« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/26

百年よりも千年

鶴屋
渋谷区南平台13-1B1
03-5489-8009

裏渋谷エリア、南平台。最近また再注目?インターホンでの入店ってなんかバブルっぽいですね 笑
そのはず、経営は渋谷一帯で数店舗展開するcento anniグループです。でもその中でも一番まっとうではないのでしょうか?オーセンティックとはいかないまでも、がんばっているバーです。チャージも500円、静かなエリアだから変なグループがこなければかなり居心地がよい空間かも。バックバーがライティングできれいです、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の百七十九)

A13crcr3005_01
モリ ラ・ベル ブラッスリー
渋谷区恵比寿南1-14-2 3F
03-5942-6299

あの坂道です!恵比寿駅西口出て左の坂道、、、、駅から見ても結構急こう配ですね。レストランビルの3階、にあります。カウンターが評判のカジュアルフレンチ。眺めイマイチですがテラスもあり、狭いビル内でもややゆったりめには見えます。停滞気味の外食産業がチカラを入れているレディースプラン!に便乗して、ワイン付きの女子会コースにしてみました。泡はPaul Cholley Brut Millesim。結構泡がしっかりで、私は好きですね~。目にもあざやかなアミューズ6種のあとは、とりわけつつもフォアグラソテーやエスカルゴグラタンの前菜。焼き白菜のスープに、メインは中勢以の熟成肉ステーキとはポイント高し!その後リゾットも付き(なぜか原了郭黒胡椒テイスト、、、これは?)で、チーズ盛り合わせも。内容十分でしょう♪赤のラングドックのLes Creisses(Philippe Chesnelong)2005。バランス感覚あふれた、スムースなワイン、ラングドックもいろいろありますねえ。
キッチンのダクト音が満席近くになっても気になったのは私だけかしら、、、サービスもカジュアルがご愛嬌というか、シェフのお人柄は実直でいて、料理にはフランスの風が。恵比寿という街でどのくらい大きくなれるか?が課題かしらん。


よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/21

びのびの!Tokyoいたりあん(119)

12443
ピッツエリア・トラットリア マッジ
渋谷区恵比寿4-23-9
03-6450-3461

日本にナポリピザを広めた功績は2店、「パルテノペ」と「ISOLA」。そのイゾラ(グラナダグループ)の創始者ともいってよい馬島さんがオーナーとなるお店をだしたそうで、、、これは独立ですよね?カジュアルな店内は赤いピザ釜が目立っております。トラットリアともいうので、pizza以外にもパスタやメインなど思ったよりメニューあり。でもでも、、ピッツアイオーロの馬島さんに焼いてほしかったのに、本人はホールや接客に一生懸命ではないですか!2番手さん?が焼いたpizzaは、、、、広告塔になる戦略なのか、常連さんにのみ自らが焼くのか?疑問ではあります。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の一七八)

150x150_square_7458846
ヴァリノール
杉並区荻窪4-32-7
03-6383-5148

元レヴェランスの2代目・相原シェフが独立してだしたのは、なぜに荻窪?しかも駅からちょい目立たない新築マンションの1階です。こじんまりした店内の席につくと、目線高め位置がダイニングと吹き抜けになっており、キッチンの様子が見て取れる構造。でも空調がイマイチのせいか、汗だくなシェフが見えております 笑 ビルオーナーが名付けた店名は架空の国名だそうで、、、オープン直後でランチはまだ実力発揮ではないのでしょうか、物足りなさもあり。もう少し落ち着いた時期に試してみたいと思います、、、オフィスが近くて飲めませんでしたが 笑G.ChampagneはEdmond Bourdeletを置いていました。ワインはなぜ?ってくらい高級モノもおいてあり、ビジネス接待利用を期待しているのかな。デゼールのバニラアイスがピカイチでした。グラスはノーブランドものです。このプライス(1500円)ならヴァレドマルヌに行ってしまいそうです 笑

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/18

秘密のアジト

X013820h_l
エレバージュ
港区西麻布4-2-13
03-6419-3889

えっと、ワインおたくの寄合所みたいな?ワインバーです。バーというほど色気もなく、なんか会議室みたいな、、、ライティングが明るいからでしょうか?壁越しにずらっとならぶ名品ばかり。場所柄かなーりマニアックな方々の集まるお店のようで、、、、いただいたのはカロンセギュール1970。40年の時を超えても、チャーミングでつややかな明るさが♪このラベルに魅かれ、好きになった時期が懐かしいなあ。。。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/13

雰囲気重視派ですが、何か?

2034
シャンパンバーRM
渋谷区道玄坂1-13-1
03-6416-3373

渋谷にバーって、、、落ち着いたレストランと同じくないなあ。しかもこちらは井の頭線改札至近のワイン居酒屋VINの姉妹店。焼鳥屋の煙をかきわけ、ほんと近所にある雑居ビルの2階(また入口までの階段段差が急で、、、)超目立たない場所です。女性がカウンターにいるせいか、男性客が多いのだとか。2件目に渋谷でここお?って感じですが、一応シャンパンバーですのでRobert Moncuit extra brut(Menil-sur-oger)をいただいてみました。Blanc de Blancですが酸も控えめでどっしり落ち着いてる。シャンパンバーなのにグラスは1種類しかなくて(アンリ・ジロー)これまた寂しい、、、まっ、シャンパンってやっぱり大変なんですねえ、維持に。可もなく不可もなくの店内。サービスが充実すればよろしいかな?テーブルチャージは500円で、ミネラルウォーター付きってどうなんでしょ?

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/10

ばんばん!ふれんち(其の百七十七)

Watarusakestore_sp001
ヴァレ.ド マルヌ
杉並区上荻1-24-18 SKビルII 2F
03-3398-3399

環ハ近くのビル2階に小さな看板。1階には表示がないので、かなーり見過します。店名はVallee de laMarneが正しいのじゃないかなーと思いつつきや、細長い店内へ。シャンパーニ地方で修業したシャイなシェフお一人で切り盛りしているビストロです。当然G.Champagneがあると思いきや、、、コスト管理上置いておらず(泣)、スパークリング(KWV)でガマン。ランチは魚、肉ありますが、スープ付きの惣菜盛り合わせセットを。このトマト野菜スープが丁寧でしみわたる造りで、シェフの実力が感じられます。鴨&豚リエットとバケットが付き、お惣菜はパテドカンパーニュ、ガランティーヌ、レンズ豆煮、ラペ、ピクルス等9種類ほどのコールドミール盛り合わせなので食べ応え十分。順番としては暖かいスープを後に食べたい気もしましたが、、、、
テーブルと椅子はかなり居心地のイタイごつごつwoodyですので長居は辛いかな?せっかく小さいながらもオープンテラスがあるので窓際席があればいいのに~い。ワインもシャンパーニュリストももうひとひねり欲しいところ、、、客層は元気な荻窪マダムが多いですね。レストランabesse(フレンチ)にも近隣ですので、荻窪フレンチ戦争盛り上がってますね!!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/04/09

ばんばん!ふれんち(其の百七十六)

M0013018559_2_s4
サリュー
渋谷区広尾1-4-10
03-5791-2938

オープンして9年。そうですかあ、まだ10年たってないんだ。オープン当初、ワインスクールのお友達と1-2回きたきりで。あの頃なんでこんな駅から離れた場所?って感じで寂しい明治通り沿いでしたが、この通りもぽつぽつ増えましたもんねえー。カジュアルな雰囲気の店内と安心感あるお料理はあいかわらず、気取らずおいしくいただけます。久しぶりなのでお味の再確認をしてきました!G.ChampagneはたしかChartogne Taillet?失念、泡が少しおだやかなタイプ。オマールとリゾットのガレットはオマールからのジュを感じるソースとともに。ワインはなぜかミネルヴァのDomaine Ligneres lathenayというものを。しっかりグルナッシュかと思いきや、ボルドースタイルのエレガントさが!久しぶりの南仏でよいのに出会いました。白金豚の盛り合わせはソーセージやら、いろいろスタイルをボリューム満点に。うん、バゲットがもっとおいしければさらに高得点ですが 笑 ワインススムよね。グループでわいわい、が似合う店。もちろん楽しめる2人デートにも!個人的にはこのレベルのフレンチが、もっと数多く出現していいよねと思う。最近カジュアルすぎるのも多いので、、、ビストロとお上品レストランの中間ゾーンがよろしいかと。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/07

ばんばん!ふれんち(其の百七十五)

Chn12_rpt6338_0615tokio_wine
レ・ランデヴー・ド・トキオ
港区西麻布3-13-20 B1
03-5410-8110

狭い店内にビストロらしい硬い椅子、、って近頃流行っている図式ですか?パトリスジュリアンさん(懐かし!)で働いていたと聞きナルホドー。狙うビストロチックは理解できました。常連さんが多いらしく、そんなお店っていまいち、新参者は居心地悪かったりするのですが、ここの店の目玉はワインでもなく、料理でもなく、?ソムリエールの女性。キャラがあっかるーい太陽のようで、結構そのノリにハマる方は楽しめるタイプなのでしょうね~。AZとフランスワインをメインにしているせいか、お料理も多少、AZっぽいモダンさも。前菜はヤリイカのファルシをスパークとともに。その後のタスマニアのピノグリ(Josef Chromy)はすっきりとした甘さがくどくなくて○。メインの鶉のソテーも食べ応えあり、オレゴンのPN(Bindi Block 5)を合わせてみました~、フランスのピノみたいに、インビな感触がなくて健康的~(ガックリ?)。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/05

ばんばん!ふれんち(其の百七十四)

P012778412_238
シェ・オリビエ
千代田区九段南4-1-10
03-6268-9933

フレンチタウン・市ヶ谷~、でも街としては地味めでしょ~♪オープンして一年ほどたつのに、いまいちぱっとした噂を聞かないこちらの店。シェフはコルドンブルー出身の由緒正しき方なのに、、、やはり華がないのかな?いや、実際プライスもこのエリアにしては高めなので微妙なポジションかと。マンション一階のガラス張り店内はモダンシックな雰囲気。まじめそうなマダム?サービスにより、G.ChampagneはローランペリエNVを。ビストロに多いのだけど、ほんと小さめグラスなんだよねえ~(きっと70ccくらいしか入らないのではないでしょか、、、)で、シェフお勧めコースを。フォアグラのソテーや帆立&オマールのパイ包み焼きなど、調理法はクラシックでもプレゼンはモダンなお皿の数々、、、なので、素直にChamboll-Mugigny (Gilbert&Christine Febettig)'07って造り手を。割と新しいDomaineらしいですが、あとからじわじわ力量を示しておりました。思ったよりこってりでない料理なので合うのかな?メインのエゾ鹿もぎりぎりの火入れでよい肉質。スペシャリテのショコラドームもあっさりモダン。シャイなシェフ、震災後の予約なしな日々を嘆いておりました、、、ランチでもすこし、価格帯下げれば来るかもしれませんね、、、、テーブルセッティングもカジュアルだし、ビストロ風にしてもよいのでは???

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »