« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/26

ぺろぺろと・・・

main_pic
バールデエスパーニャ ペロ
中央区銀座

ここは銀座♪なのにスペイン料理店が一番密集するエリアではないかしら?オザミの丸山さんもスペイン居酒屋をオープンするとか?虎ノ門の「カマロン」もバル2号店を出すとか?そろそろ「エスペロ」のパエージャばかりは卒業したい!と思ったら・・・・グラナダグループのこのお店はいかがでしょう?位置づけとしては「サン・パウ」
のBAR版らしくプライスも軽く飲みなのに結構いってしまいます。日本でバル経営は、やっぱり本場の気軽なバルにかないっこないのでしょうか?とほほ。
ペロもサービスはまったりとスペイン流、、、1階カウンター利用だったので今度は2階のテーブル、3階のテラスを利用したい♪イタリアリゾットのような「メロッソ」という料理がふつーにおいしかったですヨ。ワインもピンキリです。夏はリアスバイシャスの白なんかもオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/22

びのびの!Tokyoイタリアン(17)

rosa
イゾラ・ローザ
港区東麻布

グラナダ・グループの成功は白金の「イゾラ」から始まりました。グループ内ではイタリアン、懐石、そして中華へとよくあるフード産業に発展してしまった・・・その中で、一番異色を放ちイタリアン高級店だった「Uji Maji」。家具や調度品、インテリアにも惜しみなくお金をかけたひっそり感あるお店でした(そのまた前はサルヴァトーレクオモが入っていたのですよね)。何年か前に通常のピッツエリアに業態を変え、現在のかたちに。グループの中で一番ヒマそうで、人が入ってないのではないでしょうか!?それにしても強気な価格帯。もちろんピッツアはおいしいのですが(ここは本当にもっちり系)。かつてはシーフードが売りだったのですけどついついイベリコのローストをオーダーしてしまいます。メニューも定番のおいしいものがなくなって、ちょっと残念、残念なお店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真のナポリとは。

massimo
ピッコラ・ターボラ
杉並区永福町

杉並区民のイタリアンといえば、ピッツアイオーロ マッシモ氏のいるこの店!決してオシャレ系ではない内装はなーんてことない喫茶店風だし、イタリアのトラットリアともちょっと異なるのですがなぜかいつもご近所系ファミリーやら、インテリ夫婦やらで満席、満席。ナポリピッツア創成期から人気でしたもんね。ここは台とソース、チーズのハーモニーがとてもマッチして、多少お高くても納得してしまうのです。ピッツア以外のメニューも多種で特に前菜はバラエティがあってお勧め。できれば入って右側のテーブル席が釜が見えるしbest position?洗い場のおばちゃんもいい味だしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/19

ばんばん!ふれんち(其の二十)

g932301v
アマテラス神楽坂
新宿区神楽坂

赤坂、乃木坂、暗闇坂・・坂のつく街数あれど、一番お気に入りは神楽坂♪いろんなお店がごちゃっとある街並みから一本入るとひっそりしたバーやフレンチが・・・暮らしてみたら面白いのでしょうね。バットン氏のもとで修行していたシェフがだした2号店(by ぐるなび)のこちら。神楽坂だからマッチしたこじんまりした店づくりと、2階からの眺めはなかなか開放感あります。ビストロが多い街ですが、オトナの多い街ゆえカジュアルになりすぎず、サービスもつかず離れずで好感もてます。ワインは南仏を中心としたリーズナブル系が多しですが、グラスも赤白5種類楽しめるのがいいですねえ。。お料理はちょい和風も入り?日仏混合を若きシェフが目指しているのなら、この街にぴったんこ♪volumeのあるお皿なれど、フォアグラ&玉ねぎソルベの組み合わせにはちょい・・・?な印象でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/15

むさしの果てに

c0000000450
燈々庵
あきる野市小川633
042-559-8080

ここが東京都とは思えないですが、わざわざ都内から何時間もかけて訪れる方が多いお屋敷作りのお店。女性オーナーの美意識が生かされた造りは落ち着きがあって、毎年母の誕生日や忘年会で家族で利用してます。肝心のお料理も、創意工夫のなされたプレゼンがウツクシーものばかり。かなりvolumeもあって、味付けも上品。ワインや日本酒の品揃えも以前に比べ増えました!
先付:無花果ゴマクリーム掛け
椀物:もろこし仕立て 枝豆豆腐、鱧、葛
お造り:鯛、赤貝、赤身・・
凌ぎ:雪鱒笹寿司
八寸:じゅんさい、穴子ときゅうりの酢の物、
焼き物:鮎塩焼き
焚き合わせ:冬瓜スープ煮 そぼろ庵
進肴:米沢フィレ肉石焼
酢の物:てのしこんにゃく&うどのぬた
お食事:鮎飯、赤だし
デザート:ブルーベリージュレミント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏冬。

summary_photo
春秋 鳥居坂店
お盆week前の金曜日なんて遊ぶもんじゃありませんゼっ。どこも込んでいるはずが、こんな一昔前感あるお店でゆっくりしてもいいかも・・杉本”スーパーポテト”の建築は古びませんね。出来たときはそれこそ、受けがよかったのよね。カウンター奥のテーブル席はゆったりしてイイカンジ。グラスシャンパーニュ(クリコ)でざる豆腐つまみつつ、というのは久しぶりの和食系で新鮮でした。ちょっと食べにくいテーブルの高さだけどネ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/09

どどーん、ぱちぱち・・

top_photo_0616
夏といえば花火!ですよね~。東京に住んでいると、隅田川か東京湾がメインになります(神宮はしょぼいので除外)。毎年8月中旬の東京湾では席確保にげっそり・・で、某花火大会に参加してびっくり!打ち上げ真正面に指定席販売されていたのでそこでじっくりシャンパーニュ片手に鑑賞?とあいなりました。夜空に広がる尺玉はやっぱり儚くセツナクイイ感じ・・・飲むのに忙しかったけど 笑 遠くにみる花火より、やっぱり音がお腹にひびくLiveな花火は毎夏どこかに参加したい★しかし屋台はお決まりのお好み焼き、たこ焼き、焼きそばの類・・・チーズやデリ屋台なんて結構イケルと思うのですがねーっ。出店しようかな 笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/05

にょろにょろしましょう。

167969231
御蒲焼 明神下神田川本店
千代田区外神田2-5-11
03-3251-5031

暑い日が続くと食べたくなる「うふぎ」ですね 笑。一軒家、個室のみの神田明神下の名店はやはり夏がかきいれ時のようで、店の入口には「売切御礼」の木札が。戦後の古い家屋が真夏なのにひんやり感を演出します。
先付、一品料理(うざく、枝豆)などを頂きつつ杯を傾け、まず出てくるは白焼き。他店よりもやや脂身があり、かりっと感がないのが残念。限定の肝焼きは肝を5-6個繋げ、ホロニガタレで焼いています。これはなかなか珍しいメニューかな。蒲焼もうな重もタレは辛めで甘さ控えめなので、しつこくなく食べれます。サービス担当女性は若いかたなれど、いい雰囲気だったのは入口にいる番頭さん。なにより、おいしいものを食すには空間とサービスがいかに重要かをしみじみ実感した昼下がりのひとときでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白きココロに。

316938254
白いモノって、心表れるような、無垢さが好き。白い花、白い壁、白いワンピース、白牛乳、白いチーズ、お豆腐・・がっ、しかし、白くてもニガテなものはバリウムです!・・・健康診断の日はユウウツです。。。あのわけのわからん液体をイッキに大量に飲まねばならぬとは・・。これがシャンパーニュやビールだったら軽々イケルのに。白くて大嫌いなものを飲んで真っ青になるのは私ぐらい??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »