« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/28

いつも心に太陽を

00450046_400
リストランテ・ヒロの山田シェフの大麻所持事件はやっぱりショッキング。交通事故で人を殺めているシェフだけに、波乱万丈といったところでしょうか?毎日を気持ちよく過ごすために、おいしい料理とワインだけじゃ、やはり埋められない何かが心の奥底にあるのかなあ・・・と、サミシさに思い出したのが、モンルイのこのクレマン、ラ・シャペル・ド・クレイのDe Tout Coeur。ヴーヴレイ隣のAOCですが目立たないですが、ラベルもハートのイラストでハデハデ全開。ホリエモンや山田シェフなどに飲ませてあげたいです 笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/26

ハマイタ

Tennai
PAPA DAVIDE
横浜市中区山下町37-8 1F
045-650-7080

バーニーズの地下イタリアンも最近冴えがないらしい・・横浜はグルメにとって中華以外のフレンチ・イタリアンではぴーんとくるお店が少ないのです。フレンチでも霧笛楼になるとちょっと、tokyo styleとは違いすぎるうう、ってことでカジュアルイタリアンの店はなんとかいくつかある中、みなとみらい線中華街駅すぐそばに、ちょっと場違い的静けさをまとったこの店がありますが。。。しかし、なーんてことないオトナのイタリアンファミレス?的雰囲気。 ちょいアジアンを意識したデコのだだっ広い店内は余裕があるというのか、音が反響しやすいというのか。スタッフも洗練とはほど遠いみなさん、さらに出てきたシェフはいかにもホテル出身というのがわかりやすーい風貌です。ワインはグラスで選べるのがRosso Piceno Superiore(Saladini Pilastri、マルケ州)レベルじゃあ、客層も推して知るべし。肝心のお料理はフツーです。ポークのグリルのサイドディッシュがレタスというのは、リストランテって名乗るとこでだしていいものなのかなああ?ピザ釜あるけどガスですしね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/20

坂の上で

S01_bg01
s.l.o
新宿区神楽坂4-3 楽山ビル4F
03-6806-1206

ここんとこすごいのが神楽坂。落ち着いたオトナ向けのお店が増えるのはいいことダ♪そこになぜーっか、麻布十番CWG(カリフォルニア・ワイン・ガーデン)の支店がオープン。新しいビルだし、神楽坂にしては広めのダイニング。こちらのウリはやはり野菜料理と直輸入もしてる合衆国ワインですね♪シャンパーニュはGossetでしたが、なんでも先週オーナーが訪れたらしいNEWTON CLARET(Napa)がかなりぐっとです。カリフォルニアワインは最近あんまり飲んでなかったせいか強烈なインパクトを感じました。。。やっぱり濃ゆいよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の三十八)

Img1039247385
ル・ジャルダン・デ・サブール
中央区銀座6-16-11 銀座山本ビル1F 
03-3542-2200

その昔、、泡時代に六本木・テレ朝通りのパンドラ2階にあったフレンチ「イゾルデ」。私のフレンチデビュー、またはワインデヴューとなったその店は赤じゅうたんが敷かれ、たしか音楽演奏もあった高級フレンチでした。このお店にいた中澤シェフはその後独立して青山にお店をオープン。カウンター越しに聞こえる罵声に鬼才シェフの料理への厳しさを実感し、幾度となく訪れたものでした。正統派フレンチの中でもフォンを効かせた野菜を綺麗にお皿に並べる芸術性。・・・そして数年前、同店は銀座のはずれに進出。1階入口にはバーカウンタがあり、地下オープンキッチンカウンター越しに再会したシェフはだいぶ大人しく?そして貫禄充分になっていました。ワインは白はMacon-Milly-Lamartine Clos du Four、赤はVolnay Santenots du Milleu、ともにComte Lafonで決めました。オススメの主菜:和牛ほほ肉と豚足のテリーヌはガレット風味でかりっと香ばしく、、、本当にワインの邪魔をしない、そしてマリアージュをゆっくりと楽しめる料理。舌の記憶で、ああ、これよこれ、と再確認して、甘く切ない記憶をたどる・・・オトナになるのも、悪くないと感じる夜です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/18

ばんばん!ふれんち(其の三十七)

C00105092601_l
ピエール・ガニエール・ア・トウキョウ
港区南青山5-3-2 4F
03-5466-6800

表参道ヒルズが出来てから、明かに表参道駅周辺の人ごみが増えました。それに伴いレストラン新店もラッシュ。中でも今大注目!のフレンチにランチ予約が取れましたのでいざ参上。にしても、このビルなんかこじんまりしててかわいいのよね。意外にも狭いダイニングはモダンな茶系コーディネイト。フランス人が手がけたらしいけどちょっとコンラン?ってかイギリスを思ったのは気のせいかな。評判どおり、イケメンなサービススタッフはゼロです 笑 3日前までむっさーいチョイワルおやじ・ピエールシェフが来日していたらしいのですが、逢えずに残念だったわ。平日ランチなのにカップルや女性同士客が多しで、あとは接待系かな、、みなさん、たいていランチコース@7350円の予約をだいぶ前にしていたのでしょうねえ。メニューが変わる前までの構成は前菜+魚+肉だったそうですが、現在前菜+前菜+魚、に変更しています。とりシャンはペリエ・ジュエと、マムのプレステージでBBの、「Mumm de Cremant」、これは珍しいかな?控えめな泡だったけどね。グラスでいただいたのはDujacの白とCh. de Maltroyeの赤。それぞれ赤と白が有名らしいけどあえて逆をねらってみました。。笑。しかしリストを見ると結構リーズナブルなものもあり。サントリーが出資してるせいか?扱いが多いようです。。
料理はなんとも懐石的&独創的。フランスのエスプリっていうものより、非常識でびっくり箱、みたいなentertainment性があるので、アンチ伝統、アンチ保守なんでしょう。飾りたて流行もの好きなグルマンには一度体験していただきたいamusement restaurantです。carteで選んだ主菜:豚ロースグリルはちょっと照り焼きソース風味で普通だったかな。ちまちま数皿でてくるけどポーションが少ないのでそんな満腹にはならないです、念のため。ちなみにパンはメゾンカイザー、一番安定したおいしさでした★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びあっじょ日記⑦~パークハイアット東京~

Phyatt_dsuite
西新宿のパークハイアット東京・・もう10年も経ったのね。こんな辺鄙な場所にできたスモールラグジュアリーホテル。たまにはここで息抜き!ってことで久しぶりのお泊り♪あれだけ眺めのよいフィットネスクラブはいくら走っても苦しくならないし 笑、暇そーなじいちゃまが泳いでいるプールでゆるゆるとスイミング。スパではジャグジー&サウナで、併設のラウンジでうとうとお昼寝・・笑。アロマにマッサージ、いたれりつくせりのサービス・・・贅沢で静かな都会のホテル空間が広がります。今回のプランではルイ・ロデレールのハーフ&ベリーが付いていました。ルームサービスでお部屋ディナーってのもオツかと。でもねえ、CDを聴く時にモニター画面を暗くするには、いちいち配線を変えなくてはならずでちょっと手間です★ブラインドが手動なのも手間です★改善してくれればますますありがたーくご近所なホテルになりますです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/17

私の王子様

W552174view
日経新聞第二部(折込・月1回のフリーペーパー)裏表紙に、我がジュード・ロウ王子様を発見!どうやらダンヒルと契約したようです・・英吉利っていっても、ダンヒルだもんなあ。そんな歳?ってか、ダンヒルってどうしてもおっさんくさく感じますが、今は違うのかなあ。。バーバリーよりもいいけど 笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2人でお茶を

Take721124782_s
コバ・トーキョー
千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル1階
03-5223-0008

丸の内ブラブラして、お茶するには、、、パンピーの行くミクニカフェ(ましてやリプトンティーハウス)はやめませう。ここは正しくひっそり系covaへ!普段は紅茶等の私もやはりここではエスプレッソ・・・テーブル席だとチャージは2倍だけど、ほっこり感がいいですねえ。ミラノ本店ではスタンディングで人が賑わうのに、やはり日本には根付かず・・。金曜日は夜中27時までやっているらしいので、そんな時間に来てみたいよーな。器はリチャードジノリ特製(ショップで購入可)で、ミラノ色を懸命にだそうとしているけど、どうかな?だってイタリアのカフェって男性が多いけど、この日もほぼ100%女性客で占領されてましたしね。。 ホールスタッフにkabaちゃんのような人がいます 笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の三十六)

N203619
クー・クー・セ・ヌー
渋谷区桜ヶ丘14-6
03-3463-9926

ちょうどセルリアンの裏手、何気にフレンチがちらほらする地域。近くのモン・フィナージュもオススメですが、でも、ちょっと雑然としていて落ち着かない坂道ですよねえ。愛するユーロスペースも引っ越してしまったし・・・渋谷どまんなかにおいしいものは存在しないのかも。こちらもどちらかというとランチ・ユースが合っているような??
ビストロ調にしてもちょい華やかさに欠ける、というか活気がなくて、喫茶店風和み感です。やはりフレンチレストランなら、とりあえずグラスシャンパーニュは置いてて欲しいよね?(ボトルはあっても、グラスはスパークリング=カヴァのみ)。ワインもやや高めの根付けでしたが、珍しくChateau Rayssonを。メルシャンが買収してからずいぶん評価が高くなりましがね。最近の新しい格付けであるCru Bourgeoise Superiorに上がったそうで。香りも高く繊細な、メルローが楽しめるものでした。チョイスは多くありませんがお料理もギリギリ合格点というところ。渋谷フレンチーっ、景気いいんだからハデな店待ってマース 笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間、散り際

000001db1
櫻も葉桜。ここ八芳園は櫻だけで人が集められる珍しい宴会場ですね 笑。イマドキここで結婚式を挙げるかたもいらっしゃるのでしょうか・・?会席「槐樹」も普段はなーんってことない空間ですが、窓越しに眺めるライトアップされた桜を愛でに集まる大人が多し・・。ワインは各種リストアップありますがロゼシャンはポメリーがあり。こあがりやテーブルより断然窓際カウンターをオススメいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

櫻vs苺

Img1050466963
グランドハイアット内フレンチ・キッチン(ボックス席)再訪。それにしてもここのホリデーブランチはオトクですね。どんなホテルのランチよりも内容がいいと思います。シャンパーニュは今回ハイパーエドシック。櫻の時期はなにかとロゼがもてはやされるけど、、結局飲めるレベルはクリコかモエ。しっかりめとしてPHはいいんじゃないでしょうか。赤いエチケットってシャンパーニュでは珍しいしね。ゴルチエが興味もつのもわかります。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/10

うるうる潤い

99d
同じ泡モノ同士で、ミネラルウォーターも泡入りがお好みな私。運動後は泡なしがいいけど、特にレストランではさっぱりした泡がおいしいですよね。西麻布AQUAは世界各国のミネラルウォーターが選べるウォーターバー。最近はネットでもいろいろ購入できるけど、一本ずつイロイロ・・って選べるのが楽しい。品質よりも由緒にヨワイ私は結構オーソドックスなPANNAなんて好きなんだけど、ランキング一位のSUIO、これもさらっとして身体に染み入る感じです。お気に入りのシャテルドン、ボスもそろっております。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/06

汗かいたら・・・コワイ

Kawachi_1893_34344364
エステ情報として最近びっくりしたのはシャンパーニュ風呂&キャビアパックのセレブコースをだしている表参道シーズラボ。コントオードワンダンピエールを惜しげもなくバスタブに満たしてのジャグジー・・・毛穴からぷちぷちしてなんか痛そう 笑。でもシャンパーニュとしてはイマイチ知名度も低いのでセレブ魂に火はつきにくいのかなあ?でも日本酒風呂よりは確実に艶女っぽいわー♪ちなみに31万円です。。そのうちエステにとまらずスパのプールとか、貸切露天シャンパーニュバスなんて出てきたりして??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/04

銀座再考(すずらんで♪)

Image_3rd_kojun
銀座で好きな通りはありますか?並木通りはもちろんいいけど、どの街にもある呼び名「すずらん通り」が私は好き。メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランス(MMF)はいうなればフランス美術館のアンテナショップみたいなもので、ミュージアム・グッズが各種販売されています。経営元は大日本印刷なのだとか・・・地下にインフォ・センターもあり。ぷらぷらと、交洵ビルへ行くと、やはりフレンチレストラン「オストラル」は閉店されていました。ガラス越しの店内にはスポットライトがさされ、クリスタルのワイングラスや、ワインセラーに入りっぱなしのワインが鎮座・・・哀しき退廃ですねえ。。居抜きで買い取ってクラブにでもすれば受けはいいかも?笑 でもこのビル自体がアブナイですよ、ほんと。。平日夜なのに人がほとんどいないしね。。新しさと衰退のmixtureが楽しめるGinzaが大好き♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汗かきさん

Ganban
ロハスにピラテス、デトックス・・そんななじみのないコピーよりもやはり「岩盤浴」。全然イメージできないけどなんか効きそう・・と、字面に反応してしまう私。近所にこれがウリのスパが2つあり、先ごろ新しくオープンした方に行ってみましたが、やはり食事処にシャンパーニュは無し・・・哀。東京ドームのラ・クーアのようにリクライニング+画面付きソファが並んでいたのはよかったけど、これならブームになる以前からあるもうひとつの温泉ランドちっくなとこのほうがよいなあ。じわーんと汗がでて、そのままウトウトできちゃうのがサウナとちがうところ。指宿温泉砂風呂感覚ね♪湯上りにぜひぜひ、キーンと冷えた泡が欲しいので持ち込もうかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »