2008/11/10

bon no!

秋は表千家7代・如心斎(大徳寺からの号は「天然」)を偲んで「天然忌」が開催される慣わしです。中興の祖ともよばれる如心斎はいろんな面でアーティストというより経営者マインドを持っていらしたかたのようです。お花、お炭、お香の手前で忍ぶ秋。そして口切りの季節へ・・・禅語の「時々勤払拭」(じじふっしょくにつとむる)=煩悩という塵や埃を常に取り払っていなければいけない、、という精神の清らかさ。そろそろ年末、なのに日日ボンノウに染まりっぱなしの私は身につまされるお言葉です・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/04

かなーりchoc

新学期。フランス語学校でも新しい先生(♂)の授業が始まった。いつも思うのはフランス人でも(そりゃ日本人でもそうだけど)興味ない分野には興味ないのか知らないんだなあーってこと。
そりゃ自分は飲食に興味アリアリだし、人より知識はあるつもり・・と思っていても、一般的ジョーシキレベルを知らなかったりすると衝撃です。例えば日本では「ソムリエ」ってかなり社会的認知されてますよね?私が逢ったフランス人で「ソムリエ?何それ?」って人がいた!さらに、今度の先生は「クリュッグ?何それ?」って・・世界のKrugを知らん・・それって日本でいうエビスビールを知らない日本人がいるってのと同じくらいビックリですよ(あ、違う?)。伊太利亜人でもファッションブランドを全然知らないとかいるんでしょうかね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/25

またまたケーキの話

年末年始が過ぎ、浮かれた街も落ち着きが。昨今景気が上向きになってきたと誰もが言うけど、実感してますか?高額商品が飛ぶように売れ、かつてよりもワンランク上のワインがフツーに飲まれる昨今。・・でも、サラリーマンしてると実感ないですよねえ?ボーナスが2倍になるわけじゃないし、(笑)個人の価値観の変化とでももうしましょうか、マニアな萌えモノには惜しみなく投資するけど、それ以外のものは見向きもせず・・・という消費二極化。日常的な消費活動の底上げが、日本経済を明るくするはずなのですが、なんででしょ、バブルのアホさが懐かしく感じられます。その昔開催した5大シャトー1990ヴィンテージ飲み比べ会(もうちょっと寝かせればいいのに・・)なんて企画、今も開催されるとしたら会費はいくらかしらん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)