« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012/01/30

びのびの!Tokyoいたりあん(132)

Gar7000v
リストランテ クロディーノ
中央区銀座3-4-17 6F
03-5579-9815

いわゆる高級レストランの相次ぐ閉店がここにきて続いているのは寂しいことです。銀座で一時代を気付いた「エノテカ・ピンキオーリ」は、ビル内にありながらも圧倒的な広さと、ドーム型ワインセラーに皆さんびっくり~な空間でした。そちらでソムリエをなさっていた黒田さんが開いたこの店。同じ銀座ってのがすごいですよね!これまたドーナツショップが入っている小さなビルの上、わりと狭苦しいダイニングですが落ち着いた色調。週半ばというのに満席で、会社の接待等に利用されているのは以前のお客が引き継がれているようですね。スプマンテは3種類くらいから選べましたのでフェラーリロゼをセレクト。グラス赤白も3-4種から選べてリーズナブル、、これはエノピンのデギュスタシオンコースと比較はできませんが(笑)。5000円fixコースはエイヒレサラダ、アニョロッティのそら豆パスタ、仔牛ソテー、フロマージュブランと、やはり北よりのお料理が、、銀座ではあらっ!と新鮮な感覚もありますが、やはりきらりとした何かが足りないお料理かも。。ボリュームもほどほど、パスタがやはり一番かしら。サービスはテーブルの配置で死角コーナーができやすいのか?見落としがちな部分もあるので向上されるとよいな。

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/28

ばんばん!ふれんち(其の二百三)

_1_image_size_330_440_dn
レストラン マノワ
渋谷区広尾1-10-6
03-3446-8288

オーグードジュールの中村支配人、、、、アニュを経て、また異動ですか!笑 新しいお店が好きな人なのかな~根っからのサービス人なんでしょうね。以前ここにあったジビエで有名なブラッスリーマノワのオーナーとは狩猟仲間なのだそうです。で、今度は剥製をとっぱらって改装し、こちら開業。テーブルは2席だから席数はすくないけど、カウンター席充実なので一人だったらこちらかな。こちらは15種類くらいのNVシャンパーニュがall 7000円!もちろんもっとお高いのもありますが2-3人ならこのリストからブテイユでオーダーが楽しいかも♪この日はPN主体のGuy Chibautで。ワインはグラスデギュスタシオン、お皿にあったものをお勧めしてくれます。その後白:Andlau Riesling 09(Marc kreydenweiss), 赤:Le Pinot Noir de Benoit Germain 07, S-L-B Premier Cru aux clous 09(Domaine d'Ardhuy)をセレクト。3種のamuse(甘海老、カニ、カリフラワー)が木製プレートで供されるころ、アントレ2種(ウシエビのポワレ、白子ソテー)にはRiesling を。真鯛のポワレ、オーストラリア産仔羊ローストには赤を2種。デゼールはモンブランで!チョイスが多くて、内容もCPもよろしいとなれば女子的に人気なのもわかりますわ~。気になったのはパンのサーブだけです。全粒粉(ライ麦?)と普通の丸パン2個出るのですが、おかわりはいつも普通バージョン、、、もちろんおいしいのですけれど、茶色いパンが好みなのでおかわりさせてほしかった~ 笑 アニュの料理とはまた異なる路線のシェフにも期待!

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/22

どうぞ、ごブジで

Thumbnail
映画「エル・ブリの秘密~世界一予約のとれないレストラン~」を銀座で観賞。グルメのみならず、食に関心がある人に観てほしい作品、、、とにかく料理人で変人?のフェラン・アドリアがばっちり出演、音楽もなく淡々と進むドキュメンタリー。確かにすごい、けど食べたくなるような、食欲をそそるような料理とは異次元の世界が演出されますの~ 笑 このレストランに世界の若き料理人が集まった話題性。現代料理を自らの感性で切り取り、表現していくことへの苦悩、、、、どれも前例がなきことゆえ、レストランがクローズしてしまった今それを確かめることができないのが残念です。料理って計算つくされすぎだと、疲れちゃう気がしませんか?人間と一緒で、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/19

有機的

Tennai
枉駕
東久留米市東本町14-11
042-474-8970

なにもない街、ですがこの店だけがめだつ東久留米、、、って、なんでこの店はつぶれないのかなというフシギ 笑 いや、貴重だからありつづけてほしいのですが、、、、店名はオーガニックから来ているらしい四川料理店。でもその辛さはぎんぎんでなく、穏やかで滋味深い。どれも素材を吟味し、派手さはなくとも味わいのある胡麻スープ、海老チリ、麻婆豆腐等、、、、油っぽくダイレクトな四川料理のイメージはふっとびます。優しさあふれるシェフのお人柄もいいかんじ♪最後のそば茶までさっぱりと、いつもよりゆっくり食べて満足~。なぜかお酒も1杯で済んでしまった私でした、、笑

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/18

よこしま よこはま

150x150_square_3738578
カンブーサ
横浜市神奈川区鶴屋町2-11-2
045-512-8882

横浜ってなんで、東京と距離がないのに、レストランの平均的レベルが低いんだろう、、、、
やっぱり中華街で中華が正しい道なのかしら!?うーん。これが現在横浜で予約がとれない店で有名すぎるとはちと疑問が残った夜でしたよ。

場所は西口のちょっと怪しいエリア。暗がりに照明暗い店内だからよけいぼわーっと怪しい感じ、、、、2階が個室なのか?新年会など開かれている模様でしたが、ダイニングは3-4テーブル。ヒゲのお兄さんが独りでサーブしており、若干時間かかりますが、よくゆきとどいていました。ディナーはメイン付きの6000円もありましたが、前振りで中華街で少し食べていたので 笑 前菜・パスタORピザ・DOLCEの4500円コースをオーダー。スプマンテ後は選んでいただいたLanghe(Cascina Chicco)とChanti Classico(Casa Frassi)を、それぞれニューボトル?から。前菜テリーヌはいいとして、Pizzaのレベルはイマイチ、、、より一層高みを目指してほしいです。カラスミパスタもシェアしてくれましたが、量も若干お上品めだしね。一番よかったのはDolceの代わりにチーズ盛り合わせを選べることかな!?6種類の伊太利チーズを選べるってのは辛党お酒飲みには嬉しいです♪CPはイマイチのコースでした。。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/11

ばんばん!ふれんち(其の二百二)

9
VIRON 渋谷
渋谷区宇田川町33-8
03-5458-1770

新年おめでとうございます~今年も食べ飲みしましょうねっ♪
元日はドンペリキュヴェ2000で迎え、銀座「うち山」と徳島「青柳」のおせちを食べ比べしました。やはりうち山さんは甘めの味付けかも。。ふうーん。
で、おせちも飽きたのでフェルメール展@渋谷を観た後、VIRONへGO! 年中無休とはいえ、元旦~4,5日あたりは短縮営業&食材もかなり限定されます。それでも年始からパンを買い求める人がムンムン。タイミング的ににガレットデロアも食べたかったのですが、、、2階カフェでパテドカンパーニュ&バケットレトロドール&赤ワイン(サンテミリオン)♪やっぱり私は甘めよりも辛目好き、、、、、笑 こちらのサービススタッフの気配りは秀逸、よくオペレーションされていますよねえ。ランチやディナーは未だ体験できておらずなので次回こそは、、、渋谷で貴重なパンビストロ。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の二百一)

320x320_rect_6268335
グラース キハチロウハチスカ
港区南青山2-13-7
03-6440-0400

こじんまりした空間だからこそ似合う、明るいランチ向けダイニング。自然栽培野菜を扱うシェフのこだわり、細やかなサービスのソムリエールがなんとも優しい雰囲気を作り上げています。Patrice MarcというBIOシャンパーニュで乾杯。その後はロワール白、新井順子さん赤、日本のFermin(CF)といういずれも奥行のある味わい。ブロッコリーのすり流しは甘く、自然野菜のミジョテ(築地御厨から)は、数種の野菜をひとつずつ別々にポシェした丁寧なつくり。でも、これも結構最近目にするものだったりしますが、、、こちらは野菜だけでなく主菜もすばらしく、、、鴨ローストを味わい深くいただきました。名物といわれるカヌレは特に目新しい感動はなかったのですが 笑 うん、ここは今、現代のフレンチのひとつの方向性を見せている料理だと思います。ちまちましているだけのお皿でない、意志を感じる料理。バリエーションが増えて、シェフの独創性がより一層見えるようになれば、パワーの源になるよね、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »