« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/28

びあっじょ日記24~箱根翠松園~

Img_room1
久しぶりの温泉♪隠れ家感は全くないロケーション&エントランスでちょっと拍子抜け。こじんまりしたフロントのある2階から客室はB1へ移動、と高低差があるのでご年配の方々にはきついですね。客室は「熱海ふふ」よりはウッディなインテリアで落ち着くかも。もちろんお部屋に露天風呂付ですが、部屋がそれぞれ設えが異なります。個人的には御影石とか好きだなあ。箱根のお湯って無色透明で、温泉の実感が低いのですが、やはり部屋にあると嬉しくて何度も入ってしまうよネ。大浴場は眺めもイマイチですが、やはり開放感があって癒されます。
独立している食事処の日本家屋は三井財閥の建築。・・まっ、いわゆるリノベーションをしてうまく作っているのですが、庭を見渡すのならば個室よりも広いダイニングがよいのかも。お料理は伊豆箱根の温泉旅館で一番のレベルではないでしょうか、、、繊細で、手の混んだ品々。高級食材を使っているわけではないけれど、volumeもあるし心遣いを感じます。少なくとも和洋折衷みたいなヘンテコ創作和食でないので、正統派としては安心感あり。ドリンクはかなり高めですがワイン、シャンパーニュ、焼酎、日本酒となんでもござれ。今宵はアンリ・ジローでキメてみました、、〆には併設のバーでまったりモルト、、、、自分と同い年のロングモーンを。。。一泊ってあっという間すぎて、温泉お土産したいです~。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

館の奥には

150x150_427322
SOLO PIZZA
箱根仙石原
0460-85-2884

かのアルベルゴバンブーに行こう!と電話するも、5&6月週末ランチはウエディング対応のため貸切。箱根では貴重な空間だけに悔しさしきり、、、でもでも旅行気分を盛り上げるには、宿に到着する前のランチがかなり重要なのです。バンブーよりさらに奥に位置するこちらはアパレルの「PAPAS」が経営。丸の内などにも飲食店を経営しているけど、なんとも独特なテイストを展開しているブランドですよネ。なんでもpizzaの本店が広尾にあるとかで(全くno checkだったのですが)pizzaのみで勝負しているらしい一軒屋。藤棚があるテラスもあって、林のそばから小鳥の鳴き声が聞こえて春夏季節にはいいじゃないですか~。G.proseccoとともに山菜フリット、バーニャカウダなどつまみつつ、マルゲリータpizzaを。釜もあってナポリ風ではあるけど、いかんせんチーズがいまいち~。モッツアレラじゃないのかな?かなりもたれました。トマトソースは中庸で、生地はやや薄め。2人で1枚がベスト?ここはやはり夜よりランチでしょうね。
よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoいたりあん(101)

トラットリア カザーレ・デル・パッチョコーネ
港区南青山1-11-25
03-6438-9235

通り沿いに燦然と輝くトラットリアマーク!ここらへんの青山墓地前って警察近いけど何にもないし、車で走っていても唐突な店構えに驚きます。しかし入店すると1階は小さなカウンター。やたらと額縁の飾ってある階段を登るとダイニング。満席になると青デニ2号店のごとくファミレス状態。。で、かなーり大声出さないと会話できない賑やかさ、、、あくまでもカジュアルに、大人数でくるのが懸命かな?ウリのpizzaはちょいオイリーですし、お勧めホワイトアスパラもごてごてと手を加えすぎで、全体的に塩加減が強め。やはりチェーン店系だと仕方ないのでしょうかね?オペレーションやスタッフはサービスもよくがんばっているのですが、、いまいち心に響かない。オーナーは車好きみたいですネ。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/27

テラス風

4
淡悦
港区六本木 ミッドタウン3F

春先はなんだか和気分♪ミッドタウンでは「天ぷら山の上」ばかり利用していましたが、同じフロアに位置しています。入口がちんまりしており、狭く感じますね。実際テーブル席は眺めも悪くつまらないかな。晴れて陽気がよければテラスもいいけど、ここはやはりカウンター席がオススメ!天ぷら付の2段お弁当のお味もほどよい薄味。京風というのとはまた異なりますが、期待していなかった分内容がよろしいですね。小豆ご飯がお赤飯とは異なる味わいで◎。日本酒がオススメらしいけど、G.Champagneもあるし、ゆっくりお話しながら和に浸れます。

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の百五十二)

A090200pm1_a
レストランハシモト
杉並区荻窪4-20-5
03-3398-5552

金曜日のランチ時なのに、結構空いています。
なんとなく、全体の料理印象がぼやけてきてる気がする。シェフ、なんかぶれているのかなあ。。もうレカン卒業生っていうのも効かなくなってきた?

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/16

カリッカリ

Ginpo200
天ぷら岡本
立川市曙町2-5-19 2F
042-540-2882

暦では立夏(リッカ)です。サツキ晴れ、風薫る5月です。そんな時、天麩羅食べたーい!と思う、、、これって自然ですよね!?いやー、なんか春に食べたくなるんですヨ。この店の噂を聞きつけてはるばるやってきました。立川でも伊勢丹横エリアってあやしくて、なんとも寂しい建物の2階にあるカウンター天ぷらやさん。ご主人岡本さんはお若くてもこだわりを持っている方。旬のものが少しずつどんどんでてくるので、はっきり言って一番御安い6000円コースで充分では?旬のギンポウも追加し、天茶or天丼を選べ結構おなかいっぱいになります。油がちょっと重く感じたのはブレンドなのかなあ、、って、調べたら、サラダ油6,煎り胡麻油2,生胡麻油2(どちらもマルホン)の配合だそうです。うーん、サラダ油が重かったのか、単に私の胃が油への耐性落ちしたのか、、、よくわかりませんが。粋な挙げ方ってより、なんとなく家庭的な印象でした。それよりこちらのドリンクリストは必見!日本酒、焼酎の数がかなり多く、やはり都心に比較するとお安め♪のん兵衛さんはオトクです。G.Champagneは残念ながらなし、、、なので、シャルドネの白を。その後上喜元も飲んでみたけど、やっぱり天ぷらには泡が合いますよねえ~、残念、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の百五十一)

320x320_700849
コジト
港区西麻布3-2-15
03-3796-3838

そうそう、ヒルズができる前って、この近辺なにがあったっけ?的なエリアでしたね。フツーの住宅街でしたが、私としてはWAVEで待ち合わせをした六本木時代が懐かしい・・。コジトはまさに、住宅地の一軒屋。山田シェフってよっぽど大きなパトロンがいるのかお坊ちゃま?なのかなあ・・青山時代から知っていましたが、「マルシェオーヴァンヤマダ」、「アルモニ」、そしてここ。どの店も単価が高くしかし料理ポーションは控えめ。にもかかわらずよなよな人気っていうのも、なんかフシギですね。どの店もお料理をがっつり食べる!というより、ワイン主役のワインレストラン的な傾向なのでしょうか?勧められるままに飲むといつのまにかすごいお値段!になっているのが戦術のような有名美人ソムリエ・ナオコマダムはアルモニにてご健在らしいですが、コジトでも頼れる印象的な?ソムリエールが活躍しております。G.Champagneはアンリオ。最近グラスシャンパンにアンリオってとこ多いなあー。前菜のホワイトアスパラは季節ものでしたが、ポーションがちょびっとで物足りないなあ~。料理はクラシックな調理法のウサギや鶉を。ワインはやはりブルゴーニュで、ヒサビサのプリウレロックのvosne romanee les houtes maizieres 2000。ミレニアムから10年かあ、、、清らかな造り。

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の鳥

150x150_252574
ふくろう
武蔵野市吉祥寺南町2-4-6
0422-42-3135

最近この吉祥寺線路際の裏通り?は新店で賑わってきております。その中でもだいぶ前からあるようで、ジモティにも愛されているのがわかる、、、てのは、うなぎの寝床的な店内、夕刻早い時間からおじさん2人組がカウンターでボトルをあけている姿が似合うから。スペイン+おじさん2人組ってなんか絵になるでしょ。イタリアンやフレンチじゃ気取りすぎだけど、なんか世捨て人っぽくてサ、文学論語ってたりしそう(勝手な想像ですが)。お箸も出てくるから居酒屋バル系かな?わりとさっぱりと日本アレンジで誰でも受け入れられそうです。ふくろうパエリアは焼いてあるからっとしたタイプ。ワインは種類が少なめですが、トロ赤をデキャンタで、、、がぶがぶいけそうです。夫婦?2人でやっているようで、サービスがちょい物足りないかな。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/09

びのびの!Tokyoいたりあん(100)

150x150_square_1242645
エリオ・ロカンダ・イタリアーナ
千代田区麹町2-5-2
03-3239-6771

街場のレストランで還暦を過ぎている(であろう?)ご年配の方々がご夫婦でもしくはグループでお食事なさっているのを見るにつけ、日本のレストラン文化の成熟と同時に、今後ますますシニア層に向けてのサービスが、レストランには重要なfactになるのであろうと実感する。いや、益々元気なご年輩者様たちが、元気のない若者をおしのけおいしいものを食べ歩く、、、って、素敵じゃないですか?そんな方々に似合うのはやはり円熟味を増した雰囲気とサービスのレストラン。イタリアンだけど麹町という場所柄そんなお客様も多い上、在日イタリア人も認める本格南伊料理だから、ここはとっても落ち着けます。ここは何を食べるって目当てよりも、相談しながらちょこちょこいろいろ、がまっとうなオーダー。前菜はナスのインボルディーニ、パスタはトマトとモッツアレラ、メインは手長海老、、、って結構ベタな濃い目南系をオーダーですがはずれもないし、親しみあるお味。やっぱりきどった北伊よりも日本人にはなじむのでしょうね~。ワインはオススメのカラブリア州ARVINOというもの。さらっとしてるとおもいきやサンジョベーゼのようなエレガントさも併せ持つ?南伊ワインでした。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »