« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014/11/27

ばんばん!ふれんち(其の三百二十四)

150x150_square_28897191
ル・マンジュ・トゥー
新宿区納戸町22
03-3268-5911

意外にも初訪問。openして20年の有名店なのに谷シェフは笑顔で迎えてくださいました。
移転前のお店は知りませんが、住宅地にあるこちらは外観かなりスタイリッシュ。おまけに席数が少ないから予約至難も理解できます。こんなに狭いのに、素晴らしい女性ホールスタッフがいるので当然居心地もよくなるわけで、記念日利用のお客様がそこここにいらっしゃいました。
G.ChampagneはDaniel Dumont Brutというあまり聞かないもの?で乾杯~♪有名なジビエコースはなくなってしまったらしいですが、せっかくのジビエの季節!なのでなるべく組み込んでもらえるようリクエスト。雉(きじ)のスープコンソメ、などはジビエくささなど感じず、ちょっと肩すかし?猪のロースト+トリュフソースもシンプルながらも秋冬の味わい。Givrey Chambertin VV 1999 (D. Heresztyn)に合わせたメインはエゾジカロースト。完璧な焼き具合ですが、も少しジビエくさいものが食べたかったかも、ってわがまま?(笑)
先月たまたま谷シェフの親父シェフ仲間?の北島亭にも訪問したけど、基本がしっかりした料理ながらも、料理とはやはり人柄が表現されるものなのだなあと実感したのであります。好みの料理スタイルです。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/26

ばんばん!ふれんち(其の三百二十三)

Img_20141120_190735551
ブラスリー ホロホロ
港区南青山3-17-1
03-6804-1136

女子に圧倒的人気を誇るらしいブラスリー。店名のホロホロはてっきりパンタード(ほろほろ鳥)のことかと思っていましたが、マダムによるとポリネシアンのほうでは「散歩する、ぷらぷらする」みたいな意味らしいのでつけた、、、とか。女子ばかりかと思いきやカウンターにはオジサマの姿もあり、おしゃれな内装と中庭のような景色がオトナ雰囲気。泡はCremant de Bourgogne。私にしては珍しく、ボジョレーヌーボーな日に訪問したので今年のものも味わいました。結構しっかりめで、いい造りの年なのではないでしょうか!グループだったので冷前菜はおまかせでしたが、日本の梨とぶどうのサラダ、なんてちょっと斬新(全然フレンチではないが、、、、)。お勧めメインの鴨ローストはボリュームもあり、焼き具合もちょうどよく。なによりマダムともども、スタッフのサービスが気持ち良いからついついワインも進んでしまいますよね、、、ブラスリーならお会計はレストランレベルにならないようにしたいものです。

Cremant de Bourgogne (Louis Max)
Leterres du Sud VPT (Viognier60/SB40)
Beaujolais Neauvaut 2014 (Christopher Pacalet)
Domaine de courbissac Minervois 2010 (Sy 40/Ca 35/G 25)

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/25

苦手でない山登り

150x150_square_27350231
肉山
武蔵野市吉祥寺北町1-1-20
0422-27-1635

空前の肉ブーム。なんででしょね?5000円一本のコース、予約の取れない店、、で有名なこちら、毎月1日12時に翌月分予約を受け付けるのですが、ここ数か月ずっと振られてあきらめておりましたところ、たまたま!つながって取れてしまった。。。ので、いざ参戦。八幡さま前の古いビル2階に入ると、意外と内装はこざっぱりとして、ワインバーの趣き。評判の店主・光山さんの姿は最後まで見えず、むっつりした女性スタッフ2人がもくもくと肉を焼いております。あまり飲まないのでドリンクは都度オーダー。ワインはフツーのものでしたが、赤白ほどほどレベル。合間にでたエリンギが一番感動!?パテカンからはじまり、あか牛もも、牛ソーセージ、馬せびれ、鹿もも、、、と赤身オンパレード。客層もやっぱり2、30代が主流です。大盛りでも、、、やっぱり感動するような肉質をほどほど味わいたい輩には、話しのネタに一度いけばいいかな?という程度でしょうか、、、確かに、締めの卵かけごはん?とカレーはするすると入っちゃうフシギ、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/18

お鮨の国の人だもの

11785_1
鮨処喜楽
世田谷区経堂1-12-12
03-3429-1344

予約の取れないすきやばし次郎とか。一度は次郎さんの鮨に出会ってみたいけれど、高級鮨ってどこでも懐具合がわからないから怖いですね、、、次郎レベルでなくとも、自分の鮨欲求を満足させてくれるお鮨屋さんはたくさんあります!さらにそこでシャンパーニュを合わせてみたいと思うのが泡好きということで、、大将もワイン好き、という駅南口のこちらに、一人一本持ち込み(さらに友人がグラスも持ち込み)の鮨シャン会です。おつまみとともに 最後は握りで。繊細な泡と、赤酢のマリアージュ♪

J.Lassalle BB 2004
Alfread Gratien 1999
Veuve Clicquot Rose 1989 Privee

それぞれ酸のタイプが異なるので、酢飯とのマリアージュも変化球が楽しめた。
自分のラ・サールも意外としっかりで◎。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/17

ばんばん!ふれんち(其の三二二)

150x150_square_31851983
ヌフ・ド・パプ
港区六本木7-17-19
03-6459-2235

新しい店が増えつつあるエリア!岩手の食材をメインに使った店、、、というとガンヴィーノを思い出すけど、アニキ系マスターの熟成肉系な店のせいか客層は男性メイン!?G.泡はBruno Paillard.、ワインはBIOもあったり、店名のヌフに限らずいろいろあるけどやっぱりヌフ 2004で。白子フランなんて寒い夜にはぴったり。希少部位なシンシンをステーキで、、、赤身はさっぱり食べられて、なんだかやっぱり物足りないナア (笑)マダムらしきかたがちょっと出し惜しみサービスで、残念。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/14

barの話⑩

幡ヶ谷 セルール
吉祥寺・麦グループの小さなワインバル。スタンディングが中心のオープンスペースだけど、幡ヶ谷の裏路地だけに席からの眺めはかなりキツイ 下町風です、、、、ビオワイン中心のリストから メルロー+カベルネのD'echo(Toscana)を。香味野菜サラダとともに食したけど、常連さん中心で盛り上がる店のようで、女子一人客はちょっと居づらい雰囲気でした。

経堂 蜜月
下高井戸から移転したワインバー。行く機会がなかったのですが、経堂も久しぶりに降り立つと変貌ぶりにびっくり!駅前は特に大きく様変わりしましたね~。経堂コルティのわきにある、意外にもオオバコなワインバーでした。
フードもジビエ料理などがあり、ワイン通が堪能できるラインナップ。階下がワインショップになっており、結構充実の品揃え。美形マダムのオススメでなんでも買ってしまいそうでコワイ、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/13

海辺の散歩

T_0025
wine & grill タロンガ 
ホテル日航東京台場内

珍しくお台場でラン大会があり、参加後のラン&ランチプランで訪問です。テラス前にどどーんと海が開けているお隣「veranda」と異なり、こちらはテラス前がチャペル。結婚式シーズンの11月は人がわらわらと通行するので、眺めは全然よくないです、、、。G.Champagneはアンリオ。ホールスタッフがイマイチ気のきかないおかたで、ちょっと気分がdown,,,,前菜はサラダブッフェの内容も寂しいし、メインは鶏かメカジキのチョイスでしたが いづれもかかっているソースの味が濃いのでファミレス風、、、、頼んでもなかなかでてこないcafeに平謝りでドルチェサービスで持ち直したけれど、、、、ホテル内レストランと思わないほうがいいかも!?

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/11

ばんばん!ふれんち(其の三百二十一)

S_1002
メドン・ド・ラ・ブルゴーニュ
新宿区神楽坂3-6-5
03-3260-7280

人気な神楽坂では老舗感ただようこちらへ数年ぶり訪問。あいかわらずメートルは「ベニスに死す」のタジオに似た仏人boyでサーヴィスの雰囲気はよろしいです (笑).料理はやはりワインに合うようなスタイルが多かったけど、選んだホロホロ鶏ローストはカレー風味が強すぎてちょっと困りました泣 G.Champagne Jose Michael NV. 赤はJoseph Roty AC Bourgogne 2011。やっぱりチェリー味が強すぎて、爽やかすぎるよね、、、ディナー時には2、3組しか入っていなかったけどなんとかこの街で生き抜いてくださいませ♪

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/06

say Cheese!

Yjimage
ワインに切っても切れないものはパンとチーズ。11月11日はチーズの日だし、毎日ワイン、毎日チーズ!している私、、、いまさらですが、academy du vinのワインとチーズのマリアージュクラス(奥山久美子先生)クラスに通いだしました。エキスパート取得から10数年、久しぶりに表参道のスクールに通うと、レイアウトも教室も様変わり、、、saleで購入できるワインショップも併設されていますからね!授業はチーズも9種類、マッチングで比較するはChampagneというなんとも幸せなひととき。懐かしいお隣un cafeでの放課後2次会がまた楽しい内容で、先生筆頭に生徒さんも元気すぎます、、、、食べごろのチーズ(授業ではすべてヒサダのもの)、なかなか出会うことができませんが堪能し勉強でき、学びと実りの秋を満喫です♪

放課後クラスのwine list:

Pascal Doquet 1996
Roger Brun Reserve familiale Enoteque 1992
Chassagne Montrachet 1er Cru Morgoet 1999 (Louis latour)
Puligny Montrachet 2012 (Henri Boillot)
Morey St. Denis 1er Cru Millandes 2007 (Michael magnien)
Clos St. Denis 2005 (Jean Paul Magnien)
Mazis Chambertin Grand Cru Cuvee Madeleine Collignon 1999 (Hospices de Baune)

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/02

びのびの!Tokyoいたりあん(192)

Restaurant_photos_photo_1396857091_
ボガマリ・クチーナ・マリナーラ
渋谷区千駄ヶ谷4-7-5
03-6721-1858

最近の肉ブーム!の対極として、特化したレストランて増殖中だと思うのですが、日本人なら海鮮(シーフード)ですよね。魚、魚介、甲殻類、、、、調理法もさまざまで野菜とも合う!人気店のこちらへ。半テラスの奥にるオープンキッチンには処狭しと魚介が陳列されており、ここから料理を選ぶスタイル。メニューがないので、グループで行ったら代表者に選んでもらうほうがスマートでしょうか?結構一皿の盛りが多めな上、塩味も効いていますので量には注意です。ワインリストは存在しており、スプマンテにはシチリアのDuca di Salaparuta Brut(最近よくみかけますね)、魚介なのでその後アブルッツオの白Trebbiano Orsetto Oro, Casal Thauleroをグイグイと。アンティパストをいろいろ6種、魚介のフリット、真鯛カルパチョ+いちじくはいかにも女子が好みそうなプレゼン。手打ちパスタも細くてよかったのですが、ドルチェは割と普通だったかな~?海鮮料理だけでもいろいろな調理法で飽きないですし、楽しくやるにはもってこいですね。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »