« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/09/30

ばんばん!ふれんち(其の百七)

5955_0
as kitchen
中野区中野5-61-10
03-3387-2755

中野は芸人の街?のせいか落ち着いたオトナな空間がほとんど無く寂しい限り。居酒屋ネオンのまたたくサンモール通りの奥にフレンチビストロオープン!との噂が。元は喫茶店だったのかしら?こじんまりしたガラス張りで入ってしまうと落ち着くけど、フレンチを感じさせない店内。ですがお料理はなかなかです!ミッシェル・ブラスのガルグイユにも似た温野菜プレートやカリフラワースープ等、やさしくそしてボリューミイに満足。なんでも師の支店・洞爺湖で修行を積まれたシェフとかで、お若いながらも懸命にとりくんでらっしゃいます。ワインリストもピンキリだけど、中野で理解してくれるお客様が増えるかどうか?が分かれ道かも。サービススタッフは明るく細かく、居心地の良い「キッチン」です。できれば遅くまで営業してくれると嬉しいな。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/29

ばんばん!ふれんち(其の百六)

Saumur_gratien
レゾナンス
千代田区丸の内2-7-3 TOKIA内
03-3215-7707

COTTON CLUB横にあるフレンチダイニングで久しぶりの同窓会♪窓からはばばーんと東京駅が、、、ここは丸の内、やはり便利な街ですね。うなぎの寝床的に狭いエントランスから続く店内。お料理は少し創作フレンチしたものも多いですが、タパスもありちょい飲みにもぴったり。注目すべきは私の好みシャンパン・ハウス「アルフレッド・グラシアン」がロワールのメイエ家と共同で作っているSaumur Rose Brut Gratien & Meyerという泡があり♪気品ある色合いのロゼが夕暮れ時にぴったりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武蔵野エリアのこだわり店

Ovenmitton_chou
武蔵野エリア(西荻~国分寺あたりまで)って緑多きゆったりした時間の流れと文学的環境がそうイメージさせるのか?ロハスとかエコとかスローフード的なお店が多い多い。食と思想の合致とでももうしましょうか、何か意志を感じさせる空間が潔く、そして気持ちよかったり。ほっこり素朴なケーキ屋さんとして有名な「オーブンミトン」(小金井市中町1-11-3 042-385-7410)ははけの森美術館という森の中にひっそりかまえるカフェ。名物シュークリームは健在です。お取り置きの数が限られますのでお早めに。そこから前原坂下交差点に向かい、斜め坂途中にある「broom & bloom」(小金井市前原町3-40-20 042-384-0883)も映画「かもめ食堂」的に北欧チックな空間が味わえるカフェ。ガラス窓から見える前景は緑、ひっそりと手作りケーキとともに癒されます。ちょっとはずれは東京女子大前の「アテスウェイ」は完成度の高いケーキが全て素晴らしい♪近くの「ポム・ド・テール」のベーグルはもっちりむっちり、独特な味わい!その他「丸十」や「ミツ」等天然酵母パン店も多いのが特徴。やはり自転車が似合う街ですが散策する価値はありです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/23

碑文谷あたりで

Rikutei3
六亭
目黒区碑文谷3-12-5
03-3712-7217

碑文谷周辺っていいんですよね~、緑もあって静かで。住宅を改装したようなこのお店もひっそりと、目立たず存在しております。カウンターから全面に広がる緑の庭がまた清々しい。ランチはセットのみというのが寂しいですが、シャリも小さめで10貫、おいしくいただけます。ご主人はひっそりとしていますが常連さんとはよくおしゃべりしており、、、ご近所に愛されている鮨店ってことですね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まくろびあって

Image_yasai
山藤 西麻布店
港区西麻布4-5-8 3/4F
03-5467-5622

にわかマクロビアンになってからだいぶたちますが、徹底的にやるにはなかなか手間がかかり大変です。。野菜や調味料はいまやいろいろな宅配システムが整っておりますが、其の中でも一番孤高の?「大地を守る会」経営の和食屋さんがあります。使っている食材は大地経由で確かにやさしいお味。でもしっかりお酒もあるけど、あんまりがっつん食べるお店ではないのよね、、、ちびちびとCAVAを飲みつつ和惣菜をつまんでしまいます。こちらのだしまき、ふあふあ度100%!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びあっじょ日記⑱~(4)フィレンツェ~

Rimg0337
のんびりした川沿いの古い街、フィレンツェが好き。今回フィレンツエは滞在時間が少なかったけど、ウフィッツイ美術館も見れたし、、、ここはやはりフィレンツエ料理を堪能せねば!やはり名物ビステッカ・アラ・フィオレンティーナをがつっと食して肉食人種にヘンゲしたい・・・と、アンティノリ近くの「ブカ・ラピ」へ。地元っ子が多いこのレストラン、階下に進むとワイワイと満席!クルクル忙しそうに回るカメリエーレになかなかかまってもらえなかったけど、ワインはハウスワインとともにprocessco (Col de' Salice)を注文。フィレンツエ(というか、イタリア)ではスプマンテといえばプロセッコばかり出してくるなあー。。スペシャリテとして私はチンギアーレ(猪の煮込み)+ポレンタ添えを頼むとハンパじゃない量にやはりびっくら。カネロニを食べたあとのセコンドとしては重過ぎました、、、、流石の私も残しましたけど。ポスターが張り巡らされた店内、いかにも洗練されたオトナが集まる空間で、お味も◎でした。フィレンツエは良質で頑固なレストランがたくさんあり、、、毎晩食べ歩きしたい~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/15

びあっじょ日記⑱~(3)シチリア島パレルモ~

Rimg0280
またまたプルマンで移動してシチリア島首都・パレルモへ。やはり大都市、人種もいろいろ、街並みもいろいろです。パラティーノ礼拝堂から楽しかったブッチリア市場付近の下町通り・・B級グルメとしてはずせないのが「サンフランチェスコ」の牛モツ(ひ臓)サンド、パニーニ・コン・ミルツァ。です!噂に聞いていて一度試してみたかったもの、、、お店は夜の部:18時開店でやっと店員がそろそろと出勤。並んでオーダーして、、、パクリ。ムムウー、なんかすごいシチリア人パワーを感じる一品です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びあっじょ日記⑱~(2)シチリア島ラグーサ~

Rimg0134
正確に出発することで有名なプルマン(長距離バス)にてタオルミーナからラグーサへ移動。いわゆる観光バス型バスはクーラーも効いて綺麗だし、イタリア人乗客はしゃべりまくっているのかと思いきやみんなしーんと寝てるし、とっても快適です♪時刻表は言えばくれるし、1時間に一本くらいだけど、全然イライラしないのがイタリアだから・・・途中カターニャのターミナルで乗り換え。ここ、カターニャはなんか怖いとこですのでさくっとスルーし、やっとこついたラグーサは田舎のバロック様式の建物がならぶ何もないのだけど雰囲気ある街。夜は★付レストラン「Don Serafino」にてディナー・・ここのワインセラーは必見です!やっとG.SupmanteがありオーダーしたアグリジェントのExcellent roseはすっきりした味わい。赤一本せっかくだからとネロタヴォラものをソムリエのオススメでセレクトし、料理は前菜2、パスタ、メイン、チーズ、ドルチェ&cafeとオシャレ系ながらも充分なボリューム!やはりリコッタチーズと、香り高いオリーブオイルを使った料理が印象的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/09

びあっじょ日記⑱~(1)シチリア島タオルミーナ~

Rimg0055
夏休み旅行、今年はシチリア&フィレンツエへ行ってまいりました♪成田からローマ経由にてカターニャ空港→車で1時間・・・やっぱり遠いけど同日着でタオルミーナへ。いわゆるリゾート地なんですが湿気もないし眠気も覚めるピーカンはやっぱり気持ちイイ!ホテルは小さなbel soggiornoというメゾネットルーム。朝食用ダイニングの隣部屋なので、テラスにでると宿泊客とバッチリ遭遇(笑)でもこの天井高いテラスがいいんです!朝食はなんてことない内容なんだけどね、、、、リゾート地でも白人率100%で静か~。お決まりギリシア劇場を見物しご満悦♪夜はメインストリートのウンベルト通りDuomo近くのAl Duomoでディナー。エレガントカジュアルなテラス席はいいんだけど、お料理はわりと大味リゾート仕様です。なぜかシチリアではグラススプマンテがないところが多く、しかたなく グラス白&赤(どちらもmideum bodyでこなれたもの)、dolceに初カンノーリは噂にたがわずtrop grande~♪bianco mangareもいけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »