« ばんばん!ふれんち(其の二百三) | トップページ | びのびの!Tokyoいたりあん(133) »

2012/01/30

びのびの!Tokyoいたりあん(132)

Gar7000v
リストランテ クロディーノ
中央区銀座3-4-17 6F
03-5579-9815

いわゆる高級レストランの相次ぐ閉店がここにきて続いているのは寂しいことです。銀座で一時代を気付いた「エノテカ・ピンキオーリ」は、ビル内にありながらも圧倒的な広さと、ドーム型ワインセラーに皆さんびっくり~な空間でした。そちらでソムリエをなさっていた黒田さんが開いたこの店。同じ銀座ってのがすごいですよね!これまたドーナツショップが入っている小さなビルの上、わりと狭苦しいダイニングですが落ち着いた色調。週半ばというのに満席で、会社の接待等に利用されているのは以前のお客が引き継がれているようですね。スプマンテは3種類くらいから選べましたのでフェラーリロゼをセレクト。グラス赤白も3-4種から選べてリーズナブル、、これはエノピンのデギュスタシオンコースと比較はできませんが(笑)。5000円fixコースはエイヒレサラダ、アニョロッティのそら豆パスタ、仔牛ソテー、フロマージュブランと、やはり北よりのお料理が、、銀座ではあらっ!と新鮮な感覚もありますが、やはりきらりとした何かが足りないお料理かも。。ボリュームもほどほど、パスタがやはり一番かしら。サービスはテーブルの配置で死角コーナーができやすいのか?見落としがちな部分もあるので向上されるとよいな。

よければポチしてね↓
Banner_02_4


|

« ばんばん!ふれんち(其の二百三) | トップページ | びのびの!Tokyoいたりあん(133) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びのびの!Tokyoいたりあん(132):

« ばんばん!ふれんち(其の二百三) | トップページ | びのびの!Tokyoいたりあん(133) »