« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/30

にらみ

Food_photo_kiti0907
吉兆の幕間弁当(お椀もついて6300yen)、、歌舞伎座さよなら公演を10月に鑑賞。この建築がなくなってしまうことが哀しい。記念に?と奮発して食べそびれていた吉兆さん。幕間の30分で食べるにはキツイー!笑 ゆっくり味わいたかったけど、確かにまずまず、美味でしたわ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の百三十八)

Img10163259017
レストラン レヴェランス
港区南麻布4-12-4
03-5475-3290

広尾の隠れ家的?天現寺近くの賃貸マンション1階のこじんまりした空間。それでいて場所柄か大人なカップルが集うレストランとして早1年経ったようです。シェフは元「ラ・ブリーズ・ド・ヴァレ」(銀座1丁目)にいらした方。空間よりもお料理の記憶が残っていたので楽しみにしておりました。。。
シャンパーニュはフランソワ・エマール。アンリ・ジローの高級版?でもちょいkrugには物足りなかったような、、、いわゆるコースはお上品’ラストランス’系。ガニエールでも修行なさったとのことで、そのテイストはバリバリ全開です(笑)。前菜鴨のコンフィはアワアワがけですし、メインの仔ウサギローストのプレゼンにしても、正統派。チーズの状態は完璧でしたので3種をいただきました。ソムリエ・サービスの亀山さんの大人な接客も魅力的。広尾って街にいままでなかったフレンチだけに、ぴったりと息合わせていけるかどうか?期待しております。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/22

蕎麦しーずん

三舟
杉並区天沼3-29-16
03-5397-2207

今年新蕎麦食べてないジャン!と気づき、荻窪蕎麦街道(教会通り)へ・・・表にメニューが出されているのですが、みな覗き込んではスルーしていく、、、まっ、界隈の小諸ソバなんかに比べれば割高ですもんねー。おかけで空いている店内♪せいろ(1000円)ですが、しっかりしたうち具合。女性店長が独りできりもりゆえ、山小屋風店内に一杯になったらオーダーはつまるんでしょうね、、、本当は今日みたいに、いつもヒマーって感じの蕎麦屋でゆるゆる昼酒とかしたいんですが(笑)

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoいたりあん(88)

Cantine_regie_prosecco
ドラマティコ
杉並区南荻窪4-43-9
03-3333-1377

この街にはまっとうすぎる?店なので、少し価格設定が高めに感じるのは否めない。近隣の街からわざわざ目指してやってくるか・・?はビミョー。杉並区在住のグルメな方々には、ほどほどCPが感じられないからなのでしょうね。この店が都心にあればまたちがったのでしょうが、、、先代シェフが辞めてから落ち着いた感ある新シェフ。ランチのキタッラ(仔羊ラグー&栗)をもっちりいただきました。G.ProceccoはVenetoのCantini Regie。まあまあのレベルです♪サービス陣と厨房スタッフもかなりの人員が、、、ゆったりできましたが、気軽に寄れる雰囲気がないのがまたこの街では珍しくよいかも、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/14

びのびの!Tokyoいたりあん(87)

B6131
アルポルト
港区西麻布3-24-9
03-3403-2916

ワタクシメが年に2回、同じ店に足を運ぶというのはそうそうないのです・・Tokyo french/italian diningはそれでなくとも数が多く、新星も古参も現れては消えていくので、なるべくダブらないように巡っているのですが、この店は先日ランチで訪れ、引き続きディナーに行ってまいりました。不況下においても週末のせいか8割方埋まっています。西麻布とはいえ、ま、、確かにオシャレなお客様は少ないけど★いわゆる家族向けというのでしょうか?背伸びした緊張感より、親しみやすい安心感がポイントかと。ここのパスタは細めしかないけど、スタンダードでよろしいですね。House SupmanteはOpere brut。Ch70Pinot Nero30の繊細でバランスよく楽しめるスプマンテです。御歳61歳?になる片岡シェフがご挨拶にまわっておりました・・・オーナーシェフであってもお店に居ないシェフも多いですが、とりあえず居りましたね~。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/09

ここは天国

エンボカ
軽井沢塩沢通り
0267-44-3301

何故軽井沢が好きか?と聞かれれば、、、、あえて、夏にはいかず、秋冬が似合う街。なんだか物悲しい雰囲気が好きなのです。いくらアウトレットモールができても開発されても、少し車を走らせればそこは林の中の田舎町。加藤和彦もここで命を絶ちました。。イメージ的に昔から筒美京平先生作曲、Bread&Batterの「傷だらけの軽井沢」(すごいタイトルだよね 笑)みたいに、なんだか、いろんなことを終わらせるのが合っている気がするんですよね。そんな街に昨今話題なpizzaがあり。代々木上原が本店?のこちらは暖炉もないから真冬はサムソーだし、エントランスはちと狭いけど、ランチ時は明るい陽のひかりが感じられるガラス張り一軒家。もちろん靴脱いでダイニングへ 笑 pizzaの生地は国内産(北海道他)小麦粉使用のため、さらさらもっちりタイプ。人気の温野菜盛りはかなりの量ですがヘルシーでよいかも。ワインも各国そろえてはいますが、グラススプマンテがないのはいかがなものかと。その代わりなぜかベルギービールは充実です。メインらしき料理は少ないので、避暑地ランチとしての利用のほうが楽しいかな。燻製ものがお得意のようですね。軽井沢もイタリアンやフレンチはかなりのレベルなので、差別化して生き残れるかしら、、、、。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/08

ばんばん!ふれんち(其の百三十七)

Main_pic
ラ・ピッチョリー・ド・ルル
渋谷区恵比寿2-23-3
03-3440-5856

なんとなーくビストロに通うことの多かった今年。時流なのでしょうか、確かにどのエリアも抜け感のあるゆるーいお店は大盛況とか。こちらは銀座に進出してしまった?「シェ・トモ」の姉妹店ビストロ。席数少ないけど、コの字カウンター+テーブルは気兼ねなく話すにはぴったりの雰囲気!さらあに、供されるバスク系料理はあくまで東京スタイルだけど、ビストロ以上なレベル。ブータンノワール、ニース風サラダ、豚足・豚耳のガレット、、ワインは思ったより数少なく南仏中心だけど、グラス・デキャンタ・ボトルと、量が選べるのがちょっとずついろいろ志向な私メは気にいりました~★そうそう、ここはデゼールもいろいろオススメが多いですね。できれば食後酒とともに夜更しして語り明かしたい、、、そんなとき、ご近所にあるとよいなあ。。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »