« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/26

ばんばん!ふれんち(其の四十)

Img10191694776
ル・パピヨン・ド・パリ
港区北青山3-6-1 ハナエモリビル5F
03-3407-7461

たまに森英恵さんと桂由美さんを間違えません?笑 ハナエモリって倒産したけど、このレストランは別経営なのかな?サンデーヴュッフェが有名ですが、思いのほかしっかりした正統派フレンチを出しています。エントランスからの開放感はビルの中を感じさせないほど。ただもう20年近く?の経営だから椅子などにヘタリを感じるかなあ。ソムリエはちょい頼りないけど(それよりタブリエの汚れが気になったワ)、シャンパーニュはプリンセス・ド・ボドリーというMeditのセカンド泡?という珍しいものを置いています。赤はレバンジルの2nd 2001。これも格付けはないけど好きなワインだから、やっぱり好きな仔羊をチョイスしてしまう★pomerolが合うのでついつい。。チーズの種類がかなり一般向けのものだけでした。客層は界隈の年齢層が高めの方々なのか?通向けメニューも加われば表参道ヒルズの集客も呼び込める・・・かも!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dignity!

28707253f97f6984db7406ee65cfbf5c
映画週間ってことで見まくりましたね、久しぶりに。前述二期倶楽部のLDで「ブーベの恋人」。クラウディア・カルディナーレは「山猫」でみせたエレガンスとは異なった古い女を、ジョージ・チャキリスは「ウエスト・サイド物語」よりクラーイ役どろこがはまってました。やっぱりモノクロ映画はいいなあ・・・。
アメリカのdiscriminationを描いた「クラッシュ」。クローネンバーグの同タイトルみたいのを想像していたけど、前評判通り最近のヒットです!なんか切なく哀しく、むなしいというか、、、アメリカの深く暗い現実をあらためて実感できますね。太ったマット・ディロンと「シャンドライの恋」でかわいかったタンディ・ニュートンの事故シーンはなかなか。やっぱDignityが一番大切ですよ!!それにしてもこれだけの登場人物をよく絡めて作りあげたなあ・・っておもいません??
あとはロードショーもので「ブロークン・フラワーズ」(マーレイが味あるけど・・・)と、「ぼくを葬る」(監督:フランソワ・オゾン)。オゾンは賞賛されすぎているのか?「まぼろし」や「スイミング・プール」みたいな視点のほうがキレがあると思うよおおーーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/24

びあっじょ日記⑧~二期倶楽部・新館~

Img_2063
お誕生日を兼ねて那須高原に久々に行きましたーっ、二期倶楽部。旧新館の小川沿い庭に面した19号室は2ベットルーム、暖炉つきだけどソファがないのが10年前のしつらえ的?大きいダイニングとチェアじゃちょい和み度低し・・・。客層もなんとなく田舎化&低年齢化?それでも少ない客室数ゆえ露天風呂が込み合うこともなく、この時季新緑が美しく快適です。エステは青山で経営するほどのレベルなのか?ですね。。かつてに比べexclusive感が低くなってきてるような気もするし。また会員制にしてもいいかもね★ディナーは「ラ・ブリーズ」で。シェフは本格的フレンチを出す方に替わったみたいだけど、彩り美しい自園の野菜とともに仔羊や鳩パイ包みとともにシャンパーニュはPaul Roger,赤はVolnay 1er cru(Jean Boillot)を合わせてみました。どちらもしっかりした肉質にはぴったんこです。。一番気になったのは、ベットリネンの変化。オリジナルロゴ入りなんだけどつるつるしてすべりすぎる!ので寝相の悪い方は要注意ですね。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂を上ると

Img_0009
喜えん
新宿区神楽坂

神楽坂ではない坂を上がると、ビル3階にあるこちらのバー、ちょい前までは隠れ家的だったのに、最近はずいぶんと賑わっております。カウンターよりも、奥のソファ席がオススメ。3-4名なら貸切個室みたいにも使えるしね。フードもいろいろあるけど、バー利用でまったりがオツってものです。ワインはどれも普通のバーと同様、グラスワインに期待できるものはナシ、ですからカクテルとかモルトがいいのかなあ。京都的で小さいお店、ご近所の「Stone Pavement」もは入れれば2件目にどうぞ 笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の席。

G935100pm4_b
ミオ・ポスト
千代田区神田小川町2-1-13
03-3295-4500
ある程度接待や会社のちゃんとした集まりに使える店って、限られますよね。ここは小川町駅至近にして唯一まともな空間かも・・特に2階はちょい昔系なノリの内装ですが接待利用多し。独りランチでもほっとできる空間です。スプマンテも量がたっぷりで500円は嬉しいですヨ♪最近はピザ釜を導入とかでピザ&パスタランチを食すも・・うーん、ナポリとはちょい程遠い中途半端ピザ。サラダ、ミネストローネ、フォカッチャ、ドリンクがついて1500円はサービスを考えれば充分満足領域。アキバにも遠いけど最近はメイド喫茶も進出しつつある小川町で、果たして生き残れるのかが問題ですねえ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルってます!

Img10493755105_1
手に入れにくいといわれるスーパータスカン、ビービーグラーツのTESTAMATTAのセカンド、グリッリ・デル・テスタマッタ。本家を飲んだことないのでわかりませんが、この2ndは十分、香り高くてオイシイです。カナイオーロが主体とかで、かなり地味なセパージュですが・・・ま、熟成感とかこなれてるーっ感を求めるとまたちゃいますけど、なかなかCPよろしです。これのまたカジュアルブランドCASAMATTAは結構どのスーパでも見るのですよね。価格もカジュアルなのですが味わいはイマイチ・・・是非こちらの2ndで楽しんでみては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/16

雅なワイン企画

Wine39_0202
白金ワインサロンを開いているタイガさんとのコラボで、雅な日本料理を合わせたワイン会を開催しました!あいにくのそぼふる雨の中集まった男女8名。近茶流懐石師範のNちゃんが料理を、デザートは私担当、ワインのセレクトはもちろんタイガさんで♪お懐石には日本酒、とも限りませんし、なによりワインが好きなんだからどんなものとでも飲みたいジャン 笑。珍しいシャブリや柔らかなシャンボールミュジニーとともに、オトナな白金の会は賑わいました。。最後はお抹茶で締めです★

先付:筍の木の芽和え、川海老の唐揚、カニ入りだし巻
鰻の湯葉けんちん蒸
八幡巻とふきのたきあわせ
手鞠寿司(鯛、車海老、椎茸)
そら豆のすり流し
アボガドとクレソンのごま酢和え
デザート(黒ごまプリン)
お抹茶

モエ・シャンドン NV
甲州樽発酵2004 勝沼醸造
Chablis Grand Cru 2001 Fancois Raveneau
Chambolle Musigny 2003 Meo Camuzet

次回開催は浴衣の会です。雅とワインを愛する方は是非ご連絡くださーい♪決まり次第詳細をお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/13

老舗で夏準備

2005best10_04_01
なんだかぱっとしない天気の続く5月。GW明けのダルさを解消すべく、昨今話題のある日本橋へ!めざすは浴衣の老舗”竺仙”。2年前初めて仕立ててからはまりつつある浴衣。ここ数年はオトナの浴衣がブーム、襟と襦袢と足袋で、真夏のちょっとしたお出かけ・・なんてのもOKになりつつありますよね。なんといっても着物より気軽に着れて、お値段も可愛げなのがよろし★正統派老舗に弱いワタクシは江戸浴衣の本店に向う。と・・・えっ、ここって問屋??いや、まさに倒れそうな日本家屋に反物がずらーり。だいたいめぼしはつけてあって、今年は初心の綿コーマで!女性雑誌に浴衣特集がくまれる7月号(5月末売り)をすぎると、人気の柄も品切れになるとかなのでなかなかいいスタートでオーダー完了。今建て直す予定もない本店の向かいにある事務所であれこれ手続きをする。できあがりまで1ヶ月、ふっふっふ、楽しみー♪6月になったらもう着始めたいなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/05/10

異国の泡

1117098285501758_1
フィンランド・・といえばムーミンとサンタクロースくらいしか思い浮かばない寒い国にもスパークリング・ワインがあることを発見!ええーっ、たしか葡萄生産地の北限をとおに超えてるよなあ・・と思ったら、白すぐり(ホワイトカラント)が原料。でも、ちゃんと泡だってるのですよ。酸味もないしボディもぼわぼわのおばちゃまみたいに締まりがないのですが・・・やっぱり寒い国だとアルコール度数高いお酒(アクアビットとかね)でないとおいしくないのかも。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/08

ばんばん!ふれんち(其の三十九)

03_ph_shop01
レストラン ヴァンサン
港区六本木5-18-23 B!
03-3589-0035

六本木でレストランで長く通っているフレンチ・・私にワインとフランス料理を教えてくれた城シェフが、銀座「レカン」からこちらで独立してはや14年!もうそんなにたっているのね・・クラシックな店内の調度品も落ち着き、常連客でも懐かしく思う位ほっとする空間。ランチに伺うと季節のホワイトアスパラガスがふんだんに使われていました。シャキシャキ新鮮なアスパラが初夏の香り。メインの仔羊はちょっとヴォリューム感に欠けたかな?でも、ソースの城は健在です。泡はラサール、白はChassagne Montracht 1er Cru Les Chenvottes '02だったかな??あいかわらずひねりの効いたグラス揃い。ワゴンデゼールと食後酒のポート '77をいただきながら、気さくなシェフとのおしゃべり・・・3時間半をゆったりと、、、やはり午餐はこうでなくては?連休中の東京ランチもダーイスキです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小粒でピリリ

Ct_sph_09

Bombaysapphire
黄金週間は都内でまったり、がいつものワタクシ。今年は兄貴夫婦が来訪の手作りパーティー開催♪おもたせの「ポアンデジュウル」(日本橋高島屋が取り扱い)のフィンガーフードは見た目もお味もcute♪小さいけど結構お腹にたまります。その後は鯛のグリル、ブッフ・ブルギニオン(牛すね肉煮込み)、チーズケーキにエスプレッソプリン、マンゴーケーキ・・・笑。そうそ、牛すね肉煮込みにはブラックペッパー以外にも入れてみたのがジュニパー・ベリー。あのジンのボンベイ・サファイアの原料のひとつだけど、普段の料理にはなかなか馴染みがないかも?煮込みに入れるとちょっと変化ある香りが楽しめてよかったかも。合わせた泡はクリコのロゼ。しっかりめなので飽きることなく楽しめます。赤の伊 ラ・スピネッタ PIN '99はバルベラやネッビオーロのMIXなんだけどバランスがよくってCP良し、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

BARの灯

Image2005106viola8
ラ・ヴィオラ
銀座・三笠会館本店1階
03-3289-8134
イタリアにいくと朝からだるーくバールで飲んでるちょい悪おやっさん、見かけますよね~。どうしてああも殿方が集うのか!?しかもみーんな立ち飲みなのにおしゃれ・・・日本にはどうしても根付きにくいスタンディングバーも、昨今の立ち飲みブームのせいか多くなってきました。銀座・三笠会館本店といえば老舗のなんでもレストラン屋敷笑 味はおいといても、並木通りにデデンとたちます1階にオープンしたイタリアンバールは、いかにも日本的なこぎれいな造り。森田”シャンパーニュ”恭通にデコやらせたらどないだったんやろーと思いますけど、客層はイタリア同様、おじさま・おばさまで落ち着いております 笑。とりあえずバールのおつまみ系やグラスワインも充実です。ちゃんとナイフレストとカトラリーをセットしてくれるのも老舗ならではでしょうか。クロスティーニは何種類かあるなかでも正統派レバーが深みのある味わいでオススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »