« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017/10/22

ねえ マスター

31bfcee0
世界のワイン資格の最高峰と言われるマスターオブワイン(MW)。なにせ有資格者は世界で300人余といわれ、唯だ独りの日本在住日本人資格者である大橋健一MWのセミナーに参加してきました。テイスティングは5種。テロワールで語るワインの時代は終わり、醸造テクニックにより世界各国でいろいろな品種ワインが注目されている、、、という潮流は理解できました。でもこういうセミナーで出されるワインって本当に美味しくないんだよね、、、、、W

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/20

ばんばん!ふれんち(其の四百十五)

150x150_square_35974802
ラミティエ
新宿区高田馬場2-9-12
03-5272-5010

日仏学院があるせいか&神楽坂も近いせいかビストロ密集地帯な飯田橋。いくら近いといっても高田馬場は早稲田大学生でない限り、あまり来る機会ないですよね??予約の取れない大盛りビストロとして名高いこちらに、某ワインセミナーがたまたま高田馬場であったので、帰りによってみました!・・・昼夜2回転だそうで、当然2回転目の21時過ぎ入店。予約の取れないはず、席数少ないし、かなり狭い!ですがグルマンたちの熱気であふれております。それにしてもオーダーから料理提供までがかなりクイック。2回転のオペレーションはすっかり定着し、テキパキとこなされております。前菜+主菜プリフィクスの2800円ワンコースですが、プラス料金などもあり。夜遅めなのでなるべく軽いお皿を選んでしまう弱気な私・・前菜はアボガド+ズワイガニのトマト冷製、主菜は王道・鴨コンフィ(青森産ゆえ+200円)。ぶっちゃけメガ盛りと評判でしたが、結構フツーに本場フランスのビストロでも提供される量なので私は難なくクリアー(笑)。たしかに、「美味しい」と感じるには、ある程度のボリュームは必要です。が、シンプルなビストロ味なのでちょっと飽きてしまいます、、、、塩もメガ級に合わせて抑え気味なのかな。グラスワインは3種類から選べますが量の割に、料理と比較するとコスパがイマイチかも。宮下シェフは80年代から東京ビストロ創世記から牽引しているようで、このままこの路線を貫いていくのでしょうか!


よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/18

飲みくらべ泡

24844142
RRR ビストロ
港区六本木5-9-22
03-8804-1938

芋洗坂の結構こじんまりなワインビストロ。少しミーハーちっくな接客?だけれどたまにお得なプランを開催するらしく、泡のフリーフロー。90分勝負はあっという間なのですが、テタンジェ専用グラスにてぐびぐび。
熟成肉がウリのようですが、お値段もまずまずしますので料理の評価はフツーで特に高くないかも。カウンター仕様の椅子なので、ちょっと長居するのはつらいです!

ゴッセグランダネ2005 1 GLASS
ルイ・ロデレール、ゴッセ、テタンジェNVの三種類フリーフロー


よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/15

秋味な泡

Wineuki_0103002013952
シャンパーニュ地方ではかなりの若いメゾン・1976年創業のニコラ・フィアット。創始者が現存する唯一のシャンパンメーカーでもあります。特徴としてはアメリカから人気が出てグローバル化、、、というサクセスストーリーがあり。新作お披露目会がありましたので参加してきました★シャンパンの生産業態として通常NV(ネゴシアン)、RM(レコルタン)とありますが、おそらく日本で一番有名なCM(コーポラティブ=生産者協同組合)なのがこちら。生産量とバラエティ(ラインナップ)の多さは目立ちます!新作の「アンシャントメント スペシャルエディション2009」はじんわり2009年の濃厚さが感じられるヴィンテージ。「パルムドール」は有名ですがセニエ製法なロゼより白のほうが私はスキかも。2006 BBもエレガントさが際立ち、新たな発見。軽快なイメージありましたが、本拠地のシュイイでこだわりBBでもいただきたい気分です。

Enchantment Special Edition 2009 (free flow)
Brut Gande Reserve (free flow)
Grand Cru Blanc de Blancs 2006
Palmes D'or Rose Brut 2006


よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/11

旅の食日記

ベル・クール
軽井沢フレンチ数あれど、一軒家の風情があるのはなのはこちらが一番?テラスもある広いダイニング。イメージしたトラディショナルな料理とは少し違ってモダンな手法も。デゼール替りにチーズ3種を選べたのが嬉しい♪ワインリストはブルゴーニュ中心。

やきとり こみやま
旧軽銀座通り近くの一軒家。某ホテルから独立なさった大将とはいえ、かなり広い店内で心配に。有名芸能人のご主人様が常連とか、上品でありつつ大き目な串でした。泡はなし、ワインもグラスで赤白一種類ずつがサミシイ。。。

ヴィラデストワイナリー カフェレストラン
カフェ、と名前がつくようにカジュアルなワイナリーレストランながらもサービスはしっかり。ツアーで立ち寄るご年配層むけなのか、コース料理も割と野菜中心でヘルシーですね。当然御ワイナリーのワインのみサービス提供。階下にはきっちりワインが仕込まれておりました。

ステーキハウスそうま
葉山の山奥に名店あり?歴史ある内装、ウンチク好きなシェフの焼くステーキは国産(常陸牛)と豪州牛を選べます。状態のよいものをブランドで決めつけず仕入している姿勢はプロフェッショナル。ガーリックライスが独特のモチモチ感でこれはまた面白い。ワインの種類は白赤2種類くらいなので、こちらもサミシイかぎり。

トラットリアボッカ
三崎港を眺める2階。北方謙三氏もご来店、わかりやすい海辺トラットリア。地元で有名になった「ダツ(カマスの一種)」という深海魚なお魚、結構脂がたっぷりで、炭焼き+レモンで体験。珍しくも美味でした。まぐろは東京でもおいしくいただけますゆえ、ここでしか食べることができないものをぜひ!


よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/10

びあっじょ日記~軽井沢から三浦半島~

Le_ycnzxwzbpgelbgup1lgxc1meverdv3di
日本の山リゾートといえば軽井沢。あいにく到着日は肌寒い雨模様でしたが、、夏休みも終わり旧軽銀座もガラガラ。だいぶ店舗の入れ替えがあったようで、どこにでもあるような観光客向けストリートになってしまいましたね、、、。旧軽にほど近い「ルグラン軽井沢」は最近できたホテル。客室に入ってしまえば、かなりゆったり、大浴場に軽井沢にはないはずの温泉あり!(東北地方からお湯を輸送しているとか)。バーのディスプレイがワイン置きすぎなのが気になりました、、。翌日は少し足を延ばして、エッセイスト玉村豊男さんの経営するワイナリー「ヴィラデスト」へ。葡萄たちが収穫を待っている葡萄畑が美しい。当然併設のカフェレストランにて数種を試飲、、、シャルドネの出来ばえが日本らしいエレガントさがありよかったけれど、メルロー等はすこし骨太すぎる印象?国際品種は難しいですね。その後は海のリゾート・イタリア半島といわれる?三浦半島へ。のんびり海をながめつつj浜辺をお散歩すると、波間はもう秋の香り。テラスで泡アワしつつ、三崎イタリアンにて珍しき魚との出会い。三浦野菜や魚介類、もちろん牛や豚肉などの地産ものがなかなか旨みあり!の発見でした。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/08

びのびの!Tokyoいたりあん(231)

200x200_square_41441761
レガーロ
渋谷区代々木4-6-2 B1
03-6383-3384

参宮橋駅前の商店街には食どころが密集。ミシュラン★つきのイタリアン、隣のお店は来たことあったけど地下ではいりづらく、、やっと訪問。白を基調の店内、音楽はスタイリッシュ、だけどエントランス側には焼酎の瓶が見えたり、ほわーんと代々木の空気。おひとりさまだと必ずカウンターに通されてしまうけれど、ずいぶんテーブルが空いているのでテーブル指名。マニアックなソムリエにリーデルグラスで供されるはフリウラーノ種のTerpin。珍しい作りだけれど説明され興味もってオーダー。オレンジワインの如くな色調、味わいはほんのり甘味も。前菜4種、パスタ4種からチョイスのコースでしたが、ハチノスと椎茸のトリュフォラーティ(つまりキノコソテー)+アリッサの前菜はワインにばっちりな塩味。やわらかいミルクパン+パルミジャーノのかかったフォカッチャパンも進みます。自家製のトレネッテは細いうどんのようなパスタ。しっかりとした旨みの牛煮込みソースにはじゃがいもがin。なんか北イタリア地方の料理ってじゃがいもがよくアクセントででてきますよね。ジェノベーゼソースにも混ぜたりとか。日本では主役になるじゃがいもなので、脇役さんとしてキラリと生かされているのもステキです☆。今度は夜にゆっくり訪ねてみたい。気になった点:店内の扇風機+アンダープレートがないパスタ皿。せっかくのロイコペだったけど、あえてカジュアル狙った路線なのかしら?


よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/07

あっぽーぱい

Yjimage
秋の果物といえば、、、林檎。リンゴ。アップル。ポム。なんとなくリンゴ・スターな英国なイメージ。会社名にもなるくらいです。アダムとイブも食べていたのだから相当歴史あるはず、、、バラ科のこの果物の発祥の地はトルコあたりらしいけれど紀元前6000年って想像もつかないわ。日本でもみかんに負けずと劣らず人気の果物ではないでしょうか!

林檎といえばアップルパイ。ケーキ屋さんには、アップルパイを置いていることろと置いていないところを分かれます。フランスのショーション・オ・ポム(林檎パイ?)と混同してブーランジェリー寄りのケーキ屋さんには置いてあったりします。同じく林檎といえばタルトタタンケーキが有名ですが、「パイ」と名のつくからにはパイが決め手ですが、昨今はほとんどパイを無視して、中身勝負なスタイルが主流のようです w
奥が深いのでカスタード入りか?温めてor wioth icecream?と分けて調査してみました。。。

紀伊国屋各店:ワタシノ中のパイナップルの基準。小さい頃から馴染みの味。パイが層になってなくて、上部もパイでおおわれている。大き目カットの林檎ちゃん。ホール売りなので切り分けにくいのが難。

Foundry(軽井沢 他)::都内にも展開のスイーツ店ですが、イチオシアップルパイは、、、少し期待はずれ。かなりリンゴが甘めで、酸味が生かされておらず。。。行列してまで購入すべきか?

French Bakary:(軽井沢):老舗ベーカリーの限定。長方形な大きさで端から切り分けスタイル、林檎はパイの上とは正統派の趣き。カスタードと甘酸っぱい林檎のハーモニーがgood。

アミーズ:(谷中本店、都内に支店あり):お母さんの癒し系なお味、スタイル。素朴感が受けている?

Granny Smith:(表参道 他):アメリカンスタイルのパイはクランブルが施されているのが特徴。同じアップルパイでも数種類あるけれど、いまいち違いがわからず、、、

the Pie Hole LA(新宿ルミネ):パイ専門の日本1号店。上記グラニーと同様アメリカンスタイルっていうんでしょうか、クランブル山盛り。パイはほとんどなくて中身勝負!

スターバックス(各店):こちらも万人受けにやや甘めな林檎。プラス料金で生クリームを選べる。バニラアイスもあるのかも?

よければポチしてね↓
Banner_02_4Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/06

barの話⑮

150x150_square_71847758
A bar forest
最近駅周りが開発されオサレになった西荻窪の駅近く、なバー。西荻ならではのスペーシーなとこ、オーセンティックな感じ、好きです。この広さにマスター一人ってのもいい。優しいスプリングバンクにしておきました、、、女子も入りやすいので、まったり飲みにいいです。

bar S
新橋寄りのレストラン資生堂本店の最上階、11階に構えるバー。17:00-19:00はhappy hourゆえ1ドリンク800円(税込)とは、銀座で一息つきたい&0次会したい時に足が向いてしまいそうにハッピー。チャージは20時以降かかるということで早飲み族は持ってこい♪一応泡白赤、とそろっているので、champagneを(銘柄聞いたことないものでした)。天井の高いカウンターが女性おひとり様もくつろげて心地よい。本日のウィスキー、ブッシュミルズで締めました!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »