« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011/12/28

カウンターで

412517122041821_01
deco
渋谷区神南1-17-2
03-6416-1151

ライブがはねた帰り。街はクリスマスムード一色ではありますが、なんか一杯したくて一人、こじんまりとしたカジュアルバーのこちらを訪問。案の定いつもとは異なる雰囲気なのか?グループ客が3組ほどワイワイと賑っております。カウンターに席を通されたけどソムリエールはてんてこ舞いで放置プレイ。しかたなく対面キッチンで調理しているスーシェフ?にオーダーを。頼んだ飲ん"deco"セットはグラス1杯+おつまみ2種(サーモン&パテドカンパーニュ)で1600円の内容で、ちょい飲みにいいかもね。グラスのセレクションはできず、この日はChamballe Musigny (D.Castanier)2008。ブルが飲みたかったので良かった~♪優しい癒し系の味わい。ですがワインリストが若干貧弱かな。キッチンの内側では厳しそうな?シェフがてきぱきと指示、料理作成手順をじっくり眺めていました。お料理は丁寧で繊細なレストランレベルなのでワインバーとしてモッタイナイような気もします。ソムリエールの人柄も、接客業はこうあるべき!のような癒し系キャラクターなので、また静かな時期に再訪したいです。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の二百)

150x150_square_2588899
ヌガ
中央区銀座6-12-2
03-6254-5105

シノワ好きなのに、銀座シノワにはここ数年行っておらず、ヌガばかり。使い勝手がいいのですよね~♪アコーディオン演奏とかライブもあったり、ビストロ本流を打ち出しているのがエライ。G.Champagneはこの日リシャールシュルランNV、、、これもよく見るRMになってきました。しっかりPN主体で私好み。ここの料理ははずれはないのですが、好きなもの選ぶと砂肝フライ、レンズ豆サラダ、スープドポワソン、テトドフロマージュ、カスレとみんな茶系ばかり頼むことに、、、笑 カスレはやっぱり、パッションさんなど力を入れてるとこに比べてダメですけどね、、、マメの柔らかさとか。ローストやシンプル調理を選べばよかったかも。満席だとサービスが足りない場面もありですが、総じて合格点。どんなシーンでも使えるビストロです。

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の百九十九)

Tc3_search_naver_jp
ラ・シャッス
港区六本木3-5-7
03-3505-6144

ジビエって、、、フレンチ好きには当たり前な季節もの。ですが、やっぱり一般化されていないのでしょうね、「クサくてやだ」「肉じゃない」みたいな意見もよく聞きます、、、、でもでも、調理法で異なるのですよねえ。本来獣肉はクサイもの。それを楽しむには、経験値を上げていくしかないのです、、ジビエの聖地ともいわれるこちらのお店。一軒家、といいますが正式にはマンションの1階なのですね。石造りでワイン蔵な雰囲気がなんとも怪しげ。前回訪問からだいぶ時間がたっておりますが、女性サービスのかたが代わられてだいぶ向上しました。たしか以前はワインがボトルしか用意なかったような気が、、、現在白赤各3種類ずつから選べます。ちょっと気の抜けたローランペリエNVで乾杯後、白Macon赤Rhone&Madiranといただきました、、、BIO好きなのね。

実はジビエ以外もおいしい、しっかりした実力を感じさせるシェフのお料理ですが、やはり冬12月に来たならばジビエ尽くしで、、、、イノシシのブータンテリーヌは濃厚さもありながらも全くくさみなし。豚よりも野性味がありますね、やはり 笑 キジの椎茸のせクレピネット包み、、、ジビエもローストでないとなかなか本来のテイストがわからなくなっちゃいますが、肉質しっかり&ジューシーで、食べ応えあり!蝦夷鹿と仔クマの赤ワイン煮、、、クマって初めて食しますが、赤ワインしっかり系でどっぷりとした調理ながらも、量もほどほどでさらっといただけちゃいます。男性マニア客が多いし、まちがってもクリスマスデートに若いカップルで行かないでほしい、、、けど、そんな聖地に私は毎月でも訪れたいです 笑

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/23

今年大注目

Book2
Bar radio
港区南青山3-10-34
03-3402-2668

尾崎さん。ステキなバーテンダーですよね。茶道をたしなんでいらっしゃる感性が、彼のカクテルには反映されています。かつて1stでいただいたとき、、、尾崎さんはいませんでした。2ndでも、、、遭遇することはまれで。今はかつて3rdのお店が本店?としてらっしゃいます。ディオニソスというカクテルをオーダー。弟子たち3-4名?!がさらっと作成。その間尾崎さんは氷をしゃくしゃく、丸くしている、、、ああーっほんとは尾崎さんに作ってほしいのになあーそんなこと言えない?のがバーでのマナーでしょうか。圧倒的な存在感のご本人、一緒に飲んでみたいな、カウンターのあちらでなく、隣で 笑
よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/22

ばんばん!ふれんち(其の百九十八)

Img10575543028
ドゥロワンヌ
渋谷区恵比寿南2-3-14
03-5773-1333

オープン直後に初訪問して以来、、、混沌とした恵比寿タウンに早や数年?よくぞもってくれました。井上シェフの目はここ恵比寿まで及んでいるのか?定かではありませんが、、ごちゃっとした恵比寿タウンでちょっと異彩を放つコンツエビルの1階。エントランスに段差がありますが、基本ワンフロアののっぺりとしたダイニング。真ん中にアート系活け花などあれば雰囲気違うんでしょうけどね。正統派クラシックフレンチの路線ですから、はずれはないけど新しい驚きもなく。ベテラン風情のソムリエが奮闘しております。。。G.ChampagneはPetrois morises NV.最近よくみかけますね。さらっとくせがないからかな?ブータンテリーヌはややさっぱりめですがナッツが効いている一品。ホタテのポワレにぎんなんが入っていたのが面白い。ウズラのパイ包み焼きはフレンチの王道?でもソースは重くなく、さっぱり。デゼールワゴンをやっているお店も少なくなりましたが、ここは充実、、、フルーツものが少ないけどね。総じてサービスの目が足りない気もしますが、お店も5-6組入りまずまず。恵比寿フレンチはライバル店が多いけれど、正統派路線がどこまでキープできるか?今後も注目です。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/19

恒例の年忘れ会

12月といえば家族の忘年会。シェフの私がフルコース作成というパターンがお決まりに、、、自作自演ですが楽しくやっております。今年のテーマは原点回帰・オーガニック♪というか、濃い味に偏らず健康的なメニューにしてみました、、、

フィンガーブリニ各種(リエット、サーモン、カニ、モッツアレラ)
ピアディーニ(エミリア地方のパン)+生ハム
スープピストゥ(自然栽培野菜のスープ)
ひよこ豆とキヌアのサラダ
鹿児島天然ホタテとヤリイカ、タコのビネガーサラダ
茄子と自家製トマトソースグラタン
自然栽培野菜のエチュベ 生ハム添え(カブ、ごぼう、ニンジン、黒大根、レンコン、里芋etc,,,)
駿河湾産赤座海老のグリル 
関鯛のアクアパッツア 
若鶏のクリーム煮 パートフィロー包み

デザート:
和三盆プリン 苺ソース
レモンデリツア(ナポリ伝統菓子)
干菓子(京都)

珈琲:西国分寺 クルミドコーヒー
紅茶:マリアージュフレール ダージリンフラッシュ
抹茶:宇治 小山園「雲閣」
ほうじ茶:加賀棒茶

シャンパーニュ:Joseph Perrier NV
赤:Chamball Musigny clos de lea 1996

関アジ、関サバは聞くけど関鯛って初めて食しました。確かに~身がしっかり。これがプレゼンもハデで皆さんの受けがよかったかな!?ほんとアツアパッツアは簡単で見栄えよくていいですよねえ。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/16

ばんばん!ふれんち(其の一九七)

150x150_316967
レ・アール
品川区西五反田8-1-13
03-5437-1271

ゆうぽうとに所用があって昼時五反田に。事前チェックでここでランチをしました。普段来ることのないエリアの五反田、やはりレストラン数は少ないのですよねえ。それでも駅近だし、オフィスは沢山ある街なので早くいかにゃ~満席かな?と思いきや12時過ぎなのに客はゼロ。シーンとしたダイニング、クロスなしテーブルに一抹の不安が、、、。ランチは1800円で前菜+主菜+コーヒー。グラスワインがアルゼンチンと南フランス、どちらもシャルドネのみで前者をセレクト。最近フレンチでもフランス以外のワインを置くところ多くなりましたよね~、プライス的に仕方ないのかな!?魚介のマリネサラダはわりとふつー。メインの大山鶏ローストもハーブは効いているけど、、、これで1800円はやっぱり割高。街場平均としては1200円くらいで勝負してほしいなあ~。方向性はクラシックフレンチ寄りなんでしょうけど、実直でマジメすぎる印象があって。ランチとはいえもう一段上を目指してほしいですね。

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoいたりあん(131)

Disp_44990
トスカネリア
渋谷区恵比寿南1-17-6
03-6452-2960

夜訪問は初めてです。狭いテーブル間が気になる空間にぎっちりオトナなお客さんが。イタリア料理でも特化しているせいか、来る人も限定されてしまうのかなあ、、、前菜からトリップ&ランプレドット煮込みを。くさみは全くなくて、濃い味つけでもないのでやわらかくいただけちゃいます。季節の白トリュフかけピーチ、ここのは讃岐うどんのように長くて!?ソースとの絡みもイマイチかも、、、メインのエゾ鹿はベリーソースで。合わせたのは多少エレガントを感じるCIMA。フルボディでもないながらもしっかりした体型なので、鹿さんにも合いました♪多少女性らしさのある面白キャラのソムリエ?とともに繁盛しているのですね。もう少し広い店内ならよりくつろげるのになあ、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »