« barの話⑱ | トップページ | びのびの!Tokyoいたりあん(255) »

2019/02/13

ばんばん!ふれんち(其の四百五十八)

109223pb10000010
a table
文京区湯島3-1-1
03-5812-2828

料理には作った人の哲学が表現されている。何を捨て何を取るか、美意識と人柄が垣間見えるのが手作りならでは。

神田明神近く、湯島エリアにポツンとあるフレンチ。まわりにはなんにーもないエリアですが 笑 ここだけなぜか落ち着いた大人のお客があふれている。クラシックフレンチゆえ、この落ちついた街になじむのでしょうか。こじんまりカウンターのある1階、ダイニングは2階。メニューはほとんど古典的手法のお料理ばかりで、がっつりの量、それでいて丹精な味わい。やっぱりシェフの人柄、顔が見える料理って好きだナア。コンクールも入賞しているパテアンクルート、確かにいろいろジなビエが入って形も変わっていて、それでいて軽やかでバランスが取れてる味わいの、美しいパテでした。サービス陣は若いスタッフ+フランスのかた?で、ホールが埋まるとなかなかかまってくれないかも。ワインは自然派もありますがやや高め?シャンパーニュもなかなか渋いチョイスです!

G.Champagne Bernard Girardin NV
B.rouge  Le Gourmand 2015 , D. du Joncier Lirac

パテアンクルート
白子のソテー ポムピュレ
シェーブルショー サラダ
蝦夷鹿ロースト ソースグラン
cafe

よければポチしてね↓
Banner_02_4

|

« barの話⑱ | トップページ | びのびの!Tokyoいたりあん(255) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ばんばん!ふれんち(其の四百五十八):

« barの話⑱ | トップページ | びのびの!Tokyoいたりあん(255) »