« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020/12/26

泡会お呼ばれ

シャン仲間に招待されたシャン会@sel tokyo ginza。
その人なりの個性がでてよいですよね。シャン好きは私みたいに仕切り屋さんが多いのが特徴です 笑  エレガントに癒されました!


Damien Hugot BB extra brut NV
Damien Hugot 2012
Clos Cazales 2006, Claude Cazals
Marguet Ambonnay Grand Cru Rose 2012
Les Fontaines 2015, Domaine de bichery
Chamboll Musigny 2015 La Grande ruelle Grand Cru, D.Taupenot Merme
C'est sucre NV, Lelarge Pugeot


エスカルゴコロッケ、ゼッポリーニ
フォアグラテリーヌ
ブータンノワールのキッシュ
白子のソテー 赤ワインソース
蝦夷鹿ロースト
ビーバーブレッド イチゴのシュトーレン


よければポチしてね↓

Banner_02_4

 

| | コメント (0)

2020/12/25

アゲアゲ

2


中野 天ぷらとワイン大塩 中野区中野5-59-1
03-5942-7557


定期的に食べたくなる鮨、鰻、そして天ぷら。立ち食いはイヤだけど、カジュアルにさくっといただける最近話題のこちら。店内にただよう油の香りがよりいっそうカジュアル 笑 ご飯が苦手な私は早速昼のみセット。ドリンク選べてアゲモノって天国じゃないかしらん?天ぷらは具材により値段がピンキリですが、そんなにしつこくなかったですよ、、、


G.白  チリシャルドネ
海老x2、赤むつ、野菜(茄子、レンコン、さつまいも、ちくわ)、鶏かしわ


よければポチしてね↓

Banner_02_4

 

| | コメント (0)

2020/12/24

ばんばん!ふれんち(其の五百二十一)

1


代官山 サンプリシテ
渋谷区猿楽町3-9
03-6759-1096


西麻布レヴェランス、荻窪を経て代官山にて3年目。体型とともに?貫禄ついた相原シェフ、魚主体のコースでノリノリみたいです!なかなか予約が取れずでしたが機会あって訪問。古いビル2階なので階段しかなく、アプローチとしてはちょっとイマイチですがカウンターと個室2部屋のこじんまりとしたシンプルな空間。なのにキッチンにはたくさんのスタッフたちがうごめいております。料理はクラシックな調理法と食材を使いながらも、イノベーティブすぎないスタイル。お皿数多めだけれどポーションはほどほどで、何を食べたかわからないものでもなくてよい感じ。ホタテ燻製は爆発感あり。ワインペアリングもおもしろい提案があって、いろいろ試してみたくなるなあ。


G.Champagne Charles Heidesick NV
G.blanc Hochrain 2018 Gruner Veltliner (D.Veydor-Malberg) Wachau, Austria
G.blanc L'Effraie Coteax de Loir 2018 Chenin Blanc (D. de Belliviere, Eric Nicolas)
G.orange Alture Ansonaco Toscana 2017
G.blanc St.ubin 2018 (D.murgers des dents de chien)
G.rouge Marsanney 2016 en clemengeats (D.Sylvain pataille)


 


あん肝+いくら
鰆のタルタルキャビアのせ
櫻海老のキッシュ
太刀魚の燻製
セイコ蟹 カリフラワームース
カワハギのブルーチーズ和え
熟成ホタテのイカ墨衣ロースト、白トリュフと菊芋
五島列島 九絵のロースト ブールブランソース
京都鴨ロースト 菊芋
柿のすり流し
林檎ムース
抹茶シュークリーム
台湾烏龍茶


 


よければポチしてね↓

Banner_02_4

 

| | コメント (0)

2020/12/23

大匙2杯のシアワセ

Photo_20201223164901


エノテカ広尾本店にて、毎年2回開催されているプレステージシャンパーニュテイスティング会に行ってきました!毎回即満席でなかなか参加できずでしたが、、、つまりは、各アイテム30mlずつの試飲なんですよね、、、、ぐびっといっちゃうとすぐ終わる量なんです、とほほ。テイスティングとして味わいを理解するためにはせめて60mlくらいは欲しいものですね。。やはりシャンパーニュも12年一回りで一人前という印象。2006は飲み頃ですね。


Louis RoedererCristal 2012
Barons de Rothschild rare vintage Blnc de blancs 2010
Pommery Cuvee louise 2004
Pol Roger Cuvee Sir Winston Churchill 2009
Henri Giraud Fut de Chene MV
Taittinger comtes de Champagne BB 2007
Perrier Jouet Belle Epoque 2012
Charles Heidsieck Blanc des Millenaires 2004
Salon Brut BB 2007
Delamotte Collection BB 1999
Bollinger la Grande Annee 2012
Lanson Clos Lanson 2007
Henriot cuvee Hemera 2006
Billecart Salmon Cuvee Nicolas Francois Brut 2006

ちなみに本年2020年は大幅縮小開催のノエルアラモード@新宿伊勢丹。予約有料カウンターで以下を試飲。こちらは各60くらいあったかな 笑
Deutz William Deutz 2009
Deutz Amour de Deutz 2008
Jean Biette Prudromme 2008 Trois-puits

よければポチしてね↓

Banner_02_4

 

| | コメント (0)

2020/12/14

呼んじゃいました

出張シェフサービス、というのが一般的になってきました。おうちでレストランの味、ありがたいですねえ、、このご時世。毎年クリスマス時期には自分でフルコース作成していましたが、このシステムをオーダーしてみました!つまりは家にある調理道具やお皿を使ってのプレゼン。とはいえテーブルセッティング等はこちらで。料理材料のみ持ち込みいただき、オーブンもない狭いキッチンでの作成、、、シンプルな内容であるからしての調理が逆にありがたかったです。事前にリクエストしておけば、お好みの料理を組み込んでくれる。いつもの空間、、、というのがみそですね 笑 レストランって、本当に総合芸術なんだと実感します。


Champagne : GH Mumm NV
rouge: Chateauneuf de Pape 2014 (D.Clos Saint Jean)


前菜:石川県産甘エビとサーモンマリネ ヨーグルトソース
   ビーツとツナのマヨネーズ和え
   鶏モモバロティーヌ バルサミコ酢ソース
前菜2:ホタテソテーとトマトレモンソース 温サラダ仕立て
スープ:カリフラワーのポタージュ
パスタ:兵庫県ズワイガニとフルーツトマトパスタ
肉:黒毛和牛低温ロースト (ザブトン、ランプ、内もも)レンコングリル


シフォンケーキ(オーブンミトン)
コーヒー


よければポチしてね↓

Banner_02_4

 

| | コメント (0)

2020/12/08

ばんばん!ふれんち(其の五百二十)

S_0n6m


西麻布 Takumi
港区西麻布1-11-10
03-6804-6468


フレンチレストランの選びかたはなんといってもシェフの経歴。フランスで修行されたか否か、で大きくアプローチも異なります。もちろん日本で勉強されたかたも技術として立派なかたは沢山いるのだけれど、、、こちらの大槻卓伺シェフは逆に日本でのレストラン経験なく独立オープン・・ってすごいですよね。和食材を使いながらっもアプローチはたしかにフランス的センス!ですがさきに訪問したレ・セゾンとはまた異なる方向性かな。ファザードからもフランスを感じますが、店内は白基調のシックな造り、トイレへの段差が少し気になる。コンクリート内装は特に冬は少し足元が冷えますね。。料理内容もひとつづつ文字化してテーブルに置かれるシステムで、ワインのペアリングが難しい。前菜からメイン的な完成度なれど、主菜で失速??デゼールが一番完成度高く、味わいも深みがありました。


G.Champagne Bruno Paillard NV (PN45/CH33/PM22)
G.Rose AC Bourgogne 2019 (D.David Duband)
G.rouge Givry-Chambertin les Jeunes rois 2016 (D.Tortochot)


前1:オマール海老+根セロリ
前2: 蝦夷鹿、イチジク、フォアグラモンブラン
前3:サーモンイクラ、レンコンリゾット
魚:平スズキポワレ、フヌイユ
肉:仔羊ロースロティ、ジロール茸
デゼール1:バラのブラマンジェ
デゼール2:洋ナシコンポート、チョコレートムース
ミニャルディーズ:レモンタルト、バタークリームサンド
コーヒー:エチオピアゲイシャ


よければポチしてね↓

Banner_02_4

 

| | コメント (0)

2020/12/07

びのびの!Tokyoいたりあん(274)

150x150_square_122243712

銀座 ビスエッケリア エノテカ イルモーロ
銀座2-4-6 ベルビア館 8階

03-3535-8851

ビステッカアラフィオレンティーナ!ヒレとサーロイン部分が同時に味わえるTボーンスエーキは、本場フィレンツエでは炭焼き&ほぼレア状態なのでなかなか噛み切れずアゴが疲れます、、、日本で食するほうが、火入れ状態は細かくしてくれるのでありがたし。自粛明けのせいか静かなこの店、オーナーらしきかた?が焼いてくれます。熟成アンガス牛ゆえちょっとワイルドな味わい、ほどよい焼き具合でペロリといただけます。熟成具合が難しいですね、もう少し軽めのほうが私は好み。肉盛り前菜も日本ではなかなか会えないブレザオラとか、bene!でした。

G.bianco シャルドネ
G.rosso ネグロアマーロ

前菜盛り合わせ(ブレザオラ、モルタデッラ、鴨ハム、豚テリーヌ、発酵バタータルト、カプレーゼ)
アンチョビキャベツ ロースト
アンガスブラックビーフ Tボーンステーキ(750G)
ピチ トマトソース
コーヒー

よければポチしてね↓
Banner_02_4

 

| | コメント (0)

2020/12/03

ばんばん!ふれんち(其の五百十九)

3711_4688_oz1

日比谷 レ セゾン 帝国ホテル 中2階

意外と訪問機会の無かった東京のホテル内クラシック・フレンチ。帝国ホテルですもの、昔ムカシはそれはそれは古典的料理だったのでしょうが、在籍10年以上のイケメンシェフ=ムッシュ ティエリーヴォアザン氏による日本解釈なフレンチはなんとなく、日本人にも新しくフランスで日本人シェフのフレンチをいただいている?ような気分。どこの国でもコテコテフレンチを食する時代ではないのでしょうね。コロナ禍なのにランチタイムは満席、おひとりさまもいたり、比較的年齢層が上の元気なお客様はグループでワインを楽しんでおります。やはり美味しい時間には勝てないのか、、、鮟鱇がよいバランスで〇。グルースも臭みはまったくなく秋の旨みが凝縮。ともあれここは豊かなサービス&ホスピタリティを楽しむ場。かたすぎず柔らかすぎない絶妙な距離感で、流れるように進む時間、、、堪能しました!ベタベタすぎないフレンチでもワインがぴったり寄り添う料理、まさに東京代表店です。

 

G.Champagne Comte de Champagne 2007/ Lanson Gold label 2009
G.blanc Meursault 2017 (D. Olivier Leflaive)
1/2 demi Morey-St-Denis Clos sorbe 2002 (D. Frederic Magnien)
amuse: カンパチマリネ ピスタチオソース 昆布のジュ
前菜:栗のイル・フロタント カルダモンとネズの実の香りをつけたオニオンスープ
魚:昆布の折紙 アンコウのロースト蕪のキャラメリゼとあん肝 磯の香りのソース
肉:スコットランド産雷鳥のロワイヤル 肝ソース
デザート:エレガントな洋ナシとベルガモットソース アニス風味のチョコレートグラス
チーズ3種:コンテ24か月、シャロレ、ウォッシュ
ハーブティー
パン:カンパーニュ、四万十川海苔パン
ミニャルディーズ:マカロン、レモンタルト、プチシュー、フィナンシェ、アーモンドタルト、ヌガー
ショコラ:オランジェ、ミルク、ダーク

よければポチしてね↓
Banner_02_4

 

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »