« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014/10/28

ばんばん!ふれんち(其の三百二十)

Dsc_0694
ルミエルネ
世田谷区北沢3-18-5
03-3465-0573

下北沢に期待の星☆、いえ月が☪駅から少し歩きますが、カウンターもあるあたたかみのある空間のフレンチへ。Singaporeから帰国された木原シェフは、以前中野as kitchenにて名皿・野菜のガルグイユをスペシャリテとされていたベテランです。新店ではよりいっそう野菜をたっぷり使ったやさしい料理とともに、がっつり肉系も充実して、バランスのよいワインにあったお店、、しかも下北沢プライス過ぎます~(笑)
前菜のシャルキュトリー盛りの豚リエットで、パンとワインはどんどんすすみ、、、やはりスペシャリテのガルグイユは数種類の野菜を使った温かいお皿ゆえ、これからの季節も最適!蝦夷鹿のロティも、ジビエの季節柄よいですね。もちろん合わせるワインもナチュール中心で。疲れたカラダにしみこむ滋味、疲れた女子に是非来てほしいですね。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/27

ばんばん!ふれんち(其の三百十九)

Laluciole_665_03


ラ・リュシオール
中央区銀座5-11-13 2F
03-5565-5686

アンテリブル、22系列がプロデュースした隠れ家ワインバー。とはいえしっかり食事もコースであります。そっけない雑居ビルのそっけない扉を開けば意外にも広い空間。新宿パークハイアットで有名な道化師モチーフのオブジェもあったりと、落ち着いた内装は西麻布的♪G.Champagneはフランソワ・ベデル。ムニエ主体なのですが、エチケットが美しく女性に人気ですよね。赤は英国王室御用達な生産者のBeaune 2009 (Berry Bros)を。和食材をつかったあっさりフレンチなのでブルは合います。サービスもあたたかく、大人の客層を取り込んでほしいところ。最近シャン・ブル縛りなリストから、フランス全土を扱うようになったとか、、ブルゴーニュだけってやはり、銀座でも難しいのかしら。。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/20

びのびの!Tokyoいたりあん(191)

24911189
ビババンコ
渋谷区元代々木12-7
03-5452-4425

閑静な代々木上原な街。いかにも気軽に独り入れそうなカウンターイタリアンバルはチョイ呑み族にありがたい♪ホールもキッチンも元気な方々が鉄板を囲みうごめいています。コペルト300円には自家製フォカッチャ&レーズンパン食べ放題も含みますので、これはおかわりしなくては。前菜盛り合わせはプロシュート、レバーパテ、スペイン風オムレツ等8種類をちょこちょこ盛り合わせてくれるので、ちょうどいいつまみ加減。グラスは3-4種から選べて自然派の赤(MilleUve, ニコラマンフェラーリ)なんて置いてあるところがまたツボですね!鉄板イタリアンっていうくらいなので、肉焼きを今後は試してみたい。聞けば渋谷で展開中のウルル、ウララと同系列経営とか、、、なるほど~、女子には入りやすい雰囲気。びばびば。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/19

波と泡

Sintounakano_s074875

台風接近の前、秋の休日にシャンパンクルージングを楽しんできました!
わたくし実は船に弱い、、、いや、揺れに弱い(笑)のでしっかり酔い止め服用しての乗船。クルーザーといっても乗り合わせて30名のお気楽BBQつき飲み放題食べ放題コース。たまに揺れるのですが、洋上から見えるお台場周辺の方々に手を振り2時間のクルーズを満喫♪陽射しを浴びながら揺られながらだとなおさらおいしい泡で、ついつい下船後も2次会でまたもや泡、、と泡尽くしの海辺でした。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/18

ばんばん!ふれんち(其の三百十八)

150x150_square_19624199
北島亭
新宿区三栄町7
03-3355-6667

歴史ある名店、というか男のフレンチ・うまいもの屋さんでしょうか。10年以上経ての再訪です。外観はふつーの喫茶店な構えですが、中に入ってしまえばダイニング。以前からシェフの厨房での罵声には賛否両論がありますが、それも個性と割り切ってしまえば料理にすんなり入れます。確かに塩はキツイのでワイン愛好家向けの料理、昨今のヘルシーさっぱりキュイジーヌとは対極をなすプレゼンですね。ランチですが、お決まりコースだと前菜秋刀魚+クスクス・主菜はポークと1種類しか選択肢はなく(つまりプリフィクスではありません、、、)、常連の方々は自由なコースを選んでおりました。G.Champagneはアンリオ。G.赤は作り手はわかりませんがモンテリーとか?以前より若いサービススタッフが増えている気がします。デセール前のスイカや、お見送りの際のみかんお土産っていうのは独特なので、洋食と思えばがっつり食べれる屋さんです~。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/16

バブルの時代って?

30575256
グリルアンドワイン ジーニーズトーキョー
港区六本木ミッドタウン1階
03-6434-9406

久しぶりに来たミッドタウンは静けさに磨きがかかっており、、、あれ?こんな奥にもお店できたんですね!ハコは小さいながらもテラスあり、なので今秋最後のテラスモード?ちょうど気温も高めでよい夜でした。
対象客層は「バブル世代」らしいけど、そんなにハデな仕掛けも見当たらず、、、いろんな世代で楽しめる内装。ワインはいろいろそろえてるけど高いか安いか両極端なので、泡はHenriotをボトルで♪「マキシムドパリ」元料理長のフードもいろいろありますがいづれもダイニングレベルで、また食べたい!ってものもなく、、純粋におしゃべりを楽しむ空間としてはいいのでしょうね。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/14

びのびの!Tokyoいたりあん(190)

150x150_square_28076432
トラットリア 29
杉並区西荻北2-2-17
03-3301-4277

毎年充実度合いがハンパない新宿伊勢丹イタリア展!のあとに集まるはやはりイタリアンで♪えー、昨今の熟成肉ブーム。ローリーズ→ワカヌイ→ルースクリス→ウルフギャングに始まり日本人ってそんなに肉好きでしたっけ?と思うほど、どこの雑誌でも特集&街中新規店オープン。いづれも和牛のみならずUSや豪州ビーフのステーキなのでそれなり割高感はありますし、いわゆるコースとした流れを楽しめるジャンルではないのですが、、、、こちらはカジュアルに肉コースを味わえるお店、ということで数年ぶりの来訪ながらもやっぱり予約がとりにくいみたい。うーんここは椅子が長く座っているとイタイんですよねえートラットリアらしいといえばそれまでですが (笑)Supmanteの後、ワインは好みの味わいを伝えていくつか選んでもらうスタイルでしたので白はPinot Gritを。赤はサンジョベーゼで。おきまり前菜な野菜盛り合わせ(オイル&ビネガー)はいつしかボリュームダウン?パスタもメインも少しサイズが小さくなったような、、、いつかは29(ニク)の日のフェスタに参加をしてみたい、、、


よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/13

ばんばん!ふれんち(三百十七)

B3hgltfxwzbsra48iu3yo8fy2j_xgwxk6jt
ビストロ・コティディアン
港区麻布十番3-9-2
03-6435-3241

最近麻布十番もレストラン増えましたよね~。フレンチ、イタリアンが特に花盛りで嬉しい♪レストランはオープンして間もなく訪問、その後再訪は気になっても2-3年後ってパターンが多いわたくし。こちらは3年前初めてうかがった開店時の印象がとても好かった!記憶があるので、自信をもって女子会に使ってみました。が、、、、いつのまにか営業時間がLO20:30、閉店22:30に変更しており(麻布十番でこの時間ってありか!?)、金曜日だってのに満席にはならず、グループ利用とはいえおまかせで供される料理が冷めていた、、、となると、ちょっとがっくりです。前菜の秋刀魚と茄子のタルティーヌはいいとして、パテカン等シャルキュトリー盛り合わせも以前よりボリュームダウン。メインの鴨もも肉カスレが冷めていたのがマイナスポイント~!かな。ワインリストもミドルクラスがないんですよね。泡のラミアブル後、Rives Blanques Limoux 2010 (La Trilogie)と楽に行って Volnay 2009 (Jeandaide Boisset)でピノにしてみました。やや熟成感も感じる秋らしい味わい。それよりサービスの女性がにこりともせず、つまらなかったのが残念でした。十番の2階なら、も少し勢いがほしいところですね。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつになればたどりつけるのだろう

150x150_square_24040494
ウェルファンカフェ
渋谷区西原3-24-12
03-3469-3018

カフェと名乗っていてもここはこじんまりしたシェリーの専門bar。フィノ、オロロソ、アモンティリャード、クリームとずらりと並ぶリスト+豊富なフード類。赤シャツも粋な元気なマスターでアミーゴ!気分になれる。上原ってほんとバルが多いですよね~ 大人数より圧倒的に1人か2人向けのお店が多いので頼りになります。オススメのスモークベーコンはステーキ並みの厚切りで食欲を刺激!個人的にはクリームをまったりいただきたかったのですが、食事に合わせるには辛口かな。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/07

ばんばん!ふれんち(其の三一六)

43c2d3f4407e378e288ea45b5daaa15d
アン・プティ・ポン
三鷹市大沢6-5-1
0422-57-7319

東京、、、と言ってしまっていいのかわからずですが、ここは東京都です。武蔵野エリアにある公園でもかなり広大な都立野川公園は私もお気に入りのスポット。なにせ広い!そりゃ元ICUのゴルフ場跡地ですからね、、、ちいさい秋を見つけに行きましたが、紅葉にはちょっと早くて、公園入口前のこちら、一軒家フレンチにフラフラと訪問 (笑)なんという絶好のロケーション!こじんまりしたお店ながらもキビキビ働くマダムと、ヒゲシェフがいい味だしております。プライスも武蔵野価格で納得。ランチのG.Cremantで乾杯!コースは前菜、メインと選べ、マリネ野菜等野菜ものも充実。マッシュルームの温製スープもほんのりあたたかく、シェフの生真面目さが伝わるお味。何と言ってもひきつけた主菜はアッシ・パルマンティエ!いわゆる一般的ですとひき肉ですがここはちゃあんと牛ほほ肉煮込みのうえにマッシュポテトがのってるもので、、、小さいながらも手の込んだ一品。コーヒー風味だけど白いブラマンジェはどこかでも見た、、、きっちりモダンなスタイルも入れているのが面白い。木漏れ日と緑が望める窓際席は、やっぱり昼餐がよいかも。 

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びのびの!Tokyoいたりあん(189)

S_000u
アポンテ
目黒区三田1-12-26
03-5773-0580

かつてはこちら、フレンチのレスプリミタニでしたよね。内装がぐっと変わってコの字型というより ロの字型カウンター。真ん中には女性シェフもいるープンキッチンがあり臨場感抜群、おひとりさまも目のやり場?があって落ち着きます。メニューは季節の和食材も豊富なカジュアルイタリアンだから気楽に楽しめる!G.Supmante(なんだったかなあ)の後、白グラスはFather's Eyesというフリウリのシャルドネ。サンマのスモークーや根セロリサラダと合わせてちょっと秋気分♪仔牛ラグーパスタなど、盛りが日本っぽい小盛り?で女性はいいかも。こんなレベルのトラットリアがもっとふつうの街にも増えてくれればよいですね。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/01

びあっじょ日記~シャンパーニュ メゾン紀行~

Img_2385

ワイン好きシャンパーニュ愛好家なのに葡萄造りの現場に訪れたことがなく、、、意を決して シャンパンバー銀座ヴィオニス主催のシャンパーニュツアーに参加してきました!Air France(エコノミーでも唯一シャンパンが飲めるキャリアです、、、)にて久しぶりに降り立つパリ経由TGVでランスへ同日夜着。こじんまりしてよき街並み♪
まず天気もよい翌朝はシャルドネで有名なアンリオHenriotへ訪問。メゾンランチが未手配というアクシデント!にもくじけず、朝からテイスティングの幸せを。ランスの空気とあいまって、特においしく感じる~。2日目はDuval Leroyを訪問。日本ではややマイナーなイメージが拭えない?家族経営なブランドですが、工場はgrande!生産量も多くてびっくりでしたが、女性経営者らしい細やかなイメージも。午後はHenri Giraud、、、こちらはもっとメジャーな生産者でしたが、醸造所はこじんまりとシンプルなカーヴ。ひっきりなしにvisitorが現れていたのも印象的。翌日はPiper Heidsieck, Charles Heidsieck(同グループ)。Charlesは最近また日本に入り始めたということで、PRに力を入れているよう。改めて飲み比べすると、新たな違いやおいしさを発見し見直しました。
いづれのメゾンもシャルドネの大切さを強調。昨今ムニエ?を入れずのブレンドも多いとか。ランスの乾いた空気と、洗練されたメゾンのお料理と開けたての?シャンパーニュは当然残さずクリアで、全然酔わず!おいしい泡はすいすい入ってしまう不思議さに、あらためてシャンパーニュの偉大さを理解したのでした。なによりエペルネの畑を歩いた経験は感慨深かった。低い葡萄の木、小さな葡萄の実、口に含むとやっぱり美味!こんな小さな粒が絞られておいしくなるのですもの、やはり貴重ですよね。どのメゾンの生産者も共通していたのはシャンパーニュ造りへの「情熱」。私もpassionを持っていただいていかなくては。。。
その他メゾンとしては大好きなKrugもとりあえず門の前まで行き写真に収めて(笑)最終日一日パリをぶらついてビストロによりスイーツを買い込み帰路へ。ランスにもあるノートルダム大聖堂は大行列で見れずとも、シテ島やサンルイ島のノートルダムをちらっと見たり、おしゃれなマレ地区を満喫。ヴォージュ広場でいづれの来訪を夢に、「ランブロワジー」をみてぼーっとひとやすみ。街を歩いてみて気づいたのはフランスにしかないもの、ってあまりなくなってきたような気がしますね。それでも夢のような旅、記憶は泡のようには消えないでしょう、、、、

(Henriot)
NV rose / NV Brut / NV BB / Millesime 2005 /アンシャンテール1998
(Deval Leroy)
BB Millesime 2006 / Brut Nature 2002 / Millesime 2005 Clos des Bouveries/Femm Rose Millesime 2007
Rose Millesime 2000/NV MOF edition/Authentics 2005/Rose Prestige
(Henri Giraud)
Francois Hemmage/ Fut de Chene Brut/Fut de Chene Rose/Coteau Champnois 2008 Blanc/Argonne 2004
(Charles Heidsick)
Brut Reserve NV/ NV rose/ Blanc de Millenaires 1995/Millesime 2005
(Piper Heidsick)
Brut NV/Brut 2006/Rare Millesime 2002/Essentiel Cuvee/Rose Sauvage Brut 2002


よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »