« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/27

日仏混合

150x150_square_8041327
つるやvino
新宿区荒木町7-3
03-5368-0307

フランス人オーナー・セルジュおじさんの店。実直(そう?)なシェフの料理もがんばっております。荒木町界隈ってなんか、ごちゃっとしているんだけど品がある、神楽坂のミニ版みたいな感じね。とにかく店の数が多いけど、このお店は結構広いです。場所柄よい客層をつかんでいるそうですが、セルジュおじさんによると「波があってねえ~」って流暢な日本語で。フランス人なのにフランス嫌いなんだそうです。料理は実直そうなシェフが一人奮闘しており、パテのパイ包み、はてはトマト海老パスタまで!出しております。ワインは独自セレクトの自然派が主流。フランス国にこだわらずに適正価格で置いているのは立派です!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/25

丑の日よりもアゲアゲで

E540700pm2_a
天ぷら阿部
中央区銀座4-3-7 B1
03-6228-6077

数寄屋橋から4丁目に向かう天賞堂近くの地下。土用の丑の日近いので隣の登亭は大行列、、、こちらも地下ですが負けておりませんね!リーズナブルに銀座でカウンター天ぷら。食材に高級感はありませんが、ご主人の腕は確かですね。ワインは唯一ハーフであったシャブリ(ウィリアムフェーブル)を。才巻からはじまり、稚鮎、レンコン、、、、締めは私、今日は天茶をやめて天丼(小柱かきあげ)を。てんぷらもおすしと同じで回転速いですよねえ、、カウンターもくるくる変わるようで。気のいい奥様と、地下で会計を済ましたときにいたご主人が、エレベーターで地上に出るやいなや、「ありがとうございましたっ!」と名刺攻撃のため地上に先回りしていたのがびっくり、、、、これが一番印象的だったかな 笑

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoいたりあん(124)

150x150_square_3706140
アンティーカ ヴィネリア ジュリアーノ
港区白金5-17-10 B1
03-5449-6777

バールであり、イタリアの食堂のような。でも場所柄か、結構オサレだったり外人多かったり、客層は安定。オープンからだいぶたっているのに、あいかわらずの盛況ぶり。ボトルはSilene(Damiano Ciolli)2006ってのを。さわやかでハーブっぽいニュアンスが夏向き?黒板メニューからがそそる、いかの墨わたまりね、キタッラのプッタネスカ。うーん、本場イタリアよりも盛りは少ないでしゅが(笑)この店は雰囲気勝ちでしょ!ディジェスティボもたくさんあって嬉しいの、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/18

ぽるぽる 久しぶりの映画論

0500002000096i

フレンチビストロで飲んだポルトガルスパークリング Borlido。正しくはエスプマンテというらしいですね。スペインのカバよりさらに軽快、、そもそもポルトガルって、スペインに行ったけど行きそびれた国でして、よく理解しておりませぬ。。最近ポルトガルの巨匠、マノエル・ディ・オリヴィエラ監督のポルトガル映画「ブロンド少女は過激に美しく」(しかし、、、なんちゅータイトル 笑)を観まして。スペインよりもさらーにもーっと暗くしたのがポルトガルって印象でしたが、、、このストーリーも深いですね。いや、短編だしさらっと観てしまうとなんじゃそりゃ!?なアホっぽいストーリーなんですが、、、原題はsingularite。特異性という意味かしら?
その翌週、シャンパンバーでボランジェを飲んで007が観たくなり、それに出ていたダニエル・グレイグの作品をレンタル♪007キャスティング前の作品「パッション」はかなーり英国くさいストーリーで楽しかった。グレイグさんは鍛える前だからマッチョでないし、信じられない過激シーンもあり。シャンパン飲むシーンがなかったのが残念だわね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/11

ばんばん!ふれんち(其の一八四)

320x320_rect_6850195
エサンス
三鷹市下連雀2-12-29
0422-26-9164

三鷹の良心・シンプリーフレンチが2店舗経営になり、その上流バージョン「エサンス」にやっと訪問してみました。美術館お隣の一軒家2階という理想的なロケーション。ウッディなインテリアとステンドグラスにほっとなごみます。ただ料理は以前までの驚きがなく、、、、なんというか、安易にいっているような。フランス度がすこうし、低くなってしまったように感じました。エピスを聞かせることもやめてしまったのかな?

白いんげん豆冷製スープ
天使の海老グリル
イサキのソテー レモンクリームソース
岩中豚のロースト
四種のクリームブリュレ

G.Champagne はHenriot、ワインは良心的な値付けですがバラエティに乏しいので、Alsace Riesling (Rebanam)
のハーフを頼んでみました。暑い夏にはさっぱりして、いいですよね。。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夏の夜に

G729103ps2
GOSS
中央区銀座3-4-6
03-3562-8025

梅雨明けと同時に照りつける太陽。日は長く、夜遊びな季節になってきました♪銀座でも浴衣着用だとシャンパンサービスがうけられるようなイベントが増えてきましたが、、、なかなかさくっと飲めるところがなかったのです。MASQなどを展開するグループ会社が経営、ボランジェアンバサダー認定のこちらは17-19時のハッピーアワーで、本日のグラスシャンパン(5種類ほど?)が1000円!のスタンディングバー。6席ほどですがカウンター席もあり。通常はプリペイドカードを購入して、好きなワインを好きな量だけ飲めるスタイルのバーです。シャンパンはこの手続きは必要ないので便利かも!ボランジェNVとLe Brun Servenay BBを。でも1000円らしく、グラスが小さいのよね~ 泣 気軽に飲めるけど量はなしかな。タスマニア産キャッツアイ、牡蠣はこのサイズが食べやすくて私は好きです。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/04

びのびの!Tokyoいたりあん(123)

5_a
しゅうご
新宿区筑土八幡5-12
03-5228-1801

レストランというよりダイニングワインバーが正しいのでは?カウンター中心で、中はそれほど広くないですね。空いていなかったので入口近くのテーブル席でしたが、ソムリエさんが忙しく横をすり抜けるためちょっとバタバタ、落ち着かない★イタリアワイン専門店っていうからもっとこだわり系かと思いきや、シェフもソムリエも結構フツーの体育会系?で拍子抜け。グラスも白が2種類のみ空いていたので、by the glassでなくボトルにしました。料理はポーション多めのワインに合う濃い目テイスト。ヒグマの煮込み?でも獣っぽくていいですね♪蝦夷鹿はよく知っているけど蝦夷豚ってブランドもあるのかしらん?骨付きバラロースト。
デザートワインで頼んだLa Rosa Passito Cavalchinaが、華やかな香りで癒されました。
期待が大きかっただけに肩透かし。ビミョーなワインバーです。

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »