« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014/09/24

ENOTECAの逆襲?

105660131thumb640xauto368
広尾にこじんまりあった一号店時代。。お料理教室の道程にあり、ためらいつつ入店し憧れの羨望でシャトーワインを眺めて、レンタルセラーを夢見て、店員さんとお話しして手ぶらで帰った遠いあの日、、、、そんなショップが今や全国区。昨今ではどんな百貨店のワインコーナーにも参入するようになってしまい、商品が画一的、、、ツマラナイ。大手生産者のインポーターとしては優れていますが、あまりにも巨大になってしまった気がする。
ワインは通販サイトで購入するよりも 私は対面で購入したいのですが、、、どなたかおすすめ店舗、教えてください!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/19

びのびの!Tokyoいたりあん(188)

Bottegante01_ph05
ピッツエリアボッテガンテ
三鷹市下連雀3-38-7
0422-24-7250

カジュアルなwoodyテラス付きのこちらの店、味は本格派との噂で行ってみました。山小屋風の店内はいつしか満席。確かに~お値段もミタカプライスとしてはやや上ですが、ひとつひとつの味わいが結構本格派。きけばシェフはイタリアで修行されたかたとか、、、旬食材のポルチーニな一皿や、napoli pizza のマルゲリータDOC,リガトーニの牛ボロネーゼも好み味。ワインリストはちょっと寂しいし、サービススタッフさんがおひとりでまわられているので大変だけど、、、ここらのエリアではオトナも納得レベルです!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/06

びあっじょ日記~キャピトルホテル東急~

Room2
リニューアルして数年経ちましたが、赤坂の隠れ家?クラブフロア28Fに宿泊。もともとひっそり感ありますが、部屋数あっても宿泊者にほとんど出会わない不思議さ、、、最近流行りのクラブフロアラウンジは、宿泊者が自由に軽食できるスペースでよいですね。バーや軽い朝食代わりになりますし、ドリンクやカナッペも充実なので楽しいかも。客室もレイアウトが変わっているけれど、スタンダードでも十分な広さです。昔から外人客対応なのか 障子扉が使われているのですよね、、、でも思ったほど和テイストが強くなくて安心♪
朝食はダイニング「オリガミ」でブッフェ。ひとひねりある品が多く。パンも種類は普通なのですがクオリティが高かった。フレンチトーストもブッフェ上ですが、卵料理だけはテーブルにサーブ。サービススタッフは割とあっさり系のスタイルなので、私は心地よかったです。それにしても窓から見えるは国会議事堂、お忍び感は十分!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/05

私をあげて~

001
なかがわ
中央区築地2-14-2
03-3546-7335

山の上派とみかわ派でいえば後者なこちら。こじんまりした築地のお店、ランチでも満席とはおそれいります。ご主人おひとりでもくもくと揚げる姿はカウンターから眺めたかったけれど、取れずにテーブルで。
くるまえび(サイマキじゃないのね)、穴子、めごち、いか、、、野菜の季節感がなかったけれど、衣しっかり黒めで、最後の小柱天茶が合います♪やっぱりG.Champagneはなかったなあ~残念!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/04

びのびの!Tokyoいたりあん(187)

Restaurant_photos_photo_1373617067_
トラットリア・シチリアーナ ドンチッチョ
渋谷区渋谷2-3-6
03-3498-1898

久しぶりの訪問でしたが、早い時間から満席!雨模様で肌寒いけどテラス席が空いたのでGO!少し静かめでやっぱりワイワイするより落ち着きます(笑)、、、、夏の名残でいただいた白ボトルはPlaneta La Segreta Bianco、、混醸だからなんとなく物足りず?白イカのサラダ、トリッパトマト煮、イワシとウイキョウカザレッチャ、カジキマグロ グリルとスペシャリテを堪能。サービススタッフもてんてこ舞いですが、ちょっとした会話がこのお店のスパイス。あいかわらず気持ち良いサービスで、イタリアンはこうでなくては!って感じですね~!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修行不足

165044_1
連日満席で話題の映画「大いなる沈黙へーグランド・シャルトルーズ修道院」@岩波ホール。最も厳格とされる男子修道院にカメラが入るってすごいことですね(実際撮影許可が下りるまで14年費やしたとか)。2時間49分の大作、そしてほぼ無音のまま進む映像。客層はいわゆるシニア層以上の方々。とにかく睡魔&お腹の音との戦いで苦しい修行不足?のわたくしでしたが、シニア客層のいたって静かなことにまず感動!終了しても元気元気な輩に、日本の底力を感じたのでした、、、、
同じ修道院ものでも女性ですと悲哀を感じる「IDA]。ストーリーはシンプルですが、モノクロ映像の美。女性のほうが、意外と自由奔放なのですね!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »