« ばんばん!ふれんち(其の百五十三) | トップページ | びのびの!Tokyoいたりあん(103) »

2010/06/13

びのびの!Tokyoいたりあん(102)

150x150_1204936
giglio
港区新橋6-9-2 B1
3438-0748

汐留イタリア街は開発されてかなり経つのですが、あいからわずJRAだけしかなくて、寂れてるう~。そう、以前はイタリア街にあったのになぜか、第一京浜へだてた向こう岸?へ引越したこちら本格トスカーナ料理のお店。うーん、新橋と大門の間だけど、はっきりいってチョー寂しいエリアです、、、が、イタリア国旗を目印に地下におりて、あやしい扉を開ければなんとも暖かい空間が。天井が高いせいか狭さを感じないですね。G.SupmanteはAltemasi Brut。CPよろしい4800円コースはチョイスができ、つきだしにラルド、前菜はトリッパの白ワイン煮込みと続き、パスタは手打ちのピッチが有名!ほぼ讃岐うどん状態?の太めですので、ラグーなどの濃い系がからみワインがすすみます。どっちかというとトスカーナのごとく塩分ききすぎなので、ワイン飲まないと!鹿児島産ということで牛や豚でなく(笑)馬のローストをオーダー。ほどよい脂肪分もあり、堪能!ドルチェ差し替えでチーズがオーダーできるのも辛党には嬉しいところ。男子グループのみのグループもあり、なかなかハードめにもつかえるお店。なにより女性ソムリエール?のサービスが心地よかったです。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

|

« ばんばん!ふれんち(其の百五十三) | トップページ | びのびの!Tokyoいたりあん(103) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びのびの!Tokyoいたりあん(102):

« ばんばん!ふれんち(其の百五十三) | トップページ | びのびの!Tokyoいたりあん(103) »