« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/25

ちがうハシモト

てんぷら はし本
杉並区荻窪5-25-5
03-3393-4676

フレンチのハシモトは先週行ったので、今度は和のはし本へ。気のいい奥様とがんこ親父風?ご主人の揚げるてんぷら。なぜかTVを観ながら揚げてたけど、、、、ランチは野菜小天丼630円、普通天丼1000円、定食1800円ですので、ここは気合をいれて定食で。ところで、天ぷらってなんで海老から出てくるんでしょうね?私好きなものはフィニッシュに食べたいタチなので最後がいいんだけどなあ、、、笑 ナス、さつまいも、れんこん等野菜天のほか、キス、穴子もはいって内容はよろし。油はそんなに重くないけど、そんなに軽くもないっていうか、、、、つな八@荻窪ルミネに比べたらかなーりまともですよん。ボリューム的にチェックしたのは小天丼!女性に嬉しいサイズで、てんやとかチェーン系いくよりいいんじゃないかなあ、、あれって、別物でしょうしね!(食べたことないけど、、、)

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろんなタマ

杉玉屋
小金井市東町4-31-18
042-383-1468

東小金井駅北口、はっきり行って有名なのは中華「宝華」だけの寂しい駅・・・が、ここですでに10年近く、物静かなマスターが経営するイタリアワイン&日本酒バー。手作り丸パン、低く静かに流れるjazz、イタリア車の書籍、照明落としたカウンターにキャンドル、、、この街に不釣合いな?雰囲気に、きっと来る人を選ぶ店なのでしょうが、そこは武蔵野エリア。敷居は低く、かなりまったりくつろげます。イタリアワインも隠しだまがあったりするのかなあー。。。いただいたのはトゥア・リタの安いラインのもの。かなりうなぎの寝床的な奥深い店です。懐も深そう、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoいたりあん(117)

Tennai001
sincero
千代田区飯田橋4-3-3
03-6268-9168

飯田橋から九段下あたり、つまり学校も多くオフィス街。こじゃれた店がかなーりないエリアですが、昨今にぎわっているのが縁結びの神様、東京大神宮!いつでも行列ができております。。。。そのすぐそばに、このイタリアンが。近くのhive cafe(麹町・ブーランジェリーAの姉妹店)からパンは調達。そんなにおしゃれなインテリアではないけど、きちんと白いクロスがかかっていて、ランチセットのサラダなのに、内容も盛りだくさんでただのサラダじゃない。お水がハーブティー?みたいな紅茶色でしたけど、、、限定グラタンランチをセレクトしたけど、割とふつーでした。1種類しかないけど、ロングパスタのセットのほうがよかったかも。ミニメインもついてくるしね!マダムがてきぱき切り盛りしてたのが印象的。setで1000円なのにエスプレッソもついてるってすごいです♪

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/16

近頃の流行料理

Imgd04b9073zik5zj

料理はほんとファッションと同様、流行ってありますよね。食べるラー油とか、スイーツだとここ数年マカロンとか。洋食系ですと、ここんとこクスクスなどマグレブ系の食材が注目されています。そこでオーバカナル(赤坂)でであったメルゲーズです!
メルゲーズはシシカバブみたいなもの、といいますか、羊肉+香辛料の結構クセあるソーセージ。私ってブータンノワールでも、クせあるソーセージが好きみたいで 笑 まあ、羊好きってのもあるけど。。これにアリッサ(唐辛子ペースト、、みたいの)をつけてワインをぐびび!で、今大変な局面にあるチュニジアに想いを馳せる、、、ってフランスぽくていかがでしょ??

| | コメント (6) | トラックバック (0)

びあっじょ日記27~松本・明神館~

Caption

寒い冬には温泉ですね。普段は断然海派!で海の見える宿に行くことがほとんどですが、山間の雪見露天風呂はなお一層よろしい季節ですし、、、と、長野県松本の山奥、扉温泉「明神館」に行ってきました。松本駅でのお迎えはマントをはおったスタッフ様(一瞬引きますね、、、)今年は長野も雪が少ないようで、市内から30分ほどの車道にも雪はなし。意外と広いエントランス、その日は中国人団体客もご宿泊とかで。古いお宿をリノベーションした造りですが、お部屋はゆったり。客室半露天風呂は檜で、外窓に面しています。到着なりお湯の温度が低くて調整してもらうはめに、、、ちょっとマイナスポイントでしたが、こちらは3種類の外湯がよいです!立ち湯、ねころび湯、大露天風呂、内湯プラス露天風呂、、、今回いつものペースで10回入りました。食事は懐石、オーガニックフレンチも選べますが今回はモダン和食で。それぞれダイニングが異なり、広いスペースで浴衣のまま楽しめます。高級食材はないのですが、工夫をこらしていてプレゼンもよろしいです。安曇野産のご飯も美味!ワインやお酒のお値段もリーズナブル!普段熱海や箱根の旅館がいかに高いかが感じられます。残念なのは浴用タオルがひとつで使いまわすこと、チェックアウトは12時なのに、駅までの送迎バスが11時発と決められていること。車利用がいいのでしょうが雪深い冬電車やバスでこられたかたは残念ですよネ。おしなべてスタッフレベルも高く、落ち着いてゆったりできる宿でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/03

ばんばん!ふれんち(其の一七〇)

Tky201002020245
マダム・トキ
渋谷区鉢山町14-7
03-3461-2263

行ってないから無くならないうちに行っておきましょうシリーズ!(笑)とはいえ、1978年創業で33年目?その時代の代官山、どんな気持ちでの船出だったんでしょうね。一軒家レストランの先駈けともいえますが、いまだ週末は常にウェディングが入っているためなかなか訪れることができず、今回やっとランチに訪問できました。重厚なエントランスドアを開けるといきなりダイニングなのね 笑 コート預かりなど、スペース的にもうワンクッションあればと思いますが、意外と狭いダイニングだからしょうがないかな?週末昼&場所柄か、客層はかなりカジュアル。家族で来ているかたもいるのが嬉しいですね。サービススタッフは若手&ベテランいりまじりで安定感はありますが、グラスが空でも気がつかなかったり、目の届かない点も。G.ChampagneはChartogne-Tailletという新しく珍しいメゾン。最近RMがんばってどこでも出してますね~、PN主体なのですが、重厚感というより、温かく落ち着いた造りでした。G.赤は730 nuits(Alain Paret)を。St.Josephは意外と好きなのですが、キレイ目シラーね♪肝心のお料理は結構volumeがあり。蝦夷鹿のカルパッチョから始まり、アンコウのムニエル、ラングスティーヌ、、、、きれいにまとまっております。ここの目玉はデザートワゴン!それぞれの完成度からいうと物足りなさも感じるのですが、やはり女性は嬉しいですよね。ランチでワゴンできるところって限られるようなので、、、。シェフは何代目なのか、この客層と空間を残してほしいですね。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »