« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/31

びのびの!Tokyoいたりあん(65)

Img10603532441
ラ・ビスボッチャ
渋谷区恵比寿2-36-13
03-3449-1470

ここと「イル・ボッカローネ」は今となってはとびきりTOKYOイタリアンでもなく、いい意味でワンパターンで変化のない店となっておりますが、、、それでも在日伊人や常連にしっかり支えられているんでしょうねえー、今日も満席に近し。G.Supmante後はアンティパスト(カジキスモークのカルパチョ)とお決まりチーズリゾット!を。シチリア州プラネタのmerlotは合わせるにはやはり力強すぎたかも・・ですけどね。ワイワイガヤガヤ、伊太利人(ホントに?)スタッフが動き回る賑やかな店内だけど結構皆さん夜は早いのね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/25

ばんばん!ふれんち(其の百五)

1
オーグルマン
港区麻布台3-4-14 麻布台マンション
03-5114-0195

六本木交差点から飯倉片町を過ぎたあたりの麻布台、、、キャンティ周辺はホントに昔からある店が続いている、好きなエリア。裏路地の2階にひっそりと、でもあったかい空間で癒されつつ、おなかが空いた~って時の出番が多くなりそうなフレンチレストランがあります。ボクサー出身の横崎シェフとてきぱきしたマダムの相性はばっちり。G.ChampagneはGuy de Saint-Fravy。エチケットが高揚感欠けるのですがお値打ちモノ。お料理は素材を生かしたストレート系、豚の炭火焼きはボリュームもあり!ランチコースでも十分堪能できます。G.Wineもこなれたいいもの揃えているし、まっとうでセンスのよさがうかがえます。客層もご近所グループあり、記念日風あり?でカジュアルにリラックスして楽しんでいるかんじ。マスコミにでまくってなくても、白シャツが似合うレストラン、大事にして通いたいお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/15

ぬるぬるで

P876100w
うなぎ 秋本
千代田区麹町3-4-4
03-3261-6762

「ひとりウナギ」ももう何回目でしょうか?都内鰻屋さんにはどれだけの店がワインを置いているかをマーケティングすべく、勝手に調査と評してまわっております(笑)。今日もオジサンやグループにまじって行列です!恥 創業約100年のこちら、看板の○に「う」マークが目印の一軒や。歴史ある鰻屋さんはなぜお座敷充実?本来は夜、お座敷でシッポリとしたいところですがテーブル席もあります。ああー、暑いこんな日シャンパーニュをクイっといきたいとこですが・・・やはり泡はビール(キリン)のみがオンリスト。うな重は鶴・松・竹・梅とありますが、聞いたところ「鰻の品質」によって区別されているとか。へえー、フツーは「鰻の量」で違うんじゃないのかなあー・・・待つこと20分。塗りの器で供される鰻はわりと薄めでタレは甘め。ごはんは控えめ量で女性にはぴったりのお上品さ♪香の物、お吸い物(別注)の完成度も高し。ううーん、どこ産の鰻とは聞けなかったけど、、、私は野田岩系の荒っぽいのも好きですが、これはこれでよいかな。鰻以外に幕の内弁当などもやっており、お味からしてかなり期待できそうな上品さなのでまた試してみようっと。なにより癒されたのはおかみさん?ゆったりのんびり、なんとなくウナギみたいな人でした 笑

| | コメント (1) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoいたりあん(64)

リストランテ フィオレンツァ
中央区京橋3-3-11
03-6425-7208

京橋エリアは銀座1丁目に近いのに穴場スポット。レストランは乱立してきているけどイマイチ雰囲気が、、こちらはマニア度高いシェフ経営の3店舗め?通りのイメージと異なり、入店してしまえば繊細エレガンテな雰囲気♪カウンターもあるけど落ち着かないのでワインセラー近くのテーブル席で、まずはsupmante(Ca del Bosco)を。こちらのシェフはフランスで修行しているせいかお料理は各地方バラエティ広く用意しております。なんといっても迷うのが生パスタ!サマートリュフのきいたタヤリンやピッチ・・・昨今のイタリアンレストランでもデフォルト化されてきた?パスタのラインナップが嬉しい。ポーションもほどほどあるのでAコース(前菜、パスタ、メイン)でかなりCPもよく満足。残ったブルネロでチーズをいただきつつ、グラッパも・・としていると、あれあれ、まだ10時なのにもうダイニングには私たち1組のみ。銀座の夜は早いっていっても、あまりにもみなさんレストラン空間を楽しむ姿勢に欠けるんじゃ・・・・といっても、食事の時間も惜しいってのは寂しいものです。サービスもそつなく(ちょいたどたどしい人もいたけど)かなりくつろげるレストランです。橋本シェフのブログがなかなか辛口で楽しいので見てみてくださいな。ココゴローゾにも行ってみたいぞ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島です。

日伊協会主催の談話会「シチリア今昔」@銀座三笠会館に参加。昨今はイタリア料理の中でも郷土料理、特にシチリア系は大爆発ブームで、、、もう下火?と思いきや、シチリア料理:カジキのインボルティーニなどいただきつつ、歴史のお勉強。数々の国に支配されてきたイタリアの影、シチリア(シシリー、じゃないよ★)マニアもうなずけるシチリア話+泡プロセッコでよい気分♪イタリアに島っていくつあるかご存知のかた、教えてください!今後行きたい島ベスト3:①パンテレリア島(アルマーニの別荘もあるらしい)②リパリ島③イスキア島 ・・番外コルシカ島、マヨルカ島。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/08/06

びのびの!Tokyoイタリアン(63)

Rooms_1
アルジェントASO
中央区銀座3-3-1
ZOE銀座
03-5524-1270

プランタン銀座界隈もだいぶ新しいビルができて変わりまくりですが、ZOEビル、、、すでにできて3年?早っ。それにしてもひらまつグループは拡大しております。そのグループのひとつ、レストランASOの阿曽シェフは銀座で腕を振るうことはあるんでしょうか?おクドキ系にぴったりな暗めライティングとラウンジはブルーを基調でミラーも多用。個室ディナーはエントランスと同フロアでした。お料理はどちらかというと創作フレンチイタリアン?ビックリプレゼンもあり、量は少しずつでもまっとうなイタリアンとはちいと異なるような、、、、ワインはかなり強気な根付け。イケメンソムリエもがんばっております。サービスはスマートなので、料理とワインのマッチングをもう少しうまくいくようになればよいかなあ~。ちなみにお店のアソシェフおすすめシャンパーニュは特別ラベルのDELAMOTTEです。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/05

夏こそ薫って

Genjiko
麻布に通う香道教室で、今日は志野流のお席で組香(源氏香)です。茶道にわけると御家流=裏千家、志野流=表千家と思われるくらいに前者は派手め?で後者が侘び寂びの印象。お手前に独特なカタがある志野流のほうが私好み♪狭いお席に14-5人で25包から選んだ5包の香を聞き、正答率を競うゲーム。静寂の中、癒されるほのかな和の香り・・・今回もまた4香アタリでお会記をいただいたのでした♪微妙な差はワインの香りを取るよりもはるかに難しい!?日本のおくゆかさを感じた次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/04

銀座の空から

Chn12_rpt429_img_7049
ル・ジャルダン・ドゥ・ツイード
中央区銀座3-5-3 シャネルビルテラス
03-5159-5500

シャネルビルの屋上はグリーンに囲まれたテラス。喧騒を離れ地上から見渡せる銀座の空・・・おそらくここからの眺めは
銀座一?で花火大会にはもってこい?!夏はちょい暑いから夕暮れ以降がオススメ。シガーやシャンパーニュ・・・ソファでゆっくりできれば、開放度も高まります。シャンパンブランチやアフタヌーンティーもあるからゆっくりするのもよしですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立ち上がれ~!?

三鷹バル
三鷹市井の頭2-14-8
0422-77-4559

井の頭線、三鷹台駅はちょいと私鉄沿線的で静かな住宅街。odakyu OX前にあります立ち飲みスペインバル!・・私の人生、立ち飲みは2回目です 笑 やはり日本人なんでしょうか、腰をすえてフレンチ4-5時間がフツーですと、クイック飲みがイマイチついていけず、、、疲れるし。 18時開店と同時に入りますと・・・せっ、狭い!?7名も入ればキツキツのカウンター。なのに続々と入店客が。みなさんしずかーにカウンターをにらんでおります。タパスや生ハム、レバーパテやアヒージョをコップワインでぐびっと、、、夏の夕暮れにはさくっと飲んでさっと帰るのが粋と思いきや、みなさんボトルでじっくり飲んでいるようです(笑)。本場スペインのバルってこんなキツイ雰囲気じゃないからなあ。開放感あるし、だらーんと飲んでいる感じがもっとミタカ的に表現されてれば嬉しいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoイタリアン(62)

タント・タント
渋谷東急百貨店本店

Bunkamuraのドゥマゴもすこしリニューアル。あいかわらず渋谷奥地は落ち着きます。レストランフロアにある中でも大きなエントランスのこちら、いつもお買い物客?映画や観劇帰り?でにぎわうレストラン。ちょっと広すぎる感もいなめず・・・フェアとして、最近ボトルがリニューアルしたCa del Boscoが♪でも、ハーフボトルでなくてデキャンタサービスをしているのがフシギ。せっかくの泡が消えちゃうデキャンティングサービス・・・よほどのヴィンテージ泡でなければ、デキャンタサービスを見たことがなかったので驚きでした。この界隈にはオトナな空間が少ないから、もう少し静かめであれば使い勝手のよい?お店かもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »