« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019/08/28

晩夏の風物詩

 

Labelcloseup

銀座vionysにて、Bollinger La Grande anee 2008フリーフローを8月末まで開催中!・・・ってことで、晩夏記念に?訪問しました~。今年6月に発売になったアイテム。2000ヴィンテージを飲んだきり・・だったので、なんか固いんじゃないかな~と思いながら、びっくり。もう今で十分旨味凝縮で味わい深い!ミネラルがしっかり酸に乗ってる感じ、、、ヴォリュームも抜栓後は広がりをみせて。
PN71CH29なのですが、繊細さと複雑さを併せ持つアイテムに仕上がっております。フリーフローでも一本は飲めたのかな、、、

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0)

2019/08/26

びのびの!Tokyoいたりあん(262)

Psvur3pxwzaj57npkyqnit2i7w0uvbcqsyuoc7kv

リストランテヤギ

渋谷区鉢山町15-2 B1
03-6809-0434

旧山手通りは蔦屋書店ができてから変わったか?と思えば、、、伊太利亜前までで賑わいは終わり、公園をすぎるとそれはひっそりいたします。モンスーンカフェをここに作った長谷川実業=グローバルダイニングのセンスはすごいなあと感じつつ、そのカフェ隣の地下にあるイタリアン。個室もあり、地下であっても天井も高く、テーブル配置もゆったりと広がりを感じます。料理もキレイにつくられた、それでいてイノベーティブでない、しっかりとした味わい。やはりイタリア北部の繊細なワインのペアリングがふさわしい。ソムリエのサービスはちょっと固いかも?最後にお顔を合わせたシェフ、お人柄が料理にでているような、自信と安定感を感じるお料理でした。

G.Champagne Chapuy Tradition
G.白 Langhe Chardonney 2017 (Mery Vigin)
G.赤 Falkenstein Blauburgunder 2015 (Sudtiral vinschcau vol Venesta)

一口:フレッシュチーズ+サーモン+キャビア
マグロ+茄子カポナータ+ストラッキーノ
宇和海産白甘鯛 万願寺とうがらし ムール貝
たこ、アシアカ海老のトマトソースパスタ
パンチェッタとインゲン、ピスタチオソースのショートパスタ
フランス産仔羊ロースト サマートリュフ
巨峰のブラマンジェ
espresso

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0)

2019/08/25

ばんばん!ふれんち(其の四百七十三)

 

150x150_square_113372523
anicca
武蔵野市吉祥寺東町4-15-13
0422-27-5335

西荻窪駅から歩くのに住所は吉祥寺なのね。雑誌で特集もされちゃう西荻窪。小さなセンスのよい中央線チックなお店がたくさんある街です。最近話題のこちらの店も、西荻窪からやや歩いて住宅地エリアにぽつんとあるから、同じ西でも西麻布的なたたずまいの一軒家。2階もゆったりとグループ向けテーブル席、1階はカウンターとテーブル2つ。料理はややイノベーティブなのですが、まだ素材が何なのか、メニュー標記されているからわかります 笑 シグネチャーである野菜の前菜はかなり塩味が濃いめで、翌日までその塩が舌に残りました。ワインは自然派がメインで、ボトルとともに口頭説明。素材の味を難しいソースで厚塗り化粧してる?印象で好みではなかった。ハコとワインはいいのに、料理がちょっと、、、、というのは最近なかったビストロなので、ちょっと残念。

季節野菜の前菜盛り合わせ(大根、かぶ、れんこん、山芋、インゲン、トマト、ズッキーニ、アスパラ、オリーブ、、、、)
霧島豚リエット 青つぶ貝のフュメとラクレット
仔羊ロティ エシャロットスープとリコリスの香り フェンネルの花
チーズ盛り合わせ(フレッシュ、セミハード・・)

G.泡 Cremant d’Alsace le 14 (D.Marc Tempe)
G.白 Sauvignon Un Saumon dans la Loire (sarl Usdu)
B.赤 le temps fait tout 2013 (Remi Poujol)

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0)

2019/08/18

びのびの!Tokyoいたりあん(261)

320x320_square_32934147
カーサヴィニタリア
港区南麻布1-7-31
03-5439-4110

その昔は何にもなかった南麻布。今ではちらほらとお店が見える南麻布ですがもう20年ほど前、こちらのお店がオープンしたてのころはまだ静かなエリアでした。一階かワインショップ、2階がレストランでエリア別に分かれ、予約制をとっておらず、来店至難と言われ、その頃はアロマフレスカ(@元広尾→現在銀座に移転)系列でありましたがその後独立経営になったようです。現在は料理の美味しさよりも、総合点でポイントが高い=サービスや雰囲気がまるで東京イタリアン、というよきお手本ではないでしょうか。かつてに比べてエクスクルーシブな体験というより、誰でも入店できるキレイなレストラン、になりました。サービス満点、デート仕様♪女子ウケ抜群、それでいてグランメゾン的堅苦しさのないイタリアンを、今また是非。

G.Franciacorta Monzio Compagnoni Brut 2013 (CH80, PN20)
G.bianco Etona Bianco Contrada Blandano Terra Costantino 2015 (Carricante85, Catoratte 15)
G.rosso  Faro Terre di Vento Enza La Faud 2015 (N.Mascalese 60, Nocera 15, N.Capaccio 15, Nero d’Avora 10)

オリーブ
バーニャカウダ (ゴルゴンゾーラクリーム、アンチョビソース)
スイカとブッラータ、生ハム トリュフジェラート添え
アワビ ポルチーニすり流し
牛モツピリ辛タリオリーニ
フランス産チキンのココット焼き
締めパスタ カッチョエペペ
ピスタチオのカッサータ
カフェ

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0)

2019/08/12

ばんばん!ふれんち(其の四百七十二)

105103920

カラペティバドゥバ
港区麻布十番1-9-2
03-3588-0333

同じ麻布十番から移転して2年。ここって元カシータがあったフロア??前のウッディなカウンターが好きだったけど、この字型カウンターです。コンクリのせいか、結構嬌声が響く内装。カジュアルなワインバー仕様なので、アラカルトでらくーに頼むのが正解。グラスもいろいろ、でもサービスはわりとcoolです。料理は昔のスタイルのほうが繊細だったかも!?味わいが薄いぞ、、、たまたま頼んだものがイマイチだったのか。鮎コンフィも石が入っていて?ガリガリだし。穴子は少し生臭かった。以前のピリッとしたかっこよい料理をまた期待したいです!

 

G.Champagne Andre Clouet Brut
Caraffe blanc Meursault 2016, D. Henri Boillot
G.rouge 1) Givrey chambertin 2015 La Justice, D. Rene Bouvier
G.rouge 2) Crozes Hermitage 2017 Les Trois Chenes, D.Emmanuel Darnaud
トマトのスープ
鮎コンフィ
穴子とフォアグラのテリーヌ+山椒
松坂豚のロースト
チーズ(モリテルノ、アフィデリス)
オトナのプリン

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0)

2019/08/11

夏の風物詩

320x320_square_8060413


燈々庵


あきる野市小川633
042-559-8080


夏の風物詩、こちらで蝉しぐれを感じ、日本の盛夏を感じとる。もう20年以上も通いつづけて一
年に一度の訪問から20年以上。定点観測としては十分?板長さんも何代目かですが、近年はまたさらによい料理になってきています。夕刻竹林に響く蝉の音も帰るころには静かに、、、、日本人でよかったとしみじみ思える瞬間。



瓶ビール 一番搾り
Moet & chandon Brut Half
G.白(シャルドネ)
【美山懐石】
先付・・・冬瓜共地餡かけ 蒸し鶏 絹サヤ
前菜・・・観月涼の名残り旬菜各種盛り込み
お椀・・・清汁仕立て 枝豆真丈
造り・・・旬魚三種盛り あしら
焼物・・・鮎塩焼き
炊合せ・・翡翠茄子揚げ浸し
進肴・・・牛フィレ石焼き 刻み野菜サラダ 
止椀・・・田舎味噌仕立て
飯・・・・蓮の実の炊き込みご飯
香の物・・糠漬け 
水物・・・白桃スープ 西瓜 ブルーベリー マンゴー 勾玉豆腐 抹茶ソース


よければポチしてね↓

Banner_02_4

| | コメント (0)

2019/08/10

ばんばん!ふれんち(其の四百七十一)

150x150_square_103556453

au deco
渋谷区恵比寿2-23-3
03-6721-9218

魚介専門店Ataの兄弟店は熟成ワインとクラシックフレンチがテーマとか。たしかに~、暗めのライティングにカウンターとテーブルいくつか、半個室もあり、陰なデザイン室内。でもね、料理はいうほど重厚感もなく、クラシックを気取った?軽やかめのテイストです。グランメゾンと比較すると、やっぱりソースと塩分がやや物足りないのよね、、、控えめで健康的なスタイルはクラシックフレンチを知らない世代も抵抗なく受け入れられそう。ワインリストは熟成ものがずらりだけれど、お値段もそれ相応なのでやはり軽やかにグラスペアリングが合いそうです。なにより食後酒が豊富なこと!なのにあまり注文が入らないみたいで、、、最近グランメゾンでなければ置いてない食後酒、まったりディナーを〆る余裕が、現代がないのかしら。マダムを中心とするサービスも軽やか。イノベーティブなアプローチより、私はこのほうが自然に受け入れられます。

G.Champagne Charles Heidsieck NV
G.blanc AC Bourgogne 2015, Domain Leroy
G.rouge 1 Ch.Neufdepape 2015 , Domain Bois de Boursan
G.rouge 2 Bourgogne Haut Cote de Nuis 2014, Domain Mathias Parent
G.sweet Pineau des Charentes, Lheraud

ヤングコーン焼き、ポムコロッケ
甘エビのタルタル ウニ、ジュレ
カニとスクランブルエッグのパイ包み ケッパーソース
フランス産シャラン鴨ロースト 
チーズ(コンテ30か月、エポワス)

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0)

2019/08/09

びのびの!Tokyoイタリアン(260)

320x320_square_88889533

Forno

港区西麻布4-11-25 3F
03-6451-1446

薪焼きばやり!パート2。こちらは予約の取れないtakuboさんの姉妹店。鳥取県食材にフォーカスしてお忍びなビルの3階にてメラメラと燃えているようです。。。薪焼きっていうとステーキハウスなイメージですが、こざっぱりした店内、おしゃれなイタリアンと思っておかしくないレイアウト。カウンターからは炎が垣間見えますが、空間がエレガントというのは女性としては何か落ち着きます。焼き物以外もいろいろありますが、おすすめの部位を100g単位で選べるのが嬉しいですね。ワインもいろいろありますが、グラスでペアリングが落ち着くスタイルかな。炭火にあまり繊細なタイプはやっぱり合わないかもだしね、、、

ブッラータとトマトのサラダ
赤崎産 サザエグリル
トリッパ3種辛味
鳥取和牛オレイン55 カメノコ、赤身ステーキ

G. Franciacorta Cabriella bariselli Brut, Chardonnay
G.bianco L'annee Les Clos Perdus (Macabeo, Grenache Gris, Muscat)
G.Rose Rosabella 2017 (G.D.Vajra)(Nebbiolo, Dolcetto, Barbera)
B. Rosso Fersina Rancia 2013 Chanti Classico Reserva

よければポチしてね↓
Banner_02_4

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »