« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010/03/25

回ってません

1
すし独楽
目黒区八雲1-8-9
03-5731-0035

都立大学がなくなっても駅名は都立大学。。むちゃフツーな商店街にそぐわぬ外観の鮨屋さん。大家さんはカフェなどに入居してもらいたかったのか、通り沿いがオープンエアになるためのたたみサッシ構造になっていて、鮨屋じゃ無駄なデザイン。そのせいか素通りしてしまう人も多いみたいですが、入店すればこざっぱりしたカウンターにそろばんをデザインした椅子が並んでおります。
ランチ時は分とく山出身の大将も居ないので2番手さんに握ってもらう。白海老、ひらめ、のどぐろ・・・やや小ぶりなシャリが女性にはぴったり♪お酒もおいてありますがやはりワインは無し。最近はツメでなくても、醤油を事前にひと刷毛ぬって供されることが多いですね。ネタもいいんだけど、、、、どこか締まりがないような。一品料理にも力を入れているせいか、純潔鮨屋とはまたちがったポジションで生残るのかな!?

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やいてやる!

可らし
港区白金台3-19-5
03-5423-5424

伊仏レストラン以外で肉を食べたい!となったら焼鳥、フレンチバーベキュー、韓国焼肉、、、とありますが、私が好むのはteppanyaki。これってレッキとした日本発祥のカテゴリーですよね??分厚いステーキはおうちではなかなか好みに焼けず、、、、で、こちらは近隣の常連さんに愛されているお店。何気に席数少なくて狭いけれど、カウンター前で季節の野菜やリゾット巻き?を操る鉄板兄さんの仕事振りを見ながら楽しめる。ワインも数は少ないけれど、各国そろえていますしね。締めのお好み焼き?がイマイチなんだけど、、、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/14

びのびの!Tokyoいたりあん(99)

150x150_square_1769551
A te
港区新橋2-15-17 2F
03-5251-0607

移転後初訪問。烏森神社そばの、わかりにくい場所ですが以前より広くサービスも向上。黒板書きの料理も数が増えましたね!新橋駅近辺にまともなワイン系レストランがないだけに、貴重なオトナの空間。田舎風パテなどオーダーしたいものがけっこう品切れ(というかこの日作ってない?)のが残念。パスタの数は充実なので一応イタリアンのカテゴリーですが、ワインは各国揃っております。ワインの相談するとコメントがイマイチ頼りなげですが、エチケットをはがしてくれたりサービスはよいのでまあ、合格点?イタリアの白がよかったですよ、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/13

びのびの!Tokyoいたりあん(98)

3013
ラ リベラ
渋谷区代々木1-23-7
03-3375-6422

代々木を過ぎて・・・真っ暗な住宅街。こんなとこに!?という場所の中二階にあり。中はいたってフツーの喫茶店風レイアウトです。カウンターの椅子がちょい痛いかな、、、小さい席数なのに厨房には結構男子スタッフがおり。。。シェフはかつて修行したピエモンテのお店から店名をもらって?自宅のある葉山から地元の食材も引っ張ってきているようです。ワインはグラス、デキャンタが選べてお気軽なシチリアものが各種ラインナップ。裏別メニューがあるのかなあ。お料理はピエモンテ料理と謳っておりますが各地方料理ってかんじなので、高級ワインを合わせるよりもデキャンタのほうがいいかと。最近流行りの傾向ですよね。パスタは手打ちが各種、お肉料理も羊、うずら、豚、牛、、などいろいろな調理法がチョイス可能。こういう店ではコースよりもワイガヤとシェアしながらが楽しいですよね。前菜盛り合わせにはホワイトアスパラを織り込んでもらい、トリッパ煮込みなんかもあり。うずらのファルシイ、豚のコトレッタなど直球だけど奥深い味わいが優しくでておりました。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の百四十八)

150x150_square_1438450
サラマンジェ
港区虎ノ門1-11-5
03-6903-6730

オヤジ・フレンチ・・なる名フレーズ。昨今のちまちま皿数多いフレンチとは対極でやってるシェフの店。その日は男性グループ客があったり?やはりがっつりおいしいもの好きが集まる聖地と化しておりました。あくまでもそっけない店内なので、デートなどにはどうかな?G.Champagneはルイロデで◎。ハチノス煮込みの前菜は透明であっさりしてちょい物足りず。似たようなチョイスになっちゃいましたがメインのカスレはすね肉メイン。こちらも濃厚さよりも素材のうまみをいかした一品。この冬食べたカスレのうちでも一番あっさり?ワインは調理兼ソムリエのスタッフと相談してPommardを。これが最初は酸味主体だったのですがだんだん落ち着き熟成感も多少でてきて、清らかなポマール!満席近くになると接客が足りず、待つこともありましたが、もくもくとこだわりシェフが作る料理にさらなる期待をこめて。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/05

ばんばん!ふれんち(其の百四十七)

150x150_square_2517134
ビストロ ヌガ
中央区銀座6-12-2
03-6254-5105

ここ数年の銀座ビストロでも私的には高感度NO.1。やっぱりシノワグループですからねえ、ワイン充実度も高いし、接客もつかず離れずですし。銀座の裏通りにぴったりなたたずまいの小さなエントランスから入ると、1階はカウンターもあり、2階はやや落ち着いたダイニングが。。
なによりビストロの王道で料理もどどーん!と量もしっかり。でも、味わいはクラシックで完成度が高い。ワイン飲んでおいしいもの食べるスペースはこうでなくてはね。豚足と豚耳のパテ パン粉焼きなんて、モツ系ものもg.ChampagneはしっかりめのRichard Cheurlin NVがばっちり相性。G.Wineも白赤各5種類くらいから各国揃っていて選び甲斐があります。仔羊ローストに合わせたCh.Haut Grignonもばっちりでした!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の百四十六)

1108
ビストロマルカッサン
中央区銀座1-22-11
03-3564-0335

銀座と行っても昭和通り越え、、、ですが、最近ここも店舗増えてるエリア。狭い間口で鰻の寝床的スペースですが、入ってしまえば天井高くてくつろげるう♪吟味した食材とジビエで評判高いらしいのでいざ、冬のうちに!と思っているうちに2月、、、、国内産もほぼ終了時期ですがなんとかギリギリありつけました♪G.Champagneがないのが残念ですがvin mousseuxでぐぴっと。前菜には猪ソーセージ。もちみっちりとした肉質で豚よりぱさつき感がないのがよろしいです。田鴫って、鴫立つなんちゃらと歌に読まれるくらいですから秋ジビエ?くちばし長くて小さい鳥ですから、ジビエの濃厚さが身いっぱいにつまってペロっといただけちゃいます。あわせたワインもさらさらと。マダムのゆる感あるサービスがまた居心地よい、、、季節を変えて、気軽にワインを飲みに行きたいですね。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »