころから路線変更、最近ではウェディング対応のお店として人気が高くなりました・・基本的にウェディングに力を入れている店は伊・仏ともあまり興味なし。週末ランチが貸切になってることも多いしなあ・・・ですが、思いがけずディナーに再訪。よくこなれたホールスタッフは空いているテラスで本領発揮!ワインはひねりのあるものが白・赤各3-4種類ほど。カルトで注文すると好きなものが食べられ、ポーションもたっぷり、お値段はやはり青山にしては高め・・・になりますですねえ。前菜のフォアグラフランはフォアグラの風味が消えて、単なる茶碗蒸しになってた(笑)一番はパスタ「カバッリ」かな?黒オリーブとトマトとのハーモニーと食感が珍しく。。。ですが、シェフが変わったのかしりませんけど、かつてのほうが輝きのあった崇高な料理をだしていたような気がする。せっかくキレイなリストランテなのに、くるお客は青山カジュアルな若者ばかりじゃ、ちょっと心配なお店です。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/30

艶色マルノウチ。

fn2005040701a
久しぶりに逢うワインが苦手な友達との待ち合わせは丸の内。ついでに「Vulcanize」のぞいてミラー・ハリスのフレグランスをお試ししてみるも、イマイチぴんとこず。ブランドイメージはあくまでも英国、ボタニカルのせいか、ぼやけた安心感がリフレッシュ感をもたらさないのです、ううむ。このフレグランスは以前BARNEYS NY扱いだったよね?グローブトロッターはESTNATIONにも置いてあったよね?それ全部Vulcanizeにまとめちゃったということなのかなあ・・と悩みつつ、目指すは和食の「やんも 丸の内」。居酒屋や単品物のお店が嫌いな私はお懐石が好みなのですが、がちがちお懐石でなければこういう流れの会席もよいかと。店内は以外と狭いのですが接待等にも充分対応可能なレベルのサービスでした。肝心のお料理はうむ!とうなるものは・・やはりありません(笑)占めは白ゴハンってのが寂しい(追加料金でお茶漬け等選べますが)。ターゲットが若いビジネスマンのせいか焼き物もボリュームありすぎだしなあ。それにワインもボトルでしか頼めないのはかなーり、残念。しょうがないから純米吟醸「加賀の井」「雪の茅舎」をまったりといただき、なんだか重めの金曜日でした・・・
おしながき:
先付 地たこの黄身酢かけ
汁物 飛魚豆腐 冬瓜すりながし
造り 盛り合わせ(カツオたたき、トロ、タイ)
おしのぎ 雲丹ときゅうりの湯葉まき
炭火焼 黒むつ塩やき
煮物 丸茄子 鶏味噌がけ
お食事 ご飯 味噌汁 香の物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/23

ばんばん!ふれんち(其の十三)

i1
ジョエル・ロブション
恵比寿ガーデンプレイス内

タイユヴァン・ロブション無き後、インテリアはまたもや森田"シャンパン"恭通による御殿で営業再開しましたね。うーん、でも期待が大きかったせいか、結構抑え目の内装じゃないかな?ランチだったせいもあるのでしょうか、なんとなくかつての控えめ正統派タイユヴァンのインテリアのほうが逆にsexyを感じますヨネ。ドンペリプロモーションのせいか、96をグラスで。(ブルーノパイヤールはイマイチ惹かれないしっ)。その後はやはり、classicとmodernの融合したお料理を美しく&斬新な食器でいただきます。カトラリーはクリストフル、グラスはリーデルってのもなんだか真っ当。どうやらウェディングに力を入れているようですし、親世代受けはいいのでしょうネ。
ランチだけにお客の9割は女性グループ。コースは7,500yen一本のみ、あとはアラカルトなので、つまらないから前菜の一皿をアラカルトからオマールに差し換えさせちゃいました♪Beige Tokyo(アランデュカス)ほど奇抜でない力のぬけたお皿に安心感がありましたし、内容からいってもなかなかお得感あります。ワインはグラスでCorton Clos des Meix 1990
(Comte Senard)を出していましたが、コルトンらしい控えめな華やかさで○。若きソムリエは南仏が好みとか、ディナーのリストを見せてもらえばよかったと後悔しきりです・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/19

夏の始まり!

web-sp-fix-90


いよいよ6月近くになると、夏のイベント告知まっしぐら。まずはsopexa主催「アペリティフの日」でしょうか?だいぶ前からアペリティフにシャンパーニュを・・と販促しているフランス食品振興会のイベント。食前にシャンパーニュやパスティスなぞを楽しむ習慣は根付いていないと思わないのだけど・・・少なくともレストランを愛するエピキュリアンにとっては今さら感もありますが、まっ、お祭りってことで。
恵比寿ガーデンプレイスでは期間限定のシャンパーニュバーが。5.25から5日間と短いですが、私の誕生日にかこつけて楽しんできちゃおうかしらん♪あそこのPARTYというワインショップは好きなんですヨ。ちょい探しづらい陳列ですが・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/05/16

泡々②

G02267b
J=Lassalle NVのプレフェランスはセパージュがPM60/PN20/CH20ってのは本当なのかしら?確かにBBにありがちなエグミやするどい酸味は感じず、結構やわらかめでバランスよく・・・きりっとしてはいますが、はつらつすぎず、なんだかこの時期とってもいいかんじでした。小さいRMはそれぞれ個性がでますが、新しいハウスだけに(現在は未亡人が経営者とか)がんばっているのですネ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoイタリアン(13)

g637100pm1_a
カーサ・ヴェッキア
渋谷区上原1-34-10
03-3468-4280

芸能人も多く住む街代々木上原。高級住宅地ゆえかご近所仕様のお店しかない駅まわりにぽつり・・とあるこだわりの伊料理店。目の前がクリーニング屋さんなのが和みますね♪Edgyなマダムと若いシェフの営む小さなお店ですが、オトナの集う落ち着いた雰囲気で寛げます。屋台コース(3900円)で前菜、パスタ、メイン、ドルチェと内容もよく、お味も本場並みにしっかり塩味のきいた料理。特にパスタは乾麺、手打ち生とも充実のラインナップ。メインはメニューにないイベリコ豚ビネガー風煮込みもワインに合います。歩いていける距離にこんな店があったら・・・食堂代わりに使いたいトラットリア、隠れ家的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/11

ルイーズ様。

PO21
シャンパーニュのメゾンは独自のアッサンブラージュのため、セパージュ(ぶどう品種)を公表してないことも多し。なんていっても企業秘密ですからね。POMMERYのプレステージといえばこのLUISE。はつらつとした大手企業イメージのPOMMERYですが、プレステージになると一気にたおやか♪いいお年頃の美女ってかんじかしら?午後明るい時間から、夕闇せまる時間にゆっくりと傾けたいシャンパーニュです。BOXがお上品でいい感じで好き♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

泡々GINZAないと。

st4
ここのところのフレンチ、イタリアンレストランのニューオープンラッシュには目を見張るものがあります。銀座もしかり、なぜか景気がいいですよね。シャンパンバー「Vinoys」も、オープンしたてというのに8丁目界隈のママさんあり、団体客ありと大盛況。カウンターにかまえるシャンパーニュセラーは必見です。ありそうでなかった隠れ家、料理もスティルワインも充実ですがここはシャンパーニュ一本とがっぷり構えるのが粋?RMのロゼとbbをいただきましたが、どちらも聞いたことのないものでした(笑)。ついでに近所の「LINK DINING. FR」は元ワインバー寓の経営者が変更になったワインバー。ワインも料理もリーズナブルながら、グラスもテイスティングコース2種、3種でいろいろ楽しめます。茶髪のソムリエ君には是非がんばっていただきたい♪スペシャリテの平目シャンパンソースと、牛ほほ肉煮込みもいけます。いただいたリストは・・
白(1)Sancerre 2004(Henri Bourgeois)(2)Meursault Perrier 2000(Ch. SCEA DMP)(3)Dr.Crusius Traiser 2004 Germany
赤(1)Ch. La Garde 1999(Pessac Leoneon)(2)Croze Hermitage 2002(Alain Graillot)(3)Clos de Los Siete 2003
(Micheal Laurent) Argentina
記念日ってことで、最後にドンペリ96のグラスサービスがありました。粋なはからいでしたね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/09

ばんばん!ふれんち(其の十二)

g471400v
OHARA ET CIE
西麻布1-11-15 B1 
03-5785-3485

降り出した雨に逃れて住宅街の地下にある白いお店へ。貸切状態っていいですね♪こちらオリジナルブランドラベル付のシャンパーニュはblanc de blanc。最近グラスシャンパーニュではbbが一般化?料理は前菜からパンチのある、しっかり味で嬉しいかぎりです。新たまねぎのスープはまろやかで優雅な香り。メインの鳩も、ソースもしっかり、何種類かを重ねて使用しています。シンプルな調理法の中にもかなりの重厚感・・・グラスワインのチョイスが赤白1種類ずつが残念ですが、デゼールまでの流れがしっかり一環していて、頼もしいお店です!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

びのびの!Tokyoイタリアン(12)

01
レスタジ
六本木ヒルズ ゲートタワー3階
03-5770-3316

六本木ヒルズ内でも依然ひっそり感ただよう北イタリアリストランテ「サドレル」。お隣の南イタリア「レスタジ」だって、pizzaはあるけど充分オトナで使えるお店ですが、こちらサドレルも思ったほどかしこまらず力の抜けたサービスがよい感じ。窓際から見える風景は3階ゆえ寂しいテラスですが、ま、そこはインテリアでカバー・・・アラカルトで何種類かチョイス、シェア。前菜からかなりたっぷりヴォリューム!特にクリスピー赤座海老(なんとなく、オストラルのスペシャリテと似ているのですが)はプレゼンも美しく美味。ヤリイカとボタン海老のタルタル、羊も牛も塩味をギリギリにした、そして軽めのソースでデコレーション。フランチャコルタのCAVALLERIはここでしかお目にかかれないような珍しいもの(blanc de blancですが)、相談して決めた赤GASTALDIのROSSO GASTALDI LANGHE 1998もサンジョベーゼのアマローネ風?香り高く、イタリアワインの底力を感じるものでした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/06

びのびの!Tokyoいたりあん(11)

photo_dai
XEX代官山

いまや腐ってもナポリピザの時代。もう3-4年たったのでしょうか?XEXの先駆けとしてできた代官山店。ここはBAR LOUNGEは必見ですが、ダイニングもリゾート感あっていいですヨ。ただ・・音楽が有線?大音響でちょっと寛ぎ感に欠けます。。若モノにはいいのでしょうが。。。前菜、ナポリピザ、パスタ、メインのコースでかなり充実ですが、料理事態はなんだか新鮮味に欠けます。サービスも、まだピッツアを食べているのにお皿を下げ、すぐに冷めたパスタがでてきたり・・・サルヴァトーレって、サービスがウリでなかったん!?ワインを質問しても「軽いのとオモイのとどちらがよいですか?」といって、具体的な説明ナシ。うーん、これからの時代、生き残りは大丈夫でしょうか・・・?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/02

ブランチな午後

041012_frenchkitchen
フレンチ・キッチン(グランドハイアット東京)
六本木ヒルズ内のレストランでも、ここは落ち着けてよいのでは。土日祝のみのシャンパーニュ・ブランチはグラス・シャンパーニュ(ドゥラモット)と、前菜はヴッフェ、メインはセレクト、デゼールとチーズはヴッフェとり放題というおいしいとこどりのお得コース♪お気に入りのものはリピートしちゃいますからね。ヴッフェでもきちんとパルマ生ハムやフォアグラもあり、メインの量もどっかりしっかり!グラスワインがボルドー、ブルゴーニュ1種類ってのは少ないのが残念ですが、夏にはテラスでリゾート気分も○。やはりここは外人比率高く、ちょっと東京escape気分のGWになります。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の十一)

lynch_bages_web2
L'ETUDE
港区赤坂

以前は飯田橋にあった「ラ・ターシュ」。ワインとビストロブームの走りに、CPのよさもあってよくワイン会に使ったお店が名前も変えて赤坂アークヒルズ前に。ここ、よくタクシーの抜け道で使われている通りですがひっそりした隠れ家的ロケーションでまずよろしいです。訪れた夜は女性グループ2組、10名前後グループが時間差で2グループも入って盛況でした。ホール兼ソムリエ係はそつなく、優しいサービス。一流グランメゾンほどきどらず、しかしビストロのようなカジュアルさもなく、落ち着いて食せる空間と客層。やはり場所柄なんでしょうか、いいお店ですね。。
コースは前菜、メイン、デゼールを選べるプリフィクス。前菜は湯葉を巻いた甲殻類と魚介パイ包み焼き。。。つぶ貝、ホタテがしっかり、トリフソースとなじみます。メインはバルバリー産鴨のロワイヤル風赤ワインソース。。。結構ソースがしっかり、煮込み系なんですがしっかりとしてvolume感あり!あわせたワインLynch-Bages 1998はおおらかさには欠け、物足りなさもありますがやはりいい造りですね。デゼールも盛り合わせでいただけて、満足な赤坂の夜♪オススメは店の前にあるカジュアルブランドのブティックです。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »