« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/20

びのびの!Tokyoいたりあん(95)

Tennai
トラットリア トルナヴェント
港区西麻布3-21-14
03-5775-2355

リストランテ、トラットリア、オステリア、タベルナ、ピッツエリア、バール・・・っていうスタイル・カテゴリーがあっても日本では明確に区別されていないのが現状。同一カテゴリーでもレベルがピンキリで、リストランテといっても半そでポロシャツOKなとこから、ジャケ必要なとこまでありますもんね。ちょっとカジュアルな雰囲気で、固すぎないおしゃれなトラットリア・・・そんなのがある程度イタリア料理を食べなれてきた大人にはうれしい空間。西麻布の静かな住宅街にあるこちらはまさに予約の取りにくい人気店、どんぴしゃ空間ですね。ライティングも暗め、テラコッタの床材、あっさりしながらも座りやすいチェアなど・・。ピエモンテ料理ゆえ、繊細ながらも奥深く丁寧な味わい。名物、藁につつまれたラビオリ”アニョロッティダルプリン”はさすがのおいしさ!
あいにくマダムは不在でしたので、サービスとともにまた味わいたい空間です。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/15

びのびの!Tokyoいたりあん(94)

P011263515_168
青いナポリ
文京区小石川3-32-1
03-5805-1605

2010年、今年もよろしくお願いいたします!食べますよー飲みますよー 笑
新年最初のイタリアンはここになりました。お正月って、、、きっちりしたいんだけどゆるゆる気分だったりするし。甘い御節にも飽きたらやっぱりフレンチかイタリアンに行きたくなりますが、お正月3が日営業しているレストランは貴重です。なんといっても小石川、、、こんなとこ、用がなきゃ来ないでしょ!てな思いっきり住宅街の工場跡?のような家屋を改装している2階へいくと寒い時期より真夏に似合う広ーいテラスが!噴水あったり、グループで騒ぐにはもってこいですが、あまりの寒さで店内席へ。ピザ釜が鎮座ましますダイニングもありますが、エリアによって雰囲気が異なる仕様。前菜、パスタ、pizza、メイン、ドリンクも各種と、とにかくこちらは家族やグループ向けmenu万全って印象でしょうかねえ。前菜は特に感銘なしですが、問題のpizzaはナポリスタイル、まずまず生地ももっちり、土手も少なめで◎。dolceのショコラケーキもしっかりしっとりでよろしかったです。できれば真夏の夕刻なんかに再訪したいかな。

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/10

新年早々カーツ!

プレッシャーには強いほう?っていうかあんま感じないタイプですが、、シャンパーニュは6気圧、クレマンは3気圧、ムスーは5-6気圧、ぺティアンは2気圧って、、、泡のガス圧の話。気圧が高いほど、瓶はしっかりしますもんね。そんな年明け運動に話題の加圧トレーニングを体験!昨年も走りを始めたし、ここらで体力増強しようと杉本彩姉御やら紀香姫でも話題の、無理くり血液をうっ血させて乳酸だしまくって成長ホルモン促すみたいな運動、、、無筋力な私には辛すぎます(笑)案の定、毛細血管の皮下出血で両腕は赤いあざ状態に、、、(数日で消えるらしいけど)。でも危険も伴う運動と確認いたしましたので、健康パワー炸裂な人でないと継続できないのではないかしらね~。圧に耐えられず、シャンパンを飲む私♪

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/07

びのびの!Tokyoいたりあん(93)

Sakedondon_aw255
カノビアーノ
渋谷区恵比寿西2-21-4
03-5456-5681

オープン時は結構斬新だった建築ですが、もう10年近く?恵比寿になじんでいますね。エントランスのバーエリアとコの字のレイアウトが珍しかったですが、かわらず植竹シェフが厨房にいらっしゃいました。六本木グリリアや銀座、京都の店をたたみ、東京駅前の店はオペレーションを別会社にしたらしく?現在直営はこちらと六本木ヒルズのみ。スリムになって初心に戻っているのでしょうか、、、料理はいわゆる東京イタリアンです。結構ポーション多めだけれど、かつて感じた繊細さが消えている気がします。年末で食材が限定されていたせいでしょうか?
いただいたのは名家・アンティノリ社が1999年から造っているフランチャコルタブランド「Montenisa」。フランチャコルタもキチンとした格付けを理解をしておりませんでしたがいろいろあるのですよね。
この「Satin(サテン)」はフランチャコルタDOCGのみで使われる名称で、厳選Chardonney100%を使用した、Brutよりも上級クラスとか。サテン、、、響きがイイ♪しかも、なんといってもアンティノリですよ!イタリアワイン通なら誰もがご存知・・・確かに泡が繊細、シャンパーニュほどパンチはないけど、フランスでいうブランドブランよりしっかりタイプ。今までフランチャコルタはカ・デル・ボスコ(通常のNVね)が一番スキ!でしたが、これもいいなあ。。
客層は恵比寿&代官山にしてはいい大人が集まっている気がするので、惜しい。お料理がさらに洗練されれば、これからも生残るリストランテだと思います。

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の百四十)

150x150_square_2632449
ア・ニュ
渋谷区広尾5-19-4
03-5422-8851

忘年会で訪れたのは代官山・ルジュールラシェットのシェフと市ヶ谷・オーグードジュールの中村ソムリエと元ジョージアンの島本ソムリエがやってるフレンチ。オープンは10月なのに早くも大人気!ということで年末苦労して予約しました。。。堅苦しくもなく、カジュアルすぎないモダンな店内は天井高っ!ちょうどいい席数ではなにでしょうか。ビルの構造上縦長ダイニングですが、それはそれでsharpな印象。G.ChampagneはGuy ThibautというRM、初めてだけどしっかりめで好みです。。最初の一口はプレゼンも面白いけど、トリュフのシューはミントの香りが強すぎて、トリュフの味わいが消えてしまっていて残念。12月が終わればなくなってしまう~、とジビエは雷鳥(らいちょう)をサルミソースで。一番クセのあるジビエと言われますが、火入れも絶妙で堪能しました。合わせたワインはGevry-Chambertin 1996 (C.Dugat)というまっとう路線で!全体を通してはクラシックなフレンチではないですが、トウキョウフレンチでもなく、モダンすぎずというのがちょうどいいポジションなお料理。おいしいフレンチを食べたい入門者にはサービスも合わせて満足度は高いのではないでしょうか。お店のブログもマダムがいい味だしており、面白いのでチェック必須です☆

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/04

ナイと困るヨ!

F0059335_22304975
これです。これ、いつもつかってるブイヨンなのですが、しばらく前からどの売り場からも姿を消してます。
この味スキなんですけど、メーカーが生産中止してるらしいのですよ。。。アジノモトもマギーもいまいち好きになれないので、どこかで入手できるか知ってるかたいたら教えてくださいませ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウンターパンチ!

Img10064314627
グットドール
中央区銀座4-3-5 3F
03-3546-7218

はっきりいって銀座ではかなり老朽化したビル!?かなーり急な階段を上がると、cozyなワインバー。流行のおしゃれな空間ではないし、いまいち椅子やカウンターは狭いのだけど、息の合ったソムリエご夫妻のサービスで結構楽しめるのです。丸の内&西麻布のグットドール発祥の地ですもんねえ、グラスワインも豊富だし、お料理も結構なレベル。しっかりじっくり食べ飲み!というより、映画の後なんぞに軽く・・・という使い方にぴったりな場所。しかしそんな場所でボトルを開けてしまうのが私流ではありますが(笑)ムートン、ラフィットで有名なロスチャイルド家初のシャンパーニュ。ややしっかりめ、でもあっさりもせず絶妙なバランス感とともにいただいたアルバ産黒トリュフリゾットは香りも味わいもよろしかったです。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の百四十)

45605_l
レストランハシモト
杉並区荻窪4-20-15
03-3398-5552

荻窪南口って寂しいのですが、銀座レカンで修行したシェフのお料理は南仏風?結構しっかりめです。オープンして数年たつのに、まだレカン名を広告に使うのはちょっとシェフも自信なし?なのかなあ。豚ビール煮込みなんてそりゃレストランっていうよりビストロだよね。ご近所マダムが集うのはわかります、あくまで女性目線を意識してこの街になじんでおります。デゼールのバナナタルトもしっかり甘味。夜はおいしいものをがっつり!の方がいいのかな。こちらはパンがおいしいのが特徴的♪

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »