« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016/10/18

12周年

767d8cd96ac8f2de37719194fa8ab9b4150
恵比寿のワインショップ、ラ・ヴィネの12周年記念ディナーが会員向けにありました@ロブション1階。前身のタイユバ・ンロブションのオープンは1994年とか、トータルでいくと22年もマニアックなワインを揃えて経営を続けているのですね~すごい!熟成ワインの宝庫ですが確かに昔は手前のparty(カジュアルワイン中心のワインショップ)ばかり見ていて、奥のラ・ヴィネは高級ゾーンで入りずらかったですわ、、、。場所柄よい客層をつかんでいる模様で、この夜もわたくしとは異なり?余裕のあるワイン生活を楽しんでいるような顧客の面々。お店の上階に位置するターブルロブションは宴会利用が多いかな。着席100名前後だと料理とワインのサーブも遅れ気味。料理もイマイチ切れがなかったのが残念、、、デゼールが一番花丸です。年配な先輩諸氏のテーブルが多いなかで若手グループもがんばっておりました☆ラヴィネお得意の熟成ワインのごとくなりたいものですね~。

SA Bugey Cerdon Methode Ancestrale Caveau Bertrand Chapel
2004 Champagne Bouche Pere & Fils Grande Reserve en magnum
2015 Chinon Blanc Cinq peres - DOmaine Wilfrid Rousse
2004 Chateauneuf du Pape - Ch. La nerthe
2012 Patrimonio Rouge Morta Maio - Domaine Antoine Arena
1971 Coteau du Layon - Moulin Touchais

24か月イベリコ生ハム ペジョータ トマトのトースト
オマールコラリーヌ デリケートな赤ビーツとコキヤージュのジュレ フヌイユのクレーム
真鯛ポワレ バジルの香ルトマトとグリーンタプナード
仔羊鞍下肉ロースト リダニョーブレゼ ロマランの香る肩肉のクロケット
オッソーイラティ ロックフォール+レーズン、クルミパン
イチジク ビスキュイババ フランボワーズのブリュレにミエルグラス
カフェ
プティフール ‐ マカロン、ミニフィナンシェ

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/16

びのびの!Tokyoいたりあん(219)

200x200_square_24536380
パンツエロッテリア
渋谷区松濤2-14-12
080-2675-7216

予約の電話を午前中営業前にしたら、電話にでず。営業時間に入ってから「お電話いただきましたか」ってコールバックが来たので、ずいぶん細やかなサービスぶりを発揮していましたこちらは揚げピッツアが名物のお店。今ナポリやローマでも結構はやってますからね、日本でも受けるのかしら、大阪本店からの東京進出とか、、、オーナーは長年ミラノ滞在らしく、イタリア度高い店かと思いきや店内のBGMはシャンソン、、、、??グラスワインはナミナミたっぷりのサーブが嬉しい。オススメ前菜の生ハム盛り合わせ、珍しきイタリア産ロバ!のトマト煮込み、、、(ほぼ牛肉に近い味わいで臭みはナシ)。水牛モッツアレラの揚げピザは生地も薄くあっさりいけちゃう。キノコのクリームソースパンツエロッテリアはまた異なる形状で、パイ生地みたいな感じ、少し生地がくどく感じました。オーナーのサービスはそつないのですが、場所柄常連さんが多いようで、そのかたたちとまったり話しこんだりしてました、、、なゆるゆる系。ワインをゆっくり楽しむという内観でもないので、ランチにさくっと、が正解かな?

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/15

やさいで!

150x150_square_3258604
クンバドゥファラフェル
渋谷区神泉23-1
03-6416-8396

パリでもローマでも、何気にあるある、なファラフェルサンド。東京で食べられる場所はかなり限定的ですが、そのなかでもピカイチ!の呼び名が高いこちら、、、、通りから店舗はそっけないスタンドカフェのようにも見えますが、ヒゲな男性スタッフがてきぱきと対応してくれます。1200円也のサンド(ノーマルサイズ)はナスのフリット、キュウリ、フムス、ファラフェルボールと野菜がギッチリでかなりの満腹感!お店にはビールしかないのが残念、、、、ですが。ビーガンならどうにもひきつけられるお味、食べずらいけど魅力的。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/12

ばんばん!ふれんち(其の三百八十二)

200x200_square_28604565
Marche de Jyuban
港区麻布十番1-6-4
03-6434-0481

何度となく通りかかっていたけれど、イマイチそそられるイロケがなかったのでしたが、機会あって訪問。2階はレストランぽい空間らしいけれど、今回はちょい飲み気分でカウンターもある1階で。暑い時期はテラス仕様にもなるテーブルもありですが、こじんまり。G.シャン(名前失念)とか、グラスワインが充実で今回スロベニア白、ロンバルディア州赤、南仏赤、食後酒と珍しいものを。ワインを語れるサービスマン、結構この界隈でも貴重ですからね。前菜スペシャリテが牡蠣と馬肉のタルタル、これが燻製っぽい風味のマリアージュでワインが進む♪トマトパスタを挟み、ここのウリである熟成肉へ、、、、赤身や部位がグラムで選べます。確かに、来店していきなり肉オーダーの男女もおりました。いわゆるダイニング~にしては、結構料理がんばっておりまする。でもビストロ~っていうほど、フレンチでもなく。ジューバンらしいお店なのかな!?ちょいとしたときに使える店になりそうです。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/10

音楽な夜 

200x200_square_55543957
GINZA KANADE
中央区銀座7-3-14
03-6264-5595

シャンパンバーVIONYSが出したカウンター会席xシャンパーニュの店。目立たないクラブビルの2階なので、ひっそり感あります。吉兆などで修業された?女性料理長の繊細で工夫をこらした感性が華開いたコースで堪能できました。食前酒はシャンパーニュを特別ブレンドした梅原酒で、すこうしパチパチ感が楽しめる。もちろんシャンパーニュに会席コースは合うのは当たり前なのですが、厳選された食材に沿うようなお出汁と醤油と酢加減のバランスがポイントなんでしょうね。Blanc de Blanc で熟成感のある酸とのマッチングのほうが、全体的に合う気がしました。鱧カツってのがおもしろかったです!

先付:青森県産 塩水雲丹 旨出汁ジュレキャビア
お椀:壱岐産天然真鯛 松茸椀
お造り:壱岐産 クエ、三重産 シマアジ
口替り:静岡産いちじく旨煮 京湯葉ゴマだれ
シャンパーニュ八寸:車海老 京芋旨煮 ゴマ寄せ豆腐,青森産スルメイカ たたきオクラ
伏見とうがらし、マコモダケの天ぷら、新銀杏、江戸前煮穴子 里芋博多押し 秋茄子すり流し
温物:天草産 鱧カツ、根室産新秋刀魚 わた味噌、厚岸産真牡蠣燻製
お凌ぎ:フォアグラ最中(マンゴーピュレ)
強肴:A5和牛 カブリ
飯物:真鯛と栗の炊き込みご飯
水菓子:旬の果物(ぶどう)シャンパーニュジュレかけ

シャンパーニュデギュスタシオン:
Diablot Vallois NV
Charles Heidsick NV
Alfread Gratian NV
Gatinois NV

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/04

ばんばん!ふれんち(其の三百八十一)

200x200_square_56727777
organic cafeあたたかなお皿
武蔵野市御殿山1-5-5
0422-24-6615

野菜ソムリエ協会認定レストラン、、、らしい。半分マクロビアン?なわたくし、organicといえば吉祥寺にいくつかあるけれどレストランとしては比較できるほど数がなかったので、これは期待の新星。たしかに~ウッディな店内はとっても明るくて、カフェですからお酒モードとちいと異なる 笑 でもイタリア、フランス、スペイン中心のオーガニックワインもあります。スローテンポなホールスタッフさんにオーダーして神楽人参のオーブン焼き、彩り野菜のタルト、爆弾トマトパスタ等野菜の味わいを生かしたお皿の数々、結構メニュー開発もがんばっているようで、キレイ!とはいえノンアルでいける塩加減ですけれど、、、、笑 鴨ローストや大山鶏の鉄板焼きなど肉メニューも充実なのがよいですね。焼きたてパンがほわほわで癒されます。総合的に見てカフェとしてのポイントは高くなるでしょう、、、(夜よりやっぱり昼向きかなあ?)

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/03

夜の音楽舞踏会♪

Img_0551
雑誌LEON主催のイベント DISCO LEON@グランドハイアット東京 に参加してきました☆毎年開催なのか?80年代disco musicといえばDJ OSSEY、、、、のまわすイベント。今回は創刊15周年ということで当然客層はLEON世代かと思いきや、、、意外にも若い層が目立ちました(やっぱり男性が多いかな??)。moetやメルセデス・ベンスがスポンサーに付きながらも、進行はいたってノーマル。ブッフェは小さなアペタイザーはグラハイながらも、ホットドックやエスニックもあるdiscoをイメージしたメニュー。ドリンクはモエシャン(ワイン無し)など結構限定的でおもしろい。途中からはおなじみパンツエッタ・ジローさん(さすがに年季入ってきた?!)や前田編集長、シークレットライブにはレイパーカーJr.さまなど、あいかわらずの盛り上がり。お立ち台まで用意されたフロアで、女性はかなりの露出度のかたも、、、、とにかく気合の入ったベテラン層の?ファッションチェックが面白い!いや、日頃のウサを晴らすべく、fever!な夜でした。。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/02

ばんばん!ふれんち(其の三百八十)

5481401
ルピニョン
中央区日本橋蠣殻町2-15-1
03-6264-8382

またまたアウェイなエリアに出没~。人形町、水天宮前エリアも最近ワインな店が増えているのは知ってはおりましたが、、、なにせ行く機会がなく、しかも夜となると、わざわざ感があり、、、。下町人気からかマンションも増えているし、週末は会社員以外の近隣住人がいるのでしょうけれどね!今回は友人のフラメンコ発表会の帰りに訪問してみました 笑 カウンターもあるウッディーな店内は結構ゆったり、ご夫婦2人でまわすには限界な席数。オーガニックワインがリストに多いのですが、せっかく写真入りなのにイマイチリストが見づらいのが難点。まずはジル&ロマン・コレのクレマンにて乾杯。料理は和食材も使ったきれいめフレンチ。最近流行りなのか昆布森産の生カキはリンゴのやや甘いジュレと。さんまとジャガイモのミルフィーユ、メインは栗豚ローストで。ごってりソースをつかったスタイルではなく、素材を生かしたアプローチが和風かも。お皿やカトラリーを都度変えてくれたり、満席なのに細やかなサービスはかなり好印象。オープンして2年らしいけれど、地元に愛され、このエリアで抜きんでているのではないかな?応援したくなる店です!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »