« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/27

はちならべ。

m_ayame
泉仙
世田谷区瀬田3-6-8
03-3700-4661

環八沿いに名店なし。。。当たり前ですね。しかーし、王道のキワこそつついてみたくなるもの。どうしても二子玉に向わずにどこかないかと探した和食屋さんは、京都・嵯峨野が本店のこちら。東京ではどうも法事などで使われる個室使用の店のようで 笑 ・・・どうやったって、京の風情にはとどきませんよね。精進料理ってヘルシーといわれるけど、やっぱりナマモノが欲しくなるワタクシ・・・お隣のお部屋では年配婦人のクラス会が。外は大通り、中はシシオドシ感がミスマッチ!?この秋初の松茸土瓶蒸し&白和えが一番美味でした・・・笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoイタリアン(19)

LIBRMEGONIO99R
ラ・テンダ・ロッサ
横浜市中区太田町6-75
045-663-0133

中華街も食べつくしてくると、横浜グルメってハテ、なんだろ?うーん、野毛の庶民性あり、馬車道界隈の洋食屋さんあり、山手のフレンチあり・・・なんかぴんとこない。でも、イタリアンって横浜的な店がかなりあるのですよね。しかも東京よりも一段お安めプライス★ここはwedding需要が多いので週末はなかなか行けないのですが、ワインにかなーっりチカラいれてます!ピンキリではありますが、少々高くても希少なものあり。ちゃあんと釜もあってナポリ風に焼いているpizzaはソースもなかなか(チーズはいまいち。水牛じゃないからなかあ・・)郷土色溢れる生パスタ、アンガス牛炭火焼などおいしいけどちょいオーダーがスローペースで4時間滞在★。フレンチじゃないんだからねえ・・・。インテリアももちょっとゴージャス感をだせば東京とハレル店になりそうなものを。。ヒゲのソムリエにはがんばって欲しいですネ。
ワインはめずらしくカラブリア州のMagno Megonio(Librandi)'99。私の苦手なCIROの造り手なるも、地葡萄をかなり複雑に熟成させています。イタリアワインは本当にわかりません・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の二十二)

CharmesChambertin00Raphet
シュマン
港区赤坂2-17-7 赤坂溜池annex 1F
03-3568-3344

乃木坂を閉めて半年たってやっとのニューオープン。ひっそりオトナな赤坂でシュマンは生き返っていました。ちょっと紳士になった柴田ソムリエ・・・お店はなんとなくイメージするのはパリ・アルページュのようなモダンでオトナのサロン的雰囲気。ロオジエほどゴージャス感はなくとも、背伸びしたこの街にはギリギリのカジュアル度。まずはグラスシャンパーニュ(クリコのリザーブ96)で乾杯♪以前とかわらず丁寧につくりこんだお皿が並びます。ブータンノオワールはシェフが元いたアンフォールのスペシャリテとまた違う盛り付けで。メインもこれまたスペシャリテの仔鳩のローストと、こなれた熟成感あるGevrey Chambertin 1er Cru Les Combottes(Jean Raphet)がマッチします★。その後もチーズ、デゼール、デジェスティヴ、そして仕上げのシャンパーニュ・・・と久しぶりフルコース、4時間(笑)。やや静か目な店内は赤坂熟年coupleにもぴたしではないでしょうか?CPもよいコースがオススメかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/09/20

びのびの!Tokyoイタリアン(18)

ind_photo1
イル・ピノーロ銀座
銀座グリーンビル

東麻布のイル・ピノーロ本店は平和堂ビル改修を機に閉めてしまったのかしらん?stillfoodは展開しすぎって気もするけど、マリオ無き後もしっかり生き延びています。料理はまっとう、ですがここはとにかくサービスで勝負!ツボを心得たサービスがあるとやっぱり、足が向きますヨネ。グラスではDonnafugataのAngheliを。Tancradiとはまた違った力強さ(ネロターボラ50%、メルロー50%とか)。銀座では高いグリーンビルももう出来て3年くらい経ちますかしら・・昨今乱立する銀座高層ビル群にうもれずがんばってね!(夜景はイマイチだけど・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の二十一)

g117300ps4
レストラン ラ・グーリュ
文京区千石4-43-5
03-3944-6109

もうすぐ巣鴨。なかなかキワいところに位置する商店街にぽつんとあるフレンチ。そのたたづまいからしてちょいただものではないコダワリが。一見冷たく見える(実は笑顔がかわいい)マダム?と、一見芸人風で腰が低い(実はこだわり一筋)のシェフ?2人できりもりしているフレンチ。近所にあるとほっと和むお店なんでしょうね。ランチゆえチョイスは少ないのですが、野菜たっぷり+新鮮なお魚料理は繊細で納得。グラスワインはやっぱり選べませんけど・・志高く、迎合せずにあくまでこじんまりと続けていただきたいお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラっとするには

tempra_d

3大王道東京和食といえば、鮨・天麩羅・蕎麦(って、漢字だと画数多いナア)。東京のなかでも名店とよばれる山の上ホテルの天麩羅では、氷をつかった保冷庫にネタは仕込まれ、キビキビとしたサービスの元カウンターで揚げたてを食す幸せ・・これは日本人にしかわかるまい!と思いきや客は外人サマ多し。。てんぷらにはやっぱりシャンパーニュでしょ!バーから頼むとクリコのグラスで出てきました。夏の終わりゆえ「季節の野菜コース」っていってもイモ類ばかり・・・ランチですからしょうがないかな。でも、なんでコースって才巻きエビで始まり、エビで終わるのでしょうかね、どなたかご存知?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/14

ワインな夜④

img1057299937
ラ・カスターニャ
千代田区神田神保町1-30
03-5282-7344

かなーり喫茶店風外観&内装。でも実直で静かなソムリエ(マスター?)が丁寧な解説とともにワインが飲めるイタリアン。結構マニアックに、グラスも白・赤ともに6-7種類から選べます。グラスも大きめ、料理も素材が珍しいものも多いので、ちょい飲みにはいいかも!トレンティーノアルトアジェ州のサンレオナルドはCSのものが有名ですがこちらではMerlotを。エレガントながらしっかりとした骨格を感じさせる一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あわわな勉強

0118
イタリア旅行では伊語学習の成果がなかなか発揮できたリストランテでのオーダー。どこでも「Spumante, per favore」でbene!なはずですが、、イタリアでの発泡性ワインの呼び方はいろいろあります。スプマンテとは一般的な発泡性ワインの呼称。そのうち北部ロンバルディア州にて瓶内2次発酵され造られるもの(Champagneと同じ製法)が「フランチャコルタ」と呼ばれます。セパージュはシャルドネ、ピノビアンコ、ピノネロ・・って決まっているのかな?カ・デル・ボスコやヴェラビスタなどは、しっかりした味わいがなんともエレガンテで私はスキ♪
それからヴェネト州にてシャルマー方式(タンク発酵)させるのがプロセッコ。同じ名前のプロセッコ種からつくられるのですがやっぱりBODYは弱めでちょい物足りない(軽いし安いし、これが好きな人もいるけど・・・)。
さて、イタリアのカフェやリストランテではどんなスプマンテを出していたのかしら?大抵のものは泡が弱めで、しかも温度は適温でないし(日本はかなーり冷やしておいしくしてますよね)・・イタリアで飲むからってイタリアのワインとも限らないからなあ、、実はスペインのカバだったりして?!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/09/09

続き~伊太利亜へ!~機内映画編

いつもは暴睡の機内、なぜか今回は3本も見ちゃいました。行きにはJ.トラボルタ主演「Be Cool」を。ふつーのシンガーをスターダムにのしあげる芸能度高いハデハデ演出、うーん、こういう役って最近のトラボルタにはドンピシャ?ユマ・サーマンとのコンビは見飽きたけど・・内容はないからまあ、見た目重視ってことで 笑。  帰りは珍しくも?韓国イ・ビョンホン主演の「甘い人生」。あんまり興味ない国なんだけど、全体的に暗い映像でバイオレンス・・ちょいキタノっぽい?彼の背中はかなりイイですね♪ついでにJ.LO主演の「Monster in Law」。嫁姑論争を描くドタバタなんですが、あーっ、どうしてもJ.LOの眉間のシワは見るのが辛い・・でも、女優力は結構あるのですねえ。がんばっておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続き~伊太利亜へ!~水編

ColumnG_57_42254

ブルガリミラノホテルにはノルウェーのミネラルウォーター「VOSS」がミニバーにstillが、テーブルにはsparklingが常備。地下のプールサイドにもフリーで常備。日本ではやっと伊勢丹が扱いだしたらしい・・?なんとも化粧水のようなボトルデザインがcoool♪で、やわらかな味わい。暑いせいかワインやスプマンテよりお水を一番飲んでた旅行だったのでうれしかったですわ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/08

続き~伊太利亜へ!~ミラノ編

194_p02

さてさて、真夏のミラノはまだsaldi(バーゲン)開催のお店もあり。モデナからくるとやっぱり人は多いですよねえ。。お決まりのモンテナポレオーネ&スピガをいったりきたりするももうすっかりディスプレイは秋冬へ。まだまだ陽射しが強いのに、コートやsaldiでFletteのリネンもなぞを購入しちゃったりしました。宿泊は「ブルガリホテルミラノ」。モンテナポレオーネからちょい奥まったひっそり感あるエリアにイタリアが誇る宝飾ブランドのこのホテルがオープンして早1年。パークハイアットと迷いましたが、ブルガリ好きもあってこちらへ。狭いフロントでcheck inをしようにも、部屋が準備できてないとの不手際。インテリアはシックなアントニオ・チッテリオだそうで・・なんとなく、アルマーニもスキなテイストよね、この宮殿ちっくなかんじ。。うーん、ラウンジが広いのに、エレベーターホールが狭いのはやっぱりお忍び感を追求しているせい?このエレベータ、カードエントリー方式なのね。宿泊階にしか止まれないってやつ。セキュリティはカンペキなのでしょう。最終日には地下にあるプール&サウナでリフレッシュ(スパは予約で一杯でした★)。朝食も緑あふれるテラスでカンペキ・・・と思いきや!やはり日本人的感覚ではびっくりの、照明スイッチ配線の露出、上階からの水もれなど、ホテルとしてのオペレーションはイマイチ首をかしげる点も。やっぱり餅は餅屋なのかナア・・・笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/06

続き~伊太利亜へ!~モデナ編

IMG_1448

モデナ・・・で有名なのはフェラーリ&アチェートバルサミコ酢。とりあえず愛車の本社工場見学にいかねば!・・・と行ったのはフェラーリではなくてマセラティ工場。地味ーっな駅から歩いても程近いところにあります。すっかり近代化された社屋、しっかりものの受付嬢(ガムかんでたけどね)、結構こじんまりした中に一歩入ると・・技術者がアッセンブリーに並んでおります!あの青いポロシャツ、家にもあった・・なんとなく、手作業でのったりーと組み立てられていたクワトロポルテ、4200GT、グランスポルト・・・(場内撮影禁止でザンネンでした)工場長さんは「乗るならやっぱり白がイイ」と言っていました。イタリアでは街を走る車はほとんどシルバーで、白はタクシーの色のはずなのですがやっぱり高貴なイメージなのでしょうかね!?実際モデナの街ではマセが走っている姿を見かけることはありませんでした。六本木行けば必ず1日に2-3台はフェラーリなど高級車に会えてしまう東京・・・やはりちょいとオカシイ!?そんな街で異彩を放つホテル「Real Fini San Francesco」。併設リストランテも立派ですが客室もかなりエレガンテ!でよいですねえ。なによりジャグジー付バスタブがありがたい♪サービスは新しいホテルにありがちで、ちょっとよそよそしく不慣れな感ありでしたが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びあっじょ日記⑥~伊太利亜へ!~サルディーニャ編

IMG_1311

今年の夏休み・・イタリアも4大都市をざざあっと観てしまうと、他の地方に目がむきます。一昨年のポジターノ&アマルフィ&フィレンツエツアーで気をよくした私(笑)今年はサルディーニャ島、ボローニャ、モデナ、ミラノと回遊してきました!
サルディーニャは島ならでは、地中海で多様な文化の影響をうけている土地。南のカリアリ、サッサリは遺跡が有名な地方ですが、やっぱり行くなら北側のコスタスメラルダ、ポルトチェルボでしょう!60年代に富豪によって開発されたこのエリアは世界のセレブがヴァカンツアに訪れる華やかであり小さい街。数々の海岸があるのに、この港には各種ブランドショップが集結しています。とにかく訪れている人たちのファッションを観るだけで楽しめます。全身ブランド人、多し!ロレックスデイトナ、カルティエパシャ、オーデマの金ムクがこれでもかあーっ!と腕を彩る彼らはみんなヨーロッパ人・・・日本人は皆無、出会いませんでしたねえ。。とりあえずプライベートビーチ&プールで激強の紫外線を避けつつ夏気分。夜は真夜中まで人が賑わいをみせ、海からの涼風にあたりながら飲むスプマンテもまた格別。シーフードの中ではおなじみボッタルガのパスタはとりあえず試してみて。あとは割りとフツーの食事ばかりで感動なかったなあ。Mirtoというリキュールもここの名産。知人に聞いた違法のチーズCasu Marzuを探せど見つからずで残念でした。。。そんな食材を求めるのは野暮、この街は1週間以上滞在し、ひたすらお金を使いまくる街なのです・・・はあ・・・。
ホテルは予約が取れず、「Hotel Cervo」に。予定では「Pitrizza」のはずでしたが、悔しいのでディナーだけしてきました 笑。ここのテラスバーはオススメ!夕暮れ時に一杯飲みながら・・・リゾート気分でメロメロです・・・笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »