« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/28

ばんばん!ふれんち(其の四十七)

Closdetart99
ボン・ピナール
港区元麻布2-1-21 B1
03-5856-4151

愛育病院を過ぎたあたりの静かなビルの地下。カウンターからはガラス越しにセラーがみえます(ついでにカウンターテーブルもセラーになってるのね)。。オトナな色調のインテリアとカウンターでややもすると冷たく感じがちなのですが、こちらは満席も手伝ってか?なんだかくつろげる空間。ちょっと奥のテーブル席が賑やかすぎたけど★六本木ラトリエドゥロブションにいたソムリエが、シェフの奥様とオープン。料理はビストロというには正統派?っぽいものが多いのだけど、ブータン・ノワールはパートフィローに包まれて、ちょっとかわった雰囲気。全体的にやはり女性らしさ、というか柔らかさが出ているお皿ばかりで、こちらのブルゴーニュワインとびったしです。ワインリストは必見!!なんで?どうして?というCPの良さ・・・仕入れ値で出しているのか、希少なものもかなーりお買い得感あり。最近のワインの値付け(特にダイニング系とか・・)は怒りを覚える高値があるけど、本当にこういうお店があると、ワイン好き同士で頻繁に訪れたくなってしまいます。。ただ、お二人で切り盛りされているのでサーブが遅めなのはしかたないかな?デザートもなかなか、手がこんでます!ワインはモノポールであるClos de Tard(Mommesin)1997をセレクト。深みのある、上品で、エレガントで柔らかーい、ちょっといい人過ぎるワインですね(笑)。ブルゴーニュマニアは常連になるべし、です。。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/07/24

吉と出るかな・・

1143468836
移り変わりが昔に比べて早ーい吉祥寺。ご近所探索に久しぶりに行ったら、駅近くのガード下にスペイン・バル「Bar de Cante」ができていました。雛鮨グループらしいですが、、とっても吉祥寺的で学生にはもってこい。ちょい一杯+小皿つまんで・・っていう「いせや」使いができる店ですね(笑)。NTT近くの「カフェ・リゴレット」はグローバル・ダイニングNo.2の新川氏の店とか。そういえば銀座「Dazzle」も彼の店らしく、、天井まであるワインセラーが吉祥寺にもあるかと思いきや、フツーのセラーでちた。ただ、内装は青山あたりにあってもまあ、おかしくはないレベル(ゴージャス感はゼロだけどね)。オープンキッチンで飲むより二階がオススメ!ナポリピッツアもがんばっております。最後は吉祥寺飲食店にこの人あり・野口伊織氏のサムタイム・グループが新しくだしたソウルダイニング「CHA CHA HOUSE」。なんでも昔もあったらしいけど、「FUNKY」と「SOMETIMES」しか知らない私はハウスバンドにびっくりです。。伊織さんが生きていたら、どう思ったのかなあ、あのノリは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/20

ひきつづきワゴゴロ

G837600l
季節料理 しの原
世田谷区野毛2-18-26
03-5758-3334

世田谷区ってのは広いけど多様な空間が存在するきわめて東京的な地区ですよねえ。野毛古墳の近く、というか第三京浜にあやうく乗りそうになる手前住宅街に位置するこのお店は、六本木のお魚バー「deep blue」の系列懐石料理店と聞きつけ、土日限定のランチにやってきました。車はバレットパーキング(笑)。お庭一望、離れもありで、隠れ家感たっぷり。でも・・・味付けはしっかり濃くて、懐石というよりやっぱり若者向きです。スタッフも近所のアルバイト風若いスタッフ。せっかくこんなキレイな庭と屋敷があるのに、ちょっと残念。。お酒はスパークリング、ワイン、日本酒とそろい、ランチは御膳4,600円~。一応先付け、お造り、あとは大皿盛りで煮物等出てきます。客層はオトナなカップル多しでしたが、夜はまた違った雰囲気なのかな。車じゃないと来ない立地ゆえ、ご近所に愛されているのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/18

ばんばん!ふれんち(其の四十六)

Entrancew200
ル・ギャルソン・ドゥ・ラ・ヴィーニュ
渋谷区広尾5-17-11
03-3445-6626

広尾商店街もぽつぽつ代替わりが落ち着いてきたかなーっ?とおもいきや。イタリアン全盛時代は過ぎ、ちょい前では山田シェフのアルモニ支店ができるし、フレンチ勢力拡大か?自然派ワインとビストロ料理が売りの小さいお店。いちばーん奥には落ち着いた隠れ席があるので密談もいいかも?ワインはやはり哲学的なヴァンナチュールのオンパレード。結構高めです。造り手からして馴染みがないから、まずは自然派オタクのソムリエに質問するとよいのでは。。。グラスシャンパーニュはドラピエ。なるべく手を加えずにという方針で作られた絶妙バランス、PNが多めとかで、いいカンジ♪その後はゲヴェルツ、シラー、メルローとグラスで珍しく自然派ワインを堪能。前菜はフォアグラのクレームブリュレ、主菜は仔羊ソテーですが、そのヴォリューム感に自然派も負けておらずいいマッチ加減です。造形美よりも野生美?あんまりがつがつ食べるより、なんとなくカラダをキレイにしてくれそうなワインとともに、良い子の酔い方をしてしまいそうです★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

like a fish!

0002146353y3
poisson
新宿区神楽坂4-3 楽山ビル5階
03-5228-7670

以前に行った「s.l.o.」の上の階にあるお魚がウリのダイニング・・・って、わりにはあんまりピンとくるお魚料理はなかったかなあ?おもしろかったのは稚鮎のラルド巻きグラタン。旬の味わい+ラルドの濃厚さがなかなかマッチしてました。ワインリストはやや高め。造り手で選んだCharvenet ChopinのNuits Saint Georges 2003が、中重でよろしかったです。深夜4:00までやっているのは神楽坂界隈では貴重??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/15

ワゴゴロな夏

Images
NスペやN特が好きで良く見ますけど、NHK趣味悠々はご存知ですか?現在月曜日夜には「茶の湯 裏千家 涼をみつける」を放映中。千家の御三家(表、裏、武者小路)がたまーに講座を開いているのです。それにしても私の学んでいる表千家は春先に放映されていて、久田宗匠と案内役が麻生圭子。お裏さんは家元の千宗室と案内役は羽田美智子。だいたい家元自らでちゃてるし、羽田さんの着物もちいと・・・ハデ。やはり表とお裏さんは、お道具もお手前も違うのだわと確認いたしました。内容は夏向きのものですし、薄物を着て正座で茶室・・ってのも涼を感じる日本の夏ですわね★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoイタリアン(36)

G068506ps4
ラ・グロッタ・セレステ
東京都港区南青山3-8-40 青山センタービル1F
03-3401-1261

い、いつのまにかテラス席などつくってカフェにしてるう~。なんとなくうすぐらーい洞穴感がウリだったはずが、明るいオープンキッチン風に。カフェメニューは500円~いろんなおつまみ系(田舎風パテや、生ハムなど)があって気軽。奥のテーブル席は昔はもちっとリーズナブルなプライスが売りだったのに、なんか総じてCP悪し?味もイマイチだし、サービスだけでもっているのかも・・・空いているのもわかるかな。青山は激戦区だけにこれから生き残れるかな?? あまりの不燃焼感もあって、近くの「XANADU EX」で踊りに行ったワタシ。なんだか80年代に戻ってしまいそう・・爆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/11

少しくらいじゃ・・

Bisty
早くもやや落ち着き感?のある表参道ヒルズ。セールだってのにあんまり人気なし・・・そういえばいっちゃん地下に量り売りワインバーがあったなあと思い「BISTY'S」に向う。専用カードを買って20/50/90mlをサーバーから飲めちゃうシステム。にしても20mlなんて飲んだ気にならんでしょ・・ワインのそろえ方もピンとこないなあ。かなりマニアな人なら楽しめるんだろうけど。フードもいろいろあるけど、ここでどっしり腰を落ち着けて・・っていう席配置でもなく、ちょいいごごち悪し。ちなみにシャンパーニュはキャッシャーで精算、量り売りはありません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワゴゴロなカンジ

Gname5_2_1_1_1
中国料理 古月(山中旅館内)
台東区池之端4-23-1
03-3821-4751

至近は上野駅ですが、喧騒を離れ静かなエリアの谷中界隈にこの老舗和風旅館があり。なぜか会席中国料理店を併設しており、泊まらなくても楽しめます。今回は洋風な個室で、ランチの精進コースを・・和風っぽいテイストもありますが、中でも小冬瓜の養生スープは美味!身体にもいいんですねえ、冬瓜は・・。全体的に薬膳っぽく健康志向を謳っているのかも。お酒はビール、紹興酒、ワイン(白赤グラスで)もあり、2階は大広間ありなので会合などにもいいかな?真夏は人ごみを避けて、谷根千をぶらぶらしてここにお泊りって渋すぎかなあ・・ちなみに新宿にも最近支店をだしたとか。新宿中華ファン必見です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/07

じめじめ

Bouteille002
ちょい見慣れないVve Fourny(ヴーヴ・フルニ)はイギリス皇室御用達とか。クロ・モンマルトルが有名ですがたしかに・・・骨格がなよなよではなくがっしりでもなく!浴衣すがたのキリリとした艶女ってかんじかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高いとこから

P04
ARGO
千代田区麹町1-4-2 ONE FOR TWO 9F
03-3265-5504

結婚式場として有名だった東條会館がリニューアルしてなんでだかこんなレストランをつくっちゃいました。利用は併設のカフェ・バーのみですが、とにかく空いてる!眺めよし!お堀ばっちり!・・てなわけで、かなり穴場狙いではないでしょうか。本棚に並んだ洋書はフリーで眺めることができるし、お独りさまにはもってこいです♪ダイニングには個室もあるとかなので、六本木や銀座で取れなくてもここなら??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/01

びのびの!Tokyoイタリアン(35)

Mw8561_1
エノテカ ドォーロ
千代田区平河町1-9-3
03-3221-8222

最近ピッツエリアを拡大しているメティウスフーズ株式会社のエノテカ版。立地が厳しいけど逆に独り勝ち状態?でお店は繁盛してます。入口はせまっちいけど奥はイタリアワインボトルがびっちりならんだまさにエノテカ風(高級感はないけどね)。ナポリピッツアは「真」のではないが、水牛モッツアレラをつかって1400円台は立派でしょう。ちょいソースが甘めかな?前菜の種類がもうすこし幅広ければ。。。サラミとチーズの種類はかなーっり豊富!ワインリストは写真入りでマニア垂涎のものも多しで、500mlデキャンタが選べるのが嬉しい。アマローネで有名なTenuta St. AntonioのValpolicella Superiore La Bandina 2001はミディアム~フルでいて、深みあるエレガントでお徳でっす。あとはサービスがゆったりしてていいかな?コペルトで勝手にミネラウォーター(フィレッテだったかなあ)が付いてくるのはどうなんだろう?@600円で文句言う人いないのかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »