« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017/09/29

ばんばん!ふれんち(其の四百十四)

150x150_square_62967944
ラメゾンクルティーヌ
杉並区阿佐ヶ谷南3-3-10
050-5592-6480

善塔シェフはフランス修業後、六本木→阿佐ヶ谷で独立。駅前繁華街に忽然と存在するフレンチ、ちょっとまわりとは空気感が異なりますが(笑)もうオープンして6周年とか、この街になじんでいるのですね。当初はたしかビオワインをウリにしていたと思い出しますが、現在は熟成肉を前に押し出しメインのお肉も木炭包みで供されます。Champagneはこのボリューム感にばっちりなルイ・ロデレールクリスタル2009. この年は葡萄がかなりよく完熟して、がっちりしっかりしたストラクチャーを楽しめます。welcome plateもフェミニンでクラシック。シェフの料理はトラディショナルとはいえ、斬新な手法を用いながらも塩分をギリギリ抑えた味わいゆえ、ワインがとても生きるお料理であり、マリアージュをより一層深いものにしてくれる。赤はイタリアのLe cupole di Trinolo 2013.ボルドースタイルな凝縮感あるエレガントな味わい。。まだまだ進化しているのを実感いたしました!

amuse bouche: 小さな琥珀色のコンソメスープ
パテオンクルート トリュフのエスプーマ
フォアグラとプラムのミルフィーユ仕立て ペリグーソース カカオ風味
美食家のブータンノワール
オマールアラヴァニーユ
煤けたェシャロットを浴びた熟成近江牛の木炭仕立て
パイナップルソルベとバジルジュレ
ヴァローナショコラとキャラメルフォンダン 山椒風味
フランス産パムプリー無塩バターと自家製パン
ミニャルディーズ(フィナンシェ、カヌレ、ナッツボール)
ハーブティー

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/25

食欲の秋な会

Column_f7e010b5813b79ac56193275f779
AEG
港区白金台5-3-2 B1
03-6277-1399

今回はお店の開店一周年パーティーに潜入にして初訪問というレポート。
白金高輪のフレンチ「オレキス」の春藤ソムリエの経営な店第二弾です。

デンマークの三ツ星レストランで修行された女性シェフの店、ということで。noma以降、ノルディックな話題はパッとしませんよね。こちらはずいぶんおこじんまりとウッディーな店内。料理はジャパニーズノルディックキュイジーヌ?みたいに和食材も使っており、わりとおとなしめな印象。パーティーフードでしたが、結構味わいはオーソドックスでした。通常ディナーはどんなのかしら、、、ワイン生産の北限も上がってきているので、そのうちデンマーク産ワインなんてでてきそう?

AYALA brut
Riesling (Bott Geyl)
Bourgogne CH (?)
Bourgogne PN VV 2014 (Maison Roche de Bellene)

ライ麦オープンサンド(熊スモーク、豚リエット、鹿スモーク、カニリンゴ、サバ)
花オクラのサラダ
ますのスモーク+スクランブルエッグ
オマールエビのビスク
厚岸産生牡蠣
エビサラダ
鹿肉ロースト+イーツ
豚ロースト+キノコ
アップルパイ

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/18

ばんばん!ふれんち(其の四百十三)

150x150_square_67991317
松㐂
中野区中野2-23-3
070-327403730

人口過密になった街・中野。線路際の通り行ったことなかったなあ~、こじゃれた古いビル1階のカウンターフレンチが大人気というので訪問。元は代々木八幡あたりのワインバー勤務だったご夫婦経営ということですが、、、、バイトさんも使いながらも調理にサービスに手いっぱいなのか?なんだか訪問後しばらくは放置プレイ。。店内は続々と女性グループが来訪するも、かなりのマイペースなサービスぶりで、早く飲みたいノリはあえなく撃沈w。すこし中央線チックにテンポを変えてほしい気もいたします、、、、21時前まではコース一本5千円という強気もの。アミューズ+スープ+前菜(チョイス)+主菜(チョイス)。前菜としてはトリップの塩煮込み?、メインはほろほろ鶏ロースト、、、だけれど、想定内な美味しさなのであまり感動はなかっかな?それよりコースなのに、カウンターの席はスツールで、ご主人は奥のほうに陣取る常連客とばかり話しており、なんだかおもてなし格差を感じてしまうのでした。。ワインはグラスで微発泡、その後ボジョレーヴィラージュ(Jules Metras)。自然派のボジョレーヴィラージュは、ほんと癒される。上質なピノノワールと同じような落ち着き加減があるから、ほっとするのかも。


よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/17

晩夏のしーすー

150x150_square_69414858
鮨いしかわ
新宿区西新宿1-6-1 エルタワー地下
03-3340-3245

食の不毛地帯=新宿。ましてや鮨屋となればない!・・って思っていたけど、ここは穴場かも。西口駅前エルタワー地下は昼時は会社員が集う飲食店が入っておりますが、ここはなぜかエントランスから別世界。のれんを潜ると白木のカウンターとテーブル席。常連客らしきかたがたで盛り上がっております。元気印な親方の前でいただく「涼風」コースは赤身、白身、中トロ、赤貝、甘エビ、いくら、穴子、玉子つまみにお椀がついていながら、なかなかネタが厚みもあるし内容良いかんじ!お隣の上品なマダムが頼んでいた佐島のタコも追加しちゃいました、、、職人さんは4-5人いて分業制で握っており、親方の個性がありあり、という鮨ではないです。好みとしてはもうすこし酢が効いていてほしいのですが、万人うけの酢飯かな?ワインはモエシャンなどハーフからありで、ケンゾーエステートもおいてあるのがびっくり。ちょいとつまむのに、よいところ見つけました♪

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/11

びあっじょ日記~軽井沢から三浦半島~

Le_ycnzxwzbpgelbgup1lgxc1meverdv3di
日本の山リゾートといえば軽井沢。あいにく到着日は肌寒い雨模様でしたが、、夏休みも終わり旧軽銀座もガラガラ。だいぶ店舗の入れ替えがあったようで、どこにでもあるような観光客向けストリートになってしまいましたね、、、。旧軽にほど近い「ルグラン軽井沢」は最近できたホテル。客室に入ってしまえば、かなりゆったり、大浴場に軽井沢にはないはずの温泉あり!(東北地方からお湯を輸送しているとか)。バーのディスプレイがワイン置きすぎなのが気になりました、、。翌日は少し足を延ばして、エッセイスト玉村豊男さんの経営するワイナリー「ヴィラデスト」へ。葡萄たちが収穫を待っている葡萄畑が美しい。当然併設のカフェレストランにて数種を試飲、、、シャルドネの出来ばえが日本らしいエレガントさがありよかったけれど、メルロー等はすこし骨太すぎる印象?国際品種は難しいですね。その後は海のリゾート・イタリア半島といわれる?三浦半島へ。のんびり海をながめつつj浜辺をお散歩すると、波間はもう秋の香り。テラスで泡アワしつつ、三崎イタリアンにて珍しき魚との出会い。三浦野菜や魚介類、もちろん牛や豚肉などの地産ものがなかなか旨みあり!の発見でした。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/03

夏納めシャンフリー?

Wine_france_brunopaillard_brutpremi
銀座ヴィオニスにてハッピー泡、8月は「Bruno Paillard」。PN45CH33PM22の、しっかりながらも軽やかさもありのいい熟成具合なBrut Premier。今年の夏もシャンフリーいろいろ行きましたがうれしい締めかしら。名残のお料理鱧フリットも絶妙!こちらはお料理も美味しくて満足です。馴染みのスタッフさんの入れ替えが激しいですがいつ来ても和める空間です。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/02

ばんばん!ふれんち(其の四百十二)

150x150_square_71601760
遠藤利三郎商店 神泉
渋谷区神泉町11-9
03-6455-3460

奥渋は昨今本当にお店が増えてます~。特にワイン系なのかしら?神田や押上に店舗もあるけど、ここが一番落ち着いているらしいロケーション。2階のテーブル席は2時間制だそうで、1階カウンター席に。グラスワインが品種別に豊富、しかもレギュラー(100)とテイスティング(70)と量が選べるから、いろいろ楽しむにはうってつけ。泡はアルザスのビオとして名高いボット・ゲイルのクレマン。クレマンダルザスはバランス具合にばらつきがあって私も通常は選ばないのですがこれはヒット!なるほど、泡も細かいしPN,PB,CHのセパージュがいいのかも。前菜盛り合わせはレバームース等肉系で、赤にいきたっくなるところ、、オーストリアのブラウフレンキッシュで。PNに似たエレガントさが心地よい。鴨ローストとチーズ、久しぶりに食後酒としてバニュルスも!カウンターながらもサービスもよく、落ち着いて飲めました。料理は特筆するものなかったけど?ワインをいろいろ楽しむにはうってつけの晩夏な夜でした。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »