« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009/01/28

ばんばん!ふれんち(其の百十九)

100x100_847806
ラ・シャッス
港区六本木3-5-7
03-3505-6144

冬はジビエシーズン。昨今はなかなか仕留めるのも大変な自然環境があるらしいですが、、、ジビエという大人なグルメの楽しみを求めて盛況なお店がありました!
六本木交差点を過ぎ、HMVの手前あたりを曲がると、、、田舎の邸宅風外装で夜は一層雰囲気が○♪石造りの中もいいじゃない~?燭台もシルバーっていいよね。こちらはハンターのシェフ自らが狩猟に出て、しとめたジビエをいただけるお店、、、なので、狩猟次第ではお店が休みとか 笑 当然ジビエコースで、前菜の燻製やら鴨テリーヌ、蝦夷鹿のスープ等を堪能。小鳩のローストはきっとジビエ初心者でも入りやすいはず、なんていっても鶏ですもんね。できればメインはベカスとか猪とか濃厚に食べたかったけど、、、それも仕入れ&熟成次第。ワインリストはシェフのいた西南地区(カオール)主体なので、ピンキリですが安くなります!あんまり特級ブルなんて揃えても楽しめないお皿なのかもね、、、にしても、怪しい暗さでまた再訪したいです♪

よければポチしてね↓
Banner_02_4


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/24

ばんばん!ふれんち(其の百十八)

Concept_photo001
シュマン
港区赤坂2-17-7
03-3568-3344

赤坂サカスも落ち着いてきたけど、相変わらずの変貌ぶりに驚く街。久しぶりに昼訪問したこちら、、、多分オープン時以来?★も獲得したってこともあるけど、店内は大盛況!柴田さんはあいかわらずお元気でしたが、小玉シェフは交代してしまったようですね、残念・・・でもお料理は変わらず!エゾジカカルパッチョは胡桃・洋梨・ハチミツとともに、牡蠣グラタンはカラメリゼして、豚ローストと、いづれもバランスよくvolumeもあって完成度高し。グラスワインはそれぞれ白ブル、赤ローヌ(ヴァケイラス)を合わせました。こちらは以前から料理・ワイン共CP良しです!客層は近隣オフィスのオトナ客が中心でディナーだとまた違った落ち着き感あり、柴田さん独特のfrench eleganceを味わいたければこちらへ。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/23

閉じないで★

景気冷え込みでレストラン業界もかなりの数が閉店に追い込まれてきているようです。元々どーも客入りが少なく、いつ通っても空いているようなトコが一番あやしかったのかも。青山ブノワは再建できたとはいえ、渋谷テスタマッタ、西麻布ラ・コロンバ(どちらも10年ほど長く続いたイタリアン)・・結構長くやっているとこがつぶれちゃうのは寂しい。事業会社経営と同様、早めにテをうたないといかんってことなんでしょうが。。常連客?というのが各店どれほど抱えているのだろうか。魅力的で離れられない吸引力を持つには、人間同様プレゼンがものをいうはず。いぶし銀を保つためにも、がんばってくださいね、レストラン業界者のみなさん!

(2008年 閉店してしまった都内レストラン)

・SHIZUO TOKYO (銀座フレンチ)・・あの料理とロケーションでは、、納得。。。ホテル出身シェフは辛い時代かな?
・レカイエ (白金台フレンチ)・・いつ通っても、人気がなかった。個性がなさすぎ?
・サヴァティーニ初台オペラシティ (新宿イタリアン)・・銀座サバティーニとは経営が違うせいか?ぱっとしなかったね。
・エノテカピンキオーリお台場 (お台場イタリアン)・・ここも絶景がウリだったのに、、、台場自体がヤバイ?汗
・THE TOKYO RESTAURANT (麻布十番ダインング)・・三の橋界隈では目立った外装だったのに。やはり料理が??
・ラ・コレッツィオーネ (恵比寿イタリアン)・・ウェディング仕様だったのかな。シェフは独立して代々木上原に新店をかまえております。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今年も観るモー

20080110006fl00006viewrsz150x
お正月はまとめて映画が観れる季節。。6-7本家でまったりとみた中で、「地上5cmの恋心」(2006年・フランス=ベルギー)はかわいいオトナの作品。主演オデット役のカトリーヌ・フロが前述「譜めくりの女」とガラッと変わってコミカルでキュート!ちょいアメリ好きな人には受けるかも、、、。現在公開中では「パリ」(2008年・フランス、クラビッシュ監督)は主役のロマン・デュリス&J.ビノシュがちょいオーラ落ちたかな、と感じた。。「そして私たちは愛に帰るthe edge of heaven」(2007年・トルコ=ドイツ)はファティ・アキン監督。家族と愛と平和を描き、心に残る質の高い作品!ロードショーものだけでなく、こういう作品に多くの人が触れてほしいと願わずにいられず。どちらも現在の日本にとって、原点回帰的な意味合いも感じるが、、、やはり全ては、、愛、です。


よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/22

ばんばん!ふれんち(其の百十七)

100x100_914347
ビストロ ヴィヴィエンヌ
中央区銀座4-13-19
03-6273-2830

歌舞伎座が来年取り壊し決定となり、見納めに見ておくかあ~と東銀座界隈へ。ほど近くにあるビストロ、やたらネット上の評価は高いが、、、まずはランチ訪問に。わりと入口せまくて奥が深いし、チーズリストが飾ってあったりワイン好きには合格点?ネット上評価にもありましたがとにかく売り切れが多い!気軽にぶらっといくビストロだからこそ、食べたい時に食べたいものをガッツリと行きたいのに、、、、仕入れをギリギリ絞っているんでしょうか。この日のランチは仕方なく鶏グリルに、、、でもこれも注文してからすぐ出てくるし、肉は冷えててつくりたて感なし。これにパン+コーヒー 1050円ってちょいなあ、、、、。G.Champagneはロゼだったけど小さいし、、追加で頼んだイチゴタルトが一番おいしかった♪激戦区銀座でも、ワインを軽く楽しみたい女子向け?

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/21

ばんばん!ふれんち(其の百十六)

Rooms_5
ひらまつ
港区南麻布5-15-13
03-3444-3967

なかなかディナーに行く機会がなかったこちら、はや20年なのですね。レストラン事業経営者としても大成してしまった平松シェフ、、やはり本人がいる時にいただくお皿と違うのでしょうが、こちらのお料理は濃厚ソースではなくてあっさりめ、ゆえにお年寄りやフレンチ慣れしていない方も楽しめる、というのが逆に、スタンダードになっているようです。ダイニングのある3階までは階段で上がります。客層はほぼ常連?落ち着いた、そして中には落ち着いていない給仕係もいますがこの空間はすべてを包み込むように静かです。Krugでいただくアミューズにはひとくちフォアグラムースあり、チーズクロケットあり。前菜はスペシャリテの鴨フォアグラ ちりめんキャベツ包みで♪淡白なジュとの相性は?でしたが素材は吟味されております。メインはペルドロー(山うずら)ローストを。ジビエの中でもあっさりめでいながら繊細なのでvolumeあっても食べられちゃいます。でも、どこかピリっとした利きが欲しかったかも、、、チーズも各種、デゼールも2種、2階のラウンジで食後酒とフルコース。一軒家の空間を存分満喫です。そう、こちらはひらまつグループの総本山ですものね、何より雰囲気!これを楽しむことです。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/15

変化しなくても・・・?

Img55788457
最近泡情報がなかったのでひとつ。大好きNVルイ・ロデのエチケットが新しくなってしまった・・・泣。だいたいシャンパーニュやワインのエチケットってリニューアルする必要性ってあるんかね?名前じゃなくてエチケットで選ぶ客も多いだろうからって考えなんだけど、、、このルイ・ロデ、新たにモエシャンみたいに大衆的なデザインになりました、、、今までのエラソーはゴールドこそがロシア皇帝ちっくでよかったのに!旧ボトルは早くも価格上昇中??

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなあきい

Concept
はらドーナツ
ドーナツブームも終焉かと思いきや神戸のとうふ屋発、中央線沿線中心に爆発展開中の「はらド-ナツ」。身体に優しい自然派えころじいどおなつは、さくさく食べられてミルクと合わせてクセになります♪狭い店内で女子が懸命に作っているのが安心感あり。いろんな味があるけど基本の「はらドーナツ」が一番いいかなあ@120円。その昔はミスドvsダンキン対決なんてあったっけ。最近ではクリスピークリームドーナツのトランス脂肪酸問題とか、、、、ってか、基本どんな油で揚げているのか、公開すべしだよね!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/12

ばんばん!ふれんち(其の百十五)

1442177_1
ラトラス
新宿区神楽坂6-8-95
03-5228-5933

新年第1発目~なフレンチは、、、@神楽坂です。名店ラ・トゥーエルの田辺シェフと吉田支配人がそっくりそのまま移動してこの新店に・・詳細はわからずですが、場所も正にお隣にお引越し 笑 独立するっていいことですねえ。この夜は貸切状態でお客はおらず。。。12月20日オープンということで、まだまだ新しいニオイがする店内は1階が厨房、階段上がって2階がダイニングですが、ラトゥーエルそっくりな内装 笑。まずはG.Champagne(ピエールモンキュイ)で乾杯。メニューはおきまりコースで、かつてのクラシック寄りよりも軽めモダン?なお皿が続きます。前菜の真鯛スモークとイベリコは、なかなか香りもよくて面白い。名物鴨テリーヌも変わらず、メインはポトフ風の和牛でしたのであっさりめ・・・ワインはRaphetのG-Cを。まだまだワインリストも少なく、完成するには時間がかかるのかな。それでもすっかり落ち着いた2人のサービスなので、元のお店を思い出してしまいそうになるけど、、、これからまた楽しみなフレンチレストラン。神楽坂も何件かフレンチがあるけど、ビストロ以外にしっかり食べたいとなると限られてしまうものなので、是非!

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/08

NOEL x LEON Christmas Night!

Rimg0753

雑誌LEON主催のクリスマス・ガラパーティー@六本木グラハイに参加してきました~★珍しくもdress codeはblack tie、着席正装とのこと、おめかし気分にもリキが入ります♪300名はいらっしゃる妙齢の?男女カップル(女性2人組も多し)が思い思いの装いで、まずはアペタイム。ドンペリ飲み放題ってのはいいよね~。その後はrossoを基調にした会場で着席にてきちんとしたディナーが。前菜盛り合わせ、帆立貝ソテーや牛ステーキ・・まともじゃないー?会場には当然モデルのジローラモ、フランコ、客席にはクリスペプラー氏も♪そのうち稲垣潤一やブラザーコンが参入してのミニライブ、、、あとはダンスホールで80年代!やはりバブル世代向け雑誌なのですね。。デビアスやBOSSが協賛でしたがオマケは何もなしで、やはり不景気の波?西園寺編集長~、部数は伸びていないのでしょうが(笑)またパーティー企画よろしくお願いしますうー。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/07

アゲアゲで!其の②?

Tempura_02
てんぷら山の上六本木
ミッドタウン3階
03-5413-3577

ビルボードTOKYOライブの前に腹ごなし♪眺めもよろしいし、カウンターの椅子がイマイチ給仕しにくいのが気になりますが、こちらの天ぷらはさっくりで好きです。たまーに食べたくなるのが天ぷら。冬より春夏のほうが気分だけど、丸十(さつま芋天)も堪能できるしね。G.ChampagneはMumm。その他G.白はミュスカデなど、天麩羅に合うものがワインリストに、、、そんな数多くないけどね。圧倒的にビールを取っているひとが多いです。やっぱり日本酒より、発泡系が合うのがアゲ物だよね・・?


よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気軽な夜に

Image04
ル・カフェ・ベルトレ
港区北青山3-5-15
03-5412-8851

前述泡会合の後、やっぱりstill wineが飲みたいね♪ってことで表参道付近、軽く食べれて飲めるフレンチがいがいとないのだ・・・(パーティーの軽食はあっというまに無くなったし 笑)で、こちらへ。最近ヤナギダテグループも丸の内進出したりしてるけど、こちらもなんとか?人は入っているようですね。ワインリストはいまいちだけどBeaune(作り手忘れました、、、)と、前菜盛り合わせやカスレかなんかを。以前はここ、ワインビストロでワイン会なんかもよく参加していた店だったんだけど、246から奥まってるしイマイチわかりにくいエントランスなんだよね。それでも0時までやってるから、ちょい食べ飲みには重宝するカフェです。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泡だったので!

Img007_01229096407

遅れてのレポートですが、12月11日@表参道terraceにて泡好きサイト「シュワリスタ・ラウンジ」主催の泡パーチーに参入してまいりました!元ラスチカスがあった場所?こんなパーティー会場に変貌していたのですね。。200名前後の泡好き男女が集まり、パーティーはとりあえず時間ごとに供される各種シャンパーニュに行列(笑)。最初の数杯はテイスティングできても、だんだんとわからなくなるのが通例です、、、が、そこはしっかりと!グラスに付いているテイスティングカードとともに、20杯はいただきました!やはりヴィンテージやプレステージ物はしっかりとした個性があっておいしいですよねえ。またまたドン小西さんは登場しており(笑)ひとしきり、年末気分になったのでした。。。

(当日リスト)
・アヤラ ブリュット・マジュール
・アルマン・ド・ブリニャック ブリュット
・アルロー ブリュット・プルミエクリュ
・アルロー ブリュット・レゼルブ
・アルロー ブリュット・ロゼ・プルミエクリュ
・アンリ・ジロー オマージュ・ア・フランソワ・エマール
・ヴーヴ・フルニ ブリュット・ナチュレ
・エドシック・モノポール ブルートップ
・ガティノワ トラディション・ブリュット
・カナール・デュシェーヌ ヴィンテージ 1999
・カナール・デュシェーヌ ブリュット
・キャティア ドゥミセック
・キャティア ブラン・ド・ブラン・ブリュット
・キャティア プルミエクリュ・ブリュット
・ゴセ・ブラバン キュヴェ・レゼルブ・グランクリュ
・ゴッセ ブリュット・エクセレンス
・シャルル・ラフィット ブリュット・キュヴェ・スペシャル
・ジョンメアー ブリュット
・ジョンメアー ブリュット・ロゼ
・テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ ・テタンジェ ノクターン
・ディアマン ブリュット
・ドゥモアゼル テート・ドゥ・キュヴェ・ブリュット
・ビルカール・サルモン ブリュット・レゼルブ
・ビルカール・サルモン ブリュットロゼ
・ベスラ・ド・ベルフォン キュヴェ・デ・モワン ブリュット
・ベスラ・ド・ベルフォン キュヴェ・デ・モワン ロゼ
・ペリエ・ジュエ ベル・エポック2000
・ベレッシュ・レ・ボー ルガール・シャルドネ
・ポメリー キュヴェ・ルイーズ
・ボーモン・デ・クレイエール グランレゼルブ
・ボランジェ スペシャルキュベ
・ポール・ロジェ ブリュット・レゼルブ
・マイィ グランクリュ・ブリュット・レゼルヴ
・ミッシェル・マイヤール ブリュット・ロゼ
・モエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ 2000
・モエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ 2003
・モエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ ロゼ 2003
・モントードン クラスM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »