« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/26

ばんばん!ふれんち(其の九十四)

G959000v
カーエム
渋谷区恵比寿西1-30-14-102
03-5784-5883

正統派フレンチのはずがずうっといく機会なく、、、かつてよく通っていた内記坂バーはすでに閉店しており、偶然にも同じビル1階に移転していました。ウエディングも対応できそうな?明るい店内。レースカーテンが王道フレンチ系♪ローランペリエのdemiをいただきつつ、選ぶお皿は古典的なものばかり。加えてポーションもしっかり多めが嬉しい!昨今何を食べたか記憶に残らないお店が多いので。。。前菜の魚介のパイ包み焼きは香りも高く。主菜は去り行くジビエシーズンを惜しみつつ青首鴨のロースト サルミソースで・・・お元気なマダムとシェフ。円熟味を増して、お店も着実に続いていってくださいね。食後酒のマール、サービスしてくれました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/24

人形の街

Nigiri_nigiri_omakase_1_050816__005
太田鮨
中央区日本橋人形町1-5-2
03-3666-6415

グルメの宝庫・人形町。日本橋小学校の前にあります、かなり古い建築の小さいお寿司屋さん。おまかせランチ握りですが、、、いわゆる握りがすごい大きさ!小食女性なら途中でメゲてしまうかも?江戸前の上品さを期待するといい意味裏切られます。2枚つけのコハダ、トロ、特大玉子海苔巻き・・・少し燻製気味の帆立+煮きりがスペシャリテ?大将+若大将の切り盛りはきびきびしていますが、なにせお手元もだされないので、たいていの客は手で食しておられます。加えて湯のみが特大サイズ!笑 シャリも甘めで関東風、ちょいやわらかめ。うーん、私の好きな鮨ではないが、こんなお店があるのがこの街なんでしょうね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海沿いとはいえ

Cafe_photo_01_big
ミクラス・カフェ
熱海 ホテル・ミクラス内

熱海といえばベタなホテルばかり・・・んな中で改装された温泉宿がこちら。いきなりこの街にスタイリッシュなカフェはどうかな~?とはいえ、結構人気なのか?入ってます。1階ゆえ窓越しに見えるのは水平線ではなく国道ですが(笑)シャンパーニュあり軽食、カフェありでかなり使い勝手がいいかも。小田原~熱海はいろんなお店が出きていますがカフェってなかなかないもんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びあっじょ日記⑯~WA亭 風こみち~

Kiritsubo_02
熱海の山のかなーっり上にある、元保険会社寮を改築した温泉宿のこちら。かなり贅沢な造りだったのね、、、当然部屋には海が見える露天風呂が♪洗い場が外にあるので、ゆっくり洗いたいときは階下の大浴場がいいかも(こちらも貸切制)。料理は部屋食ってのが新鮮で嬉しいけどボリュームがすごい!笑 とにかくご飯(お米)がおいしいのがポイント高し!です。シャンパーニュはブーヴクリコ(ホワイト、イエロー、ロゼが選択可)がありますが、他のワインはおもしろそうなものなし。地酒がよさそう??総体的にかまわれることがなく、お部屋もクラシックなタイプな宿でした。。。ソファーが欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/16

海風

150x150_147006
ヴェント・マリーノ
大磯駅前
0463-60-3103

古い洋館を利用した元フレンチがイタリアンに。場所もわかりやすく、貴重な建築です。本日は旧館2階のスペースでランチを。すっきり晴れた日には海が綺麗に見える眺めの席です。いただくイタリアンはお上品系です。サービスも洗練、かなりいいレベル。ワインリストをじっくり見ることができなかったけど、駅も近いしゆっくりとした時間を過ごしたいレストランですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終わってもショコラ!

W005_2
もはや女性のためのイベントに移行しつつあるバレンタインデー。毎年日本初登場のショコラティエも多く、近年のショコラブームは最高潮!各百貨店バイヤーさんもアタマを悩ませているようですねえ、、、イチオシ注目「ラデュレ」を買い逃したので、ワインネタ的に押さえたい、MOFパスカル・カフェ&マダム・ルロワのコラボチョコ。とりあえずワインに合うか以前に、高貴な雰囲気がよいので購入。シャンパーニュにあわせるより、ブルゴーニュとともに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/03

Topnews
リストランテ イル・マーレ
早川港入口
0465-24-1510

大麻所持で捕まってしまった山田ヒロシェフ(その後どうしているんでしょう?)のリストランテ・ヒログループだったこちら、依田シェフの独立ということで存続しています。元ナプール(現レ・クレアシオン・ド・ナリサワ@青山)の居抜きだけに店内はシンプル、港に面したこじんまりしたリストランテとなっていますが、やはり安心できるtokyoスタイルなイタリアンです。特に近海ものの青魚(イワシ、鰆)を使ったお料理もbene。もうすこしコテコテ海系な料理があってもいいけど、やはりスタイリッシュにしたいのかしら?G.Supmanteはフェラーリだったかな??かわいらしいシニョーラな奥様とともに依田シェフは健在です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の九十三)

Gaikan1
伊豆一碧湖 オーベルジュ ル・タン
0557-45-5181

開業20年、まさに伊豆オーベルジュの先駆け的存在のこちらレストランもかなり色あせて見えます。が、それがまたいい雰囲気を出しているのも事実。建築や内装にかなりお金をかけていますもんねえ、、やはりよき時代のものは残してほしいですね。ランチのコースよりも今回はアラカルトで。フォアグラソテー+大根の前菜はなぜかカブのスープも一緒に頂く変化も。オススメお魚料理は赤座海老や旬の的鯛などでさっぱりしたフレンチ。サービスもやわらかでスマート、気持ちよいひとときが過ごせます。一碧湖周辺は静かですし、オーベルジュとしてゆっくり滞在するのもいいですね。ウェディング対応ばかりが多いリゾートレストランンですが、こちらは独立系レストランとして存在し続けて欲しいです。ワインリストも充実です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びあっじょ日記⑮~源泉と離れのお宿 月~

Img_room3
伊東、冨戸&伊豆高原エリアは部屋付露天風呂がウリの温泉旅館ラッシュ。近くにかつて行った「月のうさぎ」もあり、こちらも川奈の住宅地?にむりやり造ったような海を臨める宿。平屋とメゾネットタイプの全室離れです。海が見えるから部屋の狭さはあまり感じないのですが、イマイチインテリアがあかぬけず、使い勝手が悪いのです。おまけに湯沸しポットにはご自分でお水をお入れくださいとレクチャーされ・・・なぜそこまでサービスしないの?とホスポタリティーの物足りなさも。。でも源泉としてこのエリアは硫黄泉らしく、香りもつよくいいかんじ♪大浴場の露天風呂はめちゃくちゃアツーいけど、部屋風呂より源泉が強く感じました。夕食前に岩盤浴も楽しみました。料理は創作和洋風?ってかんじかな。工夫を凝らしているけど、デザートはかなり×・・・。全体としてサービスは特に残るものはなく、部屋風呂堪能!で楽しむのがよいかと。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »