« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/28

立ち飲みなんてヤ

F061_p03
ドス・ガトス
武蔵野市吉祥寺本町2-34-10
0422-22-9830

私の信条は「死ぬまでエレガンテ」。どんなにデニムやパーカーが流行ろうとも、ディナーではきちんとしたスタイルで着席し、ナフキンを広げ、グラスを傾けつつ見つめあい語らうのがmy rule。それはご近所ディナーでも同じことなのです。こちらは昨今のスペイン「立ち飲み」バール流行を静観しつつ20年。すっかりオトナなダイニングと定着したスペイン料理店。独特な雰囲気といでたちの高森シェフと語らうひとときもまたオツなものです。冷製前菜盛り合わせは彩り美しくそして、スペインならではの濃厚な素材を生かした味わい。パエージャも魚介のダシで、サフラン要らずの味わい!もうシーズンも終わりなのに猪のローストと合わせたのは、ラマンチャの南側に位置するヴァルデペーニャス地方のVegaval Plata '04(Criansa)。シェフは軽め・・・と言っていましたが、センシベル種のこれは抜栓後かなりふくよかになってきましたよ。なんといっても吉祥寺には貴重な空間と洗練のお料理です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/27

グッと握られましたーっ!?

0205kyube02
銀座 久兵衛
銀座8-7-6
03-3571-6523

歌舞伎を見た後に寄るにはなんとなく鮨気分。早い時間のみ予約ということでしたが、本館受付に行くも別館地下に通される。ビルの上から下まで席があるのになんとも盛況ですよね。この日もお隣は外人接待客で盛り上がり(オークラ店より上手いとか言ってましたね 笑)。グラスシャンパーニュは寿司幸のようにいかず?グラス白、純米吟醸「桃の滴」(伏見)をいただきつつつまみはやはり旬の貝、白魚など。握っていただいた方は明朗闊達ないかにも銀座受けするような?トークも炸裂の元気印。たしかにこの店はデートよりも、接待(特に外人の)利用に人気というのもわかる気がします。お鮨そのものにそんなに感動はなくとも、お店の雰囲気で気持ちよくなれるって重要ですからネ。ここの酢飯はホロっとくずれ加減が絶妙。赤酢なんでしょうか?やはりこのくらいの酢加減で、シャリは小さめが女性にもぴったり。地下入付近はちょっと足元が寒いので、できたら2階以上の高層階がいいかもねえ。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/26

びのびの!Tokyoイタリアン(51)

Tanch072421872_s
イル ルポーネ
目黒区中目黒2-10-19
03-5722-6789

真のナポリピッツア協会の最新認定店ということで、ランチLOギリギリに滑り込みセーッフ!・・かなり過ぎていたにもかかわらず温かく迎えていただきました。休日カジュアルランチにぴったりな山手通りからちょい入った店内(ちょい狭いけど)、こちらもご近所系ファミリーで賑わってます。ガラス越しにどどーんとazzuro系のピッツア窯が鎮座!「ピッツア生地が最後の一枚です・・」を言われてギリギリホントにセーフでした。マルゲリータは最近食べたナポリではピカ一。なんていうか、愛情こもったトマトソースなんですよねえ・・・もちろん台ももちもち、サイズも土手もいいバランスで合格です。イワシとウイキョウのパスタは元祖?ドンチッチョには敵わず(あちらはショートパスタだし)。骨付きもち豚グリルは付け合せのジャガイモもホクホクで、シンパイされましたが全然余裕で完食!笑 こちらのオススメドルチェはババかな?しっとり具合がいいんですよね。結局1時間以上もゆっくりとランチ・・・これから夜の仕込みなのかな?サービススタッフはニコニコ、汗だくで飾り気がない分、リラックス~できる中目モードでした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/20

グッと握って・・・

Pic1
すし処 會
世田谷区等々力2-45-5
03-5706-3646

東急大井町線等々力駅・・・って、等々力渓谷近くのなんともほのぼのした商店街に、不思議とコンクリ打ちの今風外装。カウンターもたっぷりあって、始終ご近所の常連客で賑わうらしいこちらにお昼LOギリギリにうかがうと、やっぱり家族連れなどでまだまだ盛況。こちらは創作のおつまみが人気らしいので、とりあえずオススメに従いフグ白子のバター焼きを・・・初めて食しましたがタラ白子よりも上品感があり○。珍しいものといえば穴子の稚魚(ノレソレ)も、ポン酢でいただく。学名「レプトケファルス」は脊椎も透けて見えてなんとも美しい春の旬・・・踊り食いじゃなくてよかった★あとは旬の貝(ミル、トリなど)や白身(ほうぼう)などを握っていただく・・・サービスは若い人中心ですが気持ちよいご近所鮨屋さんです。残念なのはお茶がおいしくないこと!うーん、お茶は改善余地あり・・?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

細く長ーく

Soba2_main
利庵
港区白金台5-17-2
3444-1741

蕎麦屋の終わりは早いと言われますが、こちらは白金台って場所のせいか?ムッチャ早い。19:30で終わりって・・・要するに酒飲みしつつだらだら食すなー!ってことなんでしょか?何年かぶりに訪れましたがイイカンジでコナレ感がでていますよね。客層も落ち着いた、フツー感あるし(オープン当初はやや派手め?)。つまみも種類が少なくレベル的にどうかなあーってものが多いので、ここは純粋に蕎麦を堪能すべし!汁はやや甘め、「せいろう」は細めのつやあり(香り弱し?どこの粉なんでしょ)、のどごしがよくて好きなタイプ。ピチピチ感でなく、落ち着きのある蕎麦ですねえ・・・やはり昼酒でマターリっとするほうが、この街に合うのでしょうか。建築はプラチナ通りになじんでますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/15

泡に終わらずに・・

Face070
最近シャンパーニュネタがなくて寂しく思ってたら・・・あの「グラマラス」デザイナーの森田恭通と大地真央が結婚!?はあー、なんかとんでもない組み合わせに見えますが、男らしい大地さんと相性もいいのかな?シャンパーニュもお好きなのでしょうか。。相当ストイックに生きている仕事人間っぽいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/09

カオってますかー!?

73_1

パトリック・ジェースキント原作の大ベストセラー「パフューム」をやっと読了。こういう殺人もの?作品は全く読まない私ですが・・・特に後半はぐいぐいと、ひかれました!それにしても人の香りを搾取する工程描写が面白かった。香りがテーマの話ってありそうでなかなかないですからね。映像化は難しいのではと言われていましたが、公開中の映画もみたくなりました。でも、香りって視覚がなく嗅覚だけだから想像し、期待感が膨らむのかも・・・あなたの好きな香りはなんですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/07

まくろびあーん体験②

17426101
デリ&カフェ クシ・ガーデン
竹橋パレスサイドビル1階
03-3215-9455

以前ブログにても書きましたが、私はえせマクロビアン(笑)。高校生以来、炭水化物(米、パン、麺等)は常食しておらず野菜+肉+ワイン生活(ぜんぜんマクロビじゃないじゃんねえ・・爆)・・・のせいか?とっても元気♪かつて参加したマクロビ料理教室ではどうしても濃ゆーい崇拝参加者が多く、宗教色がムラムラと感じて嫌気がさしてしまった。いくらなんでもカンペキは無理ですもんね!最近では対極にある某有名フレンチ&イタリアン料理教室に参加、そこではがっつり肉食・・・うーん、これも毎日ではさすがに健康がシンパイ。
で、やはり日本人的には完璧主義を目指さず、自分のルールでほどほど?がいいんではないかね?ってことで、マクロビアンの教祖・久司道夫センセイ認定のデリ&カフェでランチしました。セットになるスープは白いんげん豆が濃厚♪かなりマクロビマニアは足げく通う店なのですね、店内はアジアン風で盛況です。・・・・で、でも・・いくらおしゃれにしていてもおひとりさま多し!いくら健康食でも、何を食べるかに一生懸命になってどう食すか、が後まわしになっているような・・・。やはり一番カラダによい食事は、気の合う仲間や家族といろんな話をしながら楽しく食べる!これに尽きるのではないでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/02

ばんばん!ふれんち(其の六十二)

Wbgpr
ル・セップ
港区麻布台3-4-12
03-3588-0558

渋谷ソムリエは銀座ベージュにてお忙しく、最近はこちらと下北沢は覗く程度なのかしらん?でも久しぶりの訪問でしたが賑わっておりました!お独りさまOKのカウンターも充実、レイアウトは若干変わったのですが、くだけすぎないビストロの雰囲気&自然派充実のワインリスト&ボリュームたっぷりでストレートなお料理!やはりカップルでも大食漢の2人が似合う空間です。サービススタッフは様変わりでちょっとcoolになったかも?ですが、まずはバランスのよいChampagne、Francois Seconde(RM)をグラスで。ブータンノワールと仔羊ローストって古典的なメニューにあわせたのはプリウレ・ロックさんのNuits 1(un)。これ、Nuits-St-GeorgeのClos des Corvee畑のサードワインってらしいのっですがとってもやさしいロック♪しかもお値段もやさしくまろやかーで(笑)それでいてきっちりNuitsのよさを体感できて嬉しい。今は空前のビオブームですが、こちらのお店はかなり以前からビオものをたくさん置いていましたっけ。総じてお高めではありますが、このロックはその中でもかなりいいのでお味見をどうぞ。前菜の鯵マリネはもう少しひねりと複雑みが欲しいかなあ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »