« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/22

つるつると

150x150_square_1580015
高はし
杉並区荻窪2-30-7
03-5397-0118

ソバリエとしたことが、最近蕎麦探求を怠けておりました。環八沿いではありますが静かな店内。同じく荻窪「本むら庵」あがりらしいご主人の蕎麦は、、、私のあまり好まないタイプでした(笑)そういえば何年か前に六本木店(既に閉店)で食したときも、エッジのたってないふにゃ蕎麦だなーと思ったものでした。蕎麦に腰がないうえ量も少なめ、女性だって2枚はいけます。でもってランチは天麩羅やっておらず、がっくりでした。それでも住人にはうけているのかな?ゆるゆると過ごされる客多し。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoいたりあん(83)

Chanti_pasta
レストランキャンティ飯倉本店
港区麻布台3-1-7
03-3583-7546

時が止まる空間。ちょっぴりカビくさくっても、古臭くても、在り続ける意味。飯倉本店の地下はいつだって暗いし、なんともタカビーな価格設定だけど、たまにはいいんです。この店が本当の意味で輝いていた時代に味わってみたかったナ。お好きな前菜をいろいろ選ぶシステム、今だにいろんな種類を用意しているから尊敬です。パスタも手打ちの海老トマト、基本に忠実で濃いめ味ですし。1階のカフェでケーキ&お茶、でノスタルジーにひたるもありでしょうか。今でもゲーノージンくるのかなあ、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/19

びのびの!Tokyoいたりあん(82)

Saseto
オステリア・クイント
杉並区西荻北2-27-7
03-3399-1977

西荻窪北口通りをずんずん北上すると、、、カウンターのみの小さな店。以前はカレー屋さんだったそうです。マスターはイタリア修行後、いろいろやってこちらにオープン。やはりジモティの癒しワインバーになっているようです。料理もハズレがなく、ブレザオラ(牛肉生ハム)やトリッパ、テットドフロマージュ(豚の頭テリーヌ)なんてのが大当たり。ワインリストも珍しいものでせめてます!独りよりも2人が似合うカウンターなお店。
よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の百二十九)

C0qgmrx3sh4_3_s2
アベス
杉並区上荻1-24-20
03-3220-1020

杉並公会堂の隣、でもって地下ですねー。入ってすぐチルドケースみたいのがあって、1階のスペースはなんなんだ?と疑問が、、、、地下に入るとカウンターに対面してテーブルが配置されているので、静かでもちょいキンチョー感漂いますね。といらえずGlass白(ボルドー)を。ランチコースは荻窪にしては強気な2100yen。これってどうよ!?もちっと都心で内容いい店もあるけど、チョイスの少ない場所柄ちょっとタカビー?前菜はイワシ&じゃがいもテリーヌで納得はするがセコンドの豚はちょい寂しすぎる・・ですが、びっくりしたのはデゼール!バナナとチョコムース、パッションフルーツジュレはなかなか秀逸。たしかにこのデゼールで1000yen位の価値ありかも、と思わせる終わり方。。小金持ちじもてぃー勢力が強い荻窪では、にこやかーに支払いをされるお年を召したご夫妻がいますが、プライドあるシェフならでは、デゼールに負けない内容充実を望みますねー。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/14

夏の和③

150x150_959939
草門去来荘 野火屋
東村山市富士見町1-1-7
042-390-5288

フードビジネスチェーン店でも、福生を拠点とした際グループ・・・別に好きじゃないけど、店数がめちゃある中で、社長が元住居をリニューアルしているのがここ。東村山・・っていうド田舎だけに広い敷地が雰囲気だけあるテーマパークのよう。てことで、味に期待してはいけませんね。数年前にリニューアルをしてイタリアン、鰻&うどん、囲炉裏、懐石と4エリアに別れて営業。誰もいない鰻エリアへ進入・・・トイレへいくにもスリッパ履き替えってのがダルイ。肝心の鰻も・・・?ですのであくまでも雰囲気を楽しむ店!ということで近隣の方はよいのでは、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/13

ばんばん!ふれんち(其の百二十九)

150x150_908800
コム・ア・ラ・メゾン
港区赤坂6-4-15
03-3505-3355

マイナー・マニアックなお店好きとしてはそそられるロケーション&エントランス・・・でもcozyな店内。ビストロっていってもパリなんかにある明るいopenな雰囲気でなく、フランス南西地方料理ゆえちょいclosed。料理も限定されてそれがまたいいんです!スープドガルビュ(白いんげん豆煮込みスープ?)が、とっても身体に優しい。南だけど、なんとなーく知的な感じがするなあ。。ガスコーニュやイルレギーって名前も、ソムリエ試験以来聞いてなかったので、あなおかし。いや、とにかくシェフの好みでやってる気概に惚れますヨ!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/12

びのびの!Tokyoいたりあん(81)

G759701v
スペッキオ
新宿区大京町22-1
03-5369-2271

四ッ谷4丁目?って話題のサン・ミュージック事務所近くですね、、、ここらは芸能オフィスが多いことでも有名。んでもって超じみーなエリアにあるポプラ社(出版社)。児童書出版とはかけ離れたらぐじゅありー路線の会社が、社屋1階にレストランを経営しちゃってます。ホテルレストランみたいに天井高くて落ち着く雰囲気・・・お客も少なくまさに私好み♪G.Champagneはこちらの名前をエチケットに印刷したRoyer&Filsのもの。割合しっかりめでこれはいいかも、です。なんだかパンもいけます。期待しなかっただけに嬉しいですね。ランチの一番御安い2500円コースでも、内容はばっちり、量も多い・・!手打ちのパスタは数種から選べますし、サービスも落ち着く。なんとなく秘密にしておきたい空間かも・・・

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/09

夏の和(2)

M0013003435_2_s2
燈々庵
あきる野市小川633
042-559-8080

久しぶりに訪れるこちら。板長さんが3年ほど前に変わった際、ちょっとちがうかな~と思ってから足が遠のいておりました。雰囲気やマダムはそのまま、なのですが土曜日なのにお客様も少ないようで、ちょっと寂しいかも。お料理のコースは6000円からが増えたし、内容的には高級食材を使わないあっさり系のお味になったかも??ワインの種類はあまり変わってないけど、この日の泡は久しぶりにハイパー・エドシックをセレクト。おおー、暑い夏の夜、こんなオーソドックスでさっぱり爽やか!は和食に合うのでしょうねえ・・・鱧のお椀に鮎の笹包み焼き・・・浴衣で望む郊外もオツなものです。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の和

Verdelho2
わかやま
立川市曙町2-22-23 3F
042-525-0222

日本料理で食べるbest 3は鮨・天麩羅・鰻・・・ですかね。どれもワインがある店しか行きたくナーイのが本音。。
立川駅周辺はここは歌舞伎町~?って場末感漂うエリアがあり、しかもビル3階なので入りづらいったらないですね。しかし、なにやらお品書きはえらそう&ワインボトルが飾ってあったり、多少こだわりがあるのかなーとふらり寄ってみました。ランチ時間よりちょっと早かったけど、狭いカウンターはほぼ満席。お徳な天麩羅定食を・・・ま、揚げ方はいいとして立川にしては内容が寂しすぎるので評価は控えておこうかな(笑)。ワインリストは結構揃えてあり、グラスでもらったスペイン「ペルフェクト」ってのが結構ヒット!地品種らしいのですが天麩羅にはなかなか合いました。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »