« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011/06/27

びのびの!Tokyoいたりあん(122)

150x150_square_6611968
HATAKE
港区南青山5-7-2 B1
03-3498-0730

神宮前「レストランI」の神保シェフが独立となってメディア露出度は高いので、飲み好き女子会の場所として最適かとこちらをセレクト♪地下ですがとっても開放的な店内、weddingにも人気店というのもよくわかります。案の定先着女子グループ(10名前後?)がいたのですが、一杯+一品でお開きになっていたのですが、、、なんかのイベントだったのかしらん?まずはMontebelloで乾杯♪野菜がウリなので、まずはプレゼンも素晴らしい人気のバーニャカウダ!一人ひとつ、ソースポッドが供されますのでこれだけで結構お腹ふくれてきます、、、ワインリストは数少ないですが焼酎もあったり、日本ワインに力をいれていたり、日本の食材を生かす意味もあるようですね。パスタ(豆のぺペロンチーノ、野菜トマトソース)も乾麺や手打ち麺ありvolumeもたっぷり!・・はっきり言って印象に残るお味ではないのですが。メインまでいったらかなり満腹で、dolceは別腹になりませんでした、、、サービスは行きとどかない部分もありますが、若いスタッフがきびきび動いております。女性だけでなく男性グループもこのようなところで、爽やかにワインしていただきたいですね♪

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の一八三)

150x150_square_3339786
ビストラン エレネスク
港区麻布十番3-3-9 2F
03-6459-4629

イケてるパン屋さん・ポワンタージュの隣のビルの2階。ブルゴーニュワインラバーの店、ですが料理もかなりイケてます。シンプルでさっぱりとした店内は既存ビストロのイメージではないから、まさしくビストラン!?気取らないけどエレガントなので好みですね~。G.ChampagneはNicolas Maillart。前ミシェル・マイヤールですが,
2000年から息子ニコラに代替わりしたので改名しているとか、、、元々好きなメゾンだけれど、エレガントで重すぎないスタイル。アミューズにでる一口前菜がミニ揚げ餃子みたいでかわいい♪暑い時期にぴったりだった赤穂牡蠣+ウニ+ホタテ+鴨ジュレはいろんなテイストが調和して、ブルゴーニュ赤にも合いました(Givrey-Chambertin VV 97(Geantet-Pansiot)。シャラン鴨のローストとともに。サービスはオーダーが混みあうとちょっと待たされること多いですが、ソムリエのキャラ&お話がこの空間をつくっているのかな。気軽にいきたいお店のひとつです。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/12

びあっじょ日記29~仙石原・オーベルジュ蓮~

Guide3_14
伊豆・箱根近辺のオーベルジュ、最近もまた増えてきているようですね。料理と宿がメインテーマとなると、必ず両者のアンバランス感があって総合評価が落ちてしまう場合が多いのですが、、、今回のRenの場合、満足度がかなり高いです!部屋数11というのもちょうどよろしいです。オーナーがフランス好きとのことで、インテリアもそこここにミシュラングッズなどフランステイストが。ガラス張りのラウンジは新緑が青々と美しい♪部屋露天風呂(温泉ではないのですが)付きのツインルームはベッドルームが独立しており、リラックスするのにちょうどいいかと。液晶TVも2台あり、DVDもセンスのいいセレクション。マッサージチェアは邪魔でしたが、、、ダイニングは2階にあります。ボリュームもあるしっかりフレンチで、まさにオーベルジュ仕様。ワインのプライスも温泉地にはありえないほど良心的!たまにシャンパンハーフで1万円なんてのを見る時もありますからね、、。特に自家製パンがかなりモチモチと好みで、別途お土産リクエストもしてしまいました。朝食でさえプリフィクスメニューで、最初のドリンクはワインがチョイスにあります 笑 サービス陣も都会的でそつなく、そしてさりげない気配りがあり、料理とワイン好きなら訪れるべき!久しぶりに再訪したい宿を発見しました~。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の百八十二)

Tp_m
Dans le Champ
東大和市立野1-923-1
042-563-9999

立川駅からモノレールに乗って上北台駅に降りてここに来る、、、って人、あんまりいないはずでしょ?車でなければいけない郊外、住宅街。この地に生まれ育ったシェフが造ったお店ですもの、このエリアでは客層も限られるはずですよね。ソムリエールはマダムではないらしいですが、よき経歴をお持ちで独自のワインリストに仕上がっております。まずは珍しいEric Tailletで乾杯。新しいメゾンなんですね、ピノムニエ100%ですが、スムーズな印象。赤はCatherine et Claude Marechalというビオ生産者のsavignyを。優しくって澄んでいて、スイスイ入っちゃうんですね、これが 笑
小嶋シェフのお料理は繊細ですが、ちょっとピリっとした物足りなさもあり?プレゼンはがんばっているのですが、メインの仔羊もクオリティもイマイチ。デゼールにも力を入れてほしいところ、、土曜日夜なのに我々以外に1組のみ、ではランチ集客に力をいれるしかないのかしらん?コースのプライスもお手軽なので、あまり気合をいれず、気軽ランチがfitするかしら。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/09

ばんばん!ふれんち(其の百八十一)

150x150_square_3498839
Chez Tomo
中央区銀座1-7-7 POLAビル11/12F
03-5524-8868

銀座の老舗となったポーラビル。建て替えで最上階に白金からシェ・トモが入って2年。港区からの移住組(アロマフレスカ等)、銀座という土地柄、以前の店構えとはかけ離れてゴージャスにしておりますが、こちらは完全勝ち組ではないでしょうか!?まずは銀座にしてはマダムの心をつかむ価格設定、11階&12階趣向の異なるツーフロア&暗くてゴージャス空間、サービスそつなく、見た目にも麗しい野菜30種プレート。。。そこに市川シェフのセンス、モダンでありながらも古典的手法も垣間見れました。11階のレセプション待合が狭いのがちょっと気になるところ。ワインリストは価格帯別に、5,6、8千円などがありチョイスしやすい。G.ChampagneはAyalaで乾杯♪スペシャリテとなってウニの貴婦人風は、ウニの殻で供されるはずですが今回はガラスの器にて。小食な女性では結構お腹いっぱいになってしまう5780円コースではないでしょうか。前菜のトリップ煮込みカーン風はモツ煮込み風でもうすこしパンチが欲しかった、、、野菜30種は女性誰しも喜ぶ芸術皿。メインのウズラロースト トリュフソースの香りが弱かったのが残念。選んだMercurey 1er Cru(D.Michel Picard)もほどほどbodyがしっかりで満足感ありました。ランチなどはさらに女性に人気なんでしょうね!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/02

びのびの!Tokyoいたりあん(121)

150x150_square_6299461
オステリア オリエラ
新宿区新宿3-7-5 2F
03-5379-1609

新宿3丁目駅末広亭界隈。結構ワインバー乱立地帯ですね!なんたって立ち飲みmargoの2階にありますこのイタリアン。そう、オーナーがいかにもイタリアワイン好きの顔をしてます!イタリアワインバーって、フランスモノよりオタクが多いはず、、って持論です 笑 カウンターもあるスペースですが入りやすい空間。料理もいろいろ、ホワイトアスパラがまだあるう~♪と思ったらビアンコマンジャーレ風ムースでしたし、、、ボリュームはこのエリアとしては控えめオトナ向き、ですがセンスよく割といけてます。仔牛の白ワイン煮込みとか、イタリア度高いもののクオリティも良し、です。グラスワインは泡がFrancacorta Monte Rossa Brut,白赤とも5種類の中からいろいろ選べました。オタクっぽいソムリエ説明をきき、ヴェルメンティーノとドルチェットダルバを。飲める人と悟られたようで、dolce時には「食後酒いかがでしょうか」とグラッパを薦められ 笑 Berta Nero d'Avolaを。ベルタでも珍しいシリーズみたいですね、、、確かにボトルが初めてみるもので。熟成は若いけどズコットに合わせていただきました♪

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »