« 夏の始まり! | トップページ | 艶色マルノウチ。 »

2005/05/23

ばんばん!ふれんち(其の十三)

i1
ジョエル・ロブション
恵比寿ガーデンプレイス内

タイユヴァン・ロブション無き後、インテリアはまたもや森田"シャンパン"恭通による御殿で営業再開しましたね。うーん、でも期待が大きかったせいか、結構抑え目の内装じゃないかな?ランチだったせいもあるのでしょうか、なんとなくかつての控えめ正統派タイユヴァンのインテリアのほうが逆にsexyを感じますヨネ。ドンペリプロモーションのせいか、96をグラスで。(ブルーノパイヤールはイマイチ惹かれないしっ)。その後はやはり、classicとmodernの融合したお料理を美しく&斬新な食器でいただきます。カトラリーはクリストフル、グラスはリーデルってのもなんだか真っ当。どうやらウェディングに力を入れているようですし、親世代受けはいいのでしょうネ。
ランチだけにお客の9割は女性グループ。コースは7,500yen一本のみ、あとはアラカルトなので、つまらないから前菜の一皿をアラカルトからオマールに差し換えさせちゃいました♪Beige Tokyo(アランデュカス)ほど奇抜でない力のぬけたお皿に安心感がありましたし、内容からいってもなかなかお得感あります。ワインはグラスでCorton Clos des Meix 1990
(Comte Senard)を出していましたが、コルトンらしい控えめな華やかさで○。若きソムリエは南仏が好みとか、ディナーのリストを見せてもらえばよかったと後悔しきりです・・

|

« 夏の始まり! | トップページ | 艶色マルノウチ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35736/4247870

この記事へのトラックバック一覧です: ばんばん!ふれんち(其の十三):

« 夏の始まり! | トップページ | 艶色マルノウチ。 »