« びのびの!Tokyoいたりあん(182) | トップページ | barの話 ⑨ »

2014/04/11

ばんばん!ふれんち(其の三〇六)

320x320_rect_7658030
フレンチ サクラ
福生市東町14-3
042-552-0770

カンテサンスじこみのカルトブランシュ!昨年交代した辻シェフは22歳でフランス料理を始め、現在若干34歳、、、な、なぜに横田基地近い福生にオープン?って疑問が。競合はいませんがこのエリアでは超強気な価格帯、一軒家で1階は赤いソファのラウンジ。2階がオープンキッチンのカウンター&テーブル席。当然このエリアで日常使いはありえず、イベント利用のお客様が多いのでしょうが、経営していけるんだからすごいなあ。G.ChampagneはJean Luis Vergnon BB。泡がしっかりと、力強さも感じるよいチョイス♪ボトル赤はちょっと多摩色豊かな?ソムリエと相談してVosne Romanee Bossieres 2004 (Domain Jean Grivot)。抜栓直後からおいしくいただける、美しき造りでした。コースは食材を惜しみなく使い、前菜のオマール海老のスープ+フランやボタンエビ+lコンソメジュレなどカンテサンス系とはいいながらもしっかりとフォンを使ったクラシックなアプローチ。ふきのとうフリット+チーズリゾットなどはイタリアンな一面も。フォアグラの一皿やフランス産鳩のローストもよい火入れでした。ショコラモワルーやほおずきグラッセなど、フレンチの王道行くデゼールもいいですね。base関係者のかたがフレンチするとは思えず?わざわざ感あるエリアで奮闘してくださいませ、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

|

« びのびの!Tokyoいたりあん(182) | トップページ | barの話 ⑨ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35736/59384444

この記事へのトラックバック一覧です: ばんばん!ふれんち(其の三〇六):

« びのびの!Tokyoいたりあん(182) | トップページ | barの話 ⑨ »