« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/27

びのびの!Tokyoイタリアン(42)

Dish
グットドール・クラッティーニ
千代田区丸の内2-2-3 丸の内仲通りビル
03-6212-6882

西麻布から移転したのは丸の内。しかも仲通りビルといっても表に面しておらず岸本ビル側じゃんよ・・・わかりにくいビルです★最近はイタリアンも次々と銀座周辺にお引越しですねえ。でも、西麻布の時は急な階段上がってみると割合spaciousだったのに、こちらは席数も少なく、ややトラットリア風?併設のワインショップも小さいからなんとなくカジュアル感があるけれど、それなりにプライスはするのよね、フシギ・・・。サービスもお料理もまだ落ち着いていないのかな?かつてよりチョイスが少なくなったように感じましたし、スタッフも新しい方が多いかも。その夜は手違いで予約が入っていなかったとかで、甘めのスパークリングをサービスで♪やはり生うにパスタははずせませんが、ちょい塩味強めはやはりワイン主体のレストランだからですよね?オススメに従った地鶏ディアボロ焼はアイオリが大量でニオイ強烈ー!笑 女性同士で明るく訪れるべきレストラン。カップル向けではないですヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/25

びあっじょ日記⑩~無雙庵枇杷~

Spa_p_kappa
冬もいいけど秋はとにかく温泉シーズン!伊豆の温泉旅館にもいろいろ、新たな波がありますネエ。
東にくらべて西伊豆って静かで、何もなくて、寂れててそこが落ち着く・・・ってことで、天気は悪いながらも三島から海岸線を走りやってきました、こちらの宿!全8室、デザイナーズまでとはいわなくとも「あせび野」(嵯峨沢館)、「箱根吟遊」(武蔵野本館)などの流れからか、全室設えの異なる民芸調おしゃれ系を意識した造り?いろりは別にいらないんだけど、ベットだし広々しているのがグットです!当たり前のように露天風呂付きのお部屋ですが、そこから海が臨めるハズ・・・なのに、お風呂に入るとちょうど目線の高さに塀があって海線ギリギリで見えません(笑)。まっ、お気に入りの点は洗い場にミストサウナが装備されているので、テラスのウッドデッキをえっちらひっぱりこんでしばしミストできるところかな。別に貸切露天風呂が2タイプ、3階にあり、そこが一番眺望がいいかも。夕食時間までは予約貸切制ですが、22時~翌朝は空いていれば使えます。なぜか湯上りに牛乳はフリーで飲めますが、私は湯上りにはおいしい水かお茶を飲みたい気分なのでイマイチでした。
食事は別室ダイニングで取るスタイル(部屋食も別料金プラスで可)。味付けはやや濃いめで若い人向きで、volumeも満点です♪伊勢海老や天城山葵で一献、、、私にしては珍しく3杯もおかわりしてしまったです。。。そしてまたお湯に・・締めはアロマエステ・・・これが期待してなかったのに結構上手い!おおーっ、いい感じでそのまま爆睡・・・・笑。朝食は夕食にくらべインパクトが薄いし、卵料理がない朝食って初めてかも。食後は裏山にてみかん狩り・・・サービススタッフは全て若いですが、きめ細やかで充分満足なお宿でした★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/24

おもろいoff会

Img10291722132
BAD VINTAGE CLUBというワインサイトがありまして、持ち込みワイン会@渋谷シノワ・・だったのでオフ会ってのに参加してみました。元々は関西エリアで活躍している団体らしいのですが、みなさんそうとうマニアックワイン好き?元々はBAD VINTAGE生まれの人が集まる会がどういうわけか趣旨が変わってきてしまったみたい★最後にはシノワの後藤さん出題によるブラインドテイスティングも・・・むむー、CAのTURLEY ジンファンデルなんてわかりませんんって!!笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろお支度

Img_main
今年はちょい早く、伊勢丹新宿にてOct.25-30, 2006にNoel a la mode(シャンパーニュの祭典)が開催です。RM人気は定着したのでどんどんマニアックになるけど、私は割りと大きなメゾンの安心感も捨てがたいと感じます。早めの日にいけばいろんなグッズがもらえるチャンスも。クリスマスに向けて買い込みチャンスです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/20

秋深しねま

Dlv_in
ルキノ・ヴィスコンティ監督の遺作「イノセント」をいまさら鑑賞。ヴィスコンティの作品を全部見た人手を挙げてーっ(笑)。いや、だいたい長ーい大作だから疲れるのだけど、、これはその中でも短め2時間です。それにしても生誕100年祭上映とはいえ、老若男女よく集まっています。いわゆるデカダンで退廃ものの「山猫」「ルードヴィヒ」との3部作ような上映をしていますが、、、主演のジャンカルロ・ジャンニーニの眼光!ラウラ・アントネッリより私はやはりジェニファー・オニールに魅力を感じました。ゴダールよりもわかりやすく、ルコントより深いのがヴィスコンティ・・・人間の真理をワイン片手に語り合いたい貴族セニョールですナ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/17

ばんばん!ふれんち(其の五十五)

90x90_102599_63097
ラ・マティエール
新宿区神楽坂6-29
03-3260-4778

神楽坂へのアプローチは東西線神楽坂駅から坂を下りていくより、飯田橋駅から露地に入りつつ上がっていったほうが面白いですね。日曜日のお昼はフレンチ各店は結構お休み・・ふと、赤城神社近くのこちらへ予約なしで訪問。この街にしては重厚感あるエントランスですが、入ると白壁がさわやか♪予約でいっぱいらしく、入口近くの寂しい席にホール担当の方(一人で切り盛りは大忙し)通されます。グラスシャンパーニュはパニエ(専用グラスにて)@\1000。お料理は一番お安い2100コースを(スープ+メイン+デザート+cafe)・・・ですが、近辺のフレンチはたいてい1000円代なので、ちょっと高めを狙ってるのか??かぼちゃととうもころしの冷製スープ・バニラ風味はちょい量が多いかな。メインは鶉のグリエ バルサミコソースでかなりvolumeあり。デゼールはココナツブラマンジェ&ライチソルベでした。シェフはコムダビチュートやスクレ・サレで修業を積んできたらしく、料理は南仏風。うーん、このお値段とこのお店のスタイルだったらもうちょっとパリっぽいお料理を期待していたのだけど・・・もうちょい払ってもラ・トゥーエルに行きたくなるかな?CP的には近辺のお店に打ち勝っていくのも大変かもしれません。ワインリストはブルゴーニュが多め。プライスゾーンもやや強気かも?それとランチのせいか、有線っぽいBGMも気になりますね。いろんなお店がありますが音楽で雰囲気はぐぐっと変わりますから、もっと力入れていただきたいナー★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/16

和ゴコロ・・秋編

Domaine_claude_marechal
art et vin HAP
新宿区神楽坂6-24
03-3268-8225

神楽坂上の赤城神社あたりが最近新店オープンラッシュ?こちらは裏道にそぐわないガラス張りのワイン+和食の店。オーナーの趣味丸出しのオープンカウンターで作り出される優しい味わいの日本料理は、ワインの邪魔をしない(というか、主張の足りない?)のでほんわかして神楽坂ちっく。ワインは趣味の世界とばかりに有機やらこだわりの、これまた淡白系列がずらりと並びます。個人的には和食にワインってとても難しいと思うし、ここまで絞り込んだリストだとなかなか、ワイン好きはうなってしまうかも。ビオ系のDomaine Claude Marechalのシャルドネは樽の香りがわざとらしくなく、くどくなく、沢庵のように自然(笑)。週末は15:00~開いているらしいのも魅力かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/12

びのびの!Tokyoイタリアン(41)

MUNIRO
世田谷区大原1-15-12
03-3466-2242

井の頭通りでもここらへんって拡張工事のためかごちゃっとしとります!かといって駅からも遠いし、アクセスはちょっと大変。わざわざ感を考えると地元の人ばかりかと思いきや・・・席数結構あって広いし、なにやら訳アリ?カップルもいたりして、南伊太利亜の暗さを逆に反映しているのかも?こだわりオーナーがソムリエのシチリア料理とあって濃厚度を期待していたのですが意外にも、あっさり日本的。やはり食材の違いかなあ?グラススプマンテはフェラーリ、ワインリストはシチリアを中心にCPの良いものが全州から選べます。やはりここはシチリア産を!コースはチョイスが限定されるのでアラカルトで頼むことにしました。前菜盛り合わせがサラミやライスコロッケ等いろいろ入っていて彩りも美しく楽しい。パンはフォカッチャと、あっさりタイプの2種で軽い口あたりでいけます♪生うにとフレッシュトマトのスパゲティはあっさりしながらも南イタリアを思いだします。。アクアパッツアと豚ローストの後にはシチリアドルチェを・・・ああー、ここでオススメレモンチェッロをいただきたかったけどお腹一杯★イタリア度は濃いけど、場所柄かほのぼのとした雰囲気なので行きやすいですね。力を抜いて気楽にまたマンジャーレしたい!♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗子です

2006100400000001hsk_sbl13thum000
青山・スパイラルホール1階にて、「マダム・クリコのアート展」というヴーヴ・クリコ主催のチャリティが開催された。シャンパーニュメゾンとして名高いヴーヴ・クリコ創業者は未亡人クリコ様(いかつい顔してるよねえ・・・)、さすがPRのうまいメゾンだけに、ひねりのきいたオシャレな企画。草間弥生他アーティスト作品もあり、一般公募作品もあり・・(これが結構おもしろい)小さい会場ですが、1階のカフェではグラスでも飲めるしね。個人的にクリコのシャンパーニュの味わいって好きなんです。ひときわ女性らしくcharmingな感じがするのはやっぱりマダム・クリコのmagic!?シャンパーニュからみのアート展って多いけど、モエシャンやドンペリとはまた違う方向性で好感持てますネ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/10

びのびの!Tokyoイタリアン(40)

Img1057245147
Volo Cosi
文京区白山4-37-22
03-5319-3351

本当においしいお店は立地もひっそり感があります。でもさあ、白山って・・・フツー行かないでしょ!?閑静な住宅街にぽわんとでてくる元フレンチレストラン「ラ・ベル・ド・ジュール」跡に入ったイタリアン。なんでも代々木上原の某店でシェフをしていたかたが独立されたとか。クラシックで重厚感溢れるインテリアだからなんとなく・・・違和感が。。最近のイタリアンって料理とともにインテリアもモダンですからねえ・・ですが、優雅なサービスと料理にそんなことも忘れてしまいました。エレガンテを追求するイタ度濃い目な大人の隠れ家!ともいえましょうか・・(逆に言えば通向けすぎてフツーは馴染みにくいのかな?)。グラススプマンテはフェラーリでたっぷり目が嬉しい(笑)。ワインリストはいろいろな地方を揃えていますが、そんなに豊富ではないです。中でもEnzo Bogliettiのmerlotは珍しい一品!香りもエレガンテー♪料理はアラカルトで、4-5種類からチョイスできます。まずは魚介の前菜盛り合わせ、プリモはスペシャリテのラヴィオリ(クスクスが優しい味わい♪)、セコンドは自家製豚ソーセージ?これがまた複雑であり奥深い味わい。。チーズにドルチェ、食後酒とか・・・キリのなくなる満喫レストランです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/03

ばんばん!ふれんち(其の五十四)

Fore_gras1
AL'S TAP bien sale
武蔵野市西久保1-5-8
0422-55-6830

地元密着のお店ってありますでしょ?わーざわざ遠方から足のばすことない、近所にあるから許される♪みたいな平均点的ギリギリ合格ってお店、まさにここはそんな空間?元々はこだわり樽出しベルギービール+ちょいつまみ系だったのが、何年か前にしっかり料理を造るシェフが入ったらしくビストロへ。しかし店内はオークを基調としながらもカジュアルなワインダイニングの雰囲気。小さい店ゆえ人が入ると声が反響して賑やかになっちゃう。オーナーソムリエこだわりワインはいろいろあれど、ずばっとくるお手軽price zoneはなく、どっちかというとビールに合う系料理もやや高め設定。スペシャリテのフォアグラもあったりするけど、えーっ、三鷹でこんなかんじで繁盛しているからいいわけなのかな?Gシャンパーニュはないので、モエのピッコロ(笑)を。白はマコン、赤は南仏系など3種類くらいから選べます。随所にポテトの付け合せがでてきて、フランス傾倒のココロイキは買いますが、あくまでさくっと飲みにお使いになるのがベストかと。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »