« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012/06/23

びのびの!Tokyoいたりあん(143)

Osei1
Osei
中央区銀座7-6-5
03-3572-8665

カウンター流行りのワインダイニング。ちょい飲みの感覚で、ワインだけ飲むのもなあ、、、ってイメージでしたが、最近は料理もしっかりしていて堪能できるお店多いのです。もちろんエレガントさには欠けますけれど、、おひとり、ならいいのかしら。
こちらも元クラブ?的なエントランスでちょいと怪しいけど、入ってしまえば超こじんまり。カウンターが変形でコの字型みたいになっているので、場所によってはお客様との視線が合ってしまいますが、空いていれば自宅ラウンジのよう。G.泡はFerrariを。ワインリストはないのでイタリアオタクワイン好きに多い、繊細でメガネなソムリエさんにご相談すると、グラスでいろいろ出してくれます。白はVie di Romans(ローマ人の道?)はフリウリ州。温度高めでいただくと、おお!やっぱりおもしろいイタリア。シャルドネなんだあ、これ、、、、って感じですよね。しっかりしております。夏でも梅雨のこんな時、いいですね。赤はPiemonteのCarema Reserva 2006(ネッビオーロ)を。ブルネロとかよりももっと洗練を感じるエレガントさで、確かにブルゴーニュスタイル(PN)に近い。ありがとう、ソムリエ 笑

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/22

うふうふうふ

Sl_2_s
ラ・メール・プラール
千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム内
03-5252-7171

外国好きの導入がイギリスだったもので、フランスだとパリもいいのですがブルターニュ地方って住みたい街のひとつなのです。あの低く垂れこめた空、暗ーい英仏海峡、モンサンミッシェルの夜、、、、で、名物のシードルとオムレツですよ 笑 なぜ今頃日本にお店が?の感があるブルターニュオムレツの名店。私が若き頃薄暗い本店で食べたときは何じゃこりゃ!?とあまり感動しなかったのですけど、、、有楽町のお店はだだっ広い食堂みたい、なのに予約で満席なんですって、フシギ~。2012年4月からさらに値上がりしたらしく、それでも人気は衰えず。で、食べてみました卵3個つかったオムレツを、、、、ふうーん。やっぱり、あんまり感動しなかった 笑 特においしい!また食べたい!と思えるものでもないので、、、、、なんか、、、、。場所がら女子グループなどが集まれるのでいいみたいですけどね。ふうーん。

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoいたりあん(142)

Tp_m
トラットリアT
港区愛宕1-5-3
03-5777-5557

愛宕神社の階段を上がりきって左。以前は和食店だった田崎真也ソムリエプロデュースがトラットリアにリニューアル、、、とはいえ、あんまり店内雰囲気は変わっておらず。なんといってもロケーションの勝利ですよね、ここは!ご近所の同系列店フレンチレストラン「S」ほどではありませんが、トラットリアといいましてもフランスワインも置いております。G.プロセッコをいただきつつ、前菜は東京産にこだわった食材の盛り合わせで、特に新たまねぎのポタージュが甘みあり♪白はフリウリ州Pinot Grigio(Le Mqrsure),赤はMonte Antico Toscanaと、以前からどのワインも3990円とわかりやすい設定で。そんな気軽な雰囲気なので、鰆ラグートマトソースパスタや、豚肩ロースローストもお箸でいただけちゃうのでしょうね。そのせいか、パワースポット愛宕神社内なのに会社の会合が多いみたい 笑 変にイロケだすより、ワイワイするのが合っております♪

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんばん!ふれんち(其の二百二十三)

11394460
ボングーノウ
渋谷区渋谷1-10-12 2F
03-5464-0858

渋谷駅周辺ってほんと、wine&dineできる店少ないのですよね。立ち飲みが有名なこちら、レストランスペース(テーブル着席エリア)ができて使える店であると発見。17時から開いているのも嬉しいではないですか♪蒸し暑い夜だったのですが、シャンパンは無いのでスパークリングで乾杯♪前菜系がかなーり充実、豚リエット、ワカサギのエスカベッシュ、どれもヴォリュームもあり、濃すぎず薄すぎずの味わい。ただサービスが学生レベルといいましょうか、イマイチ気がきかないのです、、、もともと立ち飲みなんだから仕方ないのでしょうけどね。グラスワインも各国各種揃っており、リストの選択も面白いから、こりゃ流行るわけですね~。

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoいたりあん(141)

150x150_square_12554576
Albero
杉並区上荻1-24-20 B1
03-6279-9215

荻窪期待の新星イタリアン!と断言いたしましょう。場所は元フレンチの「アベス」の場所に居抜きで入っており、シェフはイタリアのかかと・プーリア州で主に修業なさった方。店内もイタリア度高く飾られておりますが~、この店の弱点は以前の感じましたが、空調が悪いのです、、、、ええ、地下ゆえ結構室内に熱気がこもるのです。ま、暑さもあったのでグラス白を(ピノビアンコだったかな?)
ランチは1050円をまずはお試し。てづくりフォカッチャ&プーリア州パンがもちもち♪鎌倉野菜のサラダは、サラダの優等生。荻窪でこのレベルサラダを出すところはありません!パスタもランチは手打ちではありませんが、トマトソースがしっかり絡んだもの。cafeも濃厚味の本格派、久しぶりに日本でイタリアの風を感じました。食後シェフとお話しすると、実直なお人柄がお料理に反映されていると納得。ホールはバイト風の方だけに、独りでつくられるとなると夜は大丈夫かしら、、、夜にも行ってみたいです。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/11

ばんばん!ふれんち(其の二百二十二)

150x150_square_6826746
ヴァンサン
港区六本木5-18-23
03-3589-0035

私の青春ピチピチ?時代、城シェフとの出会いは銀座の名店にいらっしゃったころ。何もわからない私にワインの知識を与えてくれて、我がワイン道は始まったのです、、、いわば師匠なのですが、六本木に移られてから最近はとんとご無沙汰しておりました。飯倉片町を闊歩してAXISにまで行ってもなかなか予約する勇気がでない高級店だったので、本当に数年ぶりの来店を果たしました。城シェフはあいかわらずダンディ、40代のころ?と変わらず、輝いていらっしゃる。何よりこの六本木のお店一軒を経営されているのが、いいなあ。ホールスタッフが変られたのがよかったのかしら(元気はつらつなメートルです)。ゴージャスなダイニングには総じて落ち着いた年配常連客が3,4組、人気は定着ですね。
G.champagneはDeuts。シェフはやっぱりアイ村が好きなせいかしら♪前菜の自家製カラスミの奥深さ!ホワイトアスパラは古典的にヴィネグレットソースで。シェフは本当に野菜を生かすのがお上手ですし、クラシックでありながらも、コテコテ味ではないんですよね~、ほんと!コンソメスープの澄んだお味も上品です。甘鯛とウニ、白魚のお魚も秀逸。仔羊にはフォアグラがサンドされ、、、、G-C 1996 1er cru combe dux moines (D.Rene Leclere)は96なのに気品ある熟成。デゼールの桃コンポートにポート25年までノリついでに頼んじゃいました 笑 何かとダイニングに出てきてはお客様とおしゃべり。ホントシェフって営業向きで 笑 あのトークに魅了されてしまうファンが、「成熟」を理解する若い層にも増えてほしいわ。

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/09

ばんばん!ふれんち(其の二百二十一)

320x320_rect_12622973
スモールワンダーランド
中央区銀座4-12-2
03-3547-3805

「ラ・ブリーズ・ド・ヴァレ」、「レヴェランス」と私の好き筋を渡り歩いてきた堀宏至シェフが開いた、古巣エリア戻ってきてオープンしたカウンタービストロ。銀座でも再注目エリアの歌舞伎座(建設中)周辺にあります。1階はカウンター、2階はテーブル席ですがせっかくだからカウンターを確保。目の前で調理が見たい時もありますからね~。。。でも、今日はカウンター全員が女子グループ(笑)人気なんですねえ。お勧めのスプマンテロゼでほっと一息。メニューは今流行りのiPadで見せるスタイル、、、、でも、見せるほどコンテンツは充実しておらず 笑 前菜、パスタ、メインも一皿が結構なvolumeあるので、2人で各1皿ずつでも充分ってかんじ?前菜盛り合わせは旨みたっぷりのスモークサーモン、パテアンクルート、キャロットラペ等。お勧めあか牛イチボ 炭火焼もどどーんと塊、肉食にはたまりませんね。ランブルスコ(Camillo Rosati)と合わせて、CPもよろしく満足です♪帰り際シェフとお話、やっぱりいい人です!カウンターで動きまわり、サービスに気を配り、、、忙しいけど充実しているお店、ワイン好き2人とまた行きたいですわ。

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/08

ばんばん!ふれんち(其の二百二十)

150x150_square_12031499
ラール・エラ・マニエール
中央区銀座3-4-17 B1
03-3562-7955

銀座で話題の店のはず、、、なのに、入っているビルがしょぼい、エントランスもしょぼい 笑 銀座は狭い土地ですからね~仕方ないのかしら。いろんなグループでテーブルがいっぱい、平日夜でもにぎわっております。
こちらはパリのアルページュで修業をされたとかの清水シェフ、ちょこちょこいろいろでてくるプレゼンですね。野菜メインで女性目線を意識しております。せっかくのバースデーお祝いなので、選択肢の中からG.Krugで乾杯♪突き出しは熟成サラミ等、、、これはフレンチにしては珍しい。その後前菜3種がお野菜の旨みをじっくり表現したもの。グリーンピースのブレゼ?みたいに、素材がシンプル、調理もシンプルだけど奥深いのが現代フレンチを感じますね。その後のいろいろ野菜グリルの皿はプレゼンいいのだけど、量がちょぴっとつつで堪能するには足りなかったかな、、、G.白のLadoix(Sylvan loichet)は古酒を想わせるスタイル。もう終わりかと思った白アスパラも低温調理でじっくりと、平いさきとともに。赤はClos de vougeot 99 (D.Robert Arnoux)で、たおやかな病的な?貴婦人ってニュアンスでしたが優雅でした。デゼールのファーブルトン+お米のアイスでかなりお腹が膨れてきて、なのにチーズも頼んでしまいましたん、、、、ポアンデリーニュのパンはなぜ使っているのかしらん?

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/03

びのびの!Tokyoいたりあん(140)

150x150_square_1721978
リストランテ山崎
港区南青山1-22-10 2F
03-3479-4657

この外苑西通り沿い、スキなんです♪青山霊園だけですっきりとしエリア。1階のウエストもいい感じのテラス、、、そしてここ2階には老舗イタリアンが。お引越しした後、ランチ初訪問です。店内は昼間の明るい陽射しが似合う白基調のインテリア、、、あれーっ、以前の暗ーい地下がスキだったのに、なんか健全すぎるう 笑 あらら、でも隅の席には伊右衛門茶CMの有名男優がいらっしゃる、、、、昼からまったりしたくなるんでしょね。まずはシャンパーニュ(セルジュ・マチュー)で落ち着く。何気にリストは健康志向+ビオワイン。その後のカンパニア州グレコ種はちょっとキワモノっぽい趣味が出ていましたけど、わかりやすいかしら。
前菜のイサキカルパッチョ風サラダに続いて、スペシャリテのカルボナーラを。うーむお上品。量が足りず 笑 ドルチェもいまいちインパクトなかったわ。数々の名シェフを輩出している名店ですが、さすがに息切れ気味なのか?キラめいていた時代を払拭して新たな一歩、はわかりますが、再訪には理由探しをしなくては。

よければポチしてね↓
Banner_02_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »