« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018/08/29

ばんばん!ふれんち(其の四百四拾六)

102181pb10000031
六本木ヴァンサン
港区六本木5-18-23 B1
03-3589-0035

月例開催のワイン会に参加してみました!シェフとは30年来のお知り合いですが、ワイン会としては行き慣れずドキドキでしたが、、、心配ご無用でした。レギュラーでもう何十年と続けていられるとのこと、参加メンバーさんもレギュラー陣な先輩ムッシュマダムが多いようで和やかな雰囲気。スペシャルな古酒ワインも登場、内容がとても充実です。なにより城シェフのコメントともに、旬の食材を使った古典派フレンチコース料理も堪能できます。フレンチはやはりクラシック、そしてソースが命ですね。そして寄り添うのは極上正統派なブルゴーニュ&ボルドー。既に20年以上前、とにかく90年代ワインはタンニンの溶け込み具合がよろしくて、スイスイですよね。月一回でも良いものに触れていたいと思う心が、皆様を若々しく美しくさせているのだとつくづく感じ入った次第。とにかく皆様、、パワフルです!

.Champagne
白:Chassagne Montrachet 1er Cru Morgeot clos de la Chapelle 2011 (D. dug de Magent,) Juis Jadot
赤:Bagizagan Merlot 2009
赤:Ch. Malescot St. Exupery 1993 Margauxt
赤:Barolo 1994 Steffano Farina
赤:Les Forts de Latour 1998

前菜:カラスミ&紅心大根、生ハム&無花果、サーモンテリーヌ、
スープ:冷製広島産ムール貝 ジュレ
魚:平目のサーモンムース シャンパンソース
肉:仔羊ロースト(ヒレ) 赤ワインソース 茄子 フォアグラ
デゼール:ぶどうジュレ フランボワーズ
cafe
ミニャルディーズ:マカロン、ショコラ、オレンジピール、フリアン

よければポチしてね↓
Banner_02_4

フレンチ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/28

久しぶり料理教室

10069950n
パンツエッタキッコ先生のイタリア料理教室。スポット参加から初めてかれこれ10年以上?レッスン場所は変われど、この夏から始まったコースは一クラス6名限定でなかなか参加も至難のワザ。家庭料理だからこそ、ゆったりした空間で作りたいですよね!

ししとうのソテー
きゅうりのギリシア風サラダ
とうもろこしとズッキーニのリゾット
鯛のアクアパッツア
パイナップルソルベ

Ludoのパン
Rose Frescobaldi Alie
白 Donnachiara Greco di Tufo

よければポチしてね↓
Banner_02_4

イタリアン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/24

ばんばん!ふれんち(其の四百四拾五)

0000000053692
kiki harajuku
渋谷区神宮前6-9-9
070-3882-3150

行かないエリアである明治神宮前(原宿)交差点。この近辺でライブがはねた後、行ける店がなくて探した末、LOギリギリ入店!こじんまりした店内はまさしく女子グループばかりで月曜日夜なのにぎわっていてびっくりです。日本ワインリストがイチオシのようで、まったりしたホールスタッフのおすすめもありロゼ泡を、、、素直な造りでほっこりできます。和テイスト溢れる独創的な料理の数々、ちょこちょこつまみつつ食べるのもよいですね。

B.Rose泡 Cuvee Rose Brut, 広島県 福山わいん工房(マスカットベリーA)
B赤 サンクルージュ、山梨県 五味葡萄 (CS< M, Sr, ブラッククイーン、マスカットベリーA)

桃の茶碗蒸し
いちじくフリット
キウイ、きゅうりのかつぶしサラダ
ミラノ風カツレツ 地鶏バージョン
野菜グラタン


よければポチしてね↓
Banner_02_4

フレンチ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/23

びのびの!Tokyoいたりあん(245)

アッピアアルタ 1階 
港区西麻布4-22-7
03-5774-0960

広尾アッピアのカジュアル支店としてこちらにありますが、地下だけでなく1階にもカウンター席があるとかで2軒目利用。なんでもオーダーメイドで作ってくださる料理のためか、広々としたカウンターキッチンの造り。いかにも東京っぽい雰囲気、ゲーノー人出没率が高いのも納得です。原点のキャンティ同様、サービススタッフがベテラン風?で落ち着くのがいいですね。フランチャコルタ(カデルボスコ)とともに各種あるドルチェをチョイス利用でしたが、、、お味は平均レベルかも。いわゆるCPはよろしくないですが、雰囲気重視で!

よければポチしてね↓
Banner_02_4

イタリアン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/22

びのびの!Tokyoいたりあん(244)

150x150_square_78192092
ボッテガ
港区広尾5-17-8
03-6450-3933

元アロマフレスカ、カーサヴィニタリアから独立した笹川シェフのカウンターメインなイタリアン。電話予約時によい印象を受けなかったのですが、人気店&小さな店ゆえ混んでいるし仕方ないのかな?キッチンに2人、サービス1人でまわしていますからね。。ワインリストは料理に比べるとちょっとお高めのものばかり、ビオ中心みたいですが、グラスワインのチョイスが意外と少なく残念。料理はスペシャリテのモツ煮がヒット!あとは生パスタも外せないですね。季節とはいえなんにでもサマートリュフをかけるのはいかがなものか、、、と思っちゃいますが w 東京のキレイメイタリアンは洗練度が高いです。あとは化粧室の香りが改善点かと思いまふ、、

G. Francia corta Andrea
G.白 Derthona Lacrime del Bricco, Boveri 2015
G.赤 Carmignano Terre a Mano, Bacchereto 2013

つきだし:オリーブ
前:ブッラータとトマトのサラダ
前:トリッパ、ギアら、小腸白煮込み
パスタ:タリオリーニ 生しらす+ボッタルガ
主:和牛ロースト+サマー黒トリュフ


よければポチしてね↓
Banner_02_4

イタリアン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/21

ばんばん!ふれんち(其の四百四十四)

150x150_square_90159308
ルミエルネ
世田谷区北沢3-18-5
03-3465-0573

数年ぶりの訪問です。木原シェフも阿武ソムリエも健在!お店は5年目に突入、遅い時間もお客様がひっきりなしで、安定繁盛店に成長しました、、、よかったです♪スペシャリテの野菜の30点盛り、以前にもましてナチュラルな味わいになったような。料理もかなり改善されレンジが広がりました。なによりグラスワインリストの豊富さ!白赤20種類くらいあるのでは、、、、ナチュールだと管理も大変そうですが、面白いものの出会いもありました。下北沢のビストロも増えてきたので、ますます研鑽されてください★

G.sparkling - Le Chams Libres Saint Peray Methode Traditionnelle NV, Cote de Rhone (Marsanne 100)
G.orange - VdF Blanc Ondine, D.Clos Massotte 2017, Languedoc Russion (Grenache Blanc,Macabu)
G.赤 - Silene, Les deux terres 2017 , Cote de Rhone (Merlot)
G.Rose Marsannay Couer de Rose 2015 , D. Ballorin & F, Bourgogne (PN100)

車エビとトマトムース
季節野菜の30種 - ガルグイユ
鮎の春巻き
国産猪肉のロースト、ゴーヤ、パイナップル
チーズ盛り合わせ(ラングル、コンテ12か月)

よければポチしてね↓
Banner_02_4

フレンチ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/15

夏になると その4

すし宗達
渋谷区本町1-58-7
03-3374-1650

焼菓子として名高いsunday bake shopのお隣にある、小さな鮨店。江戸前グルメ不毛な初台ゆえたちまち地元っ子には人気店。ちょっと小腹を満たしたい、、、っていう時に、お鮨って重くないし満足度高いしちょうどいいんですが、コース一本できっちり食べるのもしんどい時にこちらはいいかも。きちんと仕事ながらも、時価、でなく一貫毎のお値段が黒板掲示されているのが庶民には嬉しいところ。つまみもドリンクも充実なので居酒屋として繁盛しているようです(ワインないのが残念)。

いかんせんそのボードがカウンターに座ると、大将の真後ろにあるため見づらいのですが。。お通し代はかかりますがさくっと数貫いただけるのが、回転寿司との差別化?奥様&若手職人のサービス欠落がちょっと心配。酢飯は赤酢、米は結構つぶが大きかったけれど、温度は適温。なによりネタがいいレベルです。

  赤身(宮城塩釜)
〇赤貝(宮城?)
  小肌(佐賀)
  煮蛤(茨城)

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/13

夏の鮨xスパークリングx浴衣な会

Yjimage
シュワシュワ度が上がる真夏の暑さ。毎日シャンパーニュ、、、といきたいけれど、最近はクレマン研究もしております。葡萄な泡はシャンパーニュ以外も結構種類があるわけで、いろいろなタイプをお鮨と合わせる面白い企画会がありました!@鮨ひろし。つまみもたまり醤油、生醤油によりマリアージュが異なり、握りの赤酢、白酢でも異なる。。ということで、実験的に白4ロゼ4の泡とともに検証。個性的な自然派もいいけれど、エレガントなシャンパーニュがやっぱり一番寄り添う感覚でした。あとはネタごとにマリアージュを考えないと難しいかも、、、やはり日本酒は万能??

Cremant d'Alsace: Les Bulles d'Emma
Cava : Raventos i Blanc de la Finca 2014
Champagne: Pascal Mazet Original 1er Cru NV
Champagne: Francis Boulard Brut Nature Les Margiers
Rose : The Other right Bright young Pink 2016, Australia (PN 100)
Rose: Puro Movia, Sulovenia (PN100)
Rose Franciacorta : Santus
Rose Champagne: Marguet Shaman 2014

Champagne: Drappier 2005
Rose : CV Partida Creus
Champagne : Pierre Peterus NV BB
Cremant de Bourgogne ; Bailly Lapiere BB
新潟 南部美人 泡酒

(つまみ)
鯖棒鮨
北海道生かきポン酢
佐島蛸、大根、蒸し鮑 肝添え
熟成平政+たまり醤油
赤貝+しょうが
平目縁側
かつおてこね 海苔巻き
鰯と明太子 シソ揚げ
青森雲丹+蟹+だしジュレ
(にぎり)
のどぐろ
しんこ
北寄貝
中トロ
白いか
甘鯛
車エビ
ときしらず
穴子
お椀(しじみ)


よければポチしてね↓
Banner_02_4

シャンパーニュ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/10

ばんばん!ふれんち(其の四百四十三)

Brutorigine216
レロジェビストロドロア
中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン1F
03-5542-1805

銀座からひとつ駅隣だけれど、飲食以外では足が向かない京橋エリア。このビルできてから初めて入店しました、、、数年経ってしまっているけれどね。女子会ゆえにお目当ては一休プランでシャンパンフリーフロー!夏はいろいろなプランが販売されますが、スパークフリーはあってもシャンフリーでコスパがよいのがなかなかなくて、ここになりました。サービスもまずまず、フードのクオリティもおしゃれ度には欠けますがボリュームもあり、平均レベル。主菜は3種からの選択があり、鴨もありますが+料金1200円ではちょっとバランスが悪いです。ビストロということもあり、女子グループがたくさん集まっておりました!

Tribaut Brut origine
このシャンパーニュは初めての出会い。エペルネの北に位置するメゾンだそうです。
結構しっかりめのストラクチャーで、ルイロデの田舎版みたいな感じ w で洗練度は低いけれど
飲みごたえがありました。
PN40, CH30, PM30, Dosage 8g/ℓ

フォアグラマカロン
スペイン風オムレツ
小イカのソーセージ詰めロースト
牛ハラミステーキ
チーズ盛り合わせ(+料金)ミモレット、カマンベール等
cafe

よければポチしてね↓
Banner_02_4

フレンチ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/07

ニッポンの夏 その3

Img_3187
燈々庵
あきる野市小川633
042-559-8080

今年もここで蝉しぐれを堪能。離れはお庭も見えて、静かで落ち着きます。ドリンクリストに改編があったようで、シャンパーニュがモエになっていたのがちょっと残念。

【月懐石】
先付・・・翡翠茄子やし餡かけ 無花果 絹サヤ
前菜・・・観月涼の名残り旬菜各種盛り込み
お椀・・・清汁仕立て 枝豆真丈
造り・・・旬魚三種盛り あしらい (鱸、紅鱒、シマ鯵)
焼物・・・鮎塩焼き
炊合・・・冬瓜スープ煮 万願寺 共地餡
進肴・・・牛フィレ石焼き
止肴・・・刻み野菜サラダ 
止椀・・・田舎味噌仕立て
飯・・・・蓮の実と茗荷の炊き込みご飯
香の物・・糠漬け 
水物・・・白桃スープ 
西瓜・・・ブルーベリー マンゴー 勾玉豆腐 抹茶ソース

Moet & Chandon Imperial (demi)
エビス中瓶
久保田萬壽 純米大吟醸
燈々庵 吟醸

よければポチしてね↓
Banner_02_4

日本料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/06

びのびの!Tokyoいたりあん(243)

150x150_square_88457703
マンジャフォーコ
渋谷区初台1-38-10
03-6276-1796

レストランが少ないこの街に期待の新星!まずは木金土限定のランチに潜入、、、ムム、とにかくイタリア度が高い!黄色い壁とか、ラジオイタリア流れてたりとか。元ケーキ屋さんだったお店を改造したのですが、入って右手のキッチンが広々、なのに席数は少なめ。ご夫妻で経営されているようですが、ゆるーいサービス感がまた心地よい。ウォーターグラスもカジュアルながら脚つき、ナイフレストやインテリアもいちいち気が利いていて。肝心の料理ですがやっぱりセンスがよい!夜もきたくなる、ほんとです。

G.白 Angelo Negro Serra Lupini Roero Arneis 2017
とうもろこし粉のパン
グリーンサラダ+モルタデッラ
前菜盛り合わせ(茄子カポナータ、フリッタータ、サラミ、イカマリネ・・)
海の幸のパスタ

よければポチしてね↓
Banner_02_4

イタリアン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/04

浴衣シャンパーニュ会2018

Img_3127
夏限定のコスプレ、浴衣を着たいがため始めた自分主催の浴衣シャンパーニュ会も今年で9回目。来年10回までは続けたいなと思いつつ迎えた日の空模様は台風!関東に最接近する夜、ガラガラな都内は雨も少なく、浴衣もそれほど濡れることなく到着@乃木坂ルソール。こんなところに?と思うようなロケーションですが個室でわいわい、楽しみました。美味しい泡があれば浴衣男子女子も一層にぎやかに、興味ある話題も多様で充実ですw 希少なアンリジロー、すごいロゼ!でした。 

Cremant du Jura 2015/ Domaine de al Touraize
クレマンドジュラ 2015 ドメーヌ ド ラ トゥーレイズ
CH 100 ジュラ地方のBIOスパークリング

Blanc des Millenaires 1995 / Charles Heidsieck
ブランドミレネール 1995 シャルル・エドシック
コートデブラン地区 メニルシュルオジェ村
CH 100 11g/ℓ

Alfred Gratien NV アルフレッド・グラシアン
ヴァレドラマルヌ地区 エペルネ村
CH41, PN37, PM32 樽発酵樽熟成 MLFなし

Fut de Chene MV Rose / Henri Giraud フュドシェーヌ ロゼ アンリ・ジロー
ヴァレドラマルヌ地区 アイ村
PN70~ CH20~ アイ産赤ワイン6~  

Potentia 2012 BN / Lou Beatitudinem ポテンティア  ルーベアトゥティトゥディネム
オーブ県セルシュールウルス村
PN100 樽発酵樽熟成 5g/ℓ RMのシモンドゥヴォーを仲田晃司氏が醸造

Sourdet Diot 2013 スルデ ディオ2013
ヴァレドラマルヌ地区
CH ?PM ?

Vosne Romanee 2014 /Benjamin Leroux (お店リストからの赤)

Amuse: 冷製コーンスープ, フォアグラフラン
前菜:ホタテのグリエ プティサラダ添え
魚:真鯛ノアラプランチャ ソースブールブラン ライム風味
肉:熟成仔羊のロティ ジュダニョー
デザート:サブレ ソースアングレーズ、自家製アイス

よければポチしてね↓
Banner_02_4

シャンパーニュ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/01

夏の泡踊り大会@グラハイ

Moet01
毎年恒例で第6回目だそうです、雑誌LEON主催のディスコパーティー@六本木グランドハイアット。毎回外国アーティストを招待しライブを行っていましたが、今年は荻野目ちゃん★だからあまり気のりせず会場入り、、年々規模が大きく、人数も多めですが会費制であり、当日券も発行していたくらいだからちょっと食傷気味?なのかも。抽選ご招待だった時代よりも当然ブッフェフードは充実。あいかわらずシャンパーニュのモエシャンがスポンサー、、、とにかくフリーフローだけれどやはりモエシャンは甘さが気になり飲み飽きてしまいます、、。いまさらですが調べると、やはりムニエ比率が結構あるんですよね。やわらかでフルーティーだけれど、酸の骨格がないので飲みやすさはありますが、物足りなさもあり。あれだけの本数を消費していてもブショネなんかないんだろうな~という工業製品的でもあります。
disco musicはオールジャンルだから、トランスやユーロビート系になると、会場外のテーブルエリアでご休憩のかたも多し。discoはやはり90年代以降じゃ踊れないです★お土産も小さなショコラのみ、でちょっとがっかりです~。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

シャンパーニュ | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »