« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016/09/29

イタリア尽くし

伊勢丹イタリア展
9月27日~10月2日まで開催のイタリア展@新宿伊勢丹!今年はイタリア人シェフとのコラボブースが多くなっている模様、、、こないだイタリア旅行したばかりでもまたチェックしたくなるイタリア食材 笑 ほとんど出尽くした感ありますが、チーズショップが増えていたような。私としては生パスタショップとか、イタリア本場のお惣菜ショップとかあると嬉しいのだけど、でているのは日本のショップがほとんど。生フレッシュポルチーニをローマで見てきただけに、冷凍モノが販売されていてもなんだかおいしそうに見えず(当たり前)。。生鮮食品は難しいですよね、そりゃあ遠い国だもの!それでも数多くのワインやオリーブオイル、バルサミコ、チーズやドルチェがテイスティングできる催事をゼヒお見逃しなく、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/26

夏の終わりはやっぱり⑤

P021050879_480
おけいずし 鈴政の部屋
渋谷区外苑前2-3-26
03-3405-4610

大将の別室がある、こちらで。政財界や芸能人も常連らしい歴史あるお店で通るたび気になっていましたが、んー、でもでも、やっぱり当代の時流とは異なる?異空間の鮨屋さん(ていうか、独創性あふれる和食)でした。。おいてあるお酒も大将が選んだものに限られます。シャンパンあるよ!といって出されたのがAndre Gallois、、、これ、1000円くらいのスパークリングなんですけどね、、、。つきだしは酢飯のおかゆ。たこの吸盤等、、、ちまちまいろいろでますがこれ!という肴がなく (泣)全然お腹いっぱいにならない。握りもよかったのは穴子くらいかなあ、、、とりあえず常連さんでもっているお店。救いはおかみさん?の細やかなサービスでした。外人さんグループにはもてるのかな!?

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/24

ばんばん!ふれんち(其の三百七十九)

100x100_square_48260394
ワインビストロ アプティ
世田谷区池尻3-19-16
03-3413-5133

三茶や池尻は有名ワイン系な店が点在しておりますが(uguisu, デュバリー、オギノ等)、こちらは某ワインバーオーナーおなじみの店、とかで、チェックしておりました。ジモティには手厚いサービスなのでしょうが、アウェイなお客にはどんな反応されるのかなあ??こじんまりとしてワインバーというよりもワイン居酒屋な趣き、リストも料理もカジュアルでワイワイ系。スパークも各国そろえておりますが、最初の一杯はグラスでLaherte Freres NVでほっと一息。魚介リエットや生ハム等がのったつまみ盛り合わせ、魚介のロワイヤル、夏でもあるよのカスレ、、、ワインにあう料理はしっかり味ですすみます。ちょっとお高めの裏リストもあるけれど、かわいい?価格帯のボルドーのクレマンBruette, PionのACブルピノ等で気にせず飲むスタイルが合っているかな。キッチンから死角のテーブルだったゆえ、サービスがなかなか行き届かない面もあり、ボトルももちろん置いたままのセルフサービス状態ですので、細かいことを気にせずいきましょう!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/23

ばんばん!ふれんち(其の三百七十八)

150x150_square_45607149
レストランシャルム
渋谷区代々木1-45-6
03-6276-3389

まともなフレンチの少ない代々木エリア、近辺には一世を風靡したキノシタがあるけどちょっと今の時流とは違うのよね。フレンチ気分なランチだったのでこちらへ訪問してみました。通り沿い、入れば重すぎず、白壁のファンシーなインテリア、でも床が薄いつくりのせいか?歩くと響くレストランです。オダギリジョーか、妻夫木君に似た?給仕はかったるそうにそっけなくてサービス不足。けれどしっかりサービス料5%が計上されていたのはどういうわけなんでしょうか~。G.白でChablis 1er Cru Vaillons 2014 (D.Jean Collet)名門の造り手を久しぶりに。平日限定ランチコースは一口前菜(パテカン)、いろいろ野菜のポタージュ、豚舌トマト煮でお決まりコース。スープは濃厚で、少し肌寒いこの日は楽しめた。ビストロチックなメインの食材をうやうやしく出せばレストラン気分にもなるのでしょうが、もう少しレベルアップがほしいところ。全粒粉の丸パンが香り高かった。週末は近隣の女性客等にぎわうようですが、夜はどうなんでしょう?シェフは代官山ラブレーにもいたとか、確かにマダム受けするまじめフレンチ。遊びがほしいですね!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/18

びあっじょ日記~イタリアのレストラン編~

Simg_0380
Il Focorare
イスキア島カザミチョッラの港から山のほうへグングン入った山奥にある、野趣あふれるスローフードなトラットリア。20時を過ぎるとざわざわと予約客がタクシーで駆けつける。ここのスペシャリテはウサギの土鍋白ワイン蒸し焼き!イスキアは山のほうはウサギがたくさんいるようです、、、4人前だから大盛りよって言われますが、ウサギちゃんは結構小骨が多いし味つけもさっぱりめなのでメインとしては2人でもシェアokなボリューム。アペは港のほうで先に済ませていたので(プロセッコ一杯頼んだら大きいブルスケッタ等3種つまみがついていた)控えめオーダーとはいえ、、、ニョッキもブッラータチーズが効いたトマトソースで美味!

Trattoria da Peppino
イスキア島サンタンジェロ地区にあるトラットリアは海の家風なたたずまいながら入ればこじゃれたリゾートレストラン♪料理もひかえめなボリュームで洗練されて、トマト、チーズ、ピスタチオソースのカサレッチャはもちもちでよいお味。イタリア滞在中初めて選べるグラスワインリストを見たのもこちらです 笑 床のたてつけはイマイチだし、未亡人の?マンマが世話焼きだけれど、さわやかな海の風が吹き抜けてます。イチオシ!

Pizzeria Da Michelle
おそらくナポリ一の人気pizzeria。予約とらないから直接行き整理券ゲット!ほぼ?番号順にはいれますが待ちますね~。メニューはpizza2種とビール、コーラ、ファンタのみの潔さ。焼いてはどんどんでてくる巨大pizza!ですがイタリアの空気のせいか?もちもち度も重くなくぺろりと食べれちゃいます。まわりのツーリストのほとんどは耳(というか、土手)を残していた、、、お腹いっぱいになっちゃうから、納得ですけどね。buono!

George's
いかにも古い?ホテル内レストランって感じの支配人。キビキビ動く若手スタッフもいるけれど、料理はクラシックで大盛り!花ズッキーニのフライ リコッタ詰めや、カラマリ(イカ)フリットなど正統派メニューはホテルレベル。でも手長エビのパスタがむちゃ塩効きすぎで塩辛い!ぐびぐびvino biancoが進むわ、、、

La Matricana
Romaの駅の近くにある骨太トラットリア。エントランスで待ち受けるオーナーはニットタイでも、給仕係は黒服で正統派。なんといってもここの名物はアマトリチャーナ!最近大地震があったアマトリチャーナの街はローマから近く、巡礼の店となったような、、発祥地としては有名ですね。本来アマトリチャーナはイタリア食文化に詳しい池田夫妻の近著によりますとスパゲッティーニが一般的らしいのですが、ローマ人はあまりロングパスタは食べないようで、リガトーニ(筋の入った太いショートパスタ)でオーダーしている人多し。とにかくトマトとパスタのコンビネーションがサイコウ!前菜ブッフェもひかれたけどおなかと相談して断念、、、ドルチェにプリンを。なぜかローマではよくプリンを見かけました。イタリアでもプリンはプリン、一番さっぱりしておいしかった♪男性グループが多いのもうなずける!

Da Enzo
ローマの下町トレステヴェレ地区にある人気食堂。オープンエリアもありまさに食堂って風情なのですが、とにかくテーブルの間は近い!隣に接近してるから、隣のオーダーが気になるう。レギュラーメニューのほかに黒板書き本日のオススメに注目。名物カルチョーフィの揚げ物は本日限定だったらしく売り切れ!悔しいのでここでもアマトリチャーナ注文♪また異なるトマトソース具合でした。メインにはローマといえばのローマ風サルティンボッカ。かなりさっぱりして、ほっとできる!思ったよりも繊細な味付けで安定感。ワインはデキャンタしかないので赤にしましたが結構合いましたわ♪


よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/16

びあっじょ日記~イスキア、ナポリ、ローマ~

Simg_0439
3年ぶりにイタリアに行きました!「リゾート島」征服シリーズ、今回はイスキア島へ。カプリやサルディーニャに比べてのんびり、地味~な田舎っぽさが、かなりゆるゆるでよい海沿い♪こじんまりとして落ち着いたリゾートホテル、朝食ブッフェもスプマンテありで満足でした。ちょうど聖人を祝うフェスタが開催日で花火も打ち上げ。火山エリアなので温泉施設がたくさんあり、温度ごとにプールが分かれております。意外と外人のかたがたは気持ちよさそう~につかっているので、本家日本人として塩味の温泉に水着でプカリ♪海を眺めつつ寝転べば時間はあっという間にたち、、。またはサンタンジェロ地区はプチ・カプリのようなリゾートエリア。オシャレなお店が海沿いを連ねます。その後はフェリーで戻りナポリで本場ナポリ・PIZZAを!・・・んー、美味しいお店もあるけど日本も負けてないと実感!ナポリの宿はちょい古い帝国ホテルみたいな過去の栄光系だったけど、メゾネットスイートを使わせてくれたからまずまず。最後は数年ぶりにローマへ高速鉄道=フェラーリ社開発のイタロで移動。遺跡に目もくれず、食べまくりの2日間 笑 食材店に多く行きたいお店がたくさんあったけれど、意外と歩くと広いのがローマで叶わずでした。ルレ・エ・シャトー系のホテルラファエルはナボーナ広場に近く、広々したテラススイートルームにしてくれて、2バスルームって初めてでした。いつ旅行しても違う表情を見せてくれるイタリアの各地方、奥が深すぎます~。レストラン詳細は続きます、、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »