« びのびの!Tokyoいたりあん(138) | トップページ | ばんばん!ふれんち(其の二百十三) »

2012/04/05

ばんばん!ふれんち(其の二百十二)

Ga2g400rc_3_1
モノリス
渋谷区渋谷2-6-1
03-6427-3580

渋谷と表参道の間、、、ってなかなか微妙な位置。こんなところにこじんまりしたフレンチがあるのですね!ロケーションからして若干青山エリアよりも雑然とした街並みですが(居酒屋なんかが多いエリア)、あえてライバルのいないエリアを選ぶのも戦略のひとつかと。
Champagneはボトルですっかり市民権を得たアンリジローを。ややしっかりめで好きなんですよ♪アミューズにでたゴマとチーズのおせんべい風、豚リエットに続いたのはアボカド+かに+カリフラワーのムースと王道メニュー。わりとしっかりした塩気と味わいです。前菜にはカップで供されるブイヤベース下に茶碗蒸しがひかれております。。あまりこのフランとのマリアージュは楽しめなかった★次なるお魚(黒ソイ)グリエ+菜の花ソースは相性がよろし。極めつけの鴨・豚・フォラグラの「三種の神器」パイ包み♪すこおしお肉がちじこまっていたのが残念ですがパイ生地はしっとりしており、グラスでいただいたcode du rhone(D. Bressy Masson 2009), Lu Lucrezie 2009 Tudernum, Umbriaともすんなり合って、、、あれれどちらもマキコレじゃないですか!やっぱりモノリスって店名の宇宙観と自然派が結びついたのかなあ~どちらとも美しい。30代の石井シェフはレストランモナリザ出身とか。なるほどややしっかりした、わかりやすい料理が続きます。おそらく自然派ワイン好き、女性の方々には好まれるのではと。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

|

« びのびの!Tokyoいたりあん(138) | トップページ | ばんばん!ふれんち(其の二百十三) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ばんばん!ふれんち(其の二百十二):

« びのびの!Tokyoいたりあん(138) | トップページ | ばんばん!ふれんち(其の二百十三) »