« ばんばん!ふれんち(其の二百四十三) | トップページ | 前フリショコラ »

2013/01/25

びのびの!Tokyoいたりあん(159)

37_1
ダ・オルモ
港区虎ノ門5-3-9
03-6432-4073

最近独立ラッシュでないですか!?オーナーとシェフの関係性がビミョーな時代なんでしょうかね。
こちらは新宿「ブリッコラ」にいた北村シェフ。な、なぜまた虎ノ門?ビジネス需要をみるにしてはいまいち時代が悪い気もしますけど、、、神谷町駅そばの裏路地にある半地下な店はキッチンに面したカウンターも含めこじんまり。金曜日のせいかオトナなお客様たち。カルトもありますがこちらはおきまりコースで!Proseccoで乾杯後、白グラスはSoaveを。
前菜はシェフの修行した北イタリア/トレンティーノアルトアジェ州系の繊細なちんまり料理。野菜や貝、豚テリーヌが6種ほど盛られていて美しい。パスタは手打ちのトマトカニそーす、ラビオリ バジルソースと続きます。メインは熟成牛ローストでこちらもあっさりめ。最近熟成牛が流行っているのでしょうか、よくお店で見かけますね。ワインはChanti Colli Senesi "PACINA" 2008を。結構パンチがあって、それでいて華やかさもあって、うん、やっぱりキャンティって侮れないですよね。最後のデザートがちょい気抜け感ありで、いまいち締められず。日本食材を使ったりしないし、エレガントで好むスタイルですが、ちょいマニアックすぎる傾向も。場所柄どうなんでしょうか?すこしパンチがほしい北イタリアかな?

よければポチしてね↓
Banner_02_4

|

« ばんばん!ふれんち(其の二百四十三) | トップページ | 前フリショコラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びのびの!Tokyoいたりあん(159):

« ばんばん!ふれんち(其の二百四十三) | トップページ | 前フリショコラ »