« ばんばん!ふれんち(其の百八十) | トップページ | びのびの!Tokyoいたりあん(121) »

2011/05/30

びのびの!Tokyoいたりあん(120)

150x150_square_7898427
アッカ
渋谷区広尾5-19-7
03-5420-3891

記憶の中で、其の当時のまま残しておいておきたいものってありますよね?初恋の人とか、かつて通った母校とか、、、変に上書きupdateしたくない、懐かく切ない気持ち。確か絶頂期の10年ほど前に訪問して以来?久しぶりのアッカは、その現実と向かって少し、うーん?と違和感があったのは、成長という名のもとに現在と過去の私に変化があったものとみなせばよいのでしょうか。

改装した現在エントランスが奥まっていてわかりずらくなりました。席数はあいかわず少なめですが、今のほうがよりwoody温かみを感じる自然派主義な店内。イタリアンなのにグラスでスプマンテでなくChampagneのみ出しているのは珍しいところ。パンは自家製、前菜はパンサラダ、スープはグリーンアスパラ、パスタは子海老トマトソース、メインはエボ鯛グリル、ドルチェはティラミス、、、。シンプルすぎて、うーん、なんかこんな料理だったんだ?と回想。

イマイチだった点:
①トイレドアの立てつけが悪い(きっちり閉まりにくい・・改善すべしですよね)
②だいぶ先に来ていた先客と料理を合わせるようにお皿出しをされたので、
席につくなりすぐ料理がでてきた(予約時間が重なっていたせいなんでしょうか)
③バック荷物置きスペースなし(リクエストして予備椅子を使わせてくれました)

サービスもやぼったくなったかな?
私はかつてのほうが、なんか研ぎ澄まされた林シェフの感覚を感じましたね。人間は年月でだんだん余計なもんが取り払われ、素になるんでしょうけど、その余計なものが恋しく、ランチで評価するのは難しいのかも、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

|

« ばんばん!ふれんち(其の百八十) | トップページ | びのびの!Tokyoいたりあん(121) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びのびの!Tokyoいたりあん(120):

« ばんばん!ふれんち(其の百八十) | トップページ | びのびの!Tokyoいたりあん(121) »