« びのびの!Tokyoいたりあん(122) | トップページ | 真夏の夜に »

2011/07/04

びのびの!Tokyoいたりあん(123)

5_a
しゅうご
新宿区筑土八幡5-12
03-5228-1801

レストランというよりダイニングワインバーが正しいのでは?カウンター中心で、中はそれほど広くないですね。空いていなかったので入口近くのテーブル席でしたが、ソムリエさんが忙しく横をすり抜けるためちょっとバタバタ、落ち着かない★イタリアワイン専門店っていうからもっとこだわり系かと思いきや、シェフもソムリエも結構フツーの体育会系?で拍子抜け。グラスも白が2種類のみ空いていたので、by the glassでなくボトルにしました。料理はポーション多めのワインに合う濃い目テイスト。ヒグマの煮込み?でも獣っぽくていいですね♪蝦夷鹿はよく知っているけど蝦夷豚ってブランドもあるのかしらん?骨付きバラロースト。
デザートワインで頼んだLa Rosa Passito Cavalchinaが、華やかな香りで癒されました。
期待が大きかっただけに肩透かし。ビミョーなワインバーです。

よければポチしてね↓
Banner_02_4


|

« びのびの!Tokyoいたりあん(122) | トップページ | 真夏の夜に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びのびの!Tokyoいたりあん(123):

« びのびの!Tokyoいたりあん(122) | トップページ | 真夏の夜に »