« びのびの!Tokyoいたりあん(204) | トップページ | 忘年会所感 »

2015/12/29

ばんばん!ふれんち(其の三百五十八)

150x150_square_30150975
ル・マノワール・ダスティン
中央区銀座6-5-1 B1
03-5568-7121

その昔々、、、、表参道「アンフォール」で衝撃の五十嵐シェフ初体験。好きだなあーこの料理!、、、で、銀座移転してからなぜかすっかり足が遠のいており(姉妹店のカーブドヴィーニュはよく訪問するのですが、、)本店は初訪問です。銀座でもうすぐ20年、街場のフレンチにしてはオオバコで立派ですよね!銀座の客層らしきオトナが集まる店内は、決してモダンではないですが落ち着いた雰囲気。G.ChampagneはChartonne Taille SA. アミューズには有名な一口ブータンノワールが、懐かしい。アラカルトで前菜は牡蠣の2種(ロワイヤル&フラン)はSancerre 2013 (Thomas & Fils)を合わせて。ジュレも濃厚、がっつりです。前菜もうひとつは鰻と海老ムーステリーヌ、、、これは洗練さがいまひとつだったかな。この時期こちらではジビエを食べなくては!とピジョンラミエ(山鳩)ロースト。こちらはジビエのコンソメロワイヤル。1羽で肝とともに十分な量で、Givry-Chambertin Clos de Neixvelle 2011 (D.Piere Gelin)を合わせて堪能。火入れはちょっと入りすぎかな~と思いました。サービススタッフは若手が多くて、ちょっとおぼつかない、やぼったいスタイル。ぴりっとしたベテラン給仕が増えてくれると、また雰囲気がグランメゾンに近くなるのに、残念。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

|

« びのびの!Tokyoいたりあん(204) | トップページ | 忘年会所感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ばんばん!ふれんち(其の三百五十八):

« びのびの!Tokyoいたりあん(204) | トップページ | 忘年会所感 »