« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018/11/25

ばんばん!ふれんち(其の四百五十三)

150x150_square_73193846
オマージュ
台東区浅草4-10-5
03-3874-1552

西側の人間には東エリアは遠くて足が延びません、、、が、名店にはとりあえず向かってみましょ!と乗り込んでみました。浅草駅からはかなりある、住宅エリア?ご自宅を改装なさったのでしょうか、こじんまりした1階フロントから2階へ上がると満席!きわめてシンプルな内装、着物姿のマダムがサービス主担当+若いサービス女性(ちょっと声が高いので説明が聴きづらいかも)が狭いホールを切り盛りしています。アミューズはビジュアル的にもインスタ映えしそうでしたが、あ、あのかなり恰幅のよいシェフが手掛けているとは思えないc'est mignonな世界。その後の前菜、主菜ともに噂にたがわぬ王道フレンチ。見かけだけの多皿イノベーティブとは異なる世界観、私は好みです!ああ、できたら六本木あたりにあれば、通うのに、、、笑 なかなか行けないけれど、出身地である浅草に2000年から奮闘続けている荒井シェフを応援したいと思います!

G.Champagne J.L Vergnon NV
G. 赤 Santenay 1er Cru 2001 La Comme (D. Charles Noellat Heritage)

Amuse bouche 5種
(紅心大根+生ハムロール、ホタテタルタル+シソフリットタルト、カボチャロール、グジェール、カリフラワームース)
秋刀魚の葱ロール+青りんご+カラスミおせんべ
甘鯛うろこ+おかゆ
村越シャモ+イカ墨パスタ+、レバースープ
デゼール3種
(おこし味ブラマンジェ、みりん味ババ、人形焼型フィナンシェ、カヌレ、かりんとう)
cafe

よければポチしてね↓
Banner_02_4

フレンチ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/24

泡の祭典

Heropc
毎年恒例シャンパーニュの催事、Noel a la mode@伊勢丹新宿店が開催中でございます!ここでしかでないアイテムも多く、毎年シャンパーニュマニアがこぞって訪れる、、、のですが毎年売り場面積は縮小。さらには試飲アイテムもNVに限らず数量制限なのか?早くなくなる傾向、、、おまけにお値段!伊勢丹だから定価なのでしょうが数年前に比べてかなりの値上がり、、、。セット販売でよいのを見つけるしかないですねえ。それでもついついシャンパーニュloverは通ってしまう催事です。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

シャンパーニュ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/23

蟹には泡アワ

1512_shinsekai1404
礼華 青山
港区南青山2-27-18
03-5786-9399

上海蟹の季節!蟹海老甲殻類好きなわたくし、あまり真剣に対峙したことがなかったのですが、、、11月にはオス、メス両方いただけるということで持ち込みワイン会に参加して堪能しました。なによりねっとりとした蟹の旨み!やはり活きたままの紹興酒漬けもいいけれど、蒸した蟹もシンプルでいけますね。日本の蟹より濃厚さがあるから、私の選んだのは熟成シャンパーニュ。熟成といっても半端ない、酸化ギリギリのシェリー系で、、、、うまく紹興酒や黒醤油にマッチしたようです。ピノやしっかりめの白もいいですね。持ち寄ったワインでマリアージュをうんぬん、楽しい美食会でした♪

泡 cava Subirat Prent Brut Nature
泡 Champagne Charles Heidsick NV (matured)
白 h3 Caribou, Hitomi winely (delaware)
白 Le Our Saint martin Honorine, Menetoe-Salon, Loire (SB)
赤 Morey Saint Denis 2014 (Christophe Chevaux)
赤 AC Bourgogne 2015 (Olivier Leflaive)
赤 Ch.Montus 1996 Mg.

上海蟹の紹興酒漬け
前菜6点盛り合わせ
3種の蟹肉ボールスープ
フカヒレ姿煮 上海ガニソース
上海蟹姿むし 甲羅詰め 
豚の黒糖煮込み  カボチャ
鞍馬山椒入り5種キノコの和えごはん
デザート盛り合わせ

よければポチしてね↓
Banner_02_4

wine | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/20

ターキーといえば

Uwncqg5xwzcojludx1ciajzbaovj7lo4_w0
イズミル
杉並区阿佐谷北2-13-2 2F
03-3310-4666

私のいかない領域・エスニック料理。アジアでもヨーロッパでもないような国・トルコ料理は野菜中心で穏やか味でございました。なにせ葡萄栽培面積は世界屈指、とはいえワイン用というより食用されてしまうらしいですが、、、。阿佐ヶ谷にあるこの名店、創業16年め。とにかく清掃が行き届いているのが店内がピカピカ!キレイ!これだけで私は安心感、、、エスニックは汚いお店が多い勝手なイメージでしたが、居心地のよい空間でした。そしてマダムの笑顔、サービススタッフ(息子さんも含む?)、平和な日本でのアルメニア体験がなによりいい感じ。フードはこれといった主張がない?といいましょうか、穏やかな味わいなので辛いもの苦手な私にもOK。トルコワインも特色が弱いけれど、味わいあるってことで!

G白(チャンカヤ)
demi 赤(ブズパー)

カシュクルメゼ(前菜盛り合わせ(フムス等))
エキメッキ(トルコパン)
カバックミュジュレル(ズッキーニのフリッタータ)
スイガラポレイ(フェタチーズの春巻風)
ドネルケバブ(牛肉)
ギュヌンテンジュレ(煮込み料理)
パクラワ(パイみたいの)
チャイ
トルココーヒー

よければポチしてね↓
Banner_02_4

wine | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/17

小京都

150x150_square_94963138
すがはら 別館
渋谷区円山町6-6
03-5456-5638

なんだか混んでるみたい!円山町の小京都、祇園をイメージしたら結構オオバコでした。本館別館2つもあるにガヤガガと満席状態な週中ばの夜。えー、こういう店は静かな時間がいい感じだと思うのだけど。カクテルが得意のようでしたがテーブル席なのでハイランドのモルトを。バーでテーブル席って落ち着かなーい。ちょっと残念。

よければポチしてね↓
Banner_02_4

bar | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/16

びのびの!Tokyoいたりあん(246)

320x320_square_87089220
アクアパッツア
港区南青山2-27-18 2F
03-6434-7506

80年後半~90年代のイタリアンブーム。イルボッカローネ系と双璧の、ジャパニーズイタリアンといえば山田シェフともうひとり、日高シェフ!広尾からお引越しして外苑前パサージュ2階、元は別のイタリアンだった場所に。私も数年ぶりの訪問でしたが、、、以前の2倍くらい?のフロア、かなーり広い、会社の忘年会にも使えちゃいそう 笑 ソムリエやホールスタッフは変化ないとのことですが昔のCOZYな感じがよかったのになあ。個室でワインおまかせな会でしたが、山形のブランド牛、千日和牛がしっとりと甘味のある肉質でよかった.スロヴェニアのワインはちょっと料理を選ぶかな、、、というマリアージュ。

泡:Franciacorta Cavalleri BB
白:Bagio d Pianoeto 2015, Ficiligno, Sicilia
白:Stekar 2015 (rebula/malvazia/jakut), Slovenija
白:Morramiero Altare 2015, Trebbiano Dabruzzo, Abruzzo
Rose : Castello Colle Massari , Grottolo Montecuccuo Rosato 2017 (Sangiovese,Ciliagio, Montepulciano)
赤:Stekar 2015 (merlot/CS) , Slovenija

アミューズ:南瓜スープ、生ハム+フォカチャ
前菜:サバじめ、タイカルパチョ
前菜2:半熟卵とトランペット等茸のトリュフがけ
パスタ:茄子トマト
魚:ニベのアクアパッツア
肉:千日和牛のロースト、赤葱
ドルチェ:モンブラン
プチフール:ミニカンノーリ
ESPRESSO


よければポチしてね↓
Banner_02_4

イタリアン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/15

ばんばん!ふれんち(其の四百五十二)

S_0000
ビストロロジウラ
渋谷区宇田川町11-2
03-6416-3083

奥渋谷、あいかわらず賑わっています。あまり足を踏み入れないのですが本当にいろんなお店があるんですね!そしてわかりにくい路地の奥まったところにあるこちら、、、なかなか来れずでしたがやっと訪問。カウンター+テーブルが数席のこじんまりした構え。壁には鹿の剥製があったり、、、結構ここのインテリア、スキ。さらに音楽はアナログレコードで、スタッフさんが手がけ?してくれます、、ゆるゆるとしたなか、料理のバラエティは少ないのですが、シェフのこだわりを感じさせる、

グラススパークリング:リースリング
グラス白:リースリング
グラス赤:グルナッシュ+シラー

つきだし:手作りハム
前菜:鶏白レバームース
前菜:さんま、フェタ、クスクスサラダ
主菜:蝦夷鹿ロースト
チーズ:エポワス
デザート:梨のタルト?

よければポチしてね↓
Banner_02_4

フレンチ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/14

ばんばん!ふれんち(其の四百五十一)

S_003f
春陽亭
熱海市泉大黒崎270-3
0557-80-0288

熱海の旧道135から坂を上ると見える、1985年開業、レトロ感満載なたたずまいのレストラン。個人宅を改装したんでしょうね。海も見えて見晴らしは最高です。ヴァレンチノのロゴ入りお皿が鎮座する、古きセッティング 笑 ベテランサービススタッフのマスターとマダム?はご夫婦なのでしょうか、落ち着いた物腰にほっとする。時間がないのに急いでコースを出していただきすみませんでした、、。料理はオーソドックスな日本のフレンチ。おしゃれではないけれど、誰もが喜ぶスタイルです。パンもあたたかく、ドライバー向けにノンアルも充実。女性にはワゴンで選べる季節のデザートが嬉しいのではないでしょうか。帰り際、ここにも中国人団体がどどっと押し寄せていました。時代とともに客層も変わるのかな、、、両親と訪れたいけれど、レストランまでの急な階段がキモですね、、、

サラダ
かぼちゃのポタージュ
牛ほほ煮込み
デザートワゴンサービス
紅茶
G.ノンアルワイン

よければポチしてね↓
Banner_02_4

フレンチ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/13

ばんばん!ふれんち(其の四百五十)

0006110734u1_256x210
タンモア
港区赤坂8-13-19 b1
03-6447-1996

お友達からの開店情報があり、赤坂へ。少し奥まった雑居ビルの地下に、夜の赤坂とは真逆な明るい店内!シャンパン伝道士?のような葉山考太郎氏もソムリエとしてお手伝いしているフレンチです。小田原出身の女性シェフは優しく、こだわりをつくした料理の数々。ワインペアリングも凝っているけれど、唸るものはなかったかな、、、そのぶんお手軽にマリアージュを楽しめます。

amuse: うにタルト
前菜1:馬肉カルパチョ、牡蠣のソルべ
前菜2:ネギのフラン、白子焦がしバターソース
魚:キンメダイとキノコのフリカッセ
肉:きじ胸肉のロースト フォアグラソース もも肉コンフィ
チーズ:エポワス、奈良漬、ホワイトチョコ
デゼール:林檎博 in china
プチフール:秋のトリュフチョコ
紅茶

ペアリング
1)純米活性にごり酒 神亀酒造
2)白 ベネヴィンダーノ ファランギーナ 2016,. カンパーニャ州イタリア
3)白 シャルドネ ヘキサムヴィンヤード ソウマ2017、ヤラバレー豪
4)赤 エスピノ カルムネール グランキュヴェ2014、マイポヴァレー チリ
5)カクテル ジャックローズ風

よければポチしてね↓
Banner_02_4

フレンチ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/01

日本橋午餐

Logo02
PONDO-YA
東京でもよく見かける肉専門店。ハンバーグがウリのようですが私はステーキで。ランチは特に感動はありませんね、、、セットはサラダ、スープつきですがパンが選択できたらいいのにな、、、このエリアで特色はご年配者さんの闊達な姿。おひとりで、つえを突きながら来店してペロリと特大ステーキを召し上がる姿、ほれぼれします 笑

天ぷら山の上
日本橋三越地下
食品街にあるカウンター4+テーブル席のこじんまり空間ゆえ、くつろぎ感はゼロ。おまけにサービススタッフもせかせか忙しい。ランチは天丼が一番人気らしいけれど、わたくしごはんもあまり食べないしドンブリものが好きでなく、、、、定食セットに変形してもらいました(小定食セット).。目の前で揚げられる天ぷらはカウンターだけれど、機械的で、交流がないから物足りなくもあり、、

ダノイ
1991年、、、20数年前は日赤通り⇒西麻布にお店を構えていたんですよね!東京イタリアンのはしりに、アンチョビ&パスタを流行らせ、マダムのサービスは有名でしたがなぜかその後、八王子や品川などに支店を出し本店は現在日本橋裏通りに移転、、、。自宅近所にもある大手イタリアンチェーン「ジロー」グループの傘下となり、こじんまりリストランテ感はゼロ。名物マダムと小野シェフはまだ健在なのか、興味はあるのですが機会があったのでランチへ。地下なのにやたらめったら広い、小ぎれいで夜接待的な空間。男性スタッフはよいのですが、女性スタッフは仏頂面でいけてないです。前菜、パスタ、ドルチェ、カフェ、パンのコースはこのエリアでは内容もよいのでは。それでもあのころ足繁く通ったcozyな味わいが感じ取れませんでした。30年近くたち、シェフは今何をしているのか、、、(こちらのお店にはいませんでした)。それでも屋号は、重要なんでしょうね。一抹の寂しさがよぎりました。

リボリータ
トマトと茄子のパスタ
チョコアイス、林檎ケーキ、プリン
エスプレッソ
G.ビアンコ(ピエモンテ)


よければポチしてね↓
Banner_02_4

wine | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »