« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012/02/23

ばんばん!ふれんち(其の二百六)

150x150_square_2950101
レストラン パッション
渋谷区猿楽町29-18
03-3476-5025

フレンチの大御所、アンドレ・パッションさんは健在です。いや、もう本人が作ってないのかもしれないけどサ 笑 ちゃんと最後のほうには暖炉のあるダイニングに来て、各テーブルまわって挨拶してくれるもんね。型、ですよね 笑  久しぶりに訪れたランチ時は満席。しかも老若男女ですよ!笑 グループあり、カップルあり、おばちゃん組あり、、、、これだけ各層に愛されるのも、老舗店だからこそ。こちらのワインリストも、独自買付らしく珍しいものが多くて面白い。グラスの泡は名前失念 笑 赤はラングドックでしたが量もたっぷりでエレガント♪前菜のキジ+フォアグラテリーヌなんていいんですよ、クラシックで。しかも昨今みたいに塩効きすぎでもなく。パッションにもヘルシー化の波が!?とおもいましたが、やはりレンズ豆スープ、カスレとがつっと食べるとそれは杞憂に終わるのです。やっぱりおいしいものをたっぷりっていいんですよね~♪デゼールのリンゴタルト以外にプティフールがワゴンでくるのがまた女子泣かせ。ぬかりなく、正統派、って好きなんですよ!サービス陣もベテランから、若手まで、、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の二百五)

200x200_square_11445387
ボン・ピナール
港区元麻布2-1-21 B1
03-5856-4151

久しぶりに歩くテレ朝通り、、、この通りの名残、いいですよね。数年ぶりの来訪なのに満席とは、やっぱりブルゴーニュラバーには人気なのね♪おきまりG.ChampagneはLe Noble。ムシュー進藤がおすすめのグラス白はVourvray Le Haut Lieu(D.Huet).最近出会うことが多くなりましたが、すっきりした粋なヴーヴレイですよね♪カウンター越しのキッチンでは、マダムであるシェフがほかの女性スタッフとやりとり、、、女性の創る料理らしく、いつも繊細さが感じられます。砂肝のパルマンティエは発想は面白いのだけどいまいちなじまなかったかな?名残のジビエ、蝦夷鹿ローストは火入れもよかったです。でも以前のほうがパワー感じた料理でした。合わせたChambolle Musigny 1er cru Les Cras 1997 (Ghislaine Barthod)はエレガントなので、香りは豊潤ですが少し線が細めで、オヤセさんだったかしら。カウンターがガラスセラーになっていて、ブルゴーニュの値つけはあいかわらず控え目だし、ワイン好きにはたまりませんネ。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/18

バラエティといえば

Tky200903010052
料理番組、料理バラエティといえば、老舗の"3分クッキング"や"きょうの料理"以外に私の世代ですと、

料理天国(TBS)・・・芳村真理さん 土曜の18時が待ち遠しかった!
ごちそうさま(NTV)・・・高島夫妻、元気でしたよね、いえい。
料理バンザイ(テレ朝)・・・滝田栄さん 日曜夕方っていえばこれ。
おかずのクッキング(テレ朝)・・・土井先生、、、、真面目で好きです 息子よりも父のほうね 笑
夕食ばんざい(フジ)・・・結城先生がかわいかった。
料理BANBAN(フジ)・・・井森と郁恵のかけあいで主婦層を取り込み。
料理の鉄人(フジ)、、、とバラエティー化していくのですが、幼き私の心をつかんで離さなかった番組が今、フーディーズTVで再放映されています!それは、、、

世界の料理ショー (テレ東)です!カナダの番組だったんだね、、、

本題は「galloping gourmet」とかいうんですね、道理でCM前のテロップがGGだと納得。たしか平日の昼前11時くらいからの放映でした、30分。調理するグラハム・カー氏がナイスなおっちゃんで、ワイン飲みながら料理造る手際にうっとり♪いつかあの客席に並び、最後の試食タイムに口説かれたいと思っていた少女なのでありました、、、スティーブにお願いしなくちゃ★

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びあっじょ日記~伊豆大室山 お宿うち山~

3

恒例の伊豆温泉旅行。冬の海は晴れ確立も高くて天気は上々♪ランチは湯河原「アコテ」へ。こちらは熱海にあった「アラプラージュ」のシェフが移転されて住居を改築した?お店。なかなかシブい場所ではありますが、この付近に最近は宿も増えたしねえ、、、やはり、先客でにぎわっておりました。カジュアルライトなフレンチ、赤座海老をオーダーしておいて堪能。メインはシャラン鴨をペッパーソースで、、、車だと飲めないのが辛いわ~ 泣
今回はとあるサイトでも連続アワード獲得とか?の全6室のお宿うち山さんへ訪問。別荘地ゆえ景観はall freeってわけにいかない露天風呂は、ちょうどつかると目線から海は見えず、、、、メゾネットの客室はいまいち不便さもあったりいたしますが、おしなべてよかったのですけど、、、
注意点:
1)トイレの着席時のピヨピヨ音が気になる
2)加湿器の水が切れた際注水するのに、蛇口がジャマ
3)部屋に無駄な食器棚があり(前 保養所のリフォーム?)
4)冷蔵庫にシャンパンあるのにグラスなし

そんなのが気になる今日このごろでした 笑
ですが、この宿で一番は料理!グルメブログをやっていて、温泉旅館は数いっていますが最近まれにみるヒット!料理長が京都で修業されていたそうで、繊細で香り高いお出汁、工夫をこらしたお皿に幸せ気分で、思わず一四代(大吟醸)をお造り(ホウボウ、キンメ・・)に合わせいただき、モエシャンで出来上がり、、、笑 
朝食もアワビの肝あんかけ、変わっていて美味でした~。温泉旅館に泊まると本当によく食べますよね。
腹ごなしに寒桜見物に城が崎で灯台に登ったり、真鶴でカフェに立ち寄り、なんとか運動をして早春の旅は終わったのでした。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/14

いろんなロンポウ

Sl_4_s
ジョーズシャンハイニューヨーク銀座
中央区銀座1-9-13 B1
03-3535-5515

1階から専用エレベーターがあるのがいかにもバブル。エントランス入って左にウェイティングスペースがあるのもらぐじゅありい~っで女子会にはうってつけ!?NYが本店とかですけど、インテリアはそんなにイロケ感じず。一段上のフロアのこあがりスペースが会合などにもってこいかも?本日はガラス越しに見えるキッチン脇の席、、、、でもいまいち見ていても綺麗でないし、特に必要ないかも!?売りのショーロンポーは結構こってりタイプで若者受けはよさそうです。その他の料理もわりあいまともな味付け、フリードリンクでも泡やワイン込ってのが泣けますね。他メニューもためそうかなとも思いますが、果たして2度目訪問なるか!?

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/13

ばんばん!ふれんち(其の二百四)

150x150_square_10037788
ラメゾン クルティーヌ
杉並区阿佐ヶ谷南3-37-10
03-6276-9938

阿佐ヶ谷駅南口すぐ右の細い道行って1分ほど。な、なぜこんな場末感ムンムンな阿佐ヶ谷に、不思議なほど目立つイエローな屋根。六本木にお店を構えていた善塔シェフ(珍しいお名前ですね★)がなぜ中央線に開いたのかしらんと、噂を聞きつけランチへ。カジュアルで南仏チックなイエローインテリアが明るく、昼向きかも。平日ゆえ私を含む他一組のみ。冒頓なソムリエが実直に料理説明、、、ランチはプリフィクスですが、選んだお皿がさえなかったかな?ひよこ豆スープで暖まったあとはアボカドとカニのサラダ、鴨のディアボロ風、、、、わりとインパクト薄く。デゼールのパンペルデュが一番面白みあって印象に残った。パンは自家製で2つ、カトラリーもこだわりがあるようで、現代の軽やかフレンチをわかりやすく表現。杉並区民に優しいフランスの風を送っております!ディナーで実力試しをしたいな~。

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/05

びのびの!Tokyoいたりあん(134)

6036818v
リストランテ フィオレンツア
中央区京橋3-3-11
03-6425-7208

ディナーで印象よかったのですがランチの評価は割と厳しいかも。この店の最大の弱点はエントランスではないでしょか?建物から奥まったロケーション&入口、さらにはちょい安っぽい「トスカーナ料理」と目印のサイン。入ってしまえば料理もいいしエレガントなんですけどねー 笑 ランチでもやはりオンナ、女性、woman客ばかり!なのでかなり騒がしいと思ってください、、、、、Rotariで泡した後、サラダ前菜はぬかりなし。パスタも10種類くらいから選べるのですが、この量がすごい!100g以上あるのではないでしょか、、、フォカッチャもつくので結構残している方もいましたが、私はよゆ~ 笑 ドルチェもしっかり、チーズケーキもよいお味。シェフのブログファンですけれど、ワインを飲むお客さんが増えてほしい~店です。


よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoいたりあん(133)

E959600v
ピッツエリア サバティーニ
港区北青山2-13-5
03-3402-2027

だだっ広い、、、、、のが第一印象。この店おそらく創業30年くらいでしょうか?リストランテとともに青山に生き続ける老舗イタリアンですが、何十年ぶりかで訪問しました。今となるとだだっ広いダイニング。男性スーツ姿4-5人グループのお客は会社新年会でしょうか、場所柄そのようなシチュエーションには最適のお店を見受けられます。が、サービススタッフがなっておりません 泣。広いダイニングだけに、ピザ釜もある厨房からスタッフが来るのに時間がかかるうえ、スタッフ数も足りず。頼んだワインもオーダーミスありでなかなか来ず、です。ですがくらしっックなトスカーナ料理ということで、お料理はコンサバにおさまっております。。野菜スープなど素朴でいい味だしているものもありますが、こちらはやはりピッツア?いわゆるローマ風が、日頃ナポリ風に親しんでいると物足りなさも感じ、、、、トマトのインパクトも弱かったです。ワインはMontebelloの後、シャルドネ白をグラスで。赤はNotturno(Drei Dona)というサンジョベーゼ種。ワインリストのプライスはやや高めですので、大人しく赤白4-5種類から選べるグラスから選ぶほうが気楽かも。北青山エリアもめっきりお店が減ってしまいましたので、老舗アントニオとともに今後、どんな路線で料理を展開するか?興味あるといえばありますが、、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »